お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしの家賃目安はいくら?手取り別の目安や東京で相場が低い区も紹介!

一人暮らしの家賃目安はいくら?のイメージイラスト

一人暮らしの家賃目安はいくらにすべき?「月収の3分の1」と「手取りの3分の1」はどっちが正しいの?という疑問を解決します!

収入ごとの家賃目安の一覧や、生活費をシミュレーションして家賃を逆算する方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください!

生活スタイルにあった家賃を選べるよう、実際に一人暮らしをしている人の「家賃」と「生活費」の実例も載せています!

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
チャット不動産イエプラ メディア事業部
ファイナンシャル・プランナー

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

一人暮らしの家賃目安は手取りの3分の1

一人暮らしの家賃目安は手取りの3分の1です。手取り額ごとの家賃目安を表にまとめました。

家賃目安
(管理費・共益費を含む)
手取り14万円 約46,000円
手取り15万円 約50,000円
手取り16万円 約53,000円
手取り17万円 約56,000円
手取り18万円 約60,000円
手取り19万円 約63,000円
手取り20万円 約66,000円
手取り21万円 約70,000円
手取り22万円 約73,000円
手取り23万円 約76,000円
手取り24万円 約80,000円
手取り25万円 約83,000円

「家賃目安は月収の3分の1」という意見がありますが、実際は、手取りの3分の1以内を目安にするべきです。

「手取り」とは、実際に受け取れる給与の額です。会社から支払われる給与(月収)は、年金、社会保険料、所得税、住民税が天引きされ、75~85%ほどの金額に下がります。

月収をもとに家賃を決めると、予想外に、生活費が大きく圧迫されてしまいます。

例えば、月収24万円の人の手取り額は約19万円です。「月収の3分の1」を目安に家賃8万円の物件を借りると、手元に残るのは約11万円だけなので、かなり苦しいの生活になってしまいます。

収入に合わない家賃の物件を借りてしまうと、食費や娯楽費などを削らないと一人暮らしできません。また、冠婚葬祭が続いたり、ケガや病気で大きな医療費が必要になったりすると、親を頼ることになります。

「手取りの4分の1」を目安にすると余裕のある生活が送れる

家賃目安を「手取りの4分の1」にすると、かなり生活に余裕ができます。

趣味娯楽費がたくさん必要だったり、外食メインで生活したいなど、多めにお金を使いたい人は「手取り4分の1」を目安にすると良いです。

家賃は毎月支払う固定費なので、あとから減額できません。あらかじめ「手取りの4分の1」を目安にしていれば、生活費に回せる金額が多くなります。

また、将来に備えて貯金をしたい人も「手取りの4分の1」を目安にするのがおすすめです。無理な節約をしなくても、貯金を続けられます。

生活費を抑えるなら家賃が安い物件を選ぶべき

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。

日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。

一人暮らし向けで安めのお部屋を探すなら

一人暮らし向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な一人暮らしが送れるお部屋を選べます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

イエプラで一人暮らし向けの物件を探す

生活費から逆算する家賃の計算方法

家賃を決める際には、1ヶ月の生活費から逆算する方法もおすすめです。生活費が分かれば、家賃に回せる金額も分かります。

下表は、当サイトRoochが独自に実施した「一人暮らしの生活費に関するアンケート」の回答結果から、300名の平均額を割り出したものです。

平均額
食費 27,400円
水道光熱費 9,900円
通信費
(スマホ代+ネット代)
10,200円
飲み会代 19,100円
趣味娯楽費 13,100円
日用消耗品 6,100円
保険・医療費 7,500円
その他雑費 17,200円
合計 110,500円

一人暮らしをするには、約11万円が必要なことが分かります。

自分の手取り額から11万円を引いた分の金額が、家賃に回せる上限額です。ただし、貯金をするために、さらに2万円ほどは上限額を下げたほうが良いです。

生活費から家賃を逆算する計算式
手取り額-生活費11万円-貯金額2万円=家賃目安

例えば、手取りが18万円の人は「手取り18万円-生活費11万円-貯金額2万円=家賃目安5万円」となります。

▶初期費用が安い物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

家賃と生活費の実例

実際に、東京都内で一人暮らしをしている人の「家賃」と「生活費の内訳」をご紹介します!自分の生活スタイルに近いと思う人の生活費を参考に、家賃目安を逆算してみてください。

手取り18万円のAさんは家賃5.5万円

手取り18万円のAさんは、都内で家賃5.5万円のワンルームに住んでいます。

家賃 55,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約8,000円
娯楽費・交際費 約30,000円
通信費 約8,000円
その他
(衣類・日用品など)
約25,000円
貯金額 最低20,000円
合計 約176,000円

Aさんは、1日3食すべて自炊をしていて、食費をできる限り抑えているそうです。食材は、週末に業務用スーパーで買い込む、夜遅くのセールタイムを狙うなどで節約しています。

また、会社の飲み会は月2回までに抑える、友達と遊ぶときはなるべくお金を使わない場所を選ぶなど、極力お金を使わないよう日々の節約を心がけています。

手取り20万円のBさんは家賃6.3万円

手取り20万円のBさんは、都内で家賃6.3万円の1Kに住んでいます。

家賃 63,000円
食費 約40,000円
水道光熱費 約8,000円
娯楽費・交際費 約30,000円
通信費 約8,000円
その他
(衣類・日用品など)
約30,000円
貯金額 最低20,000円
合計 約199,000円

Bさんは、平日のお昼は1食800円に収めるように外食しており、朝・夜や休日はなるべく自炊するようにしているそうです。

水道光熱費は特に意識していないそうですが、スマホは格安SIMを使い、家にいる時はWi-Fiで通信するなど節約しています。

また、少しでも迷ったら買うのをやめるなど、無駄遣いをしないよう気を付けているそうです。

手取り24万円のCさんは家賃8万円

手取り24万円のCさんは、都内で家賃8万円の1Kに住んでいます。

家賃 80,000円
食費 約40,000円
水道光熱費 約8,000円
娯楽費・交際費 約40,000円
通信費 約10,000円
その他
(衣類・日用品など)
約30,000円
貯金額 最低30,000円
合計 約238,000円

Cさんは、駅近の少し家賃が高めの物件に住む代わりに、飲み会を減らして宅飲みをする、なるべく自炊をするよう気を付けているようです。

自炊が面倒なときは、カップ麺やお弁当など、1食500~700円ほどに収まるものを買って食べているとのことでした。

娯楽費は月4万円で使わなかった分を貯めておき、時々旅行にも行っているそうです。手取り24万円もあれば、無理に節約しなくても普通に生活できます。

手取りの3分の1以上の家賃だとどうなる?

手取りの3分の1以上(33%以上)だと、毎月の生活費が圧迫される人がほとんどです。ただ、結局は生活スタイル次第なので、なかには「家賃が高くても平気」という人もいます。

手取りの3分の1以上のお部屋に住んでいる人の生の声を紹介するので、自分だとどういう生活になるのかイメージしてみてください。

手取り18万円/家賃7.6万円(約42%)
困り顔の女性のアイコン

未成年の一人暮らしなので、親がセキュリティの高い部屋じゃないとダメ!というので、手取りの4割ほどのオートロックつきの部屋に住んでいます。親が多少家賃を負担してくれてますが、正直キツいです。毎日が節約で、ろくに遊べない。給料日前の月末は、マックとか吉野家で外食するか、モヤシの大量買いで調整しています。(10代後半/女性)

手取り15万円/家賃7万円(約46%)
困り顔の男性のアイコン手取りの半分近くの物件に住んでいます。新築でキレイだし、風呂とトイレが別、収納も多いなど設備がかなり良く気に入りました。ただ、仕事で疲れて帰ると、シャワーして寝るだけなので、正直もったいなかったです。幸い、お金のかかる趣味じゃないので、生活費はギリギリ何とかなっています。(20代前半/男性)
手取り22万円/家賃10万円(約45%)
女性のアイコン半在宅の仕事なので、思い切って手取りの半分弱のお部屋にしました。日当たりが良く、日中は電気いらずなので電気代節約につながっています。室内にいる時間が長いので、家賃より日当たりや設備を重視してよかったです!(30代前半/女性)
手取り20万円/家賃7.8万円(約39%)
困り顔の女性のアイコン手取りの4割ほどの部屋だと、内装が広くて快適なんですけど、風邪ひいたときとか、友達の結婚式の時とか急な出費の時に困ります。その時だけ、食事代を削ったり、洋服買うのをやめたりしなきゃいけないので、もうちょっと安い部屋にすればよかったと後悔しています。(20代前半/女性)
手取り21万円/家賃10万円(約47%)
男性のアイコン朝の満員電車が苦痛で、奮発して会社側の家賃が高い部屋に引っ越ししました!たぶん、手取りの半分弱ですかね。おかげで、朝ギリギリまで寝ていられるし、満員電車のストレスから解放されました!(男性/20代)

家賃が高くても満足している人は、家賃に見合ったプラス要素がある人のようです。

「在宅時間が長いから快適なお部屋に住みたい」「満員電車に乗りたくないから会社のそばに住みたい」といった理由がある人は、少し家賃の高い物件でもいいかもしれません。

反対に、ゆとりのある生活を送りたい人、貯金したい人は、家賃が「手取りの3分の1」を超えると後悔してしまいます。

自分の生活スタイルにあった家賃の物件を選ぶようにしましょう。

家賃が安いお部屋を見つけるための4つコツ

家賃が安いお部屋を見つけるためのコツは、主に以下の4点です。

①駅徒歩15分以上の物件を選ぶ
②築年数を気にしない
③マンションではなくアパートにする
④希望条件は3つほどに絞る

それぞれのコツについて、解説していきます。

①駅徒歩15分以上の物件を選ぶ

駅徒歩15分ほどの距離でお部屋を探せば、駅徒歩5分ほどのお部屋よりも家賃が5千円ほど安いです。

ただ、駅徒歩15分の距離は約1.2kmです。通勤・通学で毎日駅まで歩くと、疲れる人もいます。

どうしても15分はキツいという人は、自転車を購入するか、駅徒歩10分の物件を狙ってみてください。

②築年数を気にしない

築年数が古い物件でもお部屋の中はリフォームされていてキレイな場合があるので、築年数に拘らずお部屋を探したほうが良いです。

ただ、新築や築浅の物件より建物自体が老朽化しているので、家賃が安めに設定されています。

耐震が気になる人でも1981年以降に建設された物件であれば、震度5程度の地震でも倒壊しないので神経質になる必要はありません。

③マンションではなくアパートにする

家賃を抑えたい人はマンションではなく、アパートタイプのお部屋を選びましょう。

アパートは、木造や鉄骨造という建設コストが低めの構造で作られているので、家賃がマンションより低めに設定されています。

また、共有部分が廊下と階段しかないので、管理費・共益費が安いです。

④希望条件は3つほどに絞る

駅徒歩・築年数・室内洗濯機置き場・フローリング・バストイレ別・独立洗面台つきなど、条件をこだわりすぎると家賃が高くなるので、3つほどに絞りましょう。

条件が少なければ、不動産屋から紹介されるお部屋の数も増えます。家賃が安い物件のなかで、お部屋を吟味できるのでおすすめです。

なかでも、おすすめの希望条件は「駅徒歩15分以内」「室内洗濯機置き場」「エアコン付き」の3点です。

ちなみに「バストイレ別」を条件から外すと、家賃が5,000円ほど安くなります。

東京23区で家賃相場が低い5つの区

東京23区の一人暮らし向け間取りである、ワンルーム・1K・1DKの平均家賃相場が低い区を5つ紹介します。

家賃相場の安いエリアを探している人は、以下の区を物件選びの候補にしてください。

葛飾区 約6.8万円
江戸川区 約6.8万円
足立区 約7.0万円
板橋区 約7.7万円
練馬区 約7.4万円

※2020年7月の平均データ

葛飾区は、昭和初期の雰囲気が残る昔ながらの下町です。古くからの商店街や個人商店が多いので、物価自体が安いです。

江戸川区は、緑が多く、住みやすい街として人気が出てきています。再開発が進んでいる区なので、駅周辺の街並みがキレイな場所が多いです。

足立区は、治安が悪いことで有名ですが、一部のエリアを除けば落ち着いた下町の住宅街ばかりなので、静かに暮らせます。

板橋区は、23区内で1番地盤が強いエリアと言われているので、地震などの自然災害が起きても液状化や地割れなどの被害が少ないです。

練馬区は、東京23区なのに畑がたくさんあって田舎のような雰囲気があります。区内に繁華街や歓楽街がなく、静かで暮らしやすいです。

▶23区内の家賃が安い穴場な街10選はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識