お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

新社会人の一人暮らしに必要な費用|初期費用・家賃・生活費などの目安金額

新社会人の一人暮らしに必要な費用のイメージイラスト

新社会人が一人暮らしを始めるために必要な費用をまとめました!賃貸契約の初期費用や、家賃目安、毎月の生活費や、引っ越し業者の利用代金、家具家電の新規購入費などお金について紹介します!あわせて費用を抑える方法も紹介します!

新社会人の一人暮らしに必要な費用まとめ

新社会人の一人暮らしに必要な費用まとめました。一人暮らしを始めるまでの費用と、毎月の生活費の目安金額です。

賃貸契約の初期費用 家賃4.5~5ヶ月分
引っ越し業者の費用 約5~7万円
家具家電の新規購入費 約10~15万円
毎月の生活費 約15万円

住むお部屋や生活スタイルにより金額は変動しますが、新社会人はスーツ代や先輩との飲み代など急な出費が多いので、多めにお金を確保しておくべきです。

手持ちのお金に余裕がないと、毎月の生活費が苦しく、給料日まではモヤシやカップ麺生活になったり、親に泣きつくハメになります。

一人暮らしに必要な費用について、それぞれ解説していくので参考にしてください。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

賃貸物件の初期費用は家賃4.5~5ヶ月分が目安

賃貸物件を借りるのにかかる初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料などのトータルで家賃4.5~5ヶ月分の金額が相場です。

初期費用の内訳と、各項目の相場は以下です。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動

ただ、表の金額はあくまで目安なので、入居日や利用する不動産屋によって変動があります。なかには、礼金や仲介手数料などがかからない物件もあります。

初期費用の項目が、それぞれどんなものにかかるお金なのか気になる人は、以下のボタンをクリックすれば解説が表示されます。

初期費用に含まれる項目の解説はこちら

敷金

敷金とは、大家さんに一時的に預けておくお金のことで、相場は家賃の1ヶ月分です。

敷金は、退去時の修繕費用や滞納してしまった家賃の支払いなどに充てられます。

他の費用とは違って大家さんへの預け金なので、修繕費用がかからない、家賃を滞納していない、といった場合は、退去時に返金されます。

礼金

礼金とは、入居する物件の大家さんに「入居させてくれてありがとう」という意味を込めて支払うお金のことです。

ほとんどの礼金は家賃1ヶ月分ですが、人気のお部屋は2ヶ月分だったり、逆に人気がないお部屋は礼金なしの場合があります。

仲介手数料

仲介手数料とは、お部屋の紹介や書類の作成など、部屋探しのサポートに対して不動産屋や仲介会社に支払う手数料のことです。

仲介手数料の相場は「家賃1ヶ月分+消費税」ですが、不動産屋によっては半額~無料のところもあります。

仲介不動産屋を通さずに大家さんと直接契約する場合は、仲介手数料は不要です。

保証会社利用料

保証会社利用料とは、連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用のことです。

利用料は保証会社によって違いますが、初回の利用料が家賃0.5~1ヶ月分、1年後に更新料として1万円前後かかる場合が多いです。

ちなみに、連帯保証人のみで入居できるお部屋は、保証会社利用料は必要ありません。

火災保険料

火災保険料とは、火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用です。火災保険に加入せずに入居できる物件はほぼありません。

平均相場は15,000円ほどですが、保険内容や保険会社によって金額が変わります。

どの保険に加入するかは大家さんや不動産屋が指定していることがほとんどですが、まれに自分で選べる場合もあります。

鍵交換費用

鍵交換費用とは、前の入居者が使用していた鍵から自分が使用する鍵に交換する費用のことです。

鍵交換費用の相場は、一般的なディスクシリンダーキーの場合1.5万円ほどですが、ディンプルキーやカードキーのような特殊な鍵は2万円以上かかります。

前の入居者が同じ鍵で入室できないようにするための費用なので、新築の物件の場合は必要ありません。

前家賃

前家賃とは、家賃発生月の翌月の家賃のことです。4月に入居した場合、5月分の家賃が前家賃となって、初期費用に含まれます。

基本的に、家賃の1ヶ月分が相場ですが、大家さんによっては家賃2ヶ月分と決められているところもあるので、契約前に確認しましょう。

日割り家賃

日割り家賃とは、入居した日から月末までの日数で1ヶ月分の家賃を割った費用のことです。

例えば家賃7万円のお部屋に3月15日に入居した場合は、以下のように計算します。

70,000円÷31日=約2,258円(1日当たりの家賃)
31日-15日=16日(日割り家賃が必要な日数)
2,258円×16日=36,128円(日割り家賃)

 

