お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしの生活費の平均費用は?お金を節約する最大のポイントは?

一人暮らし生活費

一人暮らしを始めようとすると、毎月の生活費がどれくらいかかるのかという経済面の心配を抱える人が多いでしょう。

毎月いくらあれば生活費が足りるのか、貯金はできるのか、家賃はいくらにすれば良いのかなど悩みはつきません。

そこで、一人暮らしで毎月かかる生活費の内訳、お金の出費や節約のシミュレーションなどをご紹介します。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
チャット不動産イエプラ メディア事業部
ファイナンシャル・プランナー

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

一人暮らしの生活費の1ヶ月平均は?

総務省が実施した一人暮らしの家計調査(2019年度最新版)のデータによると、1ヶ月の平均生活費は約195,000円ほど必要です。

しかし、生活費は住んでいる場所や生活スタイル、年代、男女別によって大きく変化します。まずは以下の男女別の1ヶ月にかかる生活費の内訳を参考程度に確認してください。

男性 女性
合計 199,000円 191,000円
家賃 65,000円 60,000円
食費 45,000円 37,000円
水道光熱費 10,000円 11,000円
スマホ代(通信費) 7,100円 7,100円
交際費/娯楽費 11,000円 17,000円
日用消耗品 3,300円 3,000円
生命保険料 6,500円 8,500円
貯金 30,000円 20,000円
その他雑費 21,000円 27,000円

下二桁は四捨五入して掲載しています

総務省のデータはあくまで「全国の平均」です。国が行った統計なので、信頼性が高い平均金額ではあると思いますが、人それぞれの生活の違いによる金額の違いまではわかりません。

まずは、それぞれの生活費の項目について詳しく解説していきます。後ほど、年代別の生活費の実例も紹介するので、参考にしてください。

▶一人暮らし向けの未公開物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

家賃

一人暮らしの生活費のうち、家賃が最も高い割合を占める費用です。家賃を決めてしまえば、毎月基本的に変わらない固定費です。

家賃は「手取り額の3分の1」以下にするのが理想的と言われています。給料が少ない若い年代は、家賃を安くするほど家計に余裕が出ます。

ちなみに、全国賃貸管理ビジネス協会によると、全国の平均家賃は東京都が最も高く、次いで神奈川、大阪、兵庫は全国的に家賃が高いです。

▶一人暮らしの家賃目安はこちら

食費

食費は人によって大きく差が出やすい費用です。なるべく外食を控え、自炊中心の生活をすると食費が抑えられます。

男女別に見て女性の食費が約8,000円ほど安い理由は、男性と比べて自炊する頻度が多く、会社の付き合いなどの外食が少ないためです。

▶一人暮らしの食費や節約術はこちら

水道光熱費

電気代・ガス代・水道代を合計した水道光熱費は、男女別に見てあまり差はありません。

季節によって変化しやすいですが、お湯を出しっぱなしにしない、外出時はコンセントを抜くなど細かい節約を心がければ月に1,000円ほど安くなります。

▶一人暮らしの水道光熱費や節約術はこちら

スマホ代(通信費)

スマホ代も毎月大きな変動のない固定費ですが、プランの見直しや格安SIMに切り替えるなどすれば料金は安くなります。

部屋にWi-Fiを契約している人もいますが、インターネット無料の物件を選べば通信費はかなり費用を抑えられます。

交際費/娯楽費

交際費や娯楽費は、友達や恋人と外出したときや趣味などに使う費用です。ついつい使ってしまいがちですが、毎月上限を決めておけば節約もできます。

外出を控えて、なるべく自宅でパーティや宴会を開くなどをすると、割り勘がしやすく無駄な出費が減ります。

日用品

日用品は日常の生活に必要なものを購入する費用です。シャンプーやティッシュ、洗剤、電池などです。

一人暮らしでは月に約3,000円ほどですが、100均やドラッグストアなど、価格の安い店で日用品を購入するようにしてください。

生命保険料

公益財団法人生命保険文化センターの生命保険に関する実態調査によると、生命保険には約88%の世帯が加入していて、毎月支払う保険料は約7,000円です。

保険は、万が一の備えで加入するものです。しかし、毎月支払うとなると家計への負担が大きくなってしまうので、収入と支出のバランスがとれた生命保険を選ぶべきです。

ちなみに、生命保険料は年齢や性別など、健康リスクをもとに金額が算出されます。若い人でも女性のほうが金額が高めになっています。

その他雑費

その他雑費には、美容代、交通費、洋服代などが含まれています。全国的に見ても、美容や洋服にお金がかかる女性のほうが約3,000円ほど高くなっています。

雑費を抑えれば、その分貯金などにお金が回せます。少しでも生活に余裕を持つためにも雑費は安くしましょう。

年代別の一人暮らしの生活費

首都圏での一人暮らしにかかる生活費を年代別にご紹介します。年齢が上がると収入も増えるので、生活費も比例して高くなっていくようです。

30代では収入的に余裕が出てくるので、10代と比べて約10万円ほど生活費が高くなっています。

10代 約200,000円
20代 約250,000円
30代 約300,000円

以下の項目では、当サイトを一緒に運営しているメンバーの生活費と内訳をご紹介します。

年代、性別それぞれの趣味に違いがあるので、一人暮らしを始める人は参考にしてみてください。

1ヶ月の生活費【実例】

当サイト「Rooch」を一緒に運営している、東京で一人暮らしの20代~30代の男女に1ヶ月の生活費と内訳を聞いてみました!

