新社会人の一人暮らしに必要な金額|初期費用や毎月の生活費

一人暮らしの知識

中村

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

新社会人の男女

新社会人の一人暮らしに必要な金額を徹底解説します!賃貸契約を結ぶ際にかかる初期費用、毎月の生活費を解説します。また、選ぶべき家賃の目安、費用をもっと安くする方法、節約のコツなども公開します!

新社会人の一人暮らしに必要な費用

新社会人の一人暮らしに必要な費用は、大きく分けて「賃貸契約の初期費用」と「毎月の生活費」です。費用の目安は以下の通りです。

賃貸契約の初期費用 家賃4.5~5ヶ月分
毎月の生活費 約15万円

住むお部屋や生活スタイルにより金額は変動しますが、新社会人はスーツ代や先輩との飲み代など急な出費が多いので、多めにお金を確保しておくべきです。

手持ちのお金に余裕がないと、毎月の生活費が苦しく、給料日まではモヤシ生活するハメになります。

一人暮らしに必要な費用について、それぞれ解説していきます。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

賃貸物件の初期費用は家賃4.5~5ヶ月分

家の置物とグラフ
賃貸物件を借りるのにかかる初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料などのトータルで家賃4.5~5ヶ月分の金額が相場です。

初期費用の内訳と、各項目の相場は以下の通りです。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動

初期費用がどのくらいかかるのか、家賃ごとに目安をまとめたのが下記の表です。

家賃5.5万円 約24.7~27.5万円
家賃6万円 約27~30万円
家賃6.5万円 約29.2~32.5万円
家賃7万円 約31.5~35万円
家賃7.5万円 約33.5~37.5万円
家賃8万円 約36.5~40万円

ただ、表の金額はあくまで目安なので、入居日や利用する不動産屋によって変動があります。なかには、礼金や仲介手数料などがかからない物件もあります。

新社会人の家賃目安は手取りの4分の1

家賃は手取りの3分の1とよく言われますが、新社会人は手取りの4分の1くらいまでに抑えないと、家賃が生活費を圧迫してお金が足りなくなります。

家賃目安の早見表を、手取りの4分の1で作成しました。どの家賃のお部屋を探すか決めるうえでの参考にしてください。

家賃目安
手取り13万円 約3.2万円
手取り15万円 約3.7万円
手取り17万円 約4.2万円
手取り20万円 約5.0万円
手取り22万円 約5.5万円
手取り25万円 約6.2万円

上記の家賃目安は、毎月かかる管理費(共益費)も含めた金額です。物件情報サイトでお部屋を探すときは、管理費込みで家賃を絞り込みましょう。

初期費用をもっと安くできないの?

賃貸契約の初期費用は、お部屋探しを工夫することで安くできます。

例えば、家賃5.5万円の物件を借りた場合、相場通りの費用を支払うと約34万円ほどかかりますが、費用を抑える方法で部屋探しをすれば約12万円にできます。

初期費用を抑えた場合 通常の初期費用の場合
合計 120,023円 339,562円
敷金 0円 55,000円
礼金 0円 55,000円
仲介手数料 29,700円 59,400円
鍵交換費用 15,000円 15,000円
火災保険料 15,000円 15,000円
保証会社利用料 0円 55,000円
前家賃 55,000円 55,000円
日割り家賃 5,323円
(月末に入居)
30,162円
(月の中旬に入居)

初期費用を抑えるお部屋探しの方法を5つ紹介しますので、参考にしてください。

①敷金礼金が不要のゼロゼロ物件を探す

敷金と礼金が不要になる、いわゆるゼロゼロ物件を借りれば家賃2ヶ月分の費用を節約できます。家賃5.5万円のお部屋であれば11万円の違いです。

ただ、敷金は退去時の修繕に備えてあらかじめ預けておく費用です。敷金ゼロ円の物件を借りた場合は、入居時に支払わなかった分だけ退去時の負担が大きくなります。

ちなみに、礼金は「入居させてくれてありがとう」という意味を込めて大家さんに支払う費用なので、安くすることによるデメリットはありません。

▶敷金礼金の詳しい解説はこちら

②仲介手数料がかからない不動産屋を使う

仲介手数料が無料の不動産屋を使えば、家賃1ヶ月分+消費税の金額を節約できます。家賃5.5万円であれば59,400円お得になります。

仲介手数料とは、お部屋を紹介してくれた仲介会社に支払う報酬のことです。同じ物件であっても、使う不動産屋によって半額や無料になることがあります。

▶仲介手数料の詳しい解説はこちら

③保証会社不要の物件を選ぶ

家の置物を手に載せるサラリーマン
保証会社を使わずに連帯保証人だけで契約を結べる物件を選べば、保証会社利用料(家賃0.5~1ヶ月分)の節約になります。

ただ、保証会社が不要のお部屋は東京都内には少ないです。「保証会社なしで入居できるお部屋はありませんか?」と不動産屋に相談して、紹介してもらいましょう。

ちなみに、保証会社とは連帯保証人の役割をする企業のことです。近年は保証会社と連帯保証人の両方が必要な物件が増えています。

▶保証会社の詳しい解説はこちら

④フリーレント物件を選んで前家賃や日割り家賃を無料にする

0.5~2ヶ月分の家賃を無料にしてもらえるフリーレント物件に入居すれば、前家賃や日割り家賃の費用をサービスしてもらえます。

ただ、フリーレント付きの物件はかなり数が少ないです。よほど運がよくなければ、希望条件を満たしたフリーレント物件は見つけられないでしょう。

▶フリーレント物件の詳しい解説はこちら

ちなみに、前家賃とは家賃発生月の翌月の家賃のことです。例えば4月に家賃が発生した場合は、5月分の家賃を前家賃といいます。

また、日割り家賃は月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数の家賃のことをいいます。計算方法は「家賃÷その月の日数×入居日数」で、管理費(共益費)も含んで計算します。

▶前家賃の詳しい解説はこちら

▶日割り家賃の詳しい解説はこちら

⑤なるべく月末に入居して日割り家賃を安くする

初期費用として支払う日割り家賃は、入居月の残日数で金額が変わるので、月末に入居すると安くできます。

たとえば、家賃5.5万円のお部屋に15日に入居した場合は30,162円(残り17日分)かかりますが、28日の入居ならば5,323円(残り3日分)で済みます。

毎月の生活費は15万円ほど必要

家計簿と電卓とレシート
新社会人の生活費は、家賃や食費、水道光熱費や娯楽費などのトータルで毎月約15万円ほど必要です。

一人暮らしを始めると、それぞれの費用でどのくらいの出費が必要になるのかをシミュレーションしたので、参考にしてください。

家賃 55,000円
食費 40,000円
水道光熱費 8,000円
スマホ、通信費 8,000円
娯楽費・交際費 20,000円
日用消耗品など 6,000円
交通費 10,000円
合計 149,000円

新社会人は給料が少ないうえ、急な出費がかさむので、節約を意識しないと生活費が足りなくなります。

また、少しでも貯金をしておかないと、20代後半で金銭的な余裕にかなり差が出てしまいます。最低でも毎月2万円ほどは貯金しましょう。

新社会人はスーツ代を確保しておくべき

新社会人は、生活費とは別に、スーツの購入費用を確保しておくべきです。

ほとんどの会社ではスーツが仕事着になっているので、最低でも3着は所持しておかないと、クリーニングに出した際に対応できません。

また、夏用と冬用のスーツを購入しておかないと、夏は暑く、冬は寒い思いをします。

新社会人が毎月の生活費を抑えるにはどうすればいい?