家賃に対する初期費用目安一覧

家賃に対して、おおよそどれくらいの初期費用が掛かるのかを一覧にしました。

お部屋探しの際の参考にしてください。

家賃5.5万円 約24.7~27.5万円
家賃6万円 約27~30万円
家賃6.5万円 約29.2~32.5万円
家賃7万円 約31.5~35万円
家賃7.5万円 約33.5~37.5万円
家賃8万円 約36.5~40万円

新社会人の家賃目安は手取りの4分の1

家賃は手取りの3分の1とよく言われますが、新社会人は手取りの4分の1くらいまでに抑えないと、家賃が生活費を圧迫してお金が足りなくなります。

家賃目安の早見表を、手取りの4分の1で作成しました。どの家賃のお部屋を探すか決めるうえでの参考にしてください。

家賃目安
手取り13万円 約3.2万円
手取り15万円 約3.7万円
手取り17万円 約4.2万円
手取り20万円 約5.0万円
手取り22万円 約5.5万円
手取り25万円 約6.2万円

上記の家賃目安は、毎月かかる管理費(共益費)も含めた金額です。物件情報サイトでお部屋を探すときは、管理費込みで家賃を絞り込みましょう。

また、社会人2年目になると、給料から住民税が引かれるので、手取りの4分の1を超えると生活費が足りなく恐れがあります。

初期費用を抑える6つの方法

電卓と住宅の置物

例えば、家賃5.5万円の物件を借りた場合、相場通りの費用を支払うと約34万円ほどかかりますが、費用を抑える方法で部屋探しをすれば約12万円にできます。

初期費用を抑えた場合 通常の初期費用の場合
合計 120,023円 339,562円
敷金 0円 55,000円
礼金 0円 55,000円
仲介手数料 29,700円 59,400円
鍵交換費用 15,000円 15,000円
火災保険料 15,000円 15,000円
保証会社利用料 0円 55,000円
前家賃 55,000円 55,000円
日割り家賃 5,323円
(月末に入居)
30,162円
(月の中旬に入居)

初期費用を抑えるお部屋探しの方法を6つ紹介しますので、参考にしてください。

①敷金礼金が不要のゼロゼロ物件を探す
②仲介手数料が半額~無料の不動産屋を使う
③保証会社不要の物件を選ぶ
④フリーレント物件を選んで前家賃や日割り家賃を無料にする
⑤月初に入居して日割り家賃をなくす
⑥オプションサービスは断る

①敷金礼金が不要のゼロゼロ物件を探す

敷金と礼金が不要になる、ゼロゼロ物件を借りれば家賃2ヶ月分の費用を節約できます。家賃5.5万円のお部屋であれば11万円の違いです。

ただ、敷金は退去時の修繕に備えてあらかじめ預けておく費用です。敷金ゼロ円の物件を借りた場合は、入居時に支払わなかった分だけ退去時の負担が大きくなります。

ちなみに、礼金は「入居させてくれてありがとう」という意味で大家さんに支払う費用なので、安くすることによるデメリットはありません。

②仲介手数料が半額~無料の不動産屋を使う

不動産屋の仲介手数料の相場が「家賃1ヶ月分+消費税」なので、手数料が半額~無料の不動産屋を使えば、その分の費用が安くなります。

1月~3月は引っ越しシーズンで、不動産屋同士の競争があるので、キャンペーンなどで仲介手数料を安くしている場合もあります。

また、仲介手数料は交渉次第で値下げしてもらえることがあります。ダメ元で「予算が少し足りないので相談させてほしい」と伝えてみましょう。

③保証会社不要の物件を選ぶ

保証会社不要の物件で賃貸契約を結べば「保証会社利用料」を節約できます。

保証会社利用料の相場は家賃0.5ヶ月分ほどなので、家賃8万円の物件なら4万円前後の節約になります。

ただし、近年は。連帯保証人がいた場合でも保証会社が必須な物件が増えています。とくに都心部では、保証会社不要の物件を見つけるのは難しくなっています。

④フリーレント物件を選んで前家賃や日割り家賃を無料にする

フリーレント物件を選べば、大家さんが決めた一定期間の家賃のみタダになるので、前家賃や日割り家賃がかかりません。

期間は物件によってバラバラですが、入居日から0.5~2ヶ月ほどになっていることが多いです。

また、入居申込の前に交渉することで、日割り家賃分のフリーレントをつけてもらえる場合もあります。費用を抑えたい人は、ダメ元で交渉してみましょう。

ただ、フリーレント付きの物件には「短期解約違約金」が設定されていることがほとんどです。1年以内に引っ越す可能性がある人は、フリーレント付き物件は避けたほうが良いです。

⑤月初に入居して日割り家賃をなくす

初期費用のうちの1つである「日割り家賃」は、入居した月の家賃を日割りで支払うものです。当然、入居日を月末に近づけることで、金額を安くできます。

3月7日に入居した場合
家賃80,000円÷31日×26日=67,097円
3月28日に入居した場合
家賃80,000円÷31日×4日=10,323円

上記は、入居日が月の上旬(3月5日)か下旬(3月28日)なのかで、日割り家賃がどのくらい変わるのかまとめたものです。月末に入居すれば、日割り家賃を1万円ほどまで抑えられています。

また、上手い具合に1日に入居できた場合は、前家賃(翌月分)が不要で、従来通りの家賃の引き落とし日に翌月分の家賃を支払います。そのため、前家賃もかかりません。

⑥オプションサービスは断る

賃貸の初期費用の中には、オプションサービスや付帯サービスといったものが入っているので、少しでも費用を抑えたい人は事前に断りましょう。

初期費用の見積もりに、以下が入っていた場合、それはオプションサービスなので断れます。

・消臭、抗菌
・安心入居サポート
・浴室坊カビコート
・簡易消火器具設置

上記はあくまでも一例なので、気になる項目があった場合は、不動産屋のスタッフに聞いてみてください。

毎月の生活費は約15万円必要

新社会人の生活費は、家賃や食費、水道光熱費や娯楽費などのトータルで毎月約15万円ほど必要です。

一人暮らしを始めると、それぞれの費用でどのくらいの出費が必要になるのかをシミュレーションしたので、参考にしてください。

家賃 55,000円
食費 40,000円
水道光熱費 8,000円
スマホ、通信費 8,000円
娯楽費・交際費 20,000円
日用消耗品など 6,000円
交通費 10,000円
合計 149,000円

新社会人は給料が少ないうえ、急な出費がかさむので、節約を意識しないと生活費が足りなくなります。

また、給料が上がるまではほぼ貯金はできないので、多少でも貯金をしたいと思う人は、娯楽費や食費などで調整しましょう。

▶一人暮らしの生活費実例はこちら

新社会人はスーツ代を別途確保すべき

新社会人は、生活費とは別に、スーツの購入費用を確保しておくべきです。

ほとんどの会社ではスーツが仕事着になっているので、最低でも3着は所持しておかないと、クリーニングに出した際に対応できません。

また、夏用と冬用のスーツを購入しておかないと、夏は暑く、冬は寒い思いをします。

新社会人におすすめな生活費節約方法

家計簿と電卓とレシート

新社会人におすすめな、生活費節約方法を7つ紹介します。全て実践できれば、月に2万ほど生活費を抑えられます。

①都市ガスのお部屋を選ぶ
②格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す
③レンチン料理に挑戦してみる
④エアコンの温度設定を一定にする
⑤タップ式のコンセントで待機電力を減らす
⑥ランチや飲み会は上司や先輩と行く
⑦会社の福利厚生を活用する

①都市ガスのお部屋を選ぶ

プロパンガスではなく、都市ガスの物件を選べば毎月1,500円ほどガス代を抑えられます。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 950円 1,574円
月額合計 2,520円 4,094円

都市ガスは公共料金なので、地域ごとで多少値段の差はあるものの、急な値上がりなどがなく値段がかなり安いです。一人暮らしに必要なコンロの火力も、十分にあります。

②格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す

スマホのプランを見直すか、格安SIMに変更すれば、毎月約2千円~4千円ほど節約できます。

契約中のプランを見直して、使っていない分の電話代や通信代を削れば、毎月千円~2千円ほど抑えられます。

キャリアを変更できる人は、格安SIMにすればスマホ代が毎月4千円ほど安くなります。

また、お部屋のインターネットを、スマホと同時契約にすることで、別々に契約するよりもお得になるケースが多いです。

③レンチン料理に挑戦してみる

新社会人は、仕事に慣れるまで私生活との両立がかなり大変です。そのため、無理に自炊しようとせず、電子レンジで簡単にできる料理から始めてみましょう。

100円均一に売っている、耐熱タッパやシリコンスチーマーを使えば、蒸し料理から煮込み料理など何でもできます。

例えば、耐熱タッパにもやしと豚バラを入れ、ポン酢を上からかけて電子レンジで3分チンするだけで、ボリューミーな1品ができます。1食200円ほどです。

また、電子レンジは高火力なので、コンロで料理するよりも光熱費の節約になります。

④エアコンの温度設定を一定にする

エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に固定するだけで、毎月の電気代が約1,200円も節約できます。

エアコンの温度は1度変更するだけで、13%も消費電力が増えると言われています。どうしても温度を変更したい場合は、長時間同じ温度設定にしましょう。

ちなみに寝る時はタイマーより、つけっぱなしのほうが消費電力が少なくお得です。

⑤タップ式のコンセントで待機電力を減らす

タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフすれば、毎月150円ほどの電気代を節約できます。

とくに消費電力が多い、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーは、寝ている7時間だけでも良いので、オフにしましょう。

