お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

マンスリーマンションで一人暮らし体験!実際に住んでみた感想も紹介!

マンスリーマンションで一人暮らし体験のイメージイラスト

いつか一人暮らしをするために、マンスリーマンションで一人暮らしを体験することはできるの?という疑問を解消します!

マンスリーマンションのメリット・デメリットや、住んだ際に気を付けることも紹介します。

実際のマンスリーマンションの室内写真も公開するので、いきなり一人暮らしするのは不安という人は必見です!

マンスリーマンションは一人暮らしの体験におすすめ

マンスリーマンションとは、短期間住むことを前提としたマンションのことを指します。

一般的な賃貸契約は基本2年契約ですが、マンスリーマンションは1ヶ月間単位で借りられます。

以下は、マンスリーマンションと通常の賃貸物件を比較した表です。

マンスリーマンション 一般的な賃貸
契約期間 1ヶ月以上 2年以上
家財道具 あり なし
水道光熱費 家賃に含まれる 別に払う
家賃 高い 安い
礼金・敷金 なし あり
保証人 なし あり
支払い 全額前払い 月払い

ちなみに、ウィークリーマンションという物件は、検索期間が1週間単位というだけで他の違いはありません。

一人暮らしを体験するために、マンスリーマンションに一定期間住む人もいます。

マル秘イエプラバナー

マンスリーマンションが一人暮らしの体験になる理由

なぜマンスリーマンションに住むと一人暮らしを体験できるのか、理由は以下の4つです。

それぞれの理由について詳しく説明します。

・手軽に一人暮らしを体験できる
・自分が物件に持つこだわりがわかる
・家事の大変さがわかる
・実際に住みたい街がイメージできるようになる

手軽に一人暮らしを体験できる

普通の賃貸物件を借りるより、初期費用が安くて手続きも簡単なので、手軽に一人暮らしを体験できます。

マンスリーマンションの契約は、ホテルの予約のようにネット上で済ませられることが多いです。

生活に必要な家具・家電も揃ってるため、わざわざ自分で用意したり運ぶ必要もありません。

自分が物件に持つこだわりがわかる

メモする人のイラスト
実際に一人で住むことで、自分が住む空間に何を求めているのか、こだわりが分かります。

独立洗面所がいるのかどうかや、キッチンの広さはどれくらい必要なのか、実際に生活しないと実感できません。

自分なりの物件選びのポイントが理解できていると、実際に一人暮らしを始める際にお部屋探しで悩まずに済みます。

家事の大変さがわかる

家事をしつつ仕事や学校に行くことになるので、自分一人で家事をこなす大変さが分かります。

実家暮らしの場合、家族が洗濯や料理をしてくれるため、なかなか実感できません。

また、料理や掃除などを一人ですれば、良い練習の機会にもなります。

実際に住みたい街がイメージできるようになる

周辺にコンビニや飲食店があるかどうかなど、実際に住みたい街がどんな街なのかイメージできるようになります。

お店の有無だけでなく、夜の喧騒の度合いや駅の利便性など、住み心地を重視する上で重要なポイントを知ることは大事です。

マンスリーマンションのメリット・デメリット

マンスリーマンションに住む上でのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

マンスリーマンションの4つのメリット

マンスリーマンションに住むメリットは以下の4つです。

・家具家電が揃っている
・初期費用がかからない
・入退去手続が簡単
・セキュリティがしっかりしている

マンスリーマンションの最大のメリットは生活に必要最低限の家具家電が揃っていることです。

必要な数日間の衣類と日用品のみ持っていくだけで、すぐに住み始めることができます。

また、通常の賃貸契約の場合家賃の他に敷金・礼金・仲介手数料がかかりますが、マンスリーマンションの場合かかりません。

必要最低限の手続きと身の回りの物の準備だけで一人暮らしを体験できるのは、マンスリーマンションならではの強みです。

マンスリーマンションの3つのデメリット

マンスリーマンションに住むデメリットは以下の3つです。

・賃料が一括前払い
・インターネット速度が遅い
・壁が薄くて騒音に悩まされることがある

マンスリーマンションの賃料は、契約時での一括前払いが基本です。そのためまとまった費用を用意する必要があり注意が必要です。

また、壁が薄く隣の部屋の音がよく聞こえてしまう、という声がよく上がっています。

なるべく騒音に悩まされたくない、という人は、音が響きにくいRC造(鉄筋コンクリート造)のマンションを選びましょう。

マンスリーマンションの内装例と実際の体験談

実際にあったマンスリーマンションの内装と、住んでいた人のリアルな体験談を紹介します。

実際に住んだ人:男性/20代新卒
男性のアイコン・普段は実家暮らし
・仕事に慣れたら一人暮らししたい
・良い機会なので、料理の練習をしたい
居室内の様子
テレビやソファが揃った居室
男性のアイコン
室内にはベッドだけじゃなくテレビやソファ、ローテーブルも揃ってました。部屋で一人で過ごす分には全然快適で問題なかったんですが、一人暮らしだとやっぱり部屋が狭いな~と感じました。
キッチン
電子レンジや冷蔵庫があるキッチン
男性のアイコン
キッチンも電子レンジと冷蔵庫の他に炊飯器や鍋が備え付けられていたので、簡単な自炊はできました。ただ、調味料や調理道具は無かったです。僕は自炊の練習をしたかったので、百均で一通り道具と調味料を揃えましたけど、自炊が面倒な人は要らないと思います。コンロは2口だったんですが、自炊するなら2口じゃないと厳しいなと思いました。1口とか狭くて絶対無理。
浴室
浴室の写真
浴室
トイレ
独立洗面台
独立洗面台
男性のアイコン
トイレットペーパーが最初から3つくらい置いてあったので、急いで買う必要はなかったです。あと、浴室乾燥機が付いてたので雨の日も洗濯物を干せたんですが、毎日仕事から帰ってきて洗濯するのはちょっと大変でした。初めての一人暮らしで家事ってこんなに大変なんだって実感しました…。

マンスリーマンションで一人暮らし体験する時に気を付けること

いくら設備が整っていても、気を付けなければいけないことが3つあります。

以下で詳しく説明するので、マンスリーマンションを借りる際は参考にしてください。

事前に室内設備を確認する

マンスリーマンションを借りる際は、室内にどんな設備が揃っているのか確認しましょう。

必要最低限の設備は揃っていますが、ハサミや洗濯ネットなどの細かいものは置いてある可能性が低いです。

わざわざ事前に買い足す必要がないように、事前に確認して用意しておきましょう。

水道光熱費は使いすぎると追加支払いになる

光熱費のイメージイラスト
基本的に水道光熱費は料金に含まれている場合が多いですが、上限金額を超えると追加料金が発生してしまいます。

特に夏と冬はエアコンの使用量が増えるため、電気代が規定量を超えないよう温度設定に注意しましょう。

規定量を超えた場合の差額の支払い方法は管理会社によって異なります。使用月ごとに請求されるか、契約期間終了後の一括請求が一般的です。

室内や備品を壊すと自己負担になる可能性大

最初から備わっている家具や家電を壊してしまい、買い替えや修理が必要になった場合は、借り手が費用を負担しなければいけません。

故意や過失によるものでない場合は、修繕費は請求されない場合もありますが、故意や過失でないことを証明するのは難しいです。

余計な費用が請求されないように、備品や家具家電は大切に使いましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について