ぶたさん貯金箱とお金
毎月の生活費を抑える方法を5つ紹介しますので、参考にしてください。

格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す

大手キャリアから格安SIMに変更すると、毎月4,000円ほどスマホ代を抑えられます。大手の携帯会社だと最低でも6,000円はかかりますが、格安SIMであれば2,000前後で利用できるからです。

格安SIMに変えなくても、契約中のプランを見直して、使っていない分の電話代やパケット代を削れば、1,000~2,000円の節約になります。

お部屋にWi-Fiを設置している場合は、帰宅したらWi-Fiを使うよう徹底すれば、パケット量を抑えたプランでも問題なくスマホが使えます。

なるべく自炊をする

新社会人は、仕事に慣れるまで家事との両立がきついですが、なるべく自炊を心がければ食費を3万円以下に抑えられます。

平日の自炊が厳しいのであれば、週末にたくさん作って冷凍しておきましょう。

エアコンの温度設定を一定にする

エアコンの温度設定と夏は26度、冬は20度で固定するだけで、電気代の節約になります。年間で、約15,000円近く節約できます。

エアコンは設定温度を1度変えるだけで、13%も電力の消費量が変わると言われています。どうしても温度を変えたい場合は、なるべく長時間同じ温度設定にしましょう。

タップ式のコンセントにする

タップ式のコンセントに切り替えて、使用していない家電製品の電源をオフにするよう心がけましょう。

面倒かもしれませんが、寝ている間の7時間だけでも、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーなどの待機電力をなくすだけで年間1,500円ほどの節約になります。

職場の先輩に近くに安いランチは無いか聞く

職場の先輩に、会社に近くて安いランチは無いか聞きましょう。先輩とのコミュニケーションもとれるうえ、ランチをおごってもらえる可能性があります。

なるべくランチは500円以下のワンコインで食べられる場所を聞きましょう。

そのほかに必要な大きな費用

引っ越し業者
初期費用と生活費以外に必要な大きな費用は、一人暮らしを始めるまでにかかる「引っ越し代」と「家具家電の購入費」です。

それぞれの費用目安を紹介します。

引っ越し代金は7~9万円

引っ越しにかかる費用は、時期や距離によって違いますが7~9万円あれば足ります。

引っ越す人が多い繁忙期と、少ない閑散期で、移動距離別の目安金額をまとめました。

1月~4月
(繁忙期)
5月~12月
(閑散期)
500km未満 約80,000円 約65,000円
500km以上 約90,000円 約70,000円

東京に上京するための移動距離の目安は、以下にまとめてあります。ちょうど、東京⇔大阪が500kmほどです。

大阪 約510km
名古屋 約350km
福岡 約1,000km
広島 約800km
宇都宮 約90km
仙台 約350km
青森 約700km

引っ越し業者を利用するなら、4~7月の閑散期を狙うか、単身引っ越しパックを利用すれば5万円ほどに収まります。

家具家電の購入費は10~15万円

初めての一人暮らしで、家具家電・日用品などを買い揃える場合は10~15万円ほど必要です。

主な家具家電・日用品の目安金額は下記を参考にしてください。

冷蔵庫 約26,000円
洗濯機 約30,000円
電子レンジ 約8,000円
炊飯器 約7,000円
掃除機 約4,000円
テレビ 約25,000円
ベッド・布団などの寝具 約20,000円
カーテン 約3,000円
収納棚 約7,000円
キッチン用品 約4,000円
トイレ用品 約2,000円
シャンプー・リンスなど 約4,000円

1~3月頃は通販サイトや大手量販店では、新生活に必要な家電を「一人暮らし家電セット」などの名目で安く販売しています。

メーカーによって多少の違いはありますが、冷蔵庫・洗濯機・掃除機の3点セットで4万円ほどで買えます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから 
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

東京のビル群
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

5月のイラスト
5月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
チャット不動産「イエプラ」と物件サイトや街の不動産屋の違い

 

悩んでいる女性
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

家計簿や電卓が並んでいるテーブル
1ヶ月の生活費の平均はいくら?世帯別にみんなの内訳を徹底分析!

 

赤いベッドに寝そべる女性
お金ないけど一人暮らししたい!費用を最低限に抑える現実的な方法

 

笑顔で振り返る女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

バナー
 

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly