お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

団地で一人暮らしってどう?失敗しないお部屋選びのコツを大公開!

団地で一人暮らしする女の子のイラスト

団地での一人暮らしはできるのか?どんな暮らしになる?という疑問を解決します!

団地ごとの特徴や、普通の賃貸では珍しいメリット・デメリットを紹介していきます。

物件選びを後悔しないための重要ポイントを、実際の経験談とあわせて解説していきます。ぜひ参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

団地でも一人暮らしできるの?

団地での一人暮らしは可能です。

もともとファミリー向けなので2DKや2LDKの広い間取りが多いですが、中にはワンルームや1Kの単身向けの物件もあります。

単身希望の問い合わせは4割ほどあり、広いお部屋に住みたい人からの需要が大きく、リノベーションされている物件が多いことから女性人気も高いです。

団地で一人暮らししている人の生の声

実際に団地で一人暮らししている人の生の声を紹介します。

Twitterで調べてみると、団地で一人暮らししている人の感想が沢山ありました。

以下では、普通の賃貸との違いや団地ならではの特徴をさらに詳しく解説していきます。

マル秘イエプラバナー

団地と普通の賃貸物件の違いとは?

団地とは、物流やインフラが効率的に働くよう、住まい・産業施設が集中した地域やそこにある「建物郡」を指します。自治体や行政法人が管理しています。

普通の賃貸は、あくまで1つ1つの「住居」が集まった建物です。民間企業から個人まで、管理形態にもばらつきがあります。

団地は普通の賃貸物件と違い、礼金や仲介手数料、更新料がかからないこと、ファミリー物件が多く、間取りが大きいことが特徴です。

団地の分類

騒音や振動の影響を受けないよう、工業地域から離れた場所につくられた集合住宅を「工業団地」と呼びます。

社宅として建築された戸建郡新しく拓かれた地域に計画的に建築され、分譲された戸建郡を「住宅団地」と呼びます。

この記事では、一般的な集合住宅としての団地を取り扱います。

主な3種類の団地

主な三種類の団地について解説していきます。

UR賃貸とJKKについてはメリット・デメリットの詳しい記事もあわせて紹介します。ぜひご覧ください。

UR賃貸

UR賃貸は、都市再生機構という行政法人が管理している団地です。

入居のための条件が厳しいことや、普通の賃貸物件より家賃が高いことが特徴です。

また、リノベーションやメンテナンスが盛んに行われており、3種類の中での質がもっとも高いです。
▶UR賃貸に住むメリット・デメリットはこちら

JKK

JKKは、「東京都住宅供給公社」の略称です。都民住宅と呼ばれる東京都内の7万件以上の賃貸住宅の扱いに特化しています。

老朽化した物件の建て替えをメイン事業にしており、扱う物件の多くが新築や築浅です。

独自の制度が充実していることも特徴です。介護サービスや家賃補助を受けられる人気物件もあります。

▶JKKに住むメリット・デメリットはこちら

公営住宅

公営団地は、都道府県や市町村が管理する団地です。

現在では低所得者向けに貸し出されており、入居には所得が基準以下である必要があります。

家賃が変動したり、一定以上の所得が続くと退去を命じられることがあります。

団地で一人暮らしするための条件

団地に住むための主な条件は、以下の5つです。

借りる団地によっては「◯歳以上のみ申し込み可能」「ファミリー向け物件に入居できない」などの条件もあります。

団地に住むための主な条件
・申込者の平均月収額が家賃の4倍以上
・日本国籍か永住もしくは中長期在留の外国籍
・入居可能日から1ヶ月以内に必ず入居できる
・トラブルなく円満な生活を送れる
・反社会的勢力の関係者ではない

詳しい条件に関しては、自分が借りたい団地の公式サイトや市役所で確認してみてください。

迷っているなら不動産屋に相談すると良い

団地と普通の賃貸のどちらで一人暮らしするか迷っている人は、不動産屋に相談してみると良いです。

不動産屋は賃貸に関するプロです。どちらの方が住み心地が良いか、希望者に合っているのか的確なアドバイスをくれます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEで気軽に相談できます。

「長期間住むなら団地と賃貸どっちがいい?」「団地で一人暮らしするとどんな感じ?」「自分でも住めそうな団地ってあるの?」など、なんでも相談可能です。

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件の紹介もありますし、ほかサイトの物件をまとめて確認してくれるので便利です。

一人暮らしバナー

団地で一人暮らしするメリット

団地で一人暮らしするメリットを紹介します。普通の賃貸にはない団地ならではのメリットがあるので、お部屋探しの参考にしてください。

・初期費用が安い
・リノベーションでキレイなお部屋が多い
・広い間取りに暮らせる
・暮らしやすい環境が整っている
・近隣住民とのコミュニケーションが取りやすい

初期費用が安い

団地のお部屋を契約する際は、礼金や仲介手数料が不要なので初期費用が抑えられます。また、賃貸とは違い更新料もかかりません。長期間住む場合でもお得です。

リノベーションでキレイなお部屋が多い

築年数が経って古い見た目の団地でも、リノベーションやリフォームでキレイな内装のお部屋が多いです。

最近では「無印良品」や「IKEA」などとコラボレーションして、オシャレな内装の団地も多く見受けられます。

UR賃貸では内装をDIYできる物件もあり、賃貸でありながら自分らしいお部屋で暮らせます。

広い間取りに暮らせる

団地は、ファミリー向けの物件が多く、2DKや2LDKの広い間取りがメインです。

寝室とリビングなどの住居スペースを分ける、書斎や作業部屋を設ける、広い収納スペースが確保できるなど、広い間取りならではのお部屋つくりができます。

暮らしやすい環境が整っている

大規模な団地の近くには、スーパーや郵便局、診療所など日頃から利用する施設が集まっていることがあります。

敷地に余裕があるため公園や沢山の木々が隣接する団地も多く、日々緑豊かに過ごせます。

また、南向きのお部屋が多い、周囲の建物から影響を受けにくいなど、日当たりを確保しやすいことも特徴です。

近隣住民とのコミュニケーションが取りやすい

団地には沢山の人が暮らしています。長期間住んでいる人が多い、自治会での活動があるなど、ご近所付き合いが増えやすいです。

団地で一人暮らしするデメリット

団地のデメリット
団地で一人暮らしするデメリットを紹介します。普通の賃貸にはない団地ならではのデメリットがあるので、お部屋探しの参考にしてください。

・設備が古い、少ない
・ファミリーが多く生活音が気になりやすい
・近隣住民とのコミュニケーションが多い
・基本的にペット不可
・交通の便が悪い
・希望のお部屋が見つかりにくい

以下では、各項目について詳しく説明していきます。

設備が古い・少ない

内装がリノベーションされていたり、水回りの設備がまるごと取り替えられている団地は多いですが、共用部に手が加えられていることは少ないです。

インターフォンや宅配ボックス、玄関扉の鍵であれば個人で改善できますが、エレベーターやオートロックが無い、常駐管理人がいない、といった問題は簡単には解決できせん。

1階のお部屋に住む、女性が一人暮らしするなどセキュリティー面は不安が残ります。

ファミリーが多く生活音が気になりやすい

団地は一人暮らしよりもファミリーのほうが多いので、生活音が気になりやすいです。

とくに、子どもが近くに住んでいると、泣き声やかけまわる足音などの騒音に悩まされるかもしれません。

もし、騒音が不安な場合は、単身向けの1Kや1DKの団地を探すと良いです。

近隣住民とのコミュニケーションが多い

団地には沢山の人が暮らしているので、自然とご近所付き合いの機会が増えます。

とは言え、昔ほど付き合いが活発なところも少なくなっています。ご近所付き合いはなるべくしたくないという人は、内見時に担当者に聞いてみると良いです。

基本的にペット不可

ペット
団地のなかでも特に公営住宅は基本的にペット不可のところが多いです。

犬や猫など鳴き声や匂いのないペットはもちろん、ハムスターやフェレットなどの小動物、ヘビやトカゲなどの爬虫類など、どんな生き物であっても禁止されています。

一方、規則で禁止の場合でも犬や猫を飼うことが黙認されている団地もあります。こればかりは実際に住んでみないとわかりません。

どうしても団地でペットを飼いたい場合は、UR賃貸やJKKにある「ペット共生住宅」という、ペットを飼える団地を探しましょう。

ペット共生住宅なら、ペット用の足洗い場やペットくぐり戸付きドアなど、ペットと暮らしやすい設備が充実しています。

交通の便が悪い

団地は非常に大規模で、周囲に様々な施設があることが多いです。広い土地を確保しなければならないため、駅の近くにはできにくいです。

駅徒歩20分以上だったり、バスの利用が必要だったりと、交通の便がやや悪いです。自転車での移動など、徒歩以外の移動手段を検討する必要があります。

希望のお部屋が見つかりにくい

団地では希望の条件のお部屋はなかなかみつかりにくいです。

普通の賃貸に比べて長期間住む人が多いこと、初期費用が安いことなど原因です。

また、希望者を募り、抽選で入居者が決まる団地もあります。どうしても住みたいお部屋がある人は予約代行サービスを利用するのもおすすめです。

団地で一人暮らししている人の体験談

実際に団地で一人暮らししている人の体験談を紹介します。

ご近所付き合いがあって安心できる
女性のアイコン私が住んでいる団地は未だに回覧板があります。両隣の人とは、回覧板をまわす際に話すようになり、今では野菜をおすそわけしてもらうなどお世話になってます。ゴミ捨て当番など面倒に感じることも多いけど、同じくらい助け合いの精神に感謝しています。「情けは人のためならず」ですね。(女性/30代前半)
なんでも揃っちゃいます
男性のアイコン僕の住む団地の周りには色んな店があって、食料、日用品、処方箋となんでも揃います。普段は遅い時間まで仕事しているので買い物は休日にまとめていますが、車がなくても不便したことはありません。普段忙しい人、ものぐさな人にもおすすめです!!(男性/20代後半)
安いのには理由がある
困り顔の男性のアイコン内見時に分かっていたことですが、設備はあまり整っていません。インターフォンや玄関ポストは自分で取り替えました。人の出入りが多い上にオートロックもありませんから、心細い女性もいるんじゃないかな。私は気にしませんけどね…。(男性/30代後半)
住んでみないと分からない部分も…
困り顔の女性のアイコン私の住む棟にはかなり昔から住んでいるらしい老夫婦がいます。入居当初は色々と面倒を見てもらいましたし、毎朝共用部の掃き掃除までしていただいています。向かいの棟のトラブルや玄関の荒れ方を見ると運がよかったなって思います。(女性/20代後半)

子どもの泣き声などの、一人暮らし向けの賃貸にはない生活音が気になるという人や、ご近所付き合いがあって安心、といった団地ならではの声が多かったです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

深夜0時までネット上で営業している不動産屋「イエプラ」なら、空き時間にチャットで希望を伝えるだけで、無料でお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い特別な物件情報サイトが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について