「自炊をしない」「趣味にお金を使う」「将来のために貯金をしている」なども記載するので、自分の生活スタイルに近いモデルを参考にしてください。

【20代男性】あまり自炊をしない

石塚:24歳男性
趣味は映画鑑賞とオタク活動で、あまりお金を遣わない一般的な金銭感覚の男子。自炊は3日に1回くらい。タバコの増税で禁煙しようか悩んでる人。
食費 38,000円
水道光熱費 9,000円
スマホ 16,000円
オタク活動費 20,000円
タバコ代 7,500円
交際費 13,000円
ゲーム課金 4,000円
日用消耗品 2,000円
合計生活費 109,500円
※別途家賃 72,000円

毎日ではないですが、彼はできるときには自炊をしているようです。本人いわく、オタク活動に使い過ぎても、決めた金額を貯金できるようにしています。

趣味に使うお金が、月によって違うようですが、平均すると2万円くらいです。趣味にお金を使う人の一般的な生活費モデルと言えます。

【20代女性】節約を意識している

村野:22歳女性
メンバー1の自炊派。節約して旅行やライブの交通費に充てるアクティブ女子。家で電気をつけない。暗いほうが安心するらしい。
食費 24,000円
水道光熱費 9,000円
スマホ 12,000円
旅行代(月換算) 15,000円
交際費 10,000円
服代 6,000円
日用品美容品 11,000円
合計生活費 87,000円
※別途家賃 77,000円

料理が趣味なんです~!と求めてもいない家庭的アピールしてきた22歳の村野さん。自炊している分、食費がしっかり抑えられている印象です。

年3回ほど旅行で5万円~6万円ほど使うみたいなので、月換算で金額を載せました。節約を意識している、20代の女性の生活費モデルと言えます。

【30代男性】外食がメインで貯金が少ない

鈴木:31歳男性
食事は基本的に外食。平日休日問わず、お酒を飲みに行っている。貯金はあまりしておらず、節約とは無縁な生活
食費 50,000円
お酒代 75,000円
水道光熱費 7,000円
スマホ 12,000円
交際費 20,000円
服代 5,000円
日用品 2,000円
合計生活費 171,000円
※別途家賃 85,000円

食費5万円とすると、1日あたり約1666円の計算です。昼500円で夜1000円でも、1ヶ月45000円かかるので、自炊しない男性にとっては平均的な金額のようです。

貯金は意識せず、使いたいものにお金を使ってしまう30代男性の生活費モデルと言えます。

生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。

日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。

一人暮らし向けで安めのお部屋を探すなら

一人暮らし向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な一人暮らしが送れるお部屋を選べます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

イエプラで一人暮らし向けの物件を探す 

生活費をシミュレーションしてみよう!

一人暮らしを始める前に、自分の生活費がどれくらいになるのか計算してみましょう。

自分の生活費のおおよその金額を入力し、手取り額も入力すれば、毎月どれくらい手元に残るのかシミュレーションできます!

1ヶ月の手取り
家賃
(管理費・駐車場代含む)
食費
水道代(1ヶ月分)
電気代
ガス代
通信費
(スマホ代・ネット代)
飲み会代・デート代
趣味・娯楽費
日用品・消耗品購入費
1ヶ月の生活費
手取り-生活費

一人暮らしの生活費を抑えるポイント

一人暮らしを始めようとしている人に実践してほしい、生活費を抑えるポイントをご紹介します。

節約するなら食費と家賃が効果的

家賃や食費は1万円単位で抑えられるので、最優先で節約を考えてみてください。

駅から10分以上離れた場所や、築20年以上も候補にするお部屋探しをすると家賃はかなり抑えられます。

他の項目も細かい節約はできますが、節約できる金額が低いので優先度も低いです。

貯金したい金額を決めて逆算して節約する

「なんとなく抑えたい」「残ったお金を貯金しよう」だと、効率的な貯金ができません。

毎月◯円貯金しよう!使ってよい残りのお金は◯円だ!という逆算をしながら貯金をするとうまくできます。

使いたいお金のために抑えるお金を決めよう

使いたいことにしっかり使えるように、抑えるお金を決めてみましょう。

・お酒代はケチケチせず、食費を抑えよう
・ゲームに課金したいから家賃を抑えよう

という感じで、使うものと抑えるものでメリハリをつけると、少しでもストレスを感じずに生活できます。

家賃を抑えて好きなことにお金を使おう!

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけで家賃を抑えたお部屋も探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる、信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめですよ!

イエプラはこちらから

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識