お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【初めての一人暮らし】お部屋探しのコツや注意点を不動産屋が徹底解説!

部屋探しのコツのイメージイラスト

初めて一人暮らしをする人向けに、お部屋探しのコツや注意点を、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんに徹底解説してもらいました!

一人暮らしを始めるまでに必要な費用や毎月の生活費、家賃目安などお金に関する疑問も解決しています。

お部屋探しの流れや、住む場所の決め方、入居審査の対策など、初心者が気になる点を網羅しているので是非参考にしてください。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

初めての一人暮らしに必要な費用まとめ

引っ越し費用の内訳の イラスト
初めての一人暮らしに必要な費用は「初期費用」「引っ越し費用」「家具家電購入費」「毎月の生活費」の4つです。

家賃7万円のお部屋に住むなら、一人暮らしを始めるまでに約60~80万円は貯めましょう

賃貸の初期費用 約320,000~350,000円
(家賃4.5~5ヶ月分が目安)
引っ越し費用 約50,000~100,000円
家具家電購入費 約70,000~150,000円
毎月の生活費 約160,000~200,000円

新卒の人は、生活費2ヶ月分を貯めておいた方が良いです。会社によっては、初任給の支払いが翌月末になる可能性があります。

以下で、各費用の内訳について簡単に解説していきます。

賃貸の初期費用は家賃5ヶ月分必要

賃貸の初期費用は家賃4.5~5ヶ月分が目安と言われていますが、お部屋のクリーニング代などオプションが発生するので5ヶ月分以上見積もっておいたほうが良いです。

以下、主な費用内訳と、家賃7万円の場合の費用をまとめたので参考にしてください。

目安 家賃7万円の場合
敷金 家賃1ヶ月分 70,000円
礼金 家賃1ヶ月分 70,000円
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税 77,000円
前家賃 家賃1ヶ月分 70,000円
日割り家賃 入居日による 20日入居:27,096円
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分 35,000~70,000円
火災保険料 約15,000円 15,000円
鍵交換費用 約15,000円 15,000円
合計 - 379,096~414,096円

初期費用は、管理費・共益費を抜いた家賃の金額で計算されます。安いお部屋ほど、初期費用を抑えられます。

初期費用の項目ごとの解説はこちら

敷金 退去時の修繕費用や、家賃滞納に備えて大家さんに預けておくお金です。お部屋をキレイに使っていれば、退去時に戻ってくる可能性があります。
礼金 お部屋に入居させてもらうお礼として支払うお金です。敷金と違い、戻ってくることはありません。交渉次第で礼金なしになることもあります。
仲介手数料 お部屋を紹介してくれた仲介業者に成果報酬として支払うお金です。不動産屋によっては半額~無料で対応してくれるところもあります。
前家賃 入居開始月の翌月の家賃を先払いすることです。月初に入居すると前家賃をなしにしてくれるケースもあります。
日割り家賃 入居日~月末までの日数で割った家賃です。月の途中に入居する場合に必要です。
保証会社利用料 保証人の代わりになってくれる会社を利用するための費用です。
火災保険料 火事や雷で燃えてしまった建物や、家具の補償をしてもらうための保険料です。
鍵交換費用 前の入居者が使用していた鍵から、自分が使用する鍵に交換するための費用です。

 

阿部さんのアイコン 阿部
敷金礼金なしのゼロゼロ物件を探す人が多いですが、敷金は払っておいた方が良いです。敷金は退去費用の預り金です。支払っておかないと、今度は退去費用が高額になりやすいので要注意です。

引っ越し費用は最低5万円はかかる

引っ越しにかかる費用は時期や距離、荷物の量によって変わりますが、最低でも5万円は見ておくべきです。

以下、価格.comの単身引っ越し料金の相場を基に、引っ越し費用がいくらになるのかまとめてみました。

引っ越す距離 荷物が少ない人 荷物が多い人
~15km未満 平均29,312円 平均38,035円
~50km未満 平均34,276円 平均40,614円
~200km未満 平均44,671円 平均51,961円
~500km未満 平均53,139円 平均63,335円
500km~ 平均54,929円 平均69,632円

一人暮らしの場合、積み込める荷物量が決まっている「単身パック」等のサービスを利用すれば安く済みます。

コンテナに乗る分の荷物であれば、定額で利用できます。とくに長距離引っ越しの人は、利用したほうが安いです。

家具家電購入費は最低7万円ほど

家具家電購入費は最低7万円ほど準備しておきましょう。以下で、最低限必要な家具家電と参考価格をまとめたので、参考にしてください。

ベッド 約15,000円
テーブル 約7,000円
タンス・チェスト 約7,000円
そのほか収納棚 約7,000円
冷蔵庫 約26,000円
洗濯機 約30,000円
電子レンジ 約8,000円
炊飯器 約7,000円
掃除機 約5,000円
テレビ 約25,000円
エアコン(新居にない場合) 約50,000円
コンロ(新居にない場合) 約15,000円

実家から持っていけるものは持ち込む、家電は送料無料のお店で購入すると良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
新年度に合わせて一人暮らしするなら、1月~3月に「新生活応援セット」として売り出される家電セットがおすすめです。単品でそれぞれ揃えるよりもかなり安く買えます。

毎月の生活費は約16万円

東京23区内で一人暮らしする場合、毎月の生活費は最低でも16万円必要です。

総務省統計局公表の「2020年度 家計調査 家計収支編 単身世帯(表番号1)」を参考に、毎月の生活費の内訳をまとめてみました。

家賃 70,000円
食費 40,000円
水道光熱費 8,000円
スマホ、通信費 8,000円
娯楽費・交際費 20,000円
日用消耗品など 6,000円
交通費 5,000円
合計 157,000円

1日3食自炊をする人であれば、月15万円ほどまで生活費を抑えられます。

給料が総支給24万円を超えるまでは、節約が必要・貯金はほとんどできないと考えておいた方が良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
紹介した生活費には、スーツ代や冠婚葬祭などの急な出費の予備費が入っていません。ライフスタイルに合わせて、家賃を下げるなどで調整してください。

家賃を抑えればそのほかの費用にお金を回せる

初期費用は家賃を基に計算されます。そのため、安いお部屋ほど初期費用を抑えられます。1万円抑えるだけで、家具家電購入費や引っ越し分に浮いたお金を回せるので余裕が出ます。

安いお部屋を探すなら、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです!チャットやLINEでやりとりするだけで来店したときと同様のサービスを受けられます。

「家賃〇万円以下が良い」「初期費用が安いお部屋を探して」「なんでこんなに安いの?」など、なんでも気軽に相談可能です。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しい・外に出たくないという人でも、寝る前のちょっとした時間を活用できて便利です。

一人暮らしバナー

家賃目安は手取りの3分の1以内にすべき

家賃がのしかかるイメージイラスト

一人暮らしの家賃目安は「手取りの3分の1」にすべきです。計算が面倒な人は「手取りの30%」でも良いです。

収入で考えると、食費や光熱費、娯楽費などの生活費が足りなくなる可能性があります。

以下に、手取りに対する家賃目安をまとめたので参考にしてください。

手取り17万円 57,000円
手取り18万円 60,000円
手取り19万円 63,000円
手取り20万円 67,000円
手取り21万円 70,000円
手取り22万円 73,000円
阿部さんのアイコン 阿部
お部屋を探すときは、家賃+管理費・共益費の「総家賃」で考えてください。管理費・共益費も毎月支払うお金です。家賃のみで考えると、予算オーバーになりやすいです。

収入が少ない人は4分の1を目安にすると良い

収入が少ない、自炊が出来ない、少しでも貯金をしたいという人は、手取りの4分の1を家賃目安にすると良いです。

手取り15万円なら家賃は3.7万円、手取り20万円なら家賃は5万円ほどです。

とくに学生や新卒は収入が少ないので、できる限り安いお部屋にしておいた方が良いです。

見栄を張って高いお部屋に住むと、生活費が足りなくなり、酷い時には家賃を支払えなくなります。

東京23区の家賃相場一覧

「公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会」が毎日更新している家賃相場:東京都(2021年7月13日更新)を参考に、ワンルーム・1Kの平均家賃相場が安い順にまとめました。

なお、ワンルームと1Kの違いは、キッチンと居室の間にドアなどの仕切りがあるかのみです。

ワンルーム 1K
葛飾区 5.36万円 6.14万円
足立区 5.47万円 6.13万円
練馬区 5.52万円 6.36万円
江戸川区 5.6万円 6.24万円
板橋区 5.63万円 6.45万円
中野区 6.02万円 6.98万円
北区 6.03万円 7.05万円
杉並区 6.06万円 6.92万円
荒川区 6.44万円 6.98万円
豊島区 6.46万円 7.42万円

そのほかの区の相場はこちら

ワンルーム 1K
大田区 6.66万円 7.49万円
墨田区 6.71万円 7.97万円
世田谷区 6.84万円 7.22万円
江東区 7.00万円 8.07万円
台東区 7.03万円 8.92万円
文京区 7.32万円 8.26万円
新宿区 7.45万円 8.90万円
品川区 7.49万円 8.22万円
目黒区 7.66万円 7.49万円
渋谷区 8.82万円 9.81万円
中央区 10.12万円 10.39万円
港区 10.45万円 11.87万円
千代田区 10.61万円 11.40万円

 

通勤に時間がかかっても良い人であれば、23区外や千葉・埼玉の各停駅で探すのも良いです。

お部屋探しは引っ越す1ヶ月半前からがベスト

お部屋探しは引っ越し予定日の1ヶ月半前から開始するのがベストです。

理由は、早い段階からお部屋探しをした際、理想のお部屋を見つけてもキープできないからです。どうしても押さえたい場合は、家賃を支払う必要があります。

4月1日に引っ越す人をモデルに、スケジュール例を紹介します。

部屋探しのスケジュール例

最低でも、不動産屋でのお部屋探し~内見で1週間、入居審査で1週間は見積もっておいたほうが良いです。

1月~3月の繁忙期は2ヶ月前からでも良い

1月~3月は、不動産屋の繁忙期です。引っ越す人が1年で最も多い時期なので、2ヶ月前から行動しても良いです。

不動産屋の来店や内見の予約で時間が空いたり、入居審査が通常よりも時間がかかる可能性が高いからです。

阿部さんのアイコン 阿部
早くからお部屋探しを開始すると、前入居者がまだ退去していない物件に当たる可能性があります。内見出来ないので、イメージと実物に相違が生まれやすいので注意してください。

時期を選べるなら4月~8月上旬が狙い目

引っ越す時期を自由に選べる人は、繁忙期が終わった後の4月~8月上旬が狙い目です。

引っ越す人が少ないので、時間をかけてお部屋探しができます。

また、繁忙期後は礼金や家賃の見直しが入るので、安いお部屋が出てきやすくなります。

初めての一人暮らしでお部屋を探す流れ

お部屋探しを始めてから入居するまでの一連の流れを紹介します。番号順に行動すれば、スムーズにお部屋探しができます。

①引っ越し予定日・探すお部屋の条件を考える
②インターネットで物件を探す
③不動産屋へ行く
④内見して理想通りのお部屋か確認
⑤申し込み・入居審査
⑥契約手続き・重要事項説明を受ける
⑦初期費用の入金
⑧引っ越しの準備・引っ越し
⑨入居

①引っ越し予定日・探すお部屋の条件を考える

不動産屋に行くと引っ越し予定日は必ず聞かれます。「◯月末までには入居したい」などのざっくりでも良いので決めておいてください。

合わせて、家賃の予算・住みたいエリア・「バストイレ別」などの希望設備をまとめておきましょう。

②インターネットで物件を探す

予算や希望条件がまとまったら、インターネットでどんな物件があるのか探してみましょう。

気になるお部屋があったらURLや物件名をメモしておくと良いです。

③不動産屋へ行く

実際に不動産屋に行って、スタッフと一緒にお部屋を探します。不安なことやわからないことがあったら、遠慮せず相談してください。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産屋に行く前に、電話かメールで来店予約しておくと良いです。希望条件に合う物件の資料を用意してくれていたり、当日に内見する手配を先に進めてくれます。

④内見して理想通りのお部屋か確認

気になる物件あったら、内見予約をして実物を確認しましょう。

1日ですべて回る場合は、1件90分ほどを目安にしておくと良いです。多くて4~5件ほど一気に回れます。

内見で確認する箇所は、後ほど解説します。

⑤申し込み・入居審査

理想のお部屋が見つかったら、入居申込をします。書類に不備がなければ、自動的に審査まで進みます。

通常、申し込み~審査結果が出るまでは3~7日ほどかかります。

書類不備があると、審査が長引くので以下の書類は事前に準備しておきましょう。

・身分証明書(免許証やパスポートなど)
・収入証明書(源泉徴収票など)
・住民票の写し(取得3ヶ月以内の原本)
・印鑑登録証明書(取得3ヶ月以内の原本)
・銀行届出印+口座内容のわかるもの(通帳など)
・印鑑(シャチハタ以外)

審査に関しても、後ほど詳しく解説します。

⑥契約手続き・重要事項説明を受ける

審査に通ったら契約手続きをして、重要事項説明を受けます。

契約に関することなので、わからないことがあったら遠慮なく聞いておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産屋によっては、テレビ電話で重要事項説明を受けられます。公式サイトなどに「IT重説」の文字があれば、来店不要な可能性が高いです。

⑦初期費用の入金

初期費用を入金します。基本的に口座振替が多いですが、クレジットカードで支払える不動産屋もあります。

入金しないと鍵を受け取れないので、期日までに必ず支払いましょう。

⑧引っ越しの準備・引っ越し

引っ越し業者の手配と荷造りをします。荷造りは普段使わないものや、季節外れの洋服から始めるとスムーズです。

⑨入居

引っ越しが完了したら実際に入居し、一人暮らしがスタートです。

引っ越し後の転入手続きは2週間後以内におこなう必要があります。

住む場所の決め方

初めての一人暮らしでの住む場所の決め方を紹介します。主に以下の5つのことを意識して、エリアを絞りましょう。

・家賃相場が低いエリア
・学校や職場までの移動時間
・交通アクセスの良さ
・治安の良さ
・駅前に買い物環境がある

家賃相場が低いエリア

一人暮らしは何かとお金が必要なので、家賃相場が低いエリアを選びましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
東京23区であれば、練馬区・杉並区・葛飾区・江戸川区あたりがおすすめです。相場よりも安いお部屋が見つけやすいです。

23区外や違う県で一人暮らしする場合は、各駅停車しか停まらない駅は相場が低いので狙い目です。

学校や職場までの移動時間

学校や職場までの移動時間は、ドアtoドアで1時間以内にしましょう。電車の乗車時間の理想は、乗り換え1回40分以内です。

40分以内であれば、ラッシュ時の満員電車のストレスにも耐えられます。

1時間以上の場所を選んでしまうと、朝早く起きなければいけないうえ、帰宅後の自分の時間がとりにくくなります。

交通アクセスの良さ

通勤通学以外に、休日の移動のしやすさも考慮すると良いです。

主要駅もしくは乗り換え路線が多い駅まで直通で行けるエリアに絞りましょう。

また、夜遅くに帰ることが多い人は、終電が何時まであるかも確認しておくと良いです。

治安の良さ

とくに女性は、犯罪に巻き込まれやすいので治安の良さを重視すべきです。

犯罪発生率が低い街はもちろん、駅前や家のそばに交番があるか、街頭防犯カメラの設置が進んでいるか、街灯が多く夜でも明るいかなど、細かく確認しましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
繁華街や飲み屋が多いエリアは、基本的に治安が微妙なので避けたほうが良いです。ファミリーが多い街は、住民の目があるので治安が良い傾向にあります。

駅前に買い物環境がある

家に帰った後にわざわざ買い物に出るのが面倒になることが多々あるので、駅から家までに買い物環境があると便利です。

スーパーと薬局があれば、日常の生活に必要なものが大抵買い揃えられます。

また、帰宅時間が遅くなりがちな人は、営業時間も必ず確認しましょう。コンビニで買い物すと毎月の生活費が高くなります。

住む場所に迷ったら不動産屋に相談すると良い

どこに住もうか迷う、自分では決めきれないという人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」に相談してみてください。

来店不要でチャットやLINEから希望条件を伝えるだけで、自分に合う理想のお部屋を探してくれます。

「〇〇駅に勤務しやすいところが良い」「〇〇路線でおすすめの駅を教えて」「家賃の安さを重視したい」などと伝えるだけで、ピッタリのお部屋を紹介してくれます。

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件もありますし、ほかサイトの物件もまとめて紹介可能です!深夜0時まで営業しているので、忙しい人にもおすすめです。

一人暮らしバナー

一人暮らしにおすすめの間取りと条件

一人暮らしにおすすめの間取りと条件を紹介します。条件を決めきれない人は、以下を参考にお部屋を探してみてください。

間取りはワンルームか1Kがおすすめ

ワンルームと1Kは、一人暮らし向けの間取りで最もスタンダートなお部屋です。

違いは、キッチンと居室の間にドアなどの仕切りがあるかだけです。広さや設備は、ほぼ同じです。

ワンルーム 1K
ワンルームの間取り図2 1Kの間取り図
阿部さんのアイコン 阿部
お部屋を探すときは、畳数ではなく「専有面積」で見たほうが良いです。一人暮らしなら18~22㎡ほどです。とくにワンルームは、キッチンを含むお部屋の広さを畳数として記載しているので、体感2畳ほど狭く感じます。

初めての一人暮らしにおすすめの条件

お部屋のこだわりが少ない人は、以下の条件で探すと良いです。

・予算
・ワンルームor1K
・駅徒歩15分以内
・築年数指定なし
・室内洗濯機置き場
・エアコン付き
・BT別(こだわる人のみ)
・オートロック付き(こだわる人のみ)

駅徒歩5分と15分では、家賃相場が5~8千円も変わります。音楽を聴きながら駅に向かえば、3曲ほどで着く距離です。

リフォームで内装が綺麗なお部屋が出てくることがあるので、築年数も指定しないほうが良いです。耐震性が気になる人は築40年以内にしましょう。

洗濯機置き場が外にあると、下着泥棒に狙われやすいうえ、雨や砂で壊れやすくなります。エアコンも、取り付け費用などが掛かるので、備え付けのお部屋が良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
女性で、収入に余裕がある人は「BT別(お風呂トイレ別)」や「オートロック付き」など条件を増やすと良いです。ただし、2つ合わせると相場よりも1~1.5万円ほど高くなります。

内見は必ずすべき

虫眼鏡を持つ女性のイラスト
お部屋の内見は必ずすべきです。写真と実物では、イメージに相違が生まれやすいからです。

気に入った物件は、できれば昼と夜もしくは平日と休日の2回内見しましょう。

時間帯によって、聞こえてくる音が違います。よりリアルな周辺の生活音を確認できるので、音に敏感な人はとくに意識してください。

内見時に持っていくと良いもの

内見時に持っていくと良いものは「スマホ」「メジャー」「リップクリームなど転がるもの」の3つあれば充分です。

スマホ1つで、内装の撮影・メモ・ライト代わり・方位磁石代わりになります。1日で複数件回る人は、充電器も持ち歩きましょう。

メジャーは、お部屋の採寸で使います。ドアの幅や、購入予定の家具家電のサイズを確認してください。

転がるものは、建物が傾いていないかの確認に使います。若干の傾きでも、寝ていると頭に血が上るなど不便が生じます。

阿部さんのアイコン 阿部
内見時は素足厳禁です。不動産屋側がスリッパを用意してくれないことがあるので、夏は靴下を持ち歩いておくと良いです。

内見で最低限確認すべき箇所

入居後にイメージと違っていたとならないように、最低限以下の箇所は確認しましょう。

・壁の厚さや防音性
・玄関とお部屋の扉の幅
・カーテンレールの幅や床までの高さ
・日当たりや窓の結露跡
・窓を開けたときのニオイ
・ベランダの使い勝手
・スマホの電波がきちんと入るか
・コンセントやケーブルの位置
・収納スペースの広さ
・ゴミ置き場の場所と清潔さ
・最寄り駅までの距離

とくに防音性とスマホの電波は確認しておくべきです。お部屋の中央で手を叩いたり、壁をノックしたときの音の聞こえ方で防音性がわかります。

スマホの電波は、画面を確認しながらお部屋の隅々まで歩いてください。稀に、立っていると電波が入るのに、床に座ると圏外になる物件もあります。

阿部さんのアイコン 阿部
内見時は、最寄り駅から物件まで実際に歩いてみて、お店の有無や坂道、街灯の多さ、自分の足だと何分かかるのかも確認すべきです。

申し込み~入居審査に関する注意点

申し込み~入居審査に関する注意を解説します。スムーズに審査に通過するためにも、しっかり事前対策しておきましょう。

申し込みは原則1件のみ

同時に申し込める物件は原則1件のみです。複数の不動産屋を使えば複数申し込めますが、審査段階でバレるのでやるべきです。

不動産屋は横の繋がりがあるため「複数申し込んだ人」と目をつけられ、お部屋探しが困難になる可能性が高いです。

審査に落ちた場合や、大家さんや不動産屋の過失があった場合のみ、別のお部屋に再度申し込みできます。

申し込みは早い者勝ち

物件の申し込みは原則早い者勝ちです。先に申し込みした人から入居審査に進みます。

順番の決め方は、申込書がFAXまたはメールで到着した順が一般的です。すぐに審査をしてもらうためにも、必要書類は事前に準備しておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
不動産屋が審査も管理も一貫して行っている場合は、口頭での申し込みで優先になる場合があります。担当の裁量にもよるので、ダメ元で相談してみると良いです。

必要書類は事前に揃えておくとスムーズ

申し込みに必要な書類がかけていると、審査が遅れたり、2番手以降が優先になる可能性があります。

主に以下のものを用意しておきましょう。

申込者本人の必要書類
・身分証明書(免許証、保険証、パスポートなど)
・住民票(妙本)
・収入証明書(源泉徴収票、給料明細など)
・印鑑(実印、銀行届出印など)
連帯保証人の必要書類
・身分証明書(免許証、保険証、パスポートなど)
・収入証明書(源泉徴収票、給料明細など)
・印鑑(実印)
・印鑑登録証明書

また、未成年や外国人、新卒や転職中の人は、追加で書類を求められることがあります。事前に不動産屋に確認しておきましょう。

審査期間は3~7日ほど

通常、入居審査は3~7日ほどで結果が出ます。即日で審査結果が出るケースもありますが、最短3日は見ておいてください。

不動産屋が書類の準備で1日、大家さんが書類確認や在籍確認などの調査で1日、審査の判断に1日といったスケジュールです。

1月~3月の繁忙期や、GW・お盆などの長期休暇を挟む場合は10~14日ほどかかることがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
結果が遅くても審査に落ちたわけではありません。むしろ、落ちる人ほど連絡が早い傾向にあります。勤務先や連帯保証人と連絡が取れないなど、何かしらの事情で遅れている可能性が高いです。

保証会社を利用するときは審査が2回発生

保証会社を利用するときは、保証会社と大家さん(管理会社)の審査が発生します。

保証会社は主に「家賃の支払い能力」を重点的に確認します。親会社がクレジットカード会社の場合は、個人信用情報までチェックします。

大家さん側は、人柄や連帯保証人と連絡が取れるかなどを見ます。保証会社の審査に通れば、大家さん側の審査は高確率で通過できます。

審査が不安なら独立系の保証会社のお部屋にすべき

独立系と言われる保証会社は、信販系やLICC系に比べると審査が緩いので同棲でも通りやすいです。

個人の信用情報や家賃の滞納履歴を確認できないので、独自の項目で審査します。

とくに「フォーシーズ」と「日本セーフティー」という保証会社は、審査承認率が95%以上なのでおすすめです。

保証会社は自分では選べない

保証会社はお部屋ごとに決められています。不動産屋に事情を話し、独立系保証会社のお部屋を探してもらったほうが手っ取り早いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから相談できるので、なんでも気軽に伝えやすいです。

ほかサイトに掲載されている物件も、保証会社がどこかも調べてくれます。審査経験が豊富なスタッフが多数在籍しているので、的確なアドバイスも貰えます!

一人暮らしバナー

入居審査に落ちたときの対処方法

万が一、入居審査に落ちてしまった場合は、以下の方法を試してみましょう。

・別の保証会社で再審査できないか相談する
・家賃が安いお部屋を選びなおす
・親族に代理契約してもらう
・シェアハウスを仮住まいにする

別の保証会社で再審査できないか相談する

物件によっては、別の保証会社で再審査できる場合があります。

不動産屋に「このお部屋は別の保証会社にも対応していますか?」と確認してみてください。

阿部さんのアイコン 阿部
お部屋によっては、第一候補に信販系、予備として独立系の保証会社を設定していることがあります。

家賃が安いお部屋を選びなおす

審査した物件より、家賃が安いお部屋を選びなおすのも手です。

収入に対して家賃が高いを判断された場合は、この方法で審査が通る可能性があります。

親族に代理契約してもらう

親族に賃貸契約をお願いできるときは、代理契約で再チャレンジできないか不動産屋に相談しましょう。

賃貸の「代理契約」とは、契約を結ぶ人と住む人が異なる契約のことです。代理契約者の収入で審査します。

阿部さんのアイコン 阿部
契約者が大家さんや管理会社に黙ってほかの人を入居させると「転貸」「又貸し」という違反行為になります。バレたときに違約金が発生したり、契約の結びなおしになるので絶対に辞めましょう。

シェアハウスを仮住まいにする

シェアハウスなら、費用を払えばほとんど審査が無く、連帯保証人も不要で住める物件が多いです。収入よりも「共同生活でトラブルが起きないか」を重視されます。

収入が少なく審査に落ちる場合は、シェアハウスを仮住まいにしてお部屋探しを続ける手段もあります。ちなみに、初期費用は約10万円で、家賃相場は4~5万円ほどです。

さらに費用を抑えたいという人は、初期費用が一律3万円の「クロスハウス」がおすすめです。空き部屋をリフォームしてシェアハウスにしているため、とにかく費用が安いです。

良い不動産屋の見つけ方

不動産屋は、お店やスタッフによって当たりはずれが多いです。自分との相性をしっかり見極めましょう。

以下の項目で、当てはまる数が多い不動産屋は、良い不動産屋の可能性が高いです。

・初回問い合わせで来店を急かしてこない
・電話やメールの対応が丁寧
・店内がキレイに整理整頓されている
・広告に使用禁止用語を使っていない
・宅建免許を更新している
・スタッフの身だしなみが整っている
・スタッフの言葉遣いや態度が良い
・お部屋のデメリットも説明してくれる
・強引にお部屋をすすめて来ない

特に、空室状況を問い合わせても「来店していただければ教えます」のように、来店を急かしてくるような不動産屋は避けましょう。

実際は契約できないのにサイトや店頭に掲載されている「おとり物件」で、お客さんを騙そうとしているかもしれません。

そういった不動産屋は強引に営業してきたり、契約が取れればなんでもアリという考え方である可能性が高いです。

不動産業者専用のデータベース「ATBB」や「レインズ」を利用しているお店は、リアルタイムで更新される最新情報を確認できます。おとり物件が少ないので狙い目です。

マル秘イエプラバナー

そのほかお部屋探しに関するよくある質問

そのほか、お部屋探しに関するよくある質問を、「家AGENT」池袋店の店長である阿部さんに回答して頂きました。

「家AGENT」池袋店の店長:阿部さん
阿部さんのアイコン「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。お部屋探しに関して、住む場所や設備などの悩みを的確にアドバイスしています。

現場の生の声を反映しているので、是非参考にしてください。

Q.和室のアパートって選択肢に入れてもいいの?

実家が和室で慣れている、家賃の安さを最重要視している人であれば、和室のアパートでも大丈夫です。

ただし、和室のアパートは木造で出来ている建物が多いので、防音性は期待できません。

築年数が古いと建物に隙間が出来き、外から虫が入ってくる可能性もあります。女性にはあまりおすすめしません。

Q.ロフト付きのお部屋に憧れるけど実際どう?

ロフト付き物件に憧れる人は確かに多いです。メリットとデメリットをしっかり把握しておけば、快適に暮らせます。

ロフト付き物件に向いている人
・多少家賃が高くても平気
・広いお部屋に住みたい
・人を招く機会が多い
・荷物が多い
・生活スペースを分けたい
・部屋干しするスペースをつくりたい

ただし、ロフト部分は熱気がこもりやすいので、夏は暑いです。冷たい空気は下に行くので、冷房の効きも悪いです。

Q.会社近くに住みたいけどアリ?

会社の福利厚生の1つとして家賃補助が出る人は、近くに住むのはアリです。

会社の場所によっては、主要駅・駅チカなど立地が良く、家賃相場がかなり高い可能性があるからです。

電車通勤が嫌で会社近くを選びたいという人は、駅から離れた場所で探すと良いです。

Q.連帯保証人になれる親族がいない場合はどうすればいい?

連帯保証人になれる親族がいない場合は、保証会社を利用すればお部屋を借りられます。

まれに、友人や会社の上司を連帯保証人にできるのか?という質問を貰いますが、高確率で申し込みを断られます。

緊急連絡先のみであれば、友人や会社の上司でも大丈夫です。

Q.国民健康保険だと不利って本当?

国民健康保険でも、特に不利になることはないです。あくまで社会保険のほうが、審査に通りやすいだけです。

収入に対する家賃が妥当で、毎月安定した給料をもらっていれば支払い能力があるとみなされます。

Q.無職やフリーターでもお部屋を借りれる?

長年収入がないニートでなければ、無職やフリーターでもお部屋を借りれます。

転職活動のために一時的に無職になっているのであれば、前年の納税通知書や内定通知書を提出することで審査に通りやすくなります。

フリーターは、直近3ヶ月分の給料を確認されることが多いです。収入に対する家賃が妥当であれば、入居できます。

Q.費用交渉ってできるの?

入居申込前であれば、費用交渉は可能です。敷金礼金、仲介手数料、家賃など、どの費用をいくら値引いてほしいのか明確に相談してみてください。

ポイントは「値下げできたら絶対契約する」という意思を伝えることです。

不動産屋は契約しそうにないお客さんの交渉には乗ってくれません。頑張って交渉したのに契約してもらえなかったら、手間や時間が無駄になってしまうからです。

初めての一人暮らしを成功させるポイント

色鉛筆と電球マーク
初めての一人暮らしを成功させるポイントを5つ紹介します。一人暮らしが不安な人は是非参考にしてください。

・家賃はできる限り抑える
・家事を練習しておく
・貯金しておく
・家具を入れる前に害虫対策しておく
・家具や家電は必要に応じて買い足す

家賃はできる限り抑える

家賃が高いと後悔します。できる限り抑えられるお部屋にしましょう。

憧れの一人暮らしでグレードの高いマンションにしたけど、家賃の支払いがきつくなってしまったという人も多いです。

特に収入が少ない新卒などの若手の人は、安い家賃に住むことをおすすめします。

家事を練習しておく

洗濯機の使い方や掃除の仕方など、家事を実家で練習しておきましょう。ネットで調べたり、動画を見ておくとわかりやすいです。

特に料理は食費の節約に大きな影響をもたらします。カレーや炒めものなど、簡単なもので良いので習得しておきましょう。

貯金しておく

一人暮らしを始めた頃はなにかとお金がかかります。

生活費がいくら必要なのか把握しきれないことも多いので、貯金して足りなくなったときのために備えておきましょう。

余裕をもって生活費1~2ヶ月分用意できると安心です。

家具を入れる前に害虫対策しておく

虫が苦手な人は、家具を運び入れる前に「バルサン」などの、害虫対策くん煙剤を使うのがおすすめです。

家具や家電を入れる前なら、バルサンによる故障や痛みの心配がいりません。

使うときは火災報知器が誤作動を起こさないように、カバーをしておきましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
ゴキブリ対策したい人は、ゴムチューブやストッキングなどで隙間を埋めると良いです。とくに、エアコンのホースや窓、排水溝などは要注意です。

家具や家電は必要に応じて買い足す

家具や家電は一気に揃えるのではなく、必要に応じて買い足すようにしましょう。せっかく買っても使わないものもあるからです。

初日から必要なものは以下の通りです。

・ベッドと寝具
・カーテン
・冷蔵庫
・電子レンジ
・洗濯機

その他は何日か生活してみて、買うか買わないかを判断すると良いです。

話しやすい不動産屋を見つけることが大切

理想のお部屋を見つける近道は、話しやすい不動産屋を見つけることです。

チャット不動産「イエプラ」は、深夜0時まで営業しているうえ、レスポンスが早いのが特徴です。仕事が忙しい、遠方に住んでいて最寄りのお店に行けない人にとくにおすすめです。

予算や内装設備について、治安や買い物環境など住みやすさについて、審査に関する不安など、なんでも気軽に相談できます

全国の賃貸情報の8割が集約されている業者専用のデータベース「ATBB」を使って物件を紹介してくれるので、ネット上にない非公開物件も探してくれます!

一人暮らしバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について