お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしに必要なものリスト|必需品を安く買う方法と注意点とは?

考え事をしている女性のイラスト

一人暮らしに必要なものをリストにまとめました!どんなものが必需品で、どんなタイミングで必要になるのか、分かりやすく解説しています。必要なものを買うときの注意点、費用を抑えて物を揃える方法なども解説しています。

一人暮らしに必要なもの一覧

一人暮らしに必要なものを、準備するべきタイミングごとにまとめました。下記にチェック項目があるので、引っ越し準備の際にご活用ください。

引っ越し当日までに必要なもの

段ボールを持つ女性
引っ越し当日までに準備すべき家具・家電をは以下の通りです。

引っ越し当日に荷物が届くという人は、初日から使えるよう1つにまとめて梱包しておくと良いです。当日に荷物が届かない場合は、新居の近くで買うか手荷物と一緒に持っていきましょう。

ベッド 収納付きのシングルベッドがおすすめです。敷き布団(マットレス)・掛け布団・シーツ・枕は最低限用意しましょう。
カーテン カーテンが無いと室内が外から丸見えです。引っ越し当日から使えるように事前にサイズを図って用意しておきましょう。レースカーテンもお忘れなく。
照明 新居に備え付けられていない場合は、初日から使えるように準備しておきましょう。
エアコン ほとんどのお部屋にはついていますが、ついていない場合は不動産屋にとりつけてもらないか相談してみましょう。
ドライヤー 賃貸のお部屋では騒音トラブルを防ぐために、風量調節付きがおすすめです。
タオル ハンドタオル・バスタオルなど複数枚用意しておきましょう。
ボディケア用品 引っ越し作業で体が汚れます。シャンプー・リンス・ボディソープ・洗顔フォームなどは用意しておきましょう。
ハンドソープ 引っ越し作業で手が汚れがちなのでハンドソープがあると重宝します。
歯磨き用品 歯ブラシや歯磨き粉も必要です。歯ブラシを置くスタンドやコップがない場合は、合わせて購入しておきましょう。
掃除用品 家具を置く前の床や収納スペース部分にホコリが溜まっているので、雑巾やお掃除シートなどがあると便利です。
ゴミ袋 引っ越し作業ではゴミが出るので、ゴミ袋も必須です。地域ごとに指定の袋や、ゴミ出しのルールが決まっているので、引っ越し作業の前に不動産屋に確認しておきましょう。
トイレットペーパー 引っ越し初日からトイレは使います。ティッシュの代わりにもなるので、トイレットペーパーは必ず用意しておきましょう。
スマホの充電器 引っ越し当日は、調べものをしたり業者と電話をしたりと頻繁にスマホを使います。意外とすぐ充電がなくなるので引っ越し初日も持っておきましょう。
ハサミ・カッター 荷解きの際は、ダンボールを開けたりやゴミをまとめたりするので、カッターとハサミが必要です。
印鑑 引っ越しの手続きなどで印鑑が必要な場合もあります。また、引越し業者は現金・通帳・印鑑が運べないので、自分で持っていきましょう。

引っ越し後1週間以内に必要なもの

テーブル
引っ越してすぐの数日間で準備するものは、重要度が高いですが引っ越しの当日には使いません。以下の項目で、それぞれの必要なものについて解説します。

冷蔵庫 自炊する人もコンビニで買う人も、食料を保存するために冷蔵庫が必要です。自炊するなら250Lぐらいがおすすめですが、あまり自炊しないなら100L~150Lで十分です。
洗濯機 一人暮らし用の洗濯機は脱水容量が5~6kgのモデルが人気です。また、洗濯機置き場は60×80センチくらいの大きさが多いです。最初のうちはコインランドリーで代用もできます。
電子レンジ 電子レンジは、解凍したりお弁当やレトルト食品を温めるのによく使います。使用頻度が高いため、早めに準備しておきましょう。
テーブル こたつ付きテーブルは冬でも快適でおすすめです。あまりスペースがないなら、折りたたみ式だと使わないときに収納できて便利です。
食器 お皿やコップ、お箸・スプーン・フォークなどの食器類は、最低でも1人分用意しておきましょう。
食器洗い用品 食器用洗剤とスポンジは食器を洗うのに必要です。合わせて、水切り用のカゴがあると便利です。いずれもスーパーやホームセンターで買えます。
洗濯用品 衣類用洗剤は最低限用意しておきましょう。柔軟剤や漂白剤があるとよりキレイに洗えます。デリケートな生地の服は洗濯ネットがあると傷みにくいです。
物干し用品 洗ったものを干すためにハンガーや洗濯ばさみが必要です。
合わせて物干し竿や物干しネットなどで、干す場所を作りましょう。
ティッシュペーパー 汚れを拭いたり鼻をかむときなど、ティッシュペーパーは必需品です。

人によっては必要なもの

ソファべッドがおすすめ
生活の中で必ず使うというわけではないですが、人によっては必要なものもあります。

以下の項目で、人によっては必要なものをそれぞれ解説します。

テレビ テレビ番組をよく見る人には必要不可欠です。大きさはお部屋の広さに合わせて購入しましょう。一人暮らしで6畳ほどのお部屋なら、32型くらいの大きさがちょうど良いです。
アイロン 毎日スーツを着る職業の人や、アイロンがけを頻繁にする人はアイロンを買ったほうが良いです。頻繁にアイロンがけをしない人は、クリーニング屋に定期的に持っていけば十分です。
パソコン 仕事やデジタルでの作業をする人にとっては必需品です。大学生も自宅でレポート作成などをする機会が多いので、大学進学を機に購入しておいたほうが便利です。
炊飯器 一人暮らしでお米をよく食べる人は、3合炊きの炊飯器を買いましょう。お茶碗5杯分くらい炊けます。食べない分を冷凍しておけば、電子レンジで温めてすぐ食べられます。
電気ケトル コーヒーやカップ麺をよく食べる人には、素早くお湯を沸かせる電気ケトルがおすすめです。やかんやポットより便利で、安いものは1,500円台で購入できます。
タンス・チェスト タンスやチェストは衣類や持ち物の収納に必要です。ベッド下のすき間に入るタイプの収納ボックスや、テレビ台代わりになるものなら、お部屋のスペースを圧迫することがないのでおすすめです。
時計 掛け時計で時間を見たい人やインテリアとして飾りたい人などは、自分で好きな時計を用意しましょう。スマホがあるから十分という人には必要ないです。
座椅子・クッション 一人暮らしの場合は基本的に床で生活することが多いので、座椅子やクッションがあると快適な生活が可能です。
ソファ ソファを買うなら、ソファとベッドを1つにまとめられるソファベッドがおすすめです。生活スペースが狭くなることを防げるので、収納付きだとなお良いです。
カーペット・ラグ 床に直接に座るのは痛いし、冬は冷たいのでカーペットやラグを敷くと良いです。色によってお部屋の印象も変わります。
ゴミ箱 ゴミ袋だけだと袋から飲食物の汁が床に漏れたりして掃除が大変なので、ゴミ箱があると便利です。燃えるゴミ用、燃えないゴミ用、ビン・カン用の3つを用意すれば分別しやすくて便利です。
傘立て 傘立てがあれば、複数の傘をまとめて収納できます。玄関に立てかけた傘が倒れる心配や、玄関が雨水で汚れる心配がありません。
三角コーナー 三角コーナー置いたり、排水溝にゴミ取りネットをつけておくとゴミ捨てが楽です。
バスマット お風呂上がりに床が濡れないようにするために必要です。珪藻土バスマットなら洗う必要もなく、すぐに濡れても乾くので衛生的です。
調理器具 自炊するなら、包丁やまな板、フライパンなどの調理器具が必要です。一気に買うのではなく、必要に応じて買い揃えるのがおすすめです。
ラップ・タッパー 食べかけのものを包んだり、炊いたごはんを冷凍したりなど様々な使い道があります。
空気清浄機 室内の空気を気遣う人は部屋に置くといいです。空気清浄機は、ハウスダストや花粉の除去、加湿機能などが備わっているためお部屋内の空気が良くなります。
延長コード 一人暮らしのお部屋のコンセントは数が限られているため、延長コードがあると便利です。スマホ充電やヘアアイロンなど、電化製品を同時に使うときに活用しましょう。

女性の一人暮らしであったほうが良いもの

女性
女性の一人暮らしならではのあると便利なものもあります。以下の項目で、女性の一人暮らしで必要なものをそれぞれ解説します。

ヘアアイロン・コテ ヘアセットで必要な人は、忘れずに準備しましょう。
防犯グッズ ドアの覗き穴に目隠しカバーをしたり、防犯用のセンサーライトや防犯カメラなどを設置すると良いです。女性の一人暮らしは防犯面に気をつけないといけません。
衛生用品 生理用品や綿棒、ウェットティッシュなど必要なものは用意しておきましょう。
化粧鏡・全身鏡 お化粧するときや、コーディネートをチェックするときに鏡があると便利です。
化粧品 化粧水や乳液、カミソリなど必要に合わせて用意しておきましょう。

必要なものを買うときの注意点

値段と価値
一人暮らしに向けて家具や家電などを準備する際は、以下の4点に注意しましょう。

①最初に全て買い揃えようとしない
②内見したら必ずお部屋を測るべき
③通販ではなく店舗に行く
④家電は安さより質を優先するべき

①最初に全て買い揃えようとしない

家具や家電・雑貨などは、一気に買い揃えないようにしましょう。サイズが大きい家具や家電は、実際に配置するときにお部屋が狭くて置けない可能性があります。

また「なんとなく使いそう」と感じるくらいの家具や家電であれば、お部屋のスペースを圧迫するだけになってしまいかねないので、買わないほうが良いです。

②内見したら必ずお部屋を測るべき

内見時は必ずお部屋の広さを測っておきましょう。お部屋内で使う家具や家電のサイズと配置を考えるために必要です。

また、大きな家具はお部屋内に配置できたとしても、玄関が狭くて搬入できない可能性があるので、玄関のサイズも測っておきましょう。

測っておくべき場所 測る項目
玄関 高さ・横幅
くつ箱 高さ・横幅・奥行き
リビングルーム 広さ
クローゼット 高さ・横幅・奥行き
カーテンレール 長さ・床までの高さ
冷蔵庫を置くスペース 横幅・奥行き
洗濯機を置くスペース 横幅・奥行き

③通販ではなく店舗に行く

必要な家具や家電は、現物を見られる量販店に行って買うべきです。ネット通販よりも使うときのイメージが付きやすく、どんな商品が良いか店員さんに相談も可能です。

また、不良品の返品交換もネット通販だと対応に時間がかかりますが、店舗ならスピーディーに対応してもらえます。

④家電は安さより質を優先するべき

家電は、値段が安ければ安いほど作りがチープで壊れやすいので、質を優先して購入しましょう。壊れてしまったら、買い直すか修理に出す必要があり、余計な費用がかかります。

家電を選ぶときは、量販店で店員さんに相談したり、ネット上の商品レビューや口コミを参考にすると良いです。

費用を抑えて物を揃える方法

お金と電卓
新居で使うものすべてを揃えるとなると、かなり費用がかかります。なるべく費用を抑えるための方法を紹介しますので参考にしてみてください。

①実家から持ち込む
②新生活応援セットで家電を買う
③中古品やディスカウントストアで買う
④小物は100円ショップで揃える

①実家から持ち込む

新しく家具や家電を購入するのではなく、実家で使っていた家具や家電を持ち込めばその分の費用が浮きます。

ベッドなど大きなものはお部屋に置けても玄関が狭くて持ち込めないことがあるため、内見時に必ず玄関のサイズも確認しておきましょう。

また、洗濯機置き場の大きさはお部屋によって違うので、合わせて洗濯パンのサイズを確認しておきましょう。

②新生活応援セットで家電を買う

引っ越し繁忙期の1月~4月に販売されている、新生活応援のグッズを買えば、単品で買うより4千~5千円くらいお得に家電を揃えられます。

例えば、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジの3点で4万円前後のセットや、照明・電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機・掃除機の6点で7万円前後などがあります。

浮いた4千~5千円で他の家電を購入できるので、自分に必要なセットを選びましょう。

③中古品やディスカウントストアで買う

ドン・キホーテやリサイクルショップで安価なものを購入すれば、費用が抑えられます。

中古品は新品には劣りますが、中には新品に近いものあります。ただし、家電は保証サービスがつかないので新品を買ったほうが良いです。

④小物は100円ショップで揃える

食器や調理器具、消耗品の掃除用スポンジやポリ袋などの小物を揃える場合は、100円ショップがおすすめです。

ホームセンターや雑貨屋では200~300円するものも、全て100円で買うことができます。


わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識