お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

高校生で一人暮らしはできる?必要な費用はいくら?【体験談満載】

高校生で一人暮らしはできる?のイメージイラスト

高校生で一人暮らしは可能?という疑問についてお答えします!

一人暮らしを始めるのに必要な許可や費用、一人暮らしするまでの流れも合わせて解説するので参考にしてください。

実際に高校生で一人暮らししていた人の体験談や、どうしても家を出たい人のための対処法も紹介しています。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

高校生でも一人暮らし可能だがしないほうが良い

高校生でも一人暮らしは可能ですが、しないほうが良いです。主な理由を4つ紹介します。

・アルバイトでは家賃や生活費が払えない
・学業との両立が難しい
・遊びや部活の時間が確保できない
・トラブルに巻き込まれる可能性が高い

アルバイトでは家賃や生活費が払えない

家賃や食費を極限まで削ったとしても、毎月10万円ほどの生活費が必要です。

全日制の高校の場合、平日は授業が終わってから3~4時間ほどしか働けません。土日にフルタイムで働いたとしても生活費を稼ぐのは至難の業です。

親から借金したり、違法なアルバイトに手を出してトラブルに巻き込まれるなどの可能性も考えられます。

生活費については後ほど詳しく説明します。

学業との両立が難しい

昼は学校、夜はバイトとなると1日朝8時半~夜10時まで活動していることになります。これは社会人で例えると、毎日4~5時間残業していることになります。

バイトで疲れてしまうと、授業中に居眠りをしてしまい勉強についていけなくなり、最悪の場合は高校中退に追い込まれる恐れがあります。

また、一人暮らしは勉強だけでなく身の回りのこともすべて自分でやる必要があります。掃除や洗濯、食事の用意など親に頼ることはできません。

遊びや部活の時間が確保できない

青春している学生のイメージイラスト
生活費を稼ぐために、ほぼ毎日バイトする必要があります。放課後に友達と遊ぶことや、部活動に参加することも難しいです。

唯一の休みがあったとしても、家事に追われて自由な時間を楽しむ余裕もありません。

貴重な青春時代を楽しんで、多くの思い出を作るためにも、高校生での一人暮らしはやめるべきです。

トラブルに巻き込まれる可能性が高い

高校生や女性の一人暮らしは、トラブルに巻き込まれる確率が高くなります。社会的地位が弱く、空き巣やストーカーなど悪い大人に目を付けられやすいです。

また、友人を呼んで騒いだ場合の騒音トラブルなども、自分で対応する必要があります。

高校生の一人暮らしは必ず親の同意が必要

高校生が一人暮らしするためには、必ず親の同意が必要です。法律で「未成年は親(親権者)の同意が必要」と定められているからです。

親が契約者で家賃をすべて払う場合や、保証人が親になる場合も、住む人が高校生であれば必ず必要です。

親の同意は口頭ではなく、必ず書面での提出が必要です。

署名を偽ったり、印鑑を勝手に押して同意書を作成することは「有印私文書偽造罪」という罪になる可能性があるので絶対にやめましょう。

仮に、親の同意を得たと偽っても、自宅に確認電話が入るのでバレてしまいます。

親の同意があっても公立高校に通う人は一人暮らしできない

親の同意があったとしても、公立高校に通う予定や通っている人は一人暮らしできません。

公立高校に通うには「保護者と本人が同じ住所に住んでいる」ことが必須条件に定められているからです。

公立高校は自治体が運営しており、住民税を収めている世帯のための学校であることが前提です。学校が認める特別な理由が無い限り、実家暮らしの人以外は入学できません。

学校に内緒で一人暮らしをして、何らかの事情でバレてしまった場合、入学取り消しや退学処分になる恐れがあります。

一人暮らしを始めるなら約35~45万円かかる

家賃5万円のアパートで一人暮らしをしても、引っ越し代やお部屋の初期費用などで、一人暮らしを始めるまでに約35~45万円かかります。

お部屋を借りる初期費用 家賃約4~5ヶ月分
引っ越し費用 約7~9万円
家具家電、日用品の購入費 約7~13万円

敷金・礼金がないお部屋を探したり、引っ越し業者に頼まず親と協力して引っ越せば、その分のお金がかからないので、費用を約20~30万円ほど抑えることができます。

▶最低限の費用で一人暮らしする方法はこちら

毎月の生活費は最低10万円必要

なるべくお金をかけないようにしても、毎月10万円ほどの生活費が必要です。

家賃は安いアパートでもワンルーム4万円ほどかかり、食費で約3万円、光熱費で約1万円としても月に10万円ほど必要になります。家賃4万円と仮定して、目安金額を紹介します。

家賃 約40,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約8,000円
スマホ、通信費 約8,000円
趣味・衣類など 約10,000円
日用消耗品など 約6,000円
合計 約102,000円

