一人暮らしでも猫は飼える?後悔しないための注意点や必要な費用も紹介!

一人暮らしの知識

藤本

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

子猫

一人暮らしでも猫は飼えるの?という疑問を解決します!猫を飼う前に知っておくべきデメリットや初期費用・毎月かかる費用などを徹底解説します!後悔しないための注意点やおすすめのペットグッズ、一人暮らしにおすすめの猫の種類も紹介します!

一人暮らしで猫を飼う前に知っておくべきデメリット

一人暮らしで猫を飼いたいと考えている人は、まず猫を飼う際のデメリットをしっかり把握しておきましょう。

下記で紹介する10個のデメリットすべてをクリアできる人であれば、一人暮らしで猫を飼っても無理なく生活できます。

1つでも自信が無い項目があるなら、一人暮らしで猫を飼うのは諦めるべきです。どれも猫の命や自分の体調に関わる項目なので、決して軽視してはいけません。

猫アレルギーの場合は健康被害が出る

猫アレルギーがあると知らずに猫を飼い始めた場合、目のかゆみやクシャミ、鼻水や蕁麻疹などの健康被害が出ます。酷いときは喘息を発症することもあります。

飼う前に必ずアレルギー検査を受けておきましょう。検査料金は病院によって違いますが、約3,000~5,000円ほどで受けられます。

トイレの始末をこまめにしなくてはいけない

猫は綺麗好きなので、トイレの中にうんちが残っていると、別の場所でうんちをしてしまいます。そのため、こまめな掃除が必要です。

1度別の場所でうんちをしてしまうと、その場所をトイレと認識してしまうので、新しいトイレを設置しても使ってくれません。トイレトレーニング自体をやり直すことになってしまいます。

発情期の鳴き声やマーキング行為を我慢しないといけない

猫の発情期は1月~8月の中で、年に2~3回ほどあります。発情期の間は、必要以上に大声で鳴いたり「スプレー」と呼ばれる臭いがかなり強烈な尿をいろんなところに吹きかけます。

スプレーはオス猫のみしますが、去勢手術ができれば回避できます。ただし、鳴き声だけはどうしようもないので我慢しなければいけません。

酷いときには近隣住民にまで筒抜けになるので、クレームが来る可能性もあります。

毛玉をひんぱんに吐き出す

猫はかなりの頻度で毛づくろいしますが、飲み込んだ毛は消化しきれないので嘔吐で出します。とくに冬や夏の生え変わり時期は、1日に2~4回ほど吐きます。

場所や時間は猫にとっては関係ないので、衣類やカバンの上で吐かれたり、寝ている最中に吐き戻しされ、朝起きて気づかずに踏んでしまうというリスクもあります。

壁やフローリングなどで爪を研ぐ

専用の爪とぎを置いてあっても、壁やフローリング、ドアなどで爪とぎをして傷だらけにする可能性が高いです。

また、動くものや興味があるものに飛びつく習性があるので、はずみでモノを壊してしまうことも多いです。

賃貸物件の場合、退去時に原状回復が必須なので、傷だらけになったお部屋の修繕費がかなり高くなります。

旅行など長期外出しにくい

家に猫がいると、旅行や出張などで長期間外出できません。大量の餌や水を置いておけば大丈夫という人がいますが、猫は分量を調整できないのであるだけ食べてしまいます。

また、夏場はお部屋の中が暑くなるので、猫が熱中症になる可能性もあります。長期間出かける予定がある人は、友達に預かってもらうか、ペットホテルを利用しましょう。

猫をかまう時間を確保する必要がある

仕事で疲れて帰った日でも、必ず猫を構う時間を確保しなければいけません。最低でも1日15~30分は一緒に遊ぶ時間を作りましょう。

もし面倒で放置した場合は、運動不足による肥満になったり、ストレスが溜まって所かまわずとびかかってモノを壊します。

夜行性なので夜中に起こされることが多い

猫は元来夜行性の動物なので、夜中に起こされる可能性が高いです。一緒に布団に入っていても、いきなりバッと飛び出していきます。

懐いている猫の場合は、飼い主の顔や髪を毛づくろいで舐める可能性もあります。猫特有のザラザラした舌で舐められると、痛くて目が覚めてしまう人が多いです。

毎月1万円近く費用がかかる

猫を飼うためには、エサ代やトイレの砂代、おもちゃ代など、毎月1万円近くのお金が必要です。他にも、ワクチン代や病院代、ペットホテル代など諸々の費用が掛かります。

自分の生活だけでギリギリの人だと、猫を健康に飼育するための費用が支払えません。猫を飼える余裕があるのか確認しましょう。どのくらい費用が必要かは後ほど詳しく解説します。

