一人暮らしするべきなのはなぜ?どんなスキルが身につくの?

一人暮らしの知識

早川

この記事の監修:早川
「イエプラ」営業担当

この記事の監修:早川
「イエプラ」営業担当

畳の上の洗濯物

一人暮らしするべきなのはなぜ?という疑問を解決します!一人暮らしをすることで身につくスキルについて説明し、実際に一人暮らしをしている人の体験談を紹介します。一人暮らしの9つのメリットや、必要な毎月の生活費も解説します!

自活能力を身に着けるためにも一人暮らしはするべき

料理する女性
日々の支出を管理する金銭感覚、炊事や洗濯、掃除などの家事能力が身につくことで自活できるようになるため、一人暮らしはするべきです。

一人暮らしをすると、ほかにも、住民票の異動やライフラインの手続きなどの、公的な手続きにも慣れます。

また、仕事や趣味を最大限に楽しめる、恋愛や結婚相手を作りやすいなどのメリットもあります。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

一人暮らしをするとスキルが身につく

色鉛筆と描かれた電球
一人暮らしをすると、主に以下の5つのスキルが身につきます。

①お金の管理能力
②炊事
③掃除
④洗濯
⑤公的な手続きに慣れる

以下では、それぞれのスキルについて解説していきます。当サイトRoochが実施した、一人暮らしをしている人へのインタビューの回答も合わせて載せているので、参考にしてください。

①お金の管理能力

一人暮らしをすることで身につく、もっとも重要なスキルは、お金の管理能力です。

一人暮らしでは、自分の給料のなかから家賃や水道光熱費などを支払う必要があるので、自然と、毎月の支出を管理できるようになります。

結婚などで、一人暮らしをせずに実家を出ると、お金の管理能力が身についておらず、無駄遣いして相手を困らせる危険があります。

一人暮らしを始めて無駄遣いが減った
女性のアイコン実家にいたころは、コンビニとかマックによく寄っていたんですが、一人暮らしを始めてからは全然行かなくなりました!ふだん無駄遣いをしていると、趣味にあてるお金がまったく残らないからです!(女性/20代)
支払い用と貯金用の口座を作った
男性のアイコン家賃、水道光熱費、クレジットカードの支払いなどに使う用と、貯金用の口座を作っています。毎月かかる費用がだいたい分かっているので、給料をもらったら、すぐに口座間で振り分けています。(男性/20代)

②炊事

一人分の鍋料理
一人暮らしをしている人の多くが、炊事能力を身に着けています。自炊を心がければ、毎月の食費を大幅に節約できるからです。

「必ず全員が自炊できるようになる」というわけではないですが、実家暮らしよりも、一人暮らしのほうが料理できる人は多いです。

料理をする手間がかかるので、実家暮らしよりは面倒ですが、自炊能力は長い人生において、とても役立つスキルです。多くの場合、結婚相手を選ぶ判断基準にもなります。

自分の好きなものを食べられる
男性のアイコン実家にいたときと違って、自分の好きなものを食べられるのが嬉しいです。凝り性なので、スパイスからカレーを作ったりしています。こだわりの食材を通販で買ったりも。楽しいですよ。(男性/20代)
毎日お弁当を作っています
女性のアイコン毎日、お弁当を作って職場に持っていっています。作り置きのおかずがメインですが、おかげで、1ヶ月の食費は1~2万円に抑えられていますね。別に、貧相な食事をしているわけではないので、栄養面で問題はないです。(女性/30代)

③掃除

一人暮らしの場合、ほかに掃除をやってくれる人がいないので、自然と掃除が習慣化します。

頻度は人によりけりですが「週末には必ず掃除機をかける」「お風呂の前にクイックルワイパーをかける」など、部屋を綺麗に保つ意識が身につきます。

また、実家暮らしと違ってゴミ出しを自分でするため、生ごみの処理の仕方なども覚えます。

一人暮らしを始めてからキレイ好きになった
女性のアイコン実家にいたころは散らかし放題にしていたんですが、一人暮らしを始めてからは、掃除好きになりました。新築のキレイな物件を借りたので、汚したままにするのが嫌なんですよね。(女性/20代)
虫が湧く危険性を学んだ
男性のアイコン初めて夏を迎えたとき、洗い物を貯めていたシンクに大量の虫が湧いてしまい、大急ぎで対処しました!あんな体験は、もうこりごりなので、いまは食器をためないようにしています。(男性/20代)

④洗濯

物干しざおにかかった洗濯物
洗濯は、一人暮らしを始めると、ほとんど必ず習慣になる家事です。定期的に洗濯しないと、着ていく服がなくなるからです。

洗濯機があるので「簡単」と思われがちですが、一人暮らしを始めたばかりのころは、すべての衣類を一度に洗ってしまい、縮んだり、色移りしたりと失敗することが多いです。

段々と、タグの見方や、クリーニング店の使い方なども学べます。

ネットで調べまくりました
女性のアイコン一人暮らしを始めたときには、服についているタグの意味について、めちゃくちゃ調べました。洋服買うのが好きなんですが、洗濯はいつも母親に任せっぱなしだったので…。初めのうちは何着かダメにしてしまいましたが、もう間違うことはないですね。(女性/20代)
クリーニングの上手い使い方を学んだ
男性のアイコン家で洗濯できないものがあるとき、会社の行き帰りでクリーニング店に寄ることを学びました。初めて使うときは、持っていったらすぐに終わるものだと思っていたので、2、3日かかると言われてびっくりしましたね。(男性/20代)

⑤公的な手続きに慣れる

引っ越しのときに必要な住民票の転出・転入届や、電気・水道・ガスなどのライフラインの手続きなどは、実家を出ることで初めて経験します。

それぞれの窓口にどのような連絡が必要なのか、実際に経験することで、社会に出てからも戸惑う心配がなくなります。

世帯主が自分になったことで自立を実感
男性のアイコン住民票の異動の手続きをしたときに、新居での世帯主が自分自身になっているのを見て、なんとなく「自立」っていう実感が湧いてきました。これからは自分の責任で生活していくんだな、だれにも迷惑はかけられないんだ、と思ったのを覚えています。(男性/30代)
トラブルになっても慌てなくなった
女性のアイコン水道とかネットの手続きを自分でやったので、ライフラインの問題が起きたときも、慌てずに対応できるようになりました。このあいだもネットが繋がらないトラブルがあったんですが、ちゃんと解決してもらえましたし。実家にいたころの自分だと、オロオロしていそうです(笑)(女性/20代)

一人暮らしで得られる9つのメリット

ポイントの文字を指さす手
生活能力が身につく以外にも、一人暮らしには以下の9つのメリットがあります。

・親から行動を制限されない
・人に気を使わなくていい
・友人や恋人を呼びやすい
・趣味や仕事に没頭できる
・自分の好きな食事がとれる
・好きな街に住める
・部屋を自分好みにコーディネートできる
・親のありがたみが分かる
・恋愛や結婚に有利になる

以下では、それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

親から行動を制限されない

一人暮らしの大きなメリットは、実家暮らしと違って、親から行動を制限されたり、干渉されないことです。

遅い時間まで外出していたり、休日に2度寝をしたりしても、怒られる心配もありません。

人に気を使わなくていい

一人暮らしは、実家暮らしと違って、一緒に住んでいる人に気を使わなくていいです。

トイレやお風呂のタイミング、テレビのチャンネル、友人や恋人との長電話など、自分の自由にできます。

友人や恋人を呼びやすい

一人暮らしには、友人や恋人を招きやすいというメリットもあります。次の日が休みなら、泊めることもできます。

実家暮らしだと、親や兄弟の目があるので、とくに、恋人は招きにくいです。家でだらだらと過ごすことができないのは、デートの内容決めにとって大きなデメリットです。

趣味や仕事に没頭できる

カメラを持った女性
趣味や仕事に没頭できるのも、一人暮らしの大きなメリットです。自分のペースで生活できるので、家族に邪魔される心配がないです。

好きな音楽をずっとかけていたり、映画を流しながら作業したりすることもできます。

また、カメラや楽器、オーディオ機器など、値段の高いものを買ったとしても、見とがめられることはないです。

自分の好きな食事がとれる

毎食、何を食べるのか自分自身で決めるため、一人暮らしには「自分の好きなものを食べられる」というメリットがあります。

ずっと同じものを食べる偏食は健康に悪いですが、きちんと野菜を摂ることを意識すれば、体調を崩すリスクはかなり低いです。

また、自分で料理を作るようにすれば、食費の節約にもなります。

好きな街に住める

お部屋探しの際に、自分の好きな街の物件を選べるのも大きな利点です。

あこがれの街に住んだり、通勤や通学に便利なところを選んだりできます。会社や大学のある街の物件を借りれば、徒歩で行けるので、ラッシュの電車に乗らずに済みます。

お部屋を自分好みにコーディネートできる

観葉植物
入居したお部屋を自分の好みにコーディネートできるのも、一人暮らしのメリットです。

観葉植物や間接照明など、凝ったインテリアに取り組んでも、誰からも文句はありません。

実家にいたころは恥ずかしくて貼れなかったパスターやフィギュアも飾れます。

親のありがたみが分かる

一人暮らしを始めると、親のありがたみが分かります。

なにも言わないでも、毎日、料理を作ってくれたり、洗濯や掃除をやってくれるのは、親だけです。一人暮らしを始めると、家事はすべて自分1人でしなくてはなりません。

風邪を引いたり、ケガを負ったときに、看病をしてくれる人がいないと、とくに親のありがたみを強く感じるでしょう。親を大切にしようと考えられるようになります。

恋愛や結婚に有利になる

一般的に、実家暮らしよりも一人暮らしの人のほうが、恋愛や結婚に有利です。

実家暮らしは自宅に相手を呼べないうえ、遅い時間まで外出するのが難しいからです。

どんな相手と、どういう付き合い方をするのかにもよりますが、恋愛や結婚をしたいと焦っている人は、一人暮らしを検討したほうが良いかもしれません。

一人暮らしにかかる生活費は約15.8万円

家の置物とお金
一人暮らしをした場合、毎月の生活費として約15.8万円が必要です。

会社からの給与は全額もらえるわけではないので、額面20万円ほどはあったほうが良いです。

また、下表は、一人暮らしと実家暮らしで、必要なお金がどのくらい違うのかを比べたものです。

一人暮らし 実家暮らし
家賃 約75,000円 約0円
食費 約27,000円 約10,000円
水道光熱費 約8,000円 約0円
通信費 約10,000円 約7,000円
飲み会代・デート代 約19,000円 約19,000円
趣味・娯楽費 約13,000円 約13,000円
日用品・消耗品購入費 約6,000円 約6,000円
合計 約158,000円 約55,000円

一人暮らしの生活費の約15.8万円に比べ、実家暮らしは約5.5万円なので、3分の1ほど安いことが分かります。実家に3万円入れたとしても1ヶ月8.8万円で済むため、一人暮らしの半額です。

給与が額面20万円(手取り約16万円)よりも低かったり、貯金を優先したい場合は、お金に余裕がないので、実家暮らしのままのほうが良いです。

結婚の予定があるなら実家暮らしのままで貯金を優先するべき

恋人がいて、すでに結婚の予定がある場合は、無理に一人暮らしをするべきではありません。

一人暮らしを経験することで得られるスキルよりも、少しでも多く貯金をすることを優先するべきだからです。

結婚して、子どもが産まれると、貯金は出ていく一方です。産後すぐにフルタイムの仕事に復帰するのは難しいので、結婚前に、少しでも多く貯金を貯めておきましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

12月のイメージ写真
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly