お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしにおすすめの間取りは?理想の広さや住んでいる人の体験談も公開!

一人暮らしの部屋の間取りのイメージイラスト

「一人暮らししたいけど間取りが多すぎてわからない」「ワンルームと1Kどっちがいい?」など、一人暮らしの間取りについて徹底解説しています。

一人暮らしにおすすめの間取り5種を、間取り図・特徴・住んでいる人の感想を交えて紹介します。失敗しない間取り選びや、必要設備、間取り事の家賃相場もあります。

間取りに入る前に、一人暮らしに必要なお部屋の広さから解説していきます。是非参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

一人暮らしに必要な広さは約15~20㎡

一人暮らしの間取り例

一人暮らしに必要な広さは「約15~20㎡」です。物件情報に「専有面積」という名前で、この広さが明記されています。

専有面積は、キッチンやお風呂、トイレなどを含むお部屋全体の広さのことを言います。居室だけの広さなら「約5.5畳~7畳」です。

一人暮らしの場合、実家と違って自分のお部屋の中に洗濯機や冷蔵庫などの家電を置くスペースが必要です。

実家が5畳だからといって同じ広さで探すと、手狭になりやすいので注意してください。

だいたいの広さ目安がわかったところで、本題の一人暮らしにおすすめの間取りを解説していきます。

一人暮らしにおすすめの間取りまとめ

一人暮らしにおすすめの間取り5種類を、簡単にまとめました。

ワンルームの間取り例
ワンルーム
一人暮らしのスタンダートな間取り。居室とキッチンが繋がっている。建設コストが低いので家賃が安め。お部屋によってはクローゼットがない場合がある。
1Kの間取り図
1K
一人暮らしのスタンダートな間取り。居室とキッチンの間にドアがある。ワンルームよりは家賃がやや高い。お部屋の畳数のみで探しても、広さにはずれが少ない。
1DKの間取り図例
1DK
築年数が古いので家賃は安め。キッチンスペースが4.5畳~8畳未満もある。居室の広さは1Kとほぼ同じ。アパートや団地に多い間取りです。
1LDKの間取り
1LDK
キッチンスペースが8畳以上ある広いお部屋。同棲できる余裕がある。ただし、家賃がかなり高い。BT別、独立洗面台など設備も整っていることが多い。
2Kの間取り例
2K
キッチンは狭いが、居室が2つあるお部屋。広さは1DKとほぼ同じ。築年数が古く家賃が安め。郊外のアパートに多い間取りです。

一般的にはワンルームか1Kが一人暮らし向きと言われますが、荷物量やライフスタイルによって合う間取りが変わります。

各間取りの特徴を、さらに詳しく解説していくので自分に合うかどうかの判断材料にしてください。

間取りで悩んだら不動産屋に相談すると良い

どの間取りが良いか迷っている、家賃を抑えたいけど広いお部屋が良いなど、間取り選びに悩んでいるなら不動産屋に相談しましょう。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEで気軽に相談できます!

「ワンルームと1Kどっちがいい?」「家賃〇万円で1LDKはある?」など悩みを伝えるだけで、スタッフが理想のお部屋を探してくれます。

不動産業者専用のデータベースからお部屋を紹介するので、ほかのサイトにあった物件もまとめて確認できます。

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、深夜0時まで営業しているので時間を気にせずお部屋探しできます。

一人暮らしバナー

「ワンルーム」は家賃を抑えたい人向け

ワンルームの間取り例

ワンルームとは、キッチンスペースが含まれた1部屋だけの間取りのことです。間取り図などでは「1R」と表記されることがあります。

仕切りがないので、建設や設備コストが低く家賃が安いです。ただし、玄関を開けると目の前が居室となるので、来訪者に室内を見られやすいです。

また、ワンルームの中には専有面積が13㎡以下とかなり狭いお部屋もあります。狭いお部屋は収納スペースがない代わりに、ロフトがついていることが多いです。

ワンルームに向いている人の特徴

家賃の安さを含めて、ワンルームに向いている人の特徴をまとめました。

・できるだけ家賃を抑えたい
・自炊をしないので臭いを気にしない
・荷物が少ない
・大型の家具家電は必要最低限のみ
・寒くても耐えられる
・来訪者に室内を見られても気にしない

ワンルームはキッチンと居室の間に仕切りがない分、建設コストが安いです。そのためできる限り家賃を抑えたい人におすすめです。

居室のすぐ横にキッチンがあるので、衣類や寝具に臭いがつきやすいというデメリットがあります。また、玄関から冷気が入り込むため、冬は冷えます。

5畳未満のお部屋も多く、収納スペースがない可能性があるので荷物が多い人には不向きです。

ワンルームに住んでいる人の感想

ワンルームに住んでいる人に感想を聞いてみた結果、荷物が多すぎなければ快適に一人暮らしできます。

収納がなくてもロフトがあれば便利!
女性のアイコン5畳のロフト付きワンルームです。実際は、水回りがあるので3畳ほどの広さなんですが、ロフトが3.3畳あるので実質6畳の部屋です。ロフトにベッドとチェストを置いて、居室はリビング替わりに使っています。荷物がそこそこあっても、普通に片付きます。(20代前半)
短期間なら不便はない
男性のアイコンワンルームは若干狭いなって思ったんですが、大学にいる間だけであれば、特に不便はありません。むしろ、帰宅してベッドに直行できるのは快適です。ベッドや冷蔵庫、洗濯機以外に大型の荷物がなければ、友達を1人くらいなら呼ぶ余裕はありますよ。(10代後半)

感想を回答してくれた人のほとんどが10代後半~20代半でしたので、若くて費用を抑えたい人にとくに人気があるようです。

ワンルームは専有面積で広さを確認すべき

ワンルームのお部屋を探すときは、畳数ではなく「専有面積」で広さを確認してください。

理由は、ワンルームはキッチンスペースを含んだ畳数になっているからです。体感、1Kよりも1~2畳ほど狭いです。

ワンルーム 1K
8畳ワンルームの間取り図2 8畳1Kの間取り図

ワンルームの間取り図に「6畳」と書かれていた場合は、実際に使えるスペースは「4~5畳ほど」を認識しておくべきです。

「1K」は一人暮らしで最もスタンダードな間取り

1Kの間取り図

1Kとは、居室が1つ+キッチンスペースが4.5畳未満の間取りのことです。キッチンと居室の間にドアなどの仕切りがある以外は、ワンルームとほぼ同じです。

玄関から居室内を除かれる心配がないうえ、生活空間を分けられるので衣類などに料理の臭いがつきにくいです。

お風呂とトイレなどが分かれている間取りもあるので、ワンルームよりは家賃が高いです。ただし、一人暮らし向けの間取りの中では家賃が安いほうです。

1Kに向いている人の特徴

1Kに向いている人の特徴をまとめました。これと言った強い特徴はなく、一人暮らしであれば万人受けします。

・キッチンと居室を明確に分けたい
・自炊することが多い
・十分な収納スペースが欲しい
・来訪者に室内を見られたくない
・ワンルームよりは設備を重視したい

クローゼットや押入れなどの収納スペースがついているお部屋が多いので、荷物がやや多い人にも向いています。

1Kに住んでいる人の感想

1Kに住んでいる人のほとんどが「住めば都」「お部屋の広さは十分」「レイアウトしやすい」と答えてくれました。

気にしたことがなかった
女性のアイコン初めての一人暮らしからずっと1Kに住んでいます。ワンルームは、室内にキッチンが合って不便そうと思ったからです。料理をしても室内に臭いが充満しないし、生活スペースとメリハリがあるってこと以外は、一切気にしたことがなかったです。一人暮らしなら1Kで十分だと思います。(20代後半)
家賃帯が丁度いい
女性のアイコン1Kより広いお部屋を探すと、家賃が高いと感じるので、身の丈に合っているというか、丁度いい感じです。料理をしても、自室で食べればいいし、別にキッチンスペースが広くなくてもいいやって思いますね。独身の間は、ずっと1Kを選ぶと思います!笑(30代前半)

1Kは、年齢関係なく一人暮らし全般に人気です。荷物が多すぎる、広い部屋でないと絶対嫌という人以外は、1Kを探してみると良いです。

「1DK」は少しでも広いお部屋に住みたい人向け

1DKの間取り図例

1DKとは、居室が1つ+ダイニングキッチンが4.5畳~8畳未満の間取りのことです。居室の広さは平均5~7畳あります。

ダイニングスペースがやや広めなので、2人用のテーブルセットを置いたり、収納棚を設置したりできます。

DKの間取りは1980年代に流行っていたため築年数が古めです。居室が、和室の場合があります。その代わり家賃が安いので、広めのお部屋に住みたいけど費用を抑えたい人向きです。

1DKに向いている人の特徴

1DKに向いている人の特徴をまとめました。

・建物が古くても気にしない
・和室でもOK
・家賃が安めで広いお部屋が良い
・ダイニングテーブルを置きたい
・荷物が多く押入れが欲しい
・寒さに強い
・虫が出ても平気

DKは築年数が古い物件に多いため、広さの割に家賃が安めです。住む場所によっては、1Kとほぼ同じ家賃で探せます。

ただし、築年数が古い分、建物自体は老朽化しています。隙間風が入ってきて寒かったり、蚊などの小さい虫が発生しやすいです。特に気にしない人は、お部屋が広めなので快適です。

1DKに住んでいる人の感想

1DKに住んでいる人の大半が、広さのわりに家賃が安いという理由で選んでいました。

家賃が安いのに広くて良い
男性のアイコン次に引っ越すなら、前よりも広い部屋がいいと思っていました。ただ、家賃にあまりお金をかけたくなかったので、築年数は妥協することに。1DKで和室をフローリングに改装した部屋を見つけました。現在住んでいるところがそうです。全体的に広くて住み心地が良いし、別に築年数が古いことは気になりません。むしろ、安さを考えると良い部屋だと思います。(20代後半)
実家と同じくらいの古さ
女性のアイコン1DKは古いって聞いていたんですが、内見に行った物件のほとんどが実家と同じくらいの古さでした。内装は綺麗なので、全く問題ないと判断し、借りています。不便は一切ないですね。たしかに、古くてたまにギシッて音が聞こえますが(苦笑)安さ重視であれば、女性でも問題なく一人暮らしできますよ。(20代前半)

家賃の安さを最重要視している人であれば、1DKで快適に一人暮らしできます。ただし、築年数が古い物件は防犯性が低いので、女性の一人暮らしの時は慎重に考えてください。

1DKは築年数指定なしで探したほうが良い

1DKは築年数が古めの物件が多いですが、お部屋探しの際はあえて「築年数指定なし」で探すと良いです。

築年数が古い物件は、少しでも入居者を集めるためにお部屋内をリフォームしている可能性が高いです。

リフォームされていても、建物自体は古いので家賃が安くて狙い目です。逆に築年数を指定してしまうと、リフォーム済のお部屋が出てきにくいです。

「1LDK」はお金に余裕がある人向け

1LDKの間取り

1LDKとは、居室が1つ+リビングダイニングキッチンが8畳以上の広さの間取りのことです。リビングは8畳以上の上限がなく、12畳や15畳などの広いお部屋もあります。

一人暮らしだけでなく、同棲や新婚、赤ちゃんがいる3人家族でも住めるほどの広さです。

LDKの間取りは1990年以降から現在にかけて主流です。築年数が浅く、最新設備が導入されていることが多いので家賃が高いです。

1LDKに向いている人の特徴

1LDKは「貯金や収入に余裕がある人向け」です。そのほか、向いている人の特徴は以下を参考にしてください。

・家賃よりお部屋の設備を重視したい
・とにかく広いお部屋に住みたい
・築年数が浅めのお部屋が良い
・荷物がかなり多い
・友達を頻繁に家に呼びたい
・恋人が出来ても住み続けたい
・在宅勤務をする

リビングが広いので、テレビやソファなど大型の家具家電を複数置けます。そのため、広い空間でゆっくりくつろぎたい人におすすめです。

収納スペースも広く、荷物が多い人でも安心です。中には、ウォークインクローゼットなど大型の収納があるお部屋もあります。

他にもオートロックやシステムキッチン、独立洗面台などの設備が充実している事が多いです。収入に余裕があって設備にこだわりたいなら、1LDKを探しましょう。

1LDKに住んでいる人の感想

1LDKに住んでいる人は、住み心地が良く大変満足している人が多いです。家賃が高い分、住むための設備が充実しているからのようです。

家にいるのが楽しくなる!
女性のアイコン1LDKみたいに広い部屋に住むのが憧れでした。内装は綺麗だし、お風呂場もゆったりしていて快適だしで、家にいるのが楽しくってつい引きこもります。キッチンも広くて料理しやすいですし、自炊の機会が増えますね。友人を呼んで宅飲みもしやすいですし、本当に住み心地が良いです!(30代前半)
もう狭い間取りに戻れない
男性のアイコン1LDKでの生活が快適すぎて、もう狭い間取りに戻れません(笑)リビングと寝室に分けられるうえ、趣味のスペースも確保できています。友人3人くらい家に来ても、雑魚寝であれば余裕で泊まれます。家賃は少し高いですが、無理なく払えるのであれば、不自由は一切ないのでおすすめです!(20代後半)

長期的に住み続ける予定で、なおかつ収入に余裕があるなら、1LDKで贅沢な一人暮らしをするのもアリです。

郊外に住むなら「2K」も安くて狙い目

2Kの間取り例

2Kとは、居室が2つ+キッチンスペースが6畳未満の間取りです。しかし、大半の2Kは、1K同様にキッチンスペースが2畳ほどのお部屋が多いです。

居室の数が多いので、単純に1Kより家賃が高いですが、比較的手が出しやすいです。築年数が古い物件が多いので、1DKとに似たような相場感です。

ただし、都心部では探しにくいので、郊外に住む人向けです。関東であれば、23区外や埼玉、千葉などのアパートでよく見かけます。

2Kに向いている人の特徴

2Kに向いている人の特徴は、以下の通りです。ほぼほぼ1DKと同じです。

・家賃が安めで広いお部屋が良い
・居室が2つ欲しい
・趣味や仕事部屋が欲しい
・建物が古くても気にしない
・和室でもOK
・寒さに強い
・虫が出ても平気

ただし、2Kの中には居室が2畳+3畳と狭い場合もあります。家賃の安さや部屋数だけで判断せず、住み心地を重視すべきです。

2Kに住んでいる人の感想

2Kに住んでいる人に感想を聞いてみたところ、若干不満に感じている人もいました。

リビングが欲しかったので丁度いい
男性のアイコン最初はリビングが欲しくて1LDKを探していたんですが、家賃が高すぎて諦めました。不動産屋から「2Kにすれば1部屋をリビングにできるよ」って教えてもらって、探したのが今の部屋です。1部屋は寝室、もう1部屋にこたつとテレビ台を置いてリビングのように使っています。実家並みにリラックスできる空間を作れたので満足です。(20代前半)
安さ重視で失敗した…
困り顔の男性のアイコン家賃が安いし、部屋が2つあるしで契約したら、思ったより狭かったです。1部屋は、布団を敷くとほぼスペースがないのでかなりの圧迫感です。もう1部屋は、多分5畳もないですね。本棚とタンスを置いたら、あとは自分が座る座椅子とテーブルくらいの広さです。これなら、少し広い1Kとかのほうが快適だったんじゃないかって後悔しています。(20代後半)

内見では広いと感じたお部屋でも、家具家電を設置するとかなり手狭になることが多いです。メジャーを持って行って、実際に家具を置く予定の場所を採寸しましょう。

家具を設置したあとの残りのスペースで、本当に自分が快適に生活できるのか、具体的にイメージしてください。

マル秘イエプラバナー

失敗しない間取りの選び方

間取りを見て魅力的に感じても、住んでみたら「狭かった」「家具が置きづらい」など後悔する可能性があります。

内見の際に以下のポイントをしっかり確認しておけば、入居後に後悔せずに済みます。

・必要設備は全て設置されているか
・コンセントの数は十分か
・コンセントの位置に問題はないか
・収納スペースは十分か
・家具を置くのに邪魔な柱等はないか
・冷蔵庫を置くスペースはあるか
・生活導線が確保しやすいか
・壁が薄すぎないか
・隣のお部屋と生活空間が密接していないか
・外からお部屋が丸見えじゃないか
・日当たりに問題は無いか
・窓や壁が結露していないか
・床が斜めになっていないか

特に、コンセントの位置や冷蔵庫置き場は見落としがちなので注意です。

「コンセントが遠くて延長コードでも届かない」「買った冷蔵庫がキッチンに入らない」ということがないよう、実際の生活をイメージしながら内見すべきです。

▶失敗しない間取りの選び方についての解説はこちら

一人暮らしに必要なお部屋の設備

一人暮らしに必要なお部屋の設備を、賃貸業界歴5年以上のベテランである「家AGENT」池袋店の店長の阿部さんに教えてもらいました。

阿部さんが選ぶ妥協したくない設備
阿部さんのアイコン①エアコン付き
②室内洗濯機置き場
③収納スペース
④モニター付きインターホン
⑤バス・トイレ別(女性向け)
⑥オートロック付き(女性向け)
⑦2階以上(女性向け)

①エアコン付き

エアコンは、一人暮らしでも欠かせない必須設備です。エアコンの有無は、自分の体調にもかかわってきます。

田舎では扇風機のみで生活できても、都会はコンクリートジャングルです。熱が逃げにくく、夏は灼熱なのでお部屋内がサウナになりやすいです。

ついていない場合は、あとから自分で取り付けなければいけないケースが多いです。退去時には取り外して原状回復しないといけないので、かなりの手間です。

②室内洗濯機置き場

洗濯機置き場は、必ず室内にある物件を選びましょう。外に出すと、紫外線や雨で洗濯機が壊れやすく、お金がかかります。

また、外に洗濯機を置くせいですぐ汚れる、洋服や下着を盗まれる恐れがありオススメできません。

洗濯機置き場自体がない物件は、コインランドリーで洗わないといけないので、お金が割高になりやすいです。

③収納スペース

クローゼットや押入れなど、衣類を収納できるスペースがあるか確認してください。

収納スペースがないと、お部屋内が荷物で溢れかえり手狭になりやすいです。ミニマリストであれば、収納スペースはなくても良いです。

④モニター付きインターホン

一人暮らしは、男女関係なくトラブルに巻き込まれやすいので、モニター付きインターホンのお部屋を選んだほうが良いです。

玄関を開ける前に来訪者の顔が確認できます。あからさまな訪問セールスや宗教勧誘の場合、居留守を使って逃れられます。

⑤バス・トイレ別(女性向け)

バス・トイレ別の設備は、特に女性におすすめです。お風呂場とトイレが分かれているので、身体や髪を洗いやすいうえ、たくさんのアメニティを置けます。

3点ユニットバスだと、お風呂場にアメニティを置けない、トイレットペーパーや衛生用品が濡れて使い物にならないなど不便が生じます。

⑥オートロック付き(女性向け)

女性の一人暮らしで防犯性を重視するなら、オートロック付き物件がおすすめです。

訪問者を建物に入れる前に確認できるので、事前にトラブルを防げます。ただし、オートロック付き物件は家賃がやや高めなので、収入に余裕がある人向けです。

▶オートロック物件や防犯対策に関する詳しい解説はこちら

⑦2階以上(女性向け)

女性の一人暮らしは、2階以上のお部屋を選びましょう。

1階は、外からお部屋の中が丸見えになるうえ、外に洗濯物を干すと下着をとられやすいです。また、玄関や窓から不審者が侵入しやすいなど、デメリットが多いので避けるべきです。

出来れば、外から侵入されにくい高層階がおすすめです。ただし、最上階は屋上からはしごを付けられるリスクがあります。

▶1階のお部屋を避けるべき理由の詳細解説はこちら

間取り別の平均家賃相場

間取り別の平均家賃相場をまとめました。以下は、2021年6月に不動産業者専用のデータベース「ATBB」を使用してまとめた、間取り別の平均です。

地域ごとに「各間取り・駅徒歩20分以内・築年数指定なし・専有面積15㎡以上」で調べた、安い順40件の平均金額となります。

間取り 東京23区 名古屋市内 大阪市内
1R 約5.2万円 約4.6万円 約4.9万円
1K 約5.9万円 約4.7万円 約5.2万円
1DK 約6.6万円 約5.7万円 約5.8万円
1LDK 約9.3万円 約6.4万円 約7.5万円
2K 約7.2万円 約5.9万円 約6.1万円

家賃は、住むエリア・駅徒歩・築年数・お部屋の設備など、様々な要因で金額が変動します。

少しでも安いお部屋を探したい場合は、できるだけ希望条件を緩和しましょう。予算と絶対に譲れない条件2~3つほどで探すと良いです。

一人暮らしのお部屋を探すなら「駅徒歩15分以内・室内洗濯機置き場」と、もう1つほどの条件がおすすめです。数多くの物件が出てくるので、その中から吟味しましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について