ペット可の物件に引っ越す必要がある

猫を飼おうと考えている人は、今住んでいるお部屋がペット可能か確認しましょう。ダメだった場合は、ペット可物件に引っ越ししなければいけません。

ペット不可の物件で内緒で猫を飼ったとしても、爪とぎの跡や猫特有のにおいで退去時に必ずバレます。内緒で飼っていたことがバレると、高額な退去費用を支払うことになってしまいます。

ペット可物件は敷金が2ヶ月分に設定されていることが多いので、お部屋の初期費用だけでも約50万円ほど、引っ越し代で約7万円必要です。

また、周辺住民とトラブルにならないよう、防音性などのお部屋の設備も重視して探さなければいけません。

▶ペット可物件を探すときの注意点はこちら

猫を飼ううえで必要な費用

猫を飼ううえで必要な物と、目安金額を紹介します。最低限必要なものしか紹介していないので、状況や生活スタイルなどを考慮して何が必要か考えましょう。

飼い始めるまでに必要な費用は約7.5万円

猫を家に迎えるまでに必要な費用目安は、約7.5万円です。ただし、猫の種類によってはかなり高額になるので、よく吟味しましょう。

以下は、猫自身の購入費用を含む最低限の費用と必需品です。

猫購入費 約60,000円~
餌・水の容器代 約500円
エサ・オヤツ代 約4,000円
トイレ容器・砂代 約4,000円
爪とぎ代 約2,000円
ペットキャリー代 約5,000円

また、上記のほかにペットゲージやキャットタワーなどを購入しようとすれば、その分費用が跳ね上がります。

後々購入すれば良いものは後回しにし、必要最低限のものだけでも用意しましょう。

毎月必要な飼育費用は約8千円

猫はあまり費用のかからないペットといわれますが、健康的に飼い続けるためには毎月最低でも8千円ほどのお金が必要です。

以下は、毎月必要になるものと目安金額です。猫の種類によっては、必要なお金が変わるので、あくまで目安としてください。

エサ・オヤツ 約4,000円
トイレの砂 約2,000円
交換用爪とぎ 約1,000円
おもちゃ 約1,000円

多く見積もっても、毎月約1万円確保できれば、毎月の飼育が可能です。

必ず受けなければいけないワクチン代は約2.5万円

子猫の場合、母猫からの免疫が無くなる生後3ヶ月くらいから、3ヶ月連続で定期ワクチンを、その後最後の接種から半年ほどで1回ワクチンを接種しなければいけません。

室内飼いの猫の場合「3種混合ワクチン(コアワクチン)」を接種すれば良いですが、さらに不安という人は、5種や7種混合のワクチンを検討してください。

下記の表は、ワクチンの種類ごとの1回の費用目安です。参考にしてください。

3種混合ワクチン 約6,000円
4種混合ワクチン 約7,000円
5種混合ワクチン 約7,000円
7種混合ワクチン 約8,000円

どのワクチンが良いか分からない人は、獣医で「初めてのワクチンなので、どれが良いですか?」と言えば、丁寧に説明してくれます。

また、成人猫(1歳半以上)は、1~3年ほどに1度定期ワクチンが必要です。完全室内飼いの場合は、3年に1度を目安に「3種混合ワクチン」を接種しましょう。

病院やトリミングなど都度必要な費用

病院やトリミングなど、その時の状況によって都度必要な費用を以下にまとめました。おおよその金額なので、あくまで目安にしてください。

病院代 約10,000円
トリミング 約6,000円
ペットホテル 約10,000円
ペット保険 約2,000円
避妊去勢手術費 約25,000円

中でも、猫の医療費は高額になることが多いので、医療費控除になる保険会社を選び、ペット保険に加入することをおすすめします。

発情期の泣き声やマーキングを防ぎたい人は、猫が6~8ヶ月ほどの時に避妊去勢手術を受けましょう。ただし、元々肝臓が弱い猫は手術できないので、事前に検査しなければいけません。

▶一人暮らし向けの未公開物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

一人暮らしで猫を飼うメリット

一人暮らしで猫を飼った経験がある人に、飼ってよかったことはなにかを質問してみました。

家に帰っても寂しくない
女性のアイコン家に帰れば猫が出迎えてくれるし、家を出る時は見送ってくれるので、一人暮らしでも寂しくないです。しかもかわいくて癒されるので、ストレスも吹っ飛びます!(女性/20代後半)
絶対残業せずに帰るという意思が強くなった
女性のアイコン「猫が待ってるので帰ります」という口実で、仕事も早く終わらせるし、飲み会も途中で切り上げるようになりました。実際、長時間一人にしておくのが心配だし、何より私が少しでも多く構ってもらいたいので残業しないようにしています。(女性/20代後半)
無駄遣いがかなり減った
男性のアイコン猫に必要なものばかり購入するので、自分に対して使うお金が減りました。外食や飲み会の回数も減ったし、カバンとかベルトとかなんとなく買っていたものも減りました。(男性/30代前半)

猫を飼ううえでの注意点

猫を飼ううえで、日常生活で注意しなくてはいけないことを紹介します。猫の命にもかかわるので、必ず気を付けてください。

人間の食べ物を猫に与えない

人間の食べ物は、猫にとっては毒なので絶対に与えないでください。塩分過多で、肝臓・心臓・尿道の病気にかかってしまいます。

他にも、玉ねぎやニラ、ネギ、ニンニクなどは、猫の呼吸器に対して有毒です。エビやカニ、イカなどの魚介類は猫の好物ですが、そのまま与えると皮膚病になり、耳などが壊死します。

猫にとって有害な食べ物
・玉ねぎ、ニラ、ネギ、ニンニク
・エビ、カニ、イカ、貝類
・ちくわ、ハム、ソーセージなどの加工食品
・牛乳、バニラアイス、チーズ
・チョコレート、ココア
・ブドウ、レーズン
・ドックフード

猫にオヤツやエサをあげる時は、必ず「猫用」と記載があるものだけにしましょう。自分で調理したものをあげると、調理が不十分だったときに猫の体調が悪くなってしまいます。

コンセントや配線コードを保護する

コンセントや配線コードをひっかいたり噛んだりしてしまうと、感電する可能性があるので、必ず保護カバーを付けましょう。

とくにコードは、紐を間違えて猫がじゃれつく可能性が高いです。家具家電の裏にコードを通す、プラスチック製の保護カバーを購入するなど対策してください。

猫がケガする恐れのあるものを出しっぱなしにしない

棚の上の重たい物やガラス製品、ハサミや食器など、猫が遊んでいる最中に壊して怪我をする恐れのあるものは、すべて片づけましょう。

また、ティッシュペーパーなどの紙類も、猫にとっては遊び道具です。散らかしたり、誤って食べたりしないよう、カバーを付けてください。

玄関や窓から脱走しないよう徹底する

玄関や窓から脱走しないよう、柵を付けたり網戸を設置したりしてください。とくに賃貸物件の場合は、似たお部屋が多く猫が帰ってこれない場合があります。

また、交通事故やほかの猫による怪我などのリスクもあるので、絶対に室内から出さないよう徹底してください。

夏場はエアコンをつけっぱなしにしておく

猫は体温調節が苦手な動物です。そのため、とくに夏場はエアコンをつけっぱなしにして、猫が快適な温度を保ってください。

冬場は温かい場所を探して丸まって寝ますが、夏の暑さは自衛ができないので熱中症や脱水症状になります。人にとって適当な温度でも、猫は毛皮を着ている状態なので体調を崩します。

猫を飼う際のおすすめグッズ

一人暮らしで猫を飼う際に、あると便利なおすすめグッズをいくつか紹介します。

自動餌やり器

自動餌やり器

出典:https://www.amazon.co.jp/

自動餌やり器があれば、家にいない時間でもタイマーをセットすればエサやりができます。エサの食べ過ぎ防止にも使えるので、あれば便利です。

5,000円前後の、作りがしっかりした自動餌やり器がおすすめです。安すぎる商品だと、うまく餌が排出できなかったり音が煩くて猫が近づかない場合があります。

自動給水器

自動給水器

出典:https://www.amazon.co.jp/

猫はもともとあまり水を飲まない動物ですが、常にキレイな水が出ている自動給水器であれば「キレイ好き」「動くものに反応する」という猫の特性上、きちんと水を飲むようになります。