学校に通いながらアルバイトする場合、月7~8万円稼げれば良いほうです。ほとんどの人はアルバイト代だけでは生活費がまかなえません。

あと2万くらいならバイトで何とかなると思うかもしれませんが、シフトを削られてしまったり、ケガや病気で働けないこともあります。

生活費は親に払ってもらうべき

アルバイト代だけで一人暮らしするのは非常に難しいので、高校生の間は親に生活費を払ってもらうことをおすすめします。

校則によってはアルバイト禁止されていることもありますし、夜は自治体の条例によって21時~22時までしか働けないからです。

全額は無理だとしても、家賃だけは負担してもらったほうが良いです。

マル秘イエプラバナー

高校生が一人暮らしするまでの流れ

費用面や学業との両立など様々な問題をクリアした人のために、一人暮らしを開始するまでの流れを簡単に紹介します。

①親に許可をもらう
②初期費用や生活費を用意する
③お部屋を探す
④引っ越しする

①親に許可をもらう

まずは、親に一人暮らししても良いという許可をもらいましょう。

許可には「同意書」という書面が必要です。同意書は不動産が用意してくれるので、自分で用意する必要はありません。

②初期費用や生活費を用意する

初期費用として約35~45万円が必要なので、あらかじめ用意しておきましょう。

生活費は最低でも約9万円は必要です。毎月きちんと支払えるように、アルバイトでいくら稼げるのか計算しておきましょう。

もし仕送りがあるのであれば、いくらもらえるのか親と話し合っておいてください。

③お部屋を探す

初期費用や生活費の目処が付いたら、実際に不動産に行ってお部屋を探します。

高校生が一人暮らしできるお部屋は非常に限られています。高校生は家賃の支払い能力が不安定な上、騒音トラブルなどが起きやすいため大家さんがNGにしていることが多いからです。

家賃は収入の4分の1以下を目安にし、できる限り安いお部屋にするべきです。また、駅徒歩や日当たりなどの希望条件は妥協しましょう。

ちなみに、高校生本人が契約者になることはほとんどありません。親の名義で契約し、実際に住むのは高校生というパターンが多いです。

④引っ越しする

お部屋が決まったら引っ越します。業者を使う場合は「単身パック」という、専用のコンテナボックスに入り切る量の荷物を安く運んでもらえるプランがおすすめです。

親が運転免許を持っているなら、車を使って自力で引っ越すのもありです。

高校生で一人暮らしをするなら親と不動産屋に行くべき

親の同意をもらった、金銭面を援助してもらえることになったなら、次は親と一緒に不動産屋に行ってお部屋を探しましょう。

1人で不動産屋に行った場合、親の同意があったとしても遠回しに断られて、まともに相手をしてもらえない場合があります。

また、親と一緒に不動産屋に行くことで、親の同意があることが目に見えてわかるうえ、連帯保証人になるであろう人の顔がわかるので、不動産屋も安心できます。

自宅で親と一緒に探せる不動産屋

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

「未成年でも住めるお部屋は」「学校近くが良い」「治安が良いエリアはどこ?」など、気軽にスタッフに相談できます。

来店不要なので自宅で親と一緒に探せるし、不動産業者専用のデータベースからお部屋を紹介するので、ほかのサイトにあった物件もまとめて紹介可能です!

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、深夜0時まで営業しているので時間を気にせずお部屋探しできます。

一人暮らしバナー

高校生の一人暮らし体験談

実際に高校生活で一人暮らしをした経験がある人に体験談を聞いてみたところ、ほとんどの人が辛い思いをしたようです。

金銭面が辛かった…
困り顔の男性のアイコンいくら節約しても常に財布にお金が入ってないくらい、金銭面が辛かったです。酷いときなんて、コンビニの100円スティックパンで過ごしていたから、ひもじかったですね。(20代/男性)
寂しくてホームシックになった
困り顔の女性のアイコン初めての一人暮らしで期待いっぱいだったんですけど、1ヶ月くらいでホームシックになりました。家に帰っても「おかえり」って言ってくれる人がいなくて寂しかったです。(10代/女性)
騒音トラブルで追い出された
困り顔の男性のアイコン一人暮らしってことでよく友達が泊まりに来てたんですが、夜中にうるさいって騒音トラブルで追い出されました…。親にはめっちゃ怒られたし、次の部屋を探すまで友達の家に泊めてもらうしかなかったです。(10代/男性)
自炊できなくて栄養失調になりかけた
困り顔の男性のアイコン自炊したことなくて、バイトのまかないとコンビニのパンとか、ファーストフードで1年ほど暮らしていたら、ある日突然体調が悪くなりました。病院で、栄養失調1歩手前って言われてびっくりしましたよ。(20代/男性)
友達と遊ぶ時間がなかった
困り顔の女性のアイコン多少の仕送りはあったんですけど、私は基本バイトで、友達は部活があったのでほとんど遊ぶ時間が無かったですね。おかげで周りの会話について行けないし、誘ってもバイトだからって一時期ハブられてました…。(20代/女性)

家庭の事情でどうしても実家を出たいなら

「親と不仲で精神的にキツい」「虐待を受けている」「いじめが辛く、誰もいないところに行きたい」など、事情により親の同意を得られない人は、児童相談所に連絡してください。

18歳未満であれば児童相談所の保護対象なので、事実確認の調査を経て一時保護、もしくは施設に入居できる可能性があります。

保護対象になれば、無料で個室の用意をしてくれるうえ、食事などの援助をしてもらいながら高校に通うことができます。

ただし、奨学金制度のように、社会に出て働くようになったらお金を返さなくてはいけない場合があります。

事情によって助けてほしいという人は、東京都福祉保健局の児童相談所や、よいこに電話相談室などに電話しましょう。親身になって話を聞いてくれます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について