いちいち消すのが面倒、月150円ほどなら別に良いと思いがちですが、1年で約2千円、5年で9千円になるので、こまめな節約が大切です。

⑥ランチや飲み会は上司や先輩と行く

新社会人のうちは上司や先輩が甘やかしてくれるので、ランチや飲み会に誘われたら積極的に行きましょう。

ご飯を奢ってもらえる可能性が高いので、食費が浮きます。

また、先輩や上司とコミュニケーションが取れるので、仕事が円滑に進んだり、困ったときに助けてもらいやすくなるというメリットもあります。

⑦会社の福利厚生を活用する

4月から勤務する会社が決まった時点で、企業の福利厚生を確認しておきましょう。

企業によっては「家賃手当」や「引越し手当」が出る場合があったり、社宅や提携マンションを持っていることがあります。

これらの福利厚生は、入社が決まった時点で受けられる特典なので、利用しないに越したことはありません。

とくに家賃補助がある場合は、毎月決められた金額の補助が受けられるのでおすすめです。

そのほか一人暮らしするまでに必要な費用

引っ越している人

そのほか、引っ越し業者の費用や、家具家電の新規購入費用についても解説します。

引っ越し業者の費用は約5~7万円

引っ越しにかかる費用は、時期や距離、荷物の量によって変わりますが、約5~7万円あれば引っ越せます。

以下、価格.comの単身引っ越し料金の相場を基に、引っ越し費用がいくらになるのかまとめてみました。

引っ越す距離 荷物が少ない人 荷物が多い人
~15km未満 平均29,312円 平均38,035円
~50km未満 平均34,276円 平均40,614円
~200km未満 平均44,671円 平均51,961円
~500km未満 平均53,139円 平均63,335円
500km~ 平均54,929円 平均69,632円

都内までの距離目安は、横浜で約45km、名古屋で約350km、大阪で約500km、福岡で約1,000kmです。

引っ越し業者を決める時は、即決せずに複数の業者に見積もりをもらったほうが、多少費用を抑えられます。

また、引っ越す人が少ない5月~12月の閑散期は、1月~4月に比べて1~2万円ほど値段が安い傾向にあります。

利用するなら単身引っ越しパックがおすすめ

引っ越し単身パックなど、一人暮らし向けのサービスがある業者を選べば、通常の引っ越し料金より安い料金設定がされています。

ただし、引っ越し業者が保有する台車の中に納まらない場合は、割高になるので注意が必要です。なるべく荷物は断捨離しておきましょう。

また、配達時間を指定しない「フリー便」にすれば、料金が5千円ほど安いです。

引っ越す日は設定できますが、何時に来るかは業者の都合次第になるので、丸1日の予定を空けておく必要があります。

安い業者を探すなら一括見積もりすべき

引越し費用は1社のみに絞るよりも、複数の業者から見積もりをもらって比較したほうが費用を抑えられます。

その理由は、引越し費用には定価がないこととオプションが追加されているからです。

業者によっては料金が倍以上も変わるので、一括見積もりサイトを利用してたくさん見積もりを集めましょう。

特に「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2020年10月現在で約310社と提携しています。

↓費用を安く抑えたいなら引っ越し侍↓

家具家電の購入費は10~15万円

初めての一人暮らしで、家具家電・日用品などを買い揃える場合は10~15万円ほど必要です。

主な家具家電・日用品の目安金額は下記を参考にしてください。

冷蔵庫 約26,000円
洗濯機 約30,000円
電子レンジ 約8,000円
炊飯器 約7,000円
掃除機 約4,000円
テレビ 約25,000円
ベッド・布団などの寝具 約20,000円
カーテン 約3,000円
収納棚 約7,000円
キッチン用品 約4,000円
トイレ用品 約2,000円
シャンプー・リンスなど 約4,000円

全部一気にそろえると、金銭面がきつくなるので、引っ越し当日に必要なもののみ購入し、ほかは徐々に集めるようにしましょう。

家電は1月~3月で買い揃えるのがおすすめ

4月の新年度に向けて一人暮らしする人は、電気屋が1月~3月あたりに「新生活応援セット」などの名目で売り出しているセット品を購入しましょう。

ほとんどの電気屋では、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジの3点セットや、洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器・掃除機の5点セットなどで売り出しています。

安いものだと、3点で4万円、5点セットで4.5万円ほどです。また、電気屋によっては組み換え自由なセットを用意していることもあります。

▶一人暮らしに必要なものリストはこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識