一人暮らしの生活費|費用の平均はいくら?自分の生活費を計算してみよう!

一人暮らしの知識

小向

この記事の監修:小向
「家AGENT」宅建主任者

この記事の監修:小向
「家AGENT」宅建主任者

一人暮らし生活費

一人暮らしの生活費はどれくらい費用がかかるの?という疑問を、アンケートを元に解決します!費用ごとの平均額や、職業ごとの生活費シミュレーション、自分の生活費を実際に計算できるツールも公開します!節約術も合わせて解説します!

一人暮らしの生活費は平均で約15万円

東京23区内で一人暮らしをしている10~30代の300名に、当サイトRoochの調査班が「一人暮らしの生活費についてのアンケート」を実施したところ、1ヶ月の生活費は合計で約15万円でした。

生活費ごとの細かい平均額は、以下の通りです。

家賃 約67,000円
食費 約27,000円
水道光熱費 約8,000円
通信費 約10,000円
飲み会代・デート代 約19,000円
趣味・娯楽費 約13,000円
日用品・消耗品購入費 約6,000円
合計 150,000円

家賃の平均額は約6.7万円

家賃の相場は、地域によってかなり変わります。関東と関西で、ワンルームと1Kの家賃相場を比べてみました。

東京 約67,000円
神奈川 約57,000円
埼玉 約52,000円
千葉 約52,000円
大阪 約53,000円

参考:全国賃貸管理ビジネス協会による賃料の調査

東京23区内では、ワンルームや1Kといった一人暮らしのお部屋の相場は6.7万円ほどですが、関西では5.3万円ほどまで下がります。

関東や関西以外の地域では、上記の表よりもさらに家賃相場が下がります。一人暮らしのために上京する人は、自分が住んでいる地域よりも家賃が1~2万円くらいと考えてお部屋を探したほうが良いです。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

食費の平均額は約2.7万円

トースターで焼かれた食パン2枚
一人暮らしで1ヶ月にかかる食費の平均額は約2.7万円でした。

男性 女性
10代 約26,000円 約22,000円
20代 約32,000円 約26,000円
30代 約32,000円 約26,000円

アンケートの結果を年代別で比べると、どの年代でも女性より男性のほうが食費が高くなっています。

体格が大きくて食べる量が増えることや、女性よりも自炊回数が少ないことが原因です。

平均額の2.7万円を31日で割ると、1日あたり約870円になります。3食に分けると、だいたい以下のような食生活になります。

朝食:トーストと牛乳    (約70円)
昼食:コンビニ弁当とお茶  (約600円)
夕食:自炊         (約200円)

また「弁当を1ヶ月の半分以上作る」と答えた人の1ヶ月の食費は平均2.3万円ですが「あまり弁当を作らない」「全く作らない」と答えた人の食費は平均3万円でした。

会社や大学にお弁当を作って持っていくのは、食費の節約にかなり効果があることが分かります。

月の半分以上が自炊の人は全体の63.4%

アンケートによると、63.4%の人が1ヶ月のうちの半分以上自炊しています。

全体の割合
毎日必ず 7.8%
ほとんど毎日 39.5%
月の半分以上 16.2%
月の半分くらい 11.5%
月の半分以下 11.8%
ほとんど自炊しない 10.8%
全く自炊しない 2.4%

「ほとんどしない」「全くしない」と回答した人は約13%しかいなかったので、一人暮らししている人の大多数が自炊していることが分かります。

ちなみに「毎日必ず自炊する」と答えた人の食費の平均額は23,586円で「全く自炊しない」と答えた人は45,357円でした。

毎日自炊している人のほうが、外食ばかりの人よりも2万円以上も食費が安くなっています。

水道光熱費の平均額は約8千円

キッチンの水道口
水道代・電気代・ガス代を合計した水道光熱費の、1ヶ月の平均額は約8千円でした。

水道代・電気代・ガス代で分けたそれぞれの平均額は、以下の表の通りでした。水道代は2ヶ月に1回まとめて支払うことが多いので、1ヶ月分に換算した金額で記載しています。

水道代(1ヶ月分) 約1,900円
電気代 約3,300円
ガス代 約2,800円

水道光熱費は、年代や性別、職業によってほとんど差がありませんでした。

ただし、電気代やガス代は季節によってかなり変動があります。夏や冬はエアコンを使うため、電気代が春や秋よりも1,000~2,000円高くなります。

また、冬は湯舟にお湯を張ったり長時間温かいシャワーを浴びる機会が増えるので、ガス代が他の季節より数百円高くなることが多いです。

通信費の平均額は約1万円

スマホ代と自宅のインターネット代を合わせた、1ヶ月の通信費の平均額は約1万円でした。性別や年代、職業別で比べても大きな違いはありませんでした。

ただ、個別の回答では、安い人は5,000円前後、高い人は30,000円を越えるなど、かなり金額に差があります。通信費は、契約するキャリアやネット回線によって大きく変わります。

趣味娯楽費の平均額は約1.3万円

月々の趣味や娯楽に使う費用の平均額は約1.3万円でした。タバコやビールなどの購入費も、趣味娯楽費に含めています。

男性 女性
10代 約13,000円 約10,000円
20代 約14,000円 約12,000円
30代 約16,000円 約14,000円

男性のほうが、女性よりも趣味や娯楽に使う費用が2~3,000円ほど高い傾向にあります。タバコを吸う割合が多いことや、バイクなどのお金がかかる趣味が多いことが原因のようです。

また、年代が上がるごとに、趣味や娯楽にかける費用は上がる結果でした。年齢と共に収入が増えて、娯楽にかけられる金額が増えているのが分かります。

飲み会代・デート代の平均額は約1.9万円

ウィスキーグラスで乾杯する人々
1ヶ月の飲み会やデートなどに使う費用の平均額は約1.9万円でした。

男性 女性
10代 約17,000円 約13,000円
20代 約23,000円 約19,000円
30代 約21,000円 約18,000円

性別、年代別で比べると、女性よりも男性のほうが金額が高く、なかでも20代男性が2.3万円ともっとも高いです。

男性のほうが、週末に飲み会を開いたり、デート代を高めに負担する割合が多いようです。

日用品・消耗品の購入費は平均6千円

日用品や消耗品の購入費は、平均6千円でした。商品の内訳が性別や年代によってほとんど変わらないので、金額もあまりばらつきがありませんでした。

消耗品とは、ティッシュ、シャンプー、洗剤、歯磨き粉など、生活に必要な物のことです。日用品は、下着、化粧品、食器類などが当てはまります。

毎月の貯金額は2.2万円

アンケートによると、毎月の貯金額は平均2.2万円ほどでした。

男性 女性
10代 約21,000円 約16,000円
20代 約22,000円 約20,000円
30代 約27,000円 約23,000円

どの年代でも、男性のほうが女性よりも毎月の貯金額が高いです。全体的に1~2万円と答える人が多く、毎月3万円以上を貯めている人はあまりいませんでした。

また、アンケートを詳しく調べてみると、手取り額に対する貯金額の割合は全体で約7.7%でした。

男性 女性
10代 約8.3% 約10%
20代 約8.3% 約7.7%
30代 約7.1% 約7.7%

性別、年代別で比べると、年齢が若いほうが貯金に回す比率が高いです。とくに10代の女性は、将来のための貯金や、旅行に行ったりするための費用としてお金を貯めることが多いです。

1ヶ月の生活費のシミュレーション

白いソファーが置かれた部屋
20代の人のアンケート回答から、以下のパターンに当てはまるデータの平均額をまとめて、1ヶ月の生活費のシミュレーションしてみました。

自分が当てはまる近いパターンの生活費を見て、だいたいどれくらい費用がかかるのか参考にしてみてください。

・正社員の男性の生活費
・正社員の女性の生活費
・派遣社員の男性の生活費
・フリーターの女性の生活費
・男子大学生の生活費

正社員の男性の生活費

家賃 約72,000円
食費 約35,000円
水道光熱費 約8,000円
通信費 約11,000円
飲み会代・デート代 約26,000円
趣味娯楽費 約18,000円
日用品・消耗品購入費 約6,000円
合計 約176,000円

正社員として働いている20代男性の回答をまとめました。

全体の平均額と比べると、食費や飲み会代、デート代、趣味娯楽費の金額がかなり高いです。人付き合いの関係で費用がかさむ人が多いようです。

生活費の合計額は18万円以下なので、手取り額が23万円ならば毎月5万円ほど貯金できます。

正社員の女性の生活費

家賃 約74,000円
食費 約26,000円
水道光熱費 約7,000円
通信費 約10,000円
飲み会代・デート代 約21,000円
趣味娯楽費 約13,000円
日用品・消耗品購入費 約6,000円
合計 約157,000円

正社員として働いている20代女性の回答をまとめました。

他の年代と比べると節約を意識する人が多いためか、家賃や食費が費用を安めに抑えています。一方で、飲み会やデート代が平均より高めなので、友人や恋人と楽しむ時間にお金をかけているようです。

生活費の合計額は約16万円なので、毎月の手取り額が23万円ならば約7万円ほど貯金できる計算になります。

派遣社員の男性の生活費

家賃 約62,000円
食費 約32,000円
水道光熱費 約9,000円
通信費 約14,000円
飲み会代・デート代 約19,000円
趣味娯楽費 約9,000円
日用品消耗品購入費 約6,000円
合計 約151,000円

派遣社員や契約社員として働いている20代男性の回答をまとめました。

全体の平均額よりも安い家賃の物件を選んでいる人が多いです。また、勤務時間が長めで自炊が難しいためか、食費の平均額も全体の平均額より5,000円ほど高いです。

フリーターの女性の生活費

家賃 約71,000円
食費 約25,000円
水道光熱費 約9,000円
通信費 約11,000円
飲み会代・デート代 約19,000円
趣味娯楽費 約14,000円
日用品消耗品購入費 約7,000円
合計 約156,000円

フリーターとして働いている20代女性の回答をまとめました。

家賃と食費が全体の平均額より少し安めですが、他の費用は全体の平均額とあまり差がありません。

フリーターの人は家賃が高いお部屋の審査に通りづらいので、正社員やフリーランスの人よりも家賃が安めになっているようです。

男子大学生の生活費

家賃 約62,000円
食費 約27,000円
水道光熱費 約8,000円
通信費 約8,000円
飲み会代・デート代 約19,000円
趣味娯楽費 約9,000円
日用品消耗品購入費 約6,000円
合計 約139,000円

アルバイト代、仕送り、奨学金などで一人暮らしをしている、大学生の20代男性の回答をまとめました。

家賃が全体の平均額よりもかなり安いのは、学校の近くにある大学生向けの安い物件を借りられているためです。

使えるお金が限られるので、社会人に比べて、趣味娯楽費は少なくなります。また、貯金はほとんどできません。

▶大学生の一人暮らしに必要な費用はこちら

生活費がいくらかかるか計算してみよう

一人暮らしを始める前に、自分の生活費がどれくらいになるのか計算してみましょう。元々入っている数字は、アンケートで分かった平均額です。

自分の生活費のおおよその金額を入力してみましょう。手取り額も入力すれば、毎月どれくらい手元に残るのか分かります。

生活費が手取り額を越えるなら、節約して越えないようにする必要があります。手取り額より生活費が少ないなら、貯金に回したり、どれかの費用に余裕を持たせられます。

1ヶ月の手取り
家賃
(管理費・駐車場代含む)
食費
水道代(1ヶ月分)
電気代
ガス代
通信費
(スマホ代・ネット代)
飲み会代・デート代
趣味・娯楽費
日用品・消耗品購入費
1ヶ月の生活費
手取り-生活費

一人暮らしの生活費を抑える9の節約術

電卓とお金とボールペン
生活費を安く抑える節約術を9個紹介します。中にはお部屋選びの段階から実践できる節約術もあります。

①都市ガスの物件を選ぶ

都市ガスのほうが、プロパンガスよりも利用料金が安いです。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 950円 1,574円
月額合計 2,520円 4,094円

一人暮らしの平均的なガス使用量(5㎥/月)で比べてみると、都市ガスのほうが1,500円ほど安くなります。

ただ、ほとんど場合は物件によって都市ガスかプロパンガスになるかが決まっています。入居してからでは遅いので、部屋探しの段階で都市ガスの物件を選びましょう。

▶都市ガスとプロパンガスの違いはこちら

▶水道光熱費の節約のテクニックはこちら

②お風呂をシャワーで済ませる

毎日のお風呂をシャワーだけで済ませると、水道光熱費の節約になります。

入浴方法 1日の料金 1ヶ月の料金
お風呂(都市ガス) 49円 1,519円
お風呂(プロパンガス) 75円 2,325円
シャワー(都市ガス) 25円 775円
シャワー(プロパンガス) 38円 1,178円

参考:https://enepi.jp/articles/464(enepi)

毎日のお風呂をシャワーに変えると、都市ガスだと毎月740円ほど、プロパンガスだと1,100円ほどの節約になります。

③コンセントを抜いて待機電力を節約する

テレビなどのリモコン
使っていない家電のコンセントを抜くことで、毎月の電気代を500円ほど安くできます。

冷蔵庫など常に電力を使う必要がある家電以外は、コンセントに電力が通らないようにすると良いです。毎回抜き差しするのが面倒なら、電力供給のオンオフを切り替えられる延長コードでも代用できます。

④電力会社の契約は30Aにする

電力会社の契約を50Aから30Aに変えるだけで、基本料金が600円下がります。

アンペア数 基本料金
20A 約560円
30A 約840円
40A 約1,120円
50A 約1,440円

現在の契約アンペア数は毎月の請求書を見るか、電力会社に問い合わて、確認できます。変更の手続きは書類を郵送してもらうか、ネット上でできます。

契約アンペア数が低いほど、電気代は安くなります。一人暮らしの場合は30Aが目安ですので、50Aや40Aで契約している人は引き下げましょう。

⑤残り湯で洗濯する

浴槽の残り湯を洗濯に使えば、新しく水を入れる必要がないので毎月680円ほどの節約になります。

洗濯機は何度かすすぎを繰り返すので、最後のすすぎだけ水道水を使うと良いです。

⑥格安SIMでスマホ代を抑える

外でスマホを見る人
スマホの契約を格安SIMに替えると、月々のスマホ代が2,000円台まで安くなることがあります。

大手の携帯会社の利用料金は6,000円前後なので、格安SIMに切り替えるだけで4,000円ほどの節約になります。

ただ、業者によっては通話できないなど、スマホの機能が制限される場合もあるので、使いたい機能が使える業者を選びましょう。

⑦ポケットWi-Fiでネット代を抑える

ポケットWi-Fiは月額3,000円前後で利用することができます。ADSLや光回線といった固定回線だと6,000円前後かかるので、毎月3,000円ほどの節約になります。

ポケットWi-Fiは、固定回線よりも少し通信速度が遅いですが、ネットサーフィンをしたり動画を見たりする程度なら快適に利用できます。

⑧趣味娯楽費は格安サービスで節約する

スポーツが趣味ならば民間ではなく公営のジムに行く、映画が趣味ならば映画館ではなくネットフリックスやHuluを利用するなど、格安サービスを活用しましょう。

格安チケットを使って旅行をする、図書館で新作の小説を借りるなど、さまざまな方法があります。

⑨日用品はスーパーの安売りでまとめ買いする

日用品は、スーパーで安売りセールをしているときに、まとめて買っておくと良いです。費用を抑えられるうえに、何度も買いに出かける手間を省けます。

コンビニで日用品を買うのは避けましょう。24時間営業なので便利ですが、スーパーよりも商品が割高です。

家賃の安い物件を選べば余裕ができる

家賃の安い物件を選んで住んでおけば、無理な節約をしなくても生活にゆとりができます。毎月の生活費のなかで、最も大きな固定費は家賃だからです。

チャット不動産屋の「イエプラ」はSUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件のなかからお部屋を探せるので家賃を抑えたとしても選択肢の幅がかなり広く、オススメです!

わざわざ店舗に行かなくても、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

イエプラへの移動ボタン 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

8月のイラスト
8月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

東京のビル群
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

薄暗い街並み
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

笑顔で振り返る女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

赤いベッドに寝そべる女性
お金ないけど一人暮らししたい!費用を最低限に抑える現実的な方法

 

悩んでいる女性
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
チャット不動産「イエプラ」と物件サイトや街の不動産屋の違い

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly