お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしの部屋の間取りは4種類|自分に合った物件の選び方は?

一人暮らしの部屋の間取りのイメージイラスト

一人暮らし向けの部屋の間取りは、ワンルーム・1K・1DK・1LDKの4種類です。

間取りごとの違いを説明し、それぞれの部屋に向いている人の特徴を紹介します!

また、間取りごとの平均家賃や、不動産屋スタッフがおすすめする妥協したくない設備も紹介しています。是非、参考にしてください。

一人暮らし向けの部屋の間取りは4種類

一人暮らし向けの部屋の間取りは、ワンルーム・1K・1DK・1LDKの4つです。どれも、居室が1つの間取りです。

ワンルーム 1K
ワンルームの間取り図 1Kの間取り図

ワンルームと1Kは、一人暮らしのほとんどの人が選ぶ間取りで、お部屋全体の広さはほぼ同じです。違いは、キッチンスペースと居室の間にドアなどの仕切りの有無だけです。

1DK 1LDK
1DKの間取り図 1LDKの間取り図

1DKと1LDKはキッチンスペースが広いため、ワンルーム・1Kよりは家賃が高い傾向にあります。

1DKはダイニングキッチン部分が4.5畳~8畳未満、1LDKはリビングダイニングキッチンが8畳以上の広さです。

それぞれの間取りについて、詳しく解説していきます。

▶一人暮らし向けの未公開物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

ワンルームとは

ワンルームとは、キッチンスペースが含まれた1部屋だけの間取りです。「1R」と表記されている場合があります。

ワンルームの家具配置例

一人暮らし向けのお部屋の中では、最もシンプルな間取りで仕切りがなく、玄関を開けるとそのまま部屋があります。

一人暮らし向けのワンルームの平均的な広さは約6~9畳(専有面積13~20㎡)です。お部屋が狭めなので、ソファーなど大型の家具を配置するとスペースがなくなって窮屈になります。

ちなみに、東京都内では2007年以降に建てられた物件のワンルームは、専有面積が25㎡以上と定められているので少し広めです。

ワンルームに向いている人の特徴

・とにかく家賃を抑えたい
・自炊を余りしない
・荷物が少ない
・空間を広く使いたい

ワンルームは、キッチンと居室の間に仕切りがない分、建設コストが安く家賃設定も1Kより低いことが多いです。そのため、極力家賃を抑えたい人におすすめです。

居室の中にキッチンがあるので、衣類や寝具に臭いがついても気にしない、自炊しないという人に向いています。

また、5畳未満の狭いワンルームだとクローゼットなどの収納スペースがないお部屋が多いため、荷物が少ない人でないと住みにくいです。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

1Kとは

1Kとは、居室とキッチンの間に仕切りがある間取りです。

1Kの家具配置例

自炊をよくする人は、ドアを閉めれば居室に臭いがこもりません。また、玄関からお部屋を覗かれることがないので、女性の一人暮らしにもおすすめです。

平均的な広さは、キッチンスペースが2畳、居室が5~8畳(専有面積18~23㎡)ほどです。キッチンスペースが狭いので、モノはほとんど置けません。

ワンルームよりは家賃が高めに設定されていますが、大幅に差が出るわけではないので、居室とキッチンを分けたいかどうかで選ぶと良いです。

1Kに向いている人の特徴

・ワンルームよりやや広いお部屋が良い
・居室とキッチンを明確に分けたい
・自炊を良くする
・来訪者に室内を見られたくない
・ワンルームよりは設備を重視したい

1Kは居室の広さのみが〇畳と表記されます。ワンルームはキッチン部分を含んで〇畳と表記されるので、少しでも広いお部屋に住みたい人は1Kが良いです。

また、クローゼットや押入れなどの収納スペースがついているお部屋が多いので、荷物がやや多い人にも向いています。

1DKとは

1DKとは、1部屋+ダイニングキッチンが4.5畳~8畳未満の間取りです。

1DKの家具配置例

1Kと比べるとキッチンスペースが広いので、寝る部屋と料理や食事をする部屋を分けられます。

平均的な広さは、ダイニングが4.5畳~6畳、居室が5~8畳(専有面積28~32㎡)ほどです。ダイニングが広めなので、食器棚や一人暮らし用のダイニングテーブルが置けます。

ただし、DKは1980年代に流行った間取りなので築年数が古い物件が多いです。お部屋が和室の場合があります。

1DKに向いている人の特徴

・築年数を気にしない
・家賃が安めで広いお部屋が良い
・ダイニングテーブルを置きたい
・荷物が多い

DKは築年数が古いお部屋が多いです。その代わり、新築の1Kとほぼ同じくらいの家賃で広いお部屋に住めます。

ダイニング部分に収納家具を置けば、荷物が多い人でもお部屋の中が片付きます。

1LDKとは

1LDKとは1部屋+リビングダイニングキッチンが8畳以上の広さの間取りです。

1LDKの家具配置例

1LDKはキッチンスペースが8畳以上とかなり広めです。一人暮らしだけではなく、同棲カップルや新婚夫婦にも人気の間取りです。

リビングスペースの広さに上限はないので、一人暮らしをするならリビングが8~10畳あれば充分です。同棲したい場合は、リビングが11畳以上のお部屋がおすすめです。

1LDKは、2000年頃に流行り始めた間取りなので、築年数が浅い物件が多く、オートロックなどの防犯設備が充実しています。その反面、家賃がかなり高いです。

1LDKに向いている人の特徴

・収入に余裕がある
・家賃よりお部屋の設備を重視したい
・とにかく広いお部屋に住みたい
・築年数が浅めのお部屋が良い
・荷物がかなり多い
・友達を頻繁に家に呼びたい
・在宅勤務をする

リビングスペースがお部屋より広いので、大型の家具家電を設置してもスペースがあまります。荷物かかなり多い人でも、キチンと収納できます。

オートロックやシステムキッチン、独立洗面台などの設備が充実していることが多いので、収入に余裕がある女性に人気です。

間取り事の平均家賃

不動産屋専用サイト「ATBB」を使用して、間取りごとの平均家賃をまとめました。

下記の金額は、東京23区・築年数15年以内・駅徒歩15分以内・専有面積13㎡以上の条件で出てきたお部屋の、家賃の安い順30件分の平均金額です。

ワンルーム 約5.1万円
1K 約6.5万円
1DK 約7.2万円
1LDK 約8.1万円

※東京23区・築年数15年以内・駅徒歩15分以内・専有面積13㎡以上

ワンルームと1LDKだと約3万円の差があります。単純に、キッチンスペースが広くなれば、お部屋の総面積も増えるので家賃が高くなります。

また、1LDKの間取りは、2000年ころに流行り始めたため、築年数が浅い物件が多く、オートロックなどの防犯設備が充実していることが多いので、ほかの間取りより家賃が高いです。

平均より安くて住みやすい物件は探しにくい

平均家賃より安くて住みやすい物件は非常に探しにくいです。立地や築年数などの条件が悪く、住みづらい場合が多いためです。

家賃の安さを優先しつつできるだけ住みやすい物件を見つけるなら、不動産屋に相談するのが良いでしょう。

チャット不動産屋「イエプラ」なら、わざわざ不動産屋に行かなくてもチャットやLINEで希望を伝えるだけで、プロのスタッフが希望に合うお部屋を探してくれます。

イエプラはこちらから

【プロ解説】妥協したくない設備

一人暮らしをする際に妥協しないほうが良い設備を、不動産屋の営業マン視点で紹介します。

阿部さん

仲介不動産屋「家AGENT」池袋店のお客様第一の優秀な営業マンです。

阿部さんおすすめの妥協したくない設備
・エアコン
・室内洗濯機置き場
・バストイレ別
・2階以上(女性向け)
・オートロック(女性向け)

エアコン

エアコン付きの間取り

出典:http://kutyou.jp/koujiannnai_html/room-ac.html

始めからエアコンが付いている物件を選びましょう。ただ、エアコンが付いていない物件でも、不動産屋に確認すれば取り付けられることがあるので、事前に確認してください。

▶気になった物件がエアコンなしだった場合の対処法はこちら

室内洗濯機置き場

室内洗濯機置き場のある間取り

出典:https://www.daiwahouse.co.jp/chintai/700013913-1-201/

室内洗濯機置き場がないと、家で洗濯ができない、外に洗濯機を置くからすぐ汚れるなどの不便が生じます。

洗濯機置き場自体がないタイプだと、近所のコインランドリーに行くことになり、いちいち洗濯のために外に出るのは面倒臭くなります。

室外に洗濯機を置けるという物件もありますが、紫外線や雨で洗濯機が壊れやすかったり、洋服や下着を盗まれたりすることがあります。

バス・トイレ別

バストイレ別の間取り

出典:http://www.jkhome.com/properties/detail/r/4500

バス・トイレ別だと、どちらも個室になっていてリラックスできます。また、浴槽にお湯をためやすいので、お風呂好きな人は妥協しないほうが良いです。

ワンルームや1K、1DKの間取りで家賃の安さを重視すると、バス・トイレ・洗面台がセットになったユニットバスタイプの物件が多いです。

ただし、ユニットバスはシャワーカーテンを取り付けなければならなかったり、お湯を溜めながらシャワーを浴びれなかったりと不便です。

【女性向け】2階以上

2階以上のマンション

出典:http://www.kanagawa-snap.com/detail_45594.htm

1階に住むと、窓からの人通りが気になったり、泥棒に侵入されやすくなります。また、ベランダに洗濯物を干すと下着泥棒などの被害に遭うこともあるので、室内に干さなければなりません。

1階に住むよりも2階以上のお部屋に住んだ方が、犯罪のトラブルに巻き込まれにくくなります。

▶女性がマンションの1階に住む危険性と防犯対策はこちら

【女性向け】オートロック

オートロック付きの入口

出典:http://www.a-c-t.jp/rent_1ldk/post_771.html

オートロックは、完全に部外者をシャットアウトできるというわけではありませんが、あった方が安心はできます。

オートロック+モニター付きインターホンだと、もっと防犯度は上がります。

▶オートロック物件や防犯対策に関する詳しい解説はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識