お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしに絶対必要なものって?チェックリストや買う時の注意点を大公開!

考え事をしている女性のイラスト

一人暮らしする予定だけど、必要なものって何?と疑問に思っている方必見です!

この記事を読めば、引っ越しまでに必ず用意すべきもの・あったら便利なものが分かります。

買う時の注意点や、購入費用を抑える方法も紹介するので、これから一人暮らしする人はぜひ参考にして下さい!

一人暮らしに最低限必要なものリスト

一人暮らしに最低限必要なものをリストにまとめました。以下の物を、引っ越し日までに準備しておきましょう。

冷蔵庫やベッドなどの大きいものは、引っ越し当日に届くよう手配しておくべきです。

ベッド・寝具 ベッドまたは布団だけでなく、布団(マットレス)・掛け布団・シーツ・枕も必要です。ベッドはシングルサイズがおすすめです。
カーテン 引っ越し当日に付けられるよう事前にサイズを図って用意しておきましょう。カーテンが無いと室内が外から丸見えです。
冷蔵庫 自炊する人もコンビニで買う人も、食料を保存するための冷蔵庫は必須です。自炊するなら250Lがおすすめですが、あまり自炊しないなら100L~150Lで十分です。
電子レンジ 電子レンジは、解凍したりお弁当やレトルト食品を温めるのに使います。使用頻度が高いため、早めに準備しておきましょう。
洗濯機 一人暮らし用の洗濯機は脱水容量が5~6kgのモデルが人気です。また、洗濯機置き場は60×80センチくらいの大きさが一般的です。
テーブル 食事用にテーブルは1つあった方が良いです。お部屋が狭い場合、折りたたみ式がおすすめです。
調理器具や食器 フライパンなどの調理器具や、お皿やお箸などの食器類は、最低でも1人分用意しておきましょう。特に自炊する人は必須です。
物干し竿・ハンガー・
洗濯ばさみ
洗濯物を干す時に必要です。ハンガーは、一人暮らしなら10本ほどあれば足ります。
洗濯洗剤・柔軟剤 衣類用洗剤は最低限用意しておきましょう。柔軟剤や漂白剤があるとよりキレイに洗えます。デリケートな生地の服は洗濯ネットがあると傷みにくいです。
トイレ・お風呂の
掃除用品
トイレやお風呂の掃除に使うブラシ・洗剤等は早めに揃えましょう。特にトイレの便器周りは汚れが貯まりやすく、毎日掃除すべき場所です。
トイレットペーパー 引っ越し初日からトイレは使います。ティッシュの代わりにもなるので、トイレットペーパーは必ず用意しておきましょう。
歯磨き用品 歯ブラシや歯磨き粉も必要です。歯ブラシを置くスタンドやコップがない場合は、合わせて購入しておきましょう。
アメニティ 引っ越し作業で体が汚れます。シャンプー・リンス・ボディソープ・洗顔フォームなどは用意しておきましょう。
バスタオル・
フェイスタオル
お風呂上りに使うバスタオルや、ちょっとした汚れを拭くタオルなどは複数枚用意しておきましょう。
衣類・履物・鞄など 引っ越し後すぐに使うので、搬入次第優先的に荷ほどきすべきです。必要に応じて収納ケースも買うと良いです。
スマホの充電器 引っ越し当日は、調べものをしたり業者と電話をしたりと頻繁にスマホを使います。意外とすぐ充電がなくなるので引っ越し初日も持っておきましょう。
ゴミ袋 引っ越し作業ではゴミが出るので必須です。地域ごとに指定の袋や分別ルールが異なるので、入居前に不動産屋に確認しておきましょう。
エアコン
(備え付けがない場合)
エアコンが備え付けられてない場合は用意すべきです。なお、取り付けには大家さんの了承が必要です。事前に不動産屋に確認しましょう。

家具家電は一気に買い揃えない

家具家電は一気に買い揃えず、必要に応じて購入しましょう。全てまとめて購入すると、かなりの出費になります。

ベッドや冷蔵庫など入居当日から必要なもの以外は、必要になった時に買い足せば無駄がなくなります。

「なんとなく使いそう」と思う程度の家具家電は、買わない方が良いです。結局使わず、スペースを圧迫するだけになりがちです。

マル秘イエプラバナー

一人暮らしにあると便利なものリスト

一人暮らしする上で「必須ではないがあると便利なもの」をまとめました。

自分には必要なのかどうか考えながら、チェックしてください。

テレビ・テレビ台 テレビをよく見る人は必要です。床に直接置くと騒音になるため、テレビ台も必ず購入しましょう。
座椅子・ソファー 一人暮らしの場合は基本的に床で生活することが多いです。座椅子やクッションがあると快適に過ごせます。
ドライヤー 自然乾燥は嫌だという人はドライヤーを買いましょう。音が響くのが不安なら、風量調節機能があるものがオススメです。
炊飯器 お米をよく食べる人は炊飯器を買いましょう。3合炊たきタイプなら、お茶碗5杯分は炊けます。
コンロ
(備え付けがない場合)
築年数が古い物件はコンロが無い事が多いです。無い場合、キッチンのサイズに応じたコンロを購入しましょう。自炊しない人は後回しでも良いです。
電子ケトル コーヒーやカップ麺をよく食べる人には電気ケトルがおすすめです。やかんやポットより早くお湯を沸かせます。
収納棚・衣装ケース 物件の収納スペースに合わせて、収納棚があると便利です。ベッド下のすき間に入るタイプやテレビ台代わりになるものも、邪魔にならずおすすめです。
ゴミ箱 ゴミ袋だけだと、臭いが漏れたりゴミがこぼれたり何かと不便です。分別できるタイプのゴミ箱があれば、臭いも気になりません。
バスマット バスマットがないと、お風呂上がりに床がビシャビシャになります。珪藻土バスマットなら洗う必要もなく、すぐに乾くので衛生的です。
延長コード お部屋内のコンセントの数は限られているため、延長コードがあると便利です。電源タップ付きのものなら、節電もしやすいです。
時計 掛け時計で時間を見たい人やインテリアとして飾りたい人などは、自分で好きな時計を用意しましょう。スマホで時刻を確認する人は不要です。

女性の一人暮らしであったほうが良いもの

女性が一人暮らしする際にあると便利なものをまとめました。コテや防犯グッズなど、必要に応じて購入してください。

ヘアアイロン・コテ ヘアセットで必要な人は、忘れずに準備しましょう。
防犯グッズ 女性の一人暮らしは防犯面に気をつけるべきです。ドアの覗き穴用の目隠しカバーや、窓に貼るフィルムシートがあると安心です。
化粧鏡・全身鏡 お化粧する時やコーディネートをチェックする時に、鏡があると便利です。壁に付けるタイプの全身鏡は場所を取らないためおすすめです。
シャワーラック トリートメントやスポンジを浴室に置きたい場合、あると便利です。ヌメリや汚れを防止できる上、お風呂掃除もラクになります。
サニタリーボックス 生理用品を捨てる用のサニタリーボックスはあった方が良いです。掃除する際に邪魔で気になる人は、百均の紙袋で代用しましょう。

必要なものを買うときの注意点

一人暮らしに向けて家具や家電などを準備する際は、以下の4点に注意しましょう。

・内見時にお部屋の採寸をしておくべき
・通販ではなく実店舗で品物を見るべき
・あまりにも安い家電は避ける
・ブランドにこだわり過ぎない

内見時にお部屋の採寸をしておくべき

お部屋を内見する際は、必ずメジャーを持って行ってお部屋の採寸をしましょう。家具家電が大きすぎてお部屋に置けないという失敗を防げます。

また、ある程度お部屋の広さが数値で分かっていれば、レイアウトを考えやすいです。

測っておくべき場所 測る項目
玄関 高さ・横幅
くつ箱 高さ・横幅・奥行き
リビングルーム 広さ
クローゼット 高さ・横幅・奥行き
カーテンレール 長さ・床までの高さ
冷蔵庫を置くスペース 横幅・奥行き
洗濯機を置くスペース 横幅・奥行き

冷蔵庫のような大きな家具家電は、玄関が狭いと搬入できない可能性があります。必ず玄関の幅も図っておきましょう。

通販ではなく実店舗で品物を見るべき

家具や家電はなるべく通販で買わず、お店で実物を見て買いましょう。店員さんに相談できる上、実際の使用感が分かりやすいです。

また、不良品の返品交換もスムーズです。ネット通販だと、対応に時間がかかる可能性があります。

あまりにも安い家電は避ける

相場の値段とかけ離れて安い家電は避けましょう。あまりにも安い製品は、すぐに壊れてしまう可能性が高いです。

壊れると修理に出したり買いなおす必要があり、余計な出費がかかります。

家電を選ぶ時は、ネット上であらかじめ相場の値段を調べましょう。家電量販店で店員さんに相談するのも手です。

ブランドにこだわり過ぎない

家具家電を購入する際は、高価なブランドものにこだわり過ぎないようにしましょう。全てをブランドもので揃えると、かなりの出費になります。

どうしても好きなブランドの家具家電を買いたい場合は、一番利用頻度の多いもの1点のみに留めましょう。

また、デザイン性に優れているからと言って機能性が悪いと不便です。家具家電としてちゃんと使えるかどうかもチェックしましょう。

費用を抑えて必要なものを揃える方法

初めての一人暮らしで、必要なものを全て買い揃えるとなるとかなりの出費になります。

費用を抑える5つの方法を紹介するので、金銭面に不安がある人は参考にしてください。

・使えるものは実家から持ち込む
・新生活応援セットで家電を買う
・小物は100円ショップで揃える
・友人や親戚から譲ってもらう
・ディスカウントストアで買う

使えるものは実家から持ち込む

新しく購入せず、実家で使っていた家具家電を持ち込めば、その分の費用が浮きます。

例えばベッド・テーブル・タンスを持ち込んだ場合、約3万円も浮きます。

なお、お部屋のサイズや玄関の幅によっては搬入・設置できない場合があるので注意です。事前に採寸して、持ち込んでも問題ないかチェックしましょう。

新生活応援セットで家電を買う

引っ越しシーズンの1月~4月に販売されている「新生活応援セット」を買えば、約4千~5千円安く家電を揃えられます。

例えば、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジの3点で4万円前後のセットや、照明・電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機・掃除機の6点で7万円前後などがあります。

浮いた4千~5千円で他の家電を購入できるので、自分に必要なセットを選びましょう。

小物は100円ショップで揃える

キッチン周りの小物のイラスト
食器や調理器具、消耗品の掃除用スポンジやポリ袋などの小物を揃える場合は、100円ショップがおすすめです。

ホームセンターや雑貨屋では200~300円するものも、全て100円で買うことができます。

友人や親戚から譲ってもらう

もし友人や親戚が不要な家具家電を持っている場合、譲ってもらえればその分の購入費用が浮きます。

譲ってもらった際は、菓子折りなどでお礼するのを忘れないようにしましょう。

ディスカウントストアで買う

ディスカウントショップで中古品を購入すれば、費用を抑えられます。特にベッドやチェスト、本棚などの家具は中古でも使えるものが多いので狙い目です。

購入する際は、使用感や家電の製造年数を確認しましょう。古い物を購入すると、すぐ壊れるので要注意です。

また、どうしても他人が使ったものには抵抗がある人・潔癖症な人にはおすすめしません。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識