お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【一人暮らし】ロフトの正しい使い方!実際のレイアウトや体験談も公開!

ロフトにいる女の子のイラスト

ロフトがあることで生活はどのように変わるのでしょうか?ロフト付きの一人暮らしのお部屋を中心にに解説していきます。

ロフトのメリット・デメリットが気になる人、一人暮らしでお悩みを抱えている人はぜひ参考にしてください!実際の体験談やオシャレなレイアウトも紹介していきます!

ロフトとは

間接照明
ロフトとは屋根裏部屋とほぼ同義です。古くは倉庫として利用されることが一般的でした。

冬の間は、熱がお部屋の上部に溜まる性質が注目されました。音源を設置したり寝室や作業スペースとして利用されてきた歴史があります。

時代が進むと安価で借りられる、大きな窓が高い位置にあり採光が期待できるといった理由から、制作スタジオとしての人気が出てきます。

現在でもその人気は根強く、売り出された建物に新しくロフトを増築する、工場街が再開発されて芸術家街になる、といったムーブメントも起きています。

現代では、建築基準法で天井高が1.4m以下、直下の階の天井高が2.1m以上、床面積が直下の階の2分の1未満がロフトと定められています。

マル秘イエプラバナー

一人暮らしでロフト物件に住むメリット

ロフト付きの物件に住む4つのメリットをまとめました。一人暮らしの物件探しをしている人はぜひ参考にしてください。

①生活スペースを分けられる
②収納スペースが増える
③天井が高いので解放感がある
④部屋干しができる

以下では、どのように活用すべきかを解説していきます。

①生活スペースを分けられる

ロフトへの移動はハシゴや階段を利用します。生活スペースが区切られるので、別のお部屋のように活用できます。

寝食を分ける、作業スペースを設けるなどライフスタイルに合った使いかたができます。

②収納スペースが増える

ロフトがあると床面積が増えるので、広い収納スペースを確保できます。

こたつや扇風機などの季節ものや普段使わない物、お部屋の雰囲気を壊してしまうアイテムなどを収納するのに適しています。

③天井が高いので解放感がある

ロフトの分天井が高いのでお部屋全体に開放感があります。

間取りが小さい場合でも、背の高い家具で揃えれば省スペースにまとめられます。家具の圧迫感を減らせるので、お部屋全体の雰囲気がスッキリします。

家具の高さが合えば、ハンガーラックやタンスがお部屋の雰囲気から浮くことを防げます。

④部屋干しができる

洗濯物を部屋干しする人は、専用のスペースとしても使えます。

洗濯物が目に入ると、どうしても生活感がでてしまいます。インテリアにこだわりがある人におすすめなのははもちろん、急な来客があった際は洗濯物を見られずにすみます。

一人暮らしでロフト物件に住むデメリット

ロフト付きの物件に住むデメリットを7つまとめました。入居してからでは解消できないものがあるので、ぜひ参考にしてください。

①上り下りが面倒
②荷持を持ち込むのが大変
③冷暖房が効きにくい
④家賃が高くなりやすい
⑤夏は特に暑い
⑥ロフト部分の天井が低い
⑦掃除する場所が増える

以下では、デメリットになる理由を詳しく解説していきます。

①上り下りが面倒

実際に暮らしてみるとハシゴの上り下りは意外と面倒です。

体調不良や疲労で使わなかったことをきっかけに、それ以降足が遠のいてしまった…、という経験談は珍しくありません。

②荷持を持ち込むのが大変

ハシゴは足が付く面が狭く、とても不安定です。一人でタンスや机などの家具を持ち込むのは危険です。

持ち込む荷物はあらかじめ決めておいて、引越し業者や知人友人の力を借りましょう。

③冷暖房が効きにくい

通常のお部屋と比べてロフトの分広いので、冷暖房の面でも不便に感じることがあります。

冷暖房効いて過ごしやすくなるまで時間が掛かるので、電気代が高くなってしまいます。

ロフトをあまり活用できていなかったり、収納スペースとして使っている場合は電気代がもったいないです。

④家賃が高くなりやすい

同じような間取りや立地の賃貸と比べると家賃が高くなりがちです。

家賃が変わらない場合でも駅から距離がある、間取りが特殊など問題を抱えている場合があります。

⑤夏は特に暑い

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に移動する性質があります。冬は温かく過ごすことができますが、夏の暑さには苦労するでしょう。

平屋や最上階にあるロフトは屋根に近いこともあり、とても暑くなります。

⑥ロフト部分の天井が低い

ロフトの天井は高さは1.4メートル以下と建築基準法で定められています。

背の大きい人は腰を屈める必要があって移動が窮屈です。収納として利用する場合や家具を選ぶときも、高さの制限を常に考える必要があります。

⑦掃除する場所が増える

普段のお掃除をルンバなどの自動掃除機に任せている人も、ロフト掃除は自分で行う必要があります。

掃除用具を持ち運ぶのに苦労するのはもちろん、小さな窓しか設置されていないことが多く思うように換気できないこともあります。

ロフト付き物件に住んでいる人の体験談

Twitterで見つけたロフトについてのリアルな声を紹介します。実際の体験談やレイアウトをお部屋選びの参考にしてください。

ロフトを書斎や寝室として活用している人が多く、秘密基地のような雰囲気の写真が沢山ありました。

また、思いがけない落とし穴や失敗が原因でロフトを使わなくなる人が多いようです。

ロフト付き物件に向いている人の特徴

体験談からはデメリットが多いように感じるロフト付き物件ですが、特徴を抑えれば充分に有効活用ができます。ロフト付き物件に向いている人の特徴を紹介します。

・好条件の物件を探している人
・お部屋に友人を招待したい人
・集中できる環境をつくりたい人
・ついついだらけてしまう人
・荷物が多い人

好条件の物件を探している人

駅から近い、家賃を抑えたいなど、お部屋探しで譲れない条件がある場合にロフト付き物件はオススメです。

ロフト付き物件はデメリットが印象的で敬遠する人も多くいます。好条件ながら空き部屋であることも珍しくありません。

特徴を理解して有効活用できれば普通のお部屋のように快適に暮らせます。

お部屋に友人を招待したい人

普段は快適に過ごしている部屋でも、来客があると手狭に感じてしまうものです。

一人暮らしでお部屋の広さに余裕がない場合でも、ロフトを活用して広い生活スペースを確保すればお友達や恋人ともゆったり過ごせます。

集中できる環境をつくりたい人

ロフトを書斎として使えば、集中できる環境をつくれます。

スマホやテレビなど、誘惑になるものを持ち込まないことで仕事や勉強に集中できます。

テレワークや遠隔授業などでお部屋での公私が曖昧な人は、環境で気持ちを切り替えるのがおすすめです。

ついついだらけてしまう人

目が覚めてもダラダラと過ごしてしまいがちな人にも、ロフト付き物件はおすすめです。

ロフトを寝室にして生活空間と切り離せば、より自制的でアクティブな生活ができます。

荷物が多い人

洋服や荷物、趣味や仕事の作品が多い人にもロフト付き物件はおすすめです。

ロフトを物置として活用すれば、生活空間に収納家具に置かずに済むためお部屋全体が散らからずスッキリします。

急な来客などの緊急時にも、ひとまずはキレイなお部屋を取り繕うのに活躍してくれます。

ロフト付き物件に住みたくなったら

ロフト付き物件に住みたくなったなら、チャット不動産屋「イエプラ」でお部屋を探してもらうのがおすすめです。

不動産業者だけが見られる専用のサイトからお部屋を探してくれるので、SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件の紹介もあります。

他サイトで気になったお部屋も、物件名やURLがあればまとめて紹介可能なので、複数の不動産屋に行く手間もありません。

深夜0時まで営業しているので、寝る前や移動中などのスキマ時間を活用できます。

一人暮らしバナー

ロフトを活用した実際ののレイアウト

実際にロフト付き物件で生活している人のレイアウトを紹介します。家具選びやロフトの使い方の参考にしてください。

寝室
ロフト 寝室 

出典:https://roomclip.jp/photo/h3uF

シンプルにスッキリと纏まったロフトらしい寝室です。持ち込む物を減らすと、限られたスペースでもゆったりとした雰囲気になります。

床冷えが気になる人は、すのこやマットレスを敷くと床から冷気が伝わるのを防げます。

書斎
ロフト 書斎

出典:https://roomclip.jp/photo/b7Uw

背の低いデスクやチェアーであればロフトにも持ち込めます。

ノートパソコンで作業ができる人にとっては十分な作業環境です。

趣味の部屋
ロフト 趣味の部屋

出典:https://roomclip.jp/photo/eWiU

趣味の本やフィギアなどとっておきのコレクションを持ち込めば、自分だけの部屋がつくれます。天井が低くコンパクトに纏まるので、秘密基地のような空間で趣味に没頭できます。

生活にメリハリをつけたい人におすすめです。

トレーニングルーム
ロフト トレーニングルーム

出典:https://roomclip.jp/photo/s87E

専用のマットを敷けばトレーニングルームにもなります。

太い柱が近くにある場合はチューブトレーニングもできます。

ロフトに移動すれば気分の切り替えができます。トレーニングが長続きしない人におすすめです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について