お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【賃貸】ロフトの使い方を紹介!実際のレイアウトや体験談も大公開!

ロフトにいる女の子のイラスト

ロフトの使い方に悩んでいる人向けに、実際に住んでいる人のリアルな声とおしゃれなレイアウトを紹介します!

内見時に確認することや、住んでから気がついた思わぬデメリットも解説していきます。是非お部屋選びの参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

ロフト付き物件に向いている人の特徴

ロフトとは屋根裏や天井スペースのことを指します。

賃貸では、はしごを登った先に2畳ほどのスペースがあることが多いです。

建築基準法では天井高が1.4m以下、直下の階の天井高が2.1m以上、床面積が直下の階の2分の1未満がロフトと定められています。

阿部さんのアイコン 阿部
リノベーション済みの物件やデザイナーズ物件におしゃれなロフトが増えています。最近では若いお客様にも人気です。

ロフト付き物件に向いている人の特徴をまとめました。

・広いお部屋に住みたい
・人を招く機会が多い
・荷物が多い
・生活スペースを分けたい
・部屋干しするスペースをつくりたい

以下で詳しく解説していきます。

自分にマッチする条件があれば、ぜひ検討してみてください。

広いお部屋に住みたい

ロフト付きのお部屋なら、居室の面積が同じでも安くお部屋を借りられます。

例えば、6畳の居室+2畳のロフトがあるお部屋は、8畳のお部屋より安く借りれることが多いです。

予算以内に収まる物件が見つからないない人は、ぜひ検討してみてください。

人を招く機会が多い

お友達や恋人をお部屋に招く機会が多い人にもロフト付き物件はおすすめです。

扇風機やこたつのような季節モノの家具をロフトにしまえば、1Kやワンルームのような一人暮らし用の間取りでものびのび過ごせます。

荷物が多い

洋服や荷物、趣味や仕事の作品が多い人にもロフト付き物件はおすすめです。

ロフトを物置として活用すれば、居室にラックやカラーボックスのような生活感のある収納を置かずにすみます。

急な来客があったときにも、キレイなお部屋を見せられます。

生活スペースを分けたい

ロフトは2~3畳ほどの広さがあるので、書斎や寝室としても使えます。

生活空間と切り離して別のお部屋のように使えるので、レイアウトの幅が広がります。

書斎として使うなら、あえてスマホやテレビなど誘惑になるものを持ち込まずに、仕事や勉強に集中することができます。

部屋干しするスペースをつくりたい 

洗濯物を部屋干しする人は、専用のスペースとしても使えます。

洗濯物が目に入ると、どうしても生活感がでてしまいます。インテリアにこだわりがある人におすすめなのははもちろん、友人や恋人に洗濯物を見られずにすみます。

マル秘イエプラバナー

実際にロフトを使っている人の体験談

Twitterで見つけたロフトについてのリアルな声を紹介します。実際の体験談やレイアウトをお部屋選びの参考にしてください。

ロフトを書斎や寝室として活用している人が多く、秘密基地のような雰囲気の写真が沢山ありました。

反対に、ロフトの特徴を把握せずに使い始めた人は長続きしないようです。

ロフトを有効活用するレイアウト

実際のロフトのレイアウトを紹介します。

お部屋のレイアウトやイメージつくりの参考にしてください。

シンプルで洗練された寝室
ロフト 寝室 

出典:https://roomclip.jp/photo/h3uF

シンプルにスッキリと纏まったロフトらしい寝室です。持ち込む物を減らすと、限られたスペースでもゆったりとした雰囲気になります。

床冷えが気になる人は、すのこやマットレスを敷くと床から冷気が伝わるのを防げます。

秘密基地のような書斎
ロフト 書斎

出典:https://roomclip.jp/photo/b7Uw

背の低いデスクやチェアーであればロフトにも持ち込めます。

ノートパソコンで作業ができる人にとっては十分な作業環境です。

自分だけの趣味の部屋
ロフト 趣味の部屋

出典:https://roomclip.jp/photo/eWiU

趣味の本やフィギアなどとっておきのコレクションを持ち込めば、自分だけの部屋がつくれます。天井が低くコンパクトに纏まるので、秘密基地のような空間で趣味に没頭できます。

生活にメリハリをつけたい人におすすめです。

専用トレーニングルーム
ロフト トレーニングルーム

出典:https://roomclip.jp/photo/s87E

専用のマットを敷けばトレーニングルームにもなります。

太い柱が近くにある場合はチューブトレーニングもできます。

ロフトに移動すれば気分の切り替えができます。トレーニングが長続きしない人におすすめです。

ロフト付き物件のマイナス要素

ロフト付きの物件のデメリットをまとめました。入居してからでは対処できない項目があるので、よく確認してください。

①上り下りが面倒
②荷持を持ち込むのが大変
③冷暖房が効きにくい
④夏は特に暑い
⑤掃除する場所が増える
⑥はしごの近くは何も置けない
⑦ロフト部分の天井が低い

①上り下りが面倒

実際に暮らしてみるとハシゴの上り下りは案外面倒です。

はしごの上は不安定で、少しの荷物でも持ち運ぶのに一苦労します。寝起きのぼんやりしたままでは上り下りですら危険です。

体調不良や疲れて使わなかったことをきっかけに、それ以降足が遠のいてしまった、という経験談は珍しくありません。

②荷持を持ち込むのが大変

ハシゴは足がかける面が狭く、とても不安定です。一人でタンスや机などの家具を持ち込むのは危険です。

持ち込む荷物はあらかじめ決めておいて、引越し業者や知人友人の力を借りましょう。

③冷暖房が効きにくい

通常のお部屋と比べてロフトの分広いので、冷暖房の面でも不便に感じることがあります。

冷暖房が効くまで時間が掛かるので、電気代が高くなってしまいます。

ロフトをあまり活用できていなかったり、収納スペースとして使っている場合は電気代がもったいないです。

④夏は特に暑い

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に移動する特性があります。冬は温かく過ごすことができますが、夏の暑さには苦労するでしょう。

平屋や最上階にあるロフトは屋根に近いこともあり、とても暑くなります。

⑤掃除する場所が増える

普段のお掃除をルンバなどの自動掃除機に任せている人も、ロフト掃除は自分で行う必要があります。

掃除用具を持ち運ぶのに苦労するのはもちろん、小さな窓しか設置されていないことが多く思うように換気できないこともあります。

⑥はしごの近くは何も置けない

ロフトに上り下りするはしごの近くには物を置けません。斜めに立てかけるので想像以上に場所をとります。

ロフトを使わなくなるとただの置物になるので注意してください。

⑦ロフト部分の天井が低い

ロフトの天井は高さは1.4メートル以下と建築基準法で定められています。

背の大きい人は腰を屈める必要があって移動が窮屈です。収納として利用する場合や家具を選ぶときも、高さの制限を常に考える必要があります。

ロフト付き物件の内見で注意するポイント

ロフトがある物件で、内見時にチェックするポイントをまとめました。

・コンセントの有無
・窓の有無
・実際にロフトに登ってみる
・上下の階もロフトがあるか

項目ごとに解説していきます。

阿部さんのアイコン 阿部
写真とのギャップを感じてがっかりされるお客様が多いです。ロフト付き物件を希望されるお客様には、現地での内見を強くおすすめしています。

コンセントの有無

内見時にはコンセントの有無と位置を確認してください。

お部屋の用途だけでなく、レイアウトにも関わります。書斎にする場合はPC等の充電、寝室にする場合もスマホの充電に必要です。

照明だけあってコンセントが無いつくりのお部屋もあります。注意してください。

窓の有無

ロフトに窓があるか、どの程度開閉できるかは過ごしやすさに影響します。

ロフトのような高い位置は熱がこもりやすく、普通のお部屋以上に換気が重要です。掃除をするときにも必要です。

そもそも窓があるのか、設置されていれば飾り窓でない実用的な窓なのかをよく確認してください。

実際にロフトに登ってみる

内見時には実際にロフトに上がってみて使い心地を確かめてください。

ロフトの天井高は1.4m以下と決まっています。小柄な女性でもかがまないと移動できません。

柵のデザインや入り口の開き具合も使い心地に関わります。現地で感じた直感を大事にしてください。

上下の階もロフトがあるか

内見したお部屋にロフトがあれば上下の階にもロフトがある可能性は高いです。

普通のお部屋よりも活動している距離が近いので、床や天井越しの生活音や話し声が聞こえやすくなります。

周りのお部屋の音が気になる人や、防音性能が乏しいお部屋では避けたほうが無難です。

ロフト付き物件の最適な探し方

ロフト付きの物件を探すなら部屋探しのプロの不動産屋に相談するのがおすすめです。

しかし、SUUMOやHOME’Sでの検索では、違う数の物件が表示されてしまいます。

そこでおすすめなのが、ネット不動産屋の「イエプラ」です。不動産屋だけが閲覧できる有料データベースを利用して、他の不動産屋には無いお部屋を提案してもらえます。

LINEやチャットで深夜0時まで相談できるので、沢山の物件情報から納得いくまでお部屋探しができます。

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について