水を飲まないと肝臓や、おしっこの病気にかかりやすくなるリスクがあるのでなるべく購入しましょう。安いもので3,000円ほどで買えます。

消臭抗菌トイレ

消臭抗菌トイレ

出典:https://www.amazon.co.jp/

猫のうんちは独特の強烈な臭いがします。少しでもその臭いを軽減させるためにも、消臭抗菌効果がある猫用トイレがおすすめです。

合わせて消臭抗菌効果がある砂やシートも購入しましょう。トイレ自体は安いもので2,000円ほどで買えます。

キャットタワー

キャットタワー

出典:https://www.amazon.co.jp/

キャットタワーは、猫の運動不足を解消できるうえ、リラックスできる場所として最適です。仕事や用事で家を空ける時も、キャットタワーがあれば猫は一人遊びをします。

あまりにも軽いものは転倒の恐れがあるので、高くても丈夫で安定性が強いキャットタワーを選びましょう。

猫用ベッド

猫用ベッド

出典:https://www.amazon.co.jp/

猫は、自分だけのポジションを作るので、専用のベッドがあると快適に眠ります。安いものだと1,000円ほどであります。

ちなみに、段ボールをベッドにする人が多いですが、紙を食べる恐れがあるので、好奇心旺盛な子猫の時期はなるべく段ボールは避けましょう。

爪とぎポール

爪とぎポール

出典:https://www.amazon.co.jp/

平置きの爪とぎでも問題ありませんが、猫は伸びあがって爪を研ぐ習性があるので、ポールタイプのものがおすすめです。

また、縦長の爪とぎなので、お部屋の狭いスペースにも設置できます。安いもので1,500円ほどで手に入ります。また、麻縄を使えば自作もできます。

一人暮らしにおすすめの猫

一人暮らしにおすすめの猫を紹介します。一人暮らしで安心して飼えるのは、生後3ヶ月過ぎた子猫からなので、生まれてすぐの子猫を引き取るのはやめましょう。

生まれたばかりの子猫は付きっ切りで面倒を見ないといけないうえ、免疫力がありません。3ヶ月を過ぎた子猫なら、ワクチン接種がされているので病気になりにくいです。

以下に、一人暮らしでも飼いやすい猫の条件を書き出してみました。

一人暮らしで飼いやすい猫の条件
①鳴き声が小さい
②大人しく人懐っこい
③抜け毛が少なく手入れがラク
④体が丈夫で病気になりにくい
⑤学習能力が高い

以下、一人暮らしにおすすめの猫を4種類紹介します。あくまで飼いやすさのみを重視しているので、実際の猫を見て、相性が合うかどうかで判断してください。

シャルトリュー

シャルトリュー

シャルトリューは、微笑んでいるように口角が上がっている猫なので、表情豊かで毎日飽きません。鳴き声も小さいうえあまり鳴かないので、賃貸物件で飼う猫としておすすめです。

性格は、犬のように従順で賢いので、躾もしやすいです。また、後ろ足の筋肉が強いので、2本足で立ったりします。

ただし、肥満になりやすいので適度に運動させたり、食事の量を調整する必要があります。

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアは、不思議の国のアリスに登場するチェシャ猫のモデルで有名です。鳴き声は低めですが、物静かな子が多いため騒がしいと感じることはありません。

かなり穏やかでマイペースなネコなので、のんびり一緒に過ごしたい人におすすめです。

ただし、穏やかな性格で見落とされがちですが、身体能力が高い種類なので、適度に運動させないと肥満になってしまいます。

ロシアンブルー

ロシアンブルー

ロシアンブルーは、通称「ボイスレスキャット」と言われるほど鳴き声が小さく静かです。そのため、発情期でも周辺住民に迷惑をかけることが少ないです。

また、猫の中では遺伝性疾患が非常に少ない種類なうえ、学習能力が高いので世話がしやすいのも特徴的です。

ただし、運動量が多い猫なので、キャットタワーで高低差を作ったり、家を空ける時間も一人で遊べるような玩具を用意する必要があります。

ミックス(雑種)

机の上で寝る茶トラ

あまり猫の種類にこだわらない人は「ミックス(雑種)」がおすすめです。ミックスは、ほかの血が混ざっているので血統書つきよりも丈夫で長生きします。

また、環境適応能力も強いので、新しい人に引き取られて新しいお部屋に住んだ場合も、すぐに慣れてくれます。

とくに「茶トラ」「黒猫」「よもぎ」と言われる猫や「シャムネコのミックス」は人懐っこいのでおすすめです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

11月のイメージイラスト
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファでスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly