一人暮らしの食費|平均額や節約方法を大公開!【1ヶ月の食費はいくら?】

一人暮らしの知識

鈴木

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」営業担当

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」営業担当

お皿とナイフとフォーク

一人暮らしの食費はどのくらいかかるのか、300人に聞いたアンケートで分かった1ヶ月の食費の平均額を大公開します!また、みんなはどれくらい自炊しているのか、自炊でどのくらい食費が下がるのか、理想の食費、効果的な節約方法などを紹介します!

1ヶ月の食費の平均額は約2.7万円

東京23区内で一人暮らしをしている10~30代の300名に、当サイトRoochの調査班が「一人暮らしの食費について」アンケートを実施したところ、1ヶ月の食費の平均額は約2.7万円でした。

2.7万円を1ヶ月(31日)で割ると、1日あたりの食費は約870円で、3食に分けると以下のような食生活になります。ちなみに、20~30代の男性は一日あたり約1,030円です。

1日の食事を870円にした例
朝食:トーストと牛乳    (約70円)
昼食:コンビニ弁当とお茶  (約600円)
夕食:自炊         (約200円)

男性のほうが女性よりも4,000~6,000円ほど高い

男女別で食費の平均額を分けると、男性は約3.1万円、女性は約2.6万円でした。どの年代でも男性のほうが女性よりも4,000~6,000円ほど高いです。

男性のほうが女性よりも食べる量が多いことに加え、会社の付き合いなどで外食する機会が多い点も影響しています。

年代 男性 女性
10代 約26,000円 約23,000円
20代 約32,000円 約26,000円
30代 約32,000円 約26,000円

大学生は社会人よりも約5,000円ほど安い

1ヶ月の食費を大学生と社会人で比べたところ、大学生のほうが社会人よりも5,000円ほど食費が安いです。

学生は、社会人よりも時間の都合がつけやすく、自炊しやすい環境にあることが理由に挙げられます。

社会人になってからは、残業で帰宅が遅くなることもあり、夕飯がコンビニ弁当や外食になる人が増えます。また、仕事上の付き合いで外食するケースも出てくるため、食費が上がります。

非正規雇用の人は食費を抑えている

派遣社員や契約社員、フリーターとして働いている人は、正社員よりも5,000円ほど食費が安いです。

正社員よりも収入が少ないからだけでなく、もしもの場合に備えて節約に取り組んでいる人が多いことが影響しています。

一方、個人事業主やフリーランスの人は、正社員で働いている人とほぼ変わらない食費でした。働き方の多様化が進み、フリーランスでも十分な収入を得ている人が増えているのが分かります。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

理想の食費は手取りの15~16%

自炊する女性

理想の食費は手取りの15~16%です。以下に、主な手取り額ごとの金額をまとめましたので、参考にしてください。

手取り額 理想の食費
手取り18万円 27,000~28,800円
手取り20万円 30,000~32,000円
手取り22万円 33,000~35,200円
手取り24万円 36,000~38,400円
手取り26万円 39,000~41,600円

理想額を超えると娯楽費・交際費などが圧迫される

1ヶ月の食費が、理想額である手取りの15~16%を超えると、趣味や娯楽、友人や恋人との付き合い、ファッションに使うお金が減ります。

家賃、水道光熱費、通信費といった費用はなかなか節約できないからです。

理想額以下の場合 理想額以上の場合
家賃 60,000円 60,000円
食費 30,000円 50,000円
水道光熱費 12,000円 12,000円
通信費 13,000円 13,000円
娯楽費・交際費 30,000円 20,000円
衣類・日用品 25,000円 15,000円
合計 170,000円 170,000円

上記のシミュレーションは、手取り20万円で、家賃6万円のお部屋に住み、毎月3万円を貯金するケースです。食費上がれば、娯楽費・交際費や衣類に使えるお金が減っているのが分かります。

貯金額をもっと増やしたいなら、自由に使える金額はさらに減ります。

▶一人暮らしの平均的な生活費の内訳はこちら

みんなはどれくらい自炊しているの?(男女別の自炊頻度)

パスタを茹でようとしている様子
一人暮らしをしている人が1ヶ月にどれくらい自炊をしているのか、アンケートの結果をもとに男女別でまとめました。

男性の半数ほどは自炊に消極的ですが、女性の7割は日ごろから自炊をしているのが分かります。

男性 女性
毎日必ず 18% 28%
月の半分くらい 27% 42%
ほとんど自炊しない 47% 25%
全く自炊しない 8% 5%

毎日自炊の人は毎日外食の人よりも食費が2万円以上安い

自炊する頻度によって、1ヶ月の食費はかなり変わります。一人暮らしで食費を抑えるためには、積極的に自炊すべきです。

食費の平均額
毎日必ず 約24,000円
月の半分くらい 約29,000円
ほとんど自炊しない 約37,000円
全く自炊しない 約45,000円

上記は、自炊の頻度と食費の変化についてまとめたものです。毎日必ず自炊する人の食費は平均24,000円ほどで、全く自炊しない人の平均45,000円よりも2万円以上安くなっています。

食費を節約する6つのテクニック

スーパーマーケットの売り場に並んでいるたくさんのリンゴ
食費を節約できる6つのテクニックを紹介します。1ヶ月の食費が高い人は試してください。

ただ、無理な節約をすると、体調不良を招く危険があります。まずは、いまの食費から2割減を目標に節約しましょう。食費が5万円の人は4万円まで、4万円の人は3.2万円まで下げるのが目安です。

①値段の安い食材を使う

値段の安い節約食材を駆使すれば食費が抑えられます。以下で、定番の節約食材とおすすめの使い方を紹介しますので参考にしてください。

定番の節約食材
・ツナ缶
・おから
・豆腐
・冷凍うどん
・豆苗、かいわれ大根
・もやし
・たまご
・魚肉ソーセージ

ツナ缶

ツナ缶は1缶100円程度で買えて、長期保存できます。

パスタの具材として使う、醤油・マヨネーズと混ぜてごはんに乗せる、お肉の代わりとして使うなど使い道はさまざまです。

和洋中問わず、どんな料理にも使いやすいので常備しておきたい食材の1つです。

おから

スーパーやお豆腐屋さんによって値段は違いますが、500gで100円くらいから買えます。

煮物にする、お肉と混ぜてかさ増しする、おからクッキーを作るなどいろいろな用途に使えます。

生おからの賞味期限は2~3日と短いので、一人暮らしなら小分けにして冷凍するのがおすすめです。冷凍すれば1週間~10日は保存できます。

豆腐

豆腐は安いものであれば1丁30円~100円で買えます。

薬味を乗せてそのまま食べる、お味噌汁の具材にする、麻婆豆腐や揚げ出し豆腐を作るなどの調理法があります。

ヘルシーですし、大豆でできているので栄養価も高いです。栄養が偏りがちな一人暮らしにおすすめの食材です。

冷凍うどん

冷凍うどんは安いところだと5食入って160円くらいで買えます。

長期保存できて、茹でるだけで簡単に食べれるのでとても重宝する食材です。

めんつゆをかけてそのまま食べるもよし、パスタソースで味の変化を楽しむのも良いでしょう。

豆苗、かいわれ大根

豆苗やかいわれ大根はスーパーで100円くらいで買えます。

切って使ったあと、根っこの部分を水に浸けておくとまた生えてくるので1回買えば、2~3回は収穫して食べられます。

サラダのつけあわせに使ったり、炒めものにしたりと何にでも合います。

もやし

もやしは1袋30円くらいで買えます。1袋でもかなりの量があるので、お腹いっぱいにしたいときに重宝します。

炒めものにする、茹でてサラダにするなどいろいろな使い道があります。

ただし、もやし自体にはあまり栄養がありません。もやし単体で食べるのではなく、栄養価が高い食材と合わせて料理しましょう。

たまご

サイズが不揃いのたまごなら、1パック100~200円くらいで買えます。

卵かけごはんや、ゆで卵、卵焼きなどいろいろな用途に使えるので冷蔵庫に常備しておくと便利です。

賞味期限は買ってから1週間前後で切れてしまうので、たくさん料理して小分けにして冷凍しておくと良いです。

魚肉ソーセージ

魚肉ソーセージはボリュームがあって、そのままでも美味しい食材です。スーパーでは1束200円くらいで買えます。

お肉が高くて買えないときは、お肉の代わりにしても良いです。

②安くて簡単に作れる料理を覚える

1食あたりの費用が安く、簡単に作れる料理を紹介します。1食あたり100円以下で作れるものがほとんどなので、レパートリーに加えてください。

もやしのナムル【1食約30円】
もやしのナムル

出典:http://mariegohan.com/2063

もやしを茹でて調味料と混ぜるだけの料理です。辛いものが苦手でなければ、一味や七味をかけて味を変えられます。

お好み焼き【1食約60円】
お好み焼き

出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1740004490/

小麦粉とキャベツ、卵などを混ぜて焼くだけで、メイン料理のお好み焼きができます。余分に作って冷蔵しておけば、翌日のご飯にもできます。

カンタン和風パスタ【1食約80円】
カンタン和風パスタ

出典:https://matome.naver.jp/odai/2149302919190709701

パスタを茹でて、具材と混ぜて醤油などで味付けをするだけです。鶏むね肉を使うと、ボリュームが出て満腹になります。

お鍋【1食約100円】
お鍋

出典:https://cookpad.com/recipe/2967468

もやしや豆腐、鶏むね肉など安く買える食材の鍋です。冷蔵庫に余っている食材だけで作れて、余ったスープにご飯や麺類を入れて食べても美味しいです。

市販の鍋の素を使わないで作ると、より金額を抑えられます。

③職場には弁当を作っていく

夕食だけでなく、昼食も自炊することで、1ヶ月の食費を1万円ほど節約できます。

食費の平均額
毎日必ず弁当を作る 約22,000円
月の半分くらい作る 約24,000円
ほとんど弁当を作らない 約28,000円
全く弁当は作らない 約33,000円

弁当は、前日のおかずの残りを温めて詰めるだけで作れるので、慣れると20分前後で作れます。沸かしたお茶を水筒に入れて持っていくことで、ペットボトル飲料を買う金額も節約できます。

④冷凍食品と電子レンジを活用する

電子レンジ
食材はまとめ買いするほうが安く上がります。ごはんを炊いたり、カレーを作ったりするなどの調理もまとめておこなったほうが光熱費が節約できます。

まとめ買いした食品やごはんは長期保存できるように、ラップで小分けに包んで保存しておきましょう。

小分けにしておけば、使いたいときに使いたいだけ電子レンジで解凍できるので、余らせることなく使い切れます。

⑤居酒屋ではなく自宅で飲み会をする

自宅での飲み会なら、費用を1,000円以内に抑えられます。相手が気の合う人なら、自宅でお酒を飲むようにしましょう。居酒屋に行くと、安くても2,000~3,000円ほどの出費になります。

豆腐、枝豆、キュウリなど、つまみに使う食材はスーパーで安く買えます。調理の手間が面倒な場合でも、冷凍食品などを活用することで安く飲み会ができます。

⑥家計簿をつけて支出を把握する

毎日いくら使ったのか家計簿につけることで、お金の使い過ぎている原因が視覚的に分かります。

スマートフォンには、レシートの写メを撮るだけで金額が入力される家計簿アプリもあります。ノートにいちいち書き込まなくていいので、手間がかかりません。

みんなが実践している食費の節約方法を大公開

以下は、アンケートにお答えいただいた人が実践している節約方法を抜粋したものです。すぐにでも取り組める内容ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

スーパーの半額シールを狙う
女性のアイコン近くのスーパーは夜9時半から半額シールが貼られます。冷凍保存できそうな惣菜と日本ハムの餃子がよく100円で売られているのをまとめて買います。1,000円以内の買い物でも4~5日分の晩ご飯が買えるので、週末の夜にまとめて買い込んでます。(女性/20代)
チラシアプリでスーパーの特色と傾向を覚える
男性のアイコンスーパーのチラシアプリを活用する。自宅周辺のスーパーの特色と傾向を覚えておく。なくなって買い足すものは冷蔵庫に貼ったホワイトボードに書き込む。買うものをあらかじめ決めておいて、余計な物は買わない。(男性/30代)
コンビニには極力行かない
男性のアイコンコンビニは本当に緊急のときしか行かないようにしてます。どう考えてもスーパーのほうが安いからです。緊急といっても、夜中に体調が悪くなったとかそんなレベルです。(男性/20代)
カレーを大量に作り溜めしておく
女性のアイコン毎日作ると面倒だし作りすぎて食べきれなかったりしたらヤだから、1週間に1回くらい大量にカレーを作って食べ続ける。飽きるけど、まあ、倹約のためにと思ってる…。冬になったら、鍋か、おでんに変えてる。(女性/20代)
財布には最低限のお金だけ入れる
女性のアイコン1日に使える金額を決めてるので、決まった金額だけしか財布に入れないです。カードも入れない。余分にあると、つい買いたくなるから(笑)(女性/20代)

食費よりも家賃を抑えたほうがラクに節約できる

自炊したり安い食材を買ったりして食費を5,000円抑えるよりも、家賃を10,000円下げるほうがラクに節約できます。

食費を抑えるには毎日お金を使わないように工夫する必要がありますが、家賃は変わらないので工夫しなくても費用を抑えられます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから 
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

東京のビル群
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

6月のイラスト
6月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しのコツ

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
チャット不動産「イエプラ」と物件サイトや街の不動産屋の違い

 

悩んでいる女性
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

家計簿や電卓が並んでいるテーブル
1ヶ月の生活費の平均はいくら?世帯別にみんなの内訳を徹底分析!

 

赤いベッドに寝そべる女性
お金ないけど一人暮らししたい!費用を最低限に抑える現実的な方法

 

笑顔で振り返る女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

バナー
 

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly