お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

無職でも一人暮らししたい!賃貸契約はできるの?

無職でも一人暮らしができるのか?のイメージイラスト

一人暮らしは無職でも始められるのか、一人暮らしにかかる費用の一例を交えて解説します。また、一人暮らししてる途中で無職になった場合に覚えておきたいことも紹介します。

無職でも一人暮らしできる可能性がある

無職の場合でも、一人暮らしできる可能性はあります。以下の4項目は無職の人が賃貸契約を結びやすい方法で、どれか1つでも可能なら、契約できる可能性は高いです。

①保護者が契約者になる
②収入が安定している連帯保証人を立てる
③就活状況を不動産会社や大家さんに伝える
④預貯金審査をしてもらう

①保護者が契約者になる

入居する本人が契約者になるのが一般的ですが、無職の場合入居審査の基準を満たしていないので契約者になるのは難しいです。

その場合、収入がある保護者に部屋の契約者になってもらえば、ほとんどの審査に通ります。実際に住む人が契約者である必要はありません。

下宿する学生が、親を契約者として賃貸契約する際によく使われる方法です。

②収入が安定している連帯保証人を立てる

入居者が無職の場合は、連帯保証人に誰を立てるかが重要です。

連帯保証人は、入居者が家賃を払えなくなったときに代わりに返済の義務を負わなければなりません。ですので、収入が安定している人を立てる必要があります。

賃貸物件の中には、連帯保証人の代わりに保証会社を利用できる物件もあるので、不動産屋に相談してみましょう。

③就活状況を不動産会社や大家さんに伝える

無職でも就職活動の状況をきちんと説明すれば審査が通りやすくなる可能性があります。

また、内定が出ている場合は、内定通知書を提出すれば審査が通りやすいです。現在収入がなくても、今後は収入が見込めることを証明できれば、大家さんに安心してもらいやすいからです。

新しい就職先から内定通知書、または採用通知書を作成してもらい、入居審査の際に提出しましょう。前年度の納税証明書も合わせて提出すると、より審査が通る可能性が高くなります。

④預貯金額で審査してもらう

預貯金審査とは、通帳の写しを提出して、貯金残高で審査を受けることです。基準が厳しく、申し込むお部屋の家賃の1~2年分くらいの貯金が必要ですが、貯金額が基準に達していた場合、無職でも審査に通りやすいです。

例えば、家賃6万円の場合だと、約72~168万円くらい貯金があれば審査に通る可能性が高いです。求められる貯金額は、大家さんの意向によって違うので、不動産屋に確認しましょう。

▶一人暮らし向けの未公開物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

無職でも契約しやすい物件がある!

無職の人でも契約しやすい物件として「シェアハウス」「マンスリーマンション」「UR賃貸」が挙げられます。

シェアハウス

シェアハウスは、収入より「共同生活でトラブルが起きないか」を重視します。そのため、無職の人でもシェアハウスの入居審査に通りやすいです。

ちなみにシェアハウスの初期費用は約10万円で、家賃相場は4~5万円ほどです。

さらに費用を抑えたいという人は、初期費用が「一律3万円」のクロスハウスがおすすめです!空き部屋をリフォームしてシェアハウスにしているため、とにかく費用が安いです。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です。

▶クロスハウスのシェアハウスを見る

マンスリーマンション

マンスリーマンションは、最短1ヶ月から契約できるマンションです。契約時に家賃などの費用を一括で前払いするので、貯金があれば無職の人でも借りられます。

必要な費用は、普通の賃貸の預貯金審査よりも低額で良い場合がほとんどです。

UR賃貸

UR賃貸では「一時払い制度」という制度を利用することで、無職の場合でも賃貸契約ができます。「一時払い制度」とは、契約時に1年以上分の家賃を一括で前払いすることです。

「一時払い制度」を利用すると、収入証明書類の提出が免除になる、収入に関係なく契約できる、割引などのメリットがあります。

ただ、政府が運営する賃貸のため、件数が少なく、選べるお部屋は少ないというデメリットがあります。

▶無職でも賃貸契約する方法の詳しい解説はこちら

一人暮らしをしていて無職になったら?

無職になったらすぐに退去しないとダメなのか、契約更新はできないのかなど不安に思う人が多いですが、無職になったとしてもすぐに退去を命じられることはありません。

家賃が支払えるなら契約更新もできる場合がほとんどです。ただ、家賃の滞納が続くと住み続けるのは難しいです。

すぐに実家に戻れる場合は家を引き払って引っ越しすることもできますが、様々な理由があって戻れない人は、無理してでも一人暮らしを続ける必要があります。

無職になったとき、以下の3つの制度を利用できる可能性がありますので確認してみてください。

国民健康保険料の減額対象か確認する

人員削減による解雇や、残業過多などの正当な理由で退職した場合は、国民健康保険料が減額されます。

国民年金の場合は、本人の前年所得が一定以下なら、保険料が免除になることがあるので、一度確認してみてください。

失業給付金の需給対象か確認する

会社都合退職の場合は、退職後ハローワークで手続きしてから7日後に初月分の失業給付金を受け取ることができますので速やかに確認することをおすすめします。

失業給付金を受け取ることができれば、家賃を払える可能性が高いです。

家賃補助制度の対象か確認する

市区町村によっては家賃補助制度を実施している場合があります。もし無職になって、家賃を払えなくなってしまったら一度役所に相談してみるのもよいかもしれません。

無職で貯金が無い場合は生活が厳しい

電卓とペン
一人暮らしは無職の人でもできますが、貯金がなければ毎月の生活費のやり繰りができません。

十分な貯金がないと自由な生活ができませんし、家賃や税金の滞納に繋がり厳しい生活が続く可能性が高いからです。

転職で一時的に無職になる場合は、収入があるうちに生活費を貯めておきましょう。転職活動中は毎月の生活費や税金などの他に、面接に行くための交通費などで意外と出費がかさみます。

一人暮らしにかかる費用の例

以下で毎月の生活費が最低どれくらいかかるのか、家賃4万円の場合を例に紹介します。

家賃 40,000円
食費 約20,000円
水道光熱費 約7,000円
娯楽費・交際費 約10,000円
通信費 約6,000円
保険料・税金 約30,000円
その他(日用消耗品等)購入費 約10,000円
合計 約123,000円

家賃4万円のお部屋に住んでいる場合、毎月最低でも約122,000円の出費があります。

前年度に働いていた場合は、所得に応じて住民税や国民健康保険料の支払いが必要です。住民税は未納が続くと差し押さえが発生するので、特に注意が必要です。

仮に、半年間無収入の状態で一人暮らしを続けるとしたら、最低でも約700,000円の貯金がないと生活できません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識