お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしのガス代は平均いくら?都市ガスとプロパンガスの料金の差は?

一人暮らしのガス代のイメージイラスト

一人暮らしのガス代の平均はいくら?という疑問を解決します!都市ガスとプロパンガスの差や、夏と冬のガス代の差、地域ごとの平均ガス代、キッチンとお風呂でのガス代節約方法や、節約してもガス代が高い場合の対処方法も紹介します!

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

一人暮らしの1ヶ月のガス代の平均は3000円

お金と電卓

総務省の家計調査「2020年次 家計収支編 単身世帯(表番号3)」によると、一人暮らしの1ヶ月のガス代平均は約3,021円です。

これはあくまで全国調査なので住むエリアや、お部屋のガスが「都市ガス」か「プロパンガス」かなどによって、金額は大きく異なります。

お部屋のガスの種類や、夏と冬でのガスの使用量の違い、地域ごとのガス代平均を紹介するので、参考にしてください。

プロパンガスと都市ガスでの費用比較

都市ガスは公共料金なので、ある程度金額が一定に設定されています。プロパンガスは、自由価格なので企業によって値段が違います。

そのため、都市ガスはプロパンガスに比べて料金が安く、プロパンガスのほうが約2倍近くも費用がかさみます。

以下の表は、東京都内で月間5㎥のガスを使った場合の平均料金です。この5㎥というガス使用量は、一人暮らしの平均です。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 2,320円 4,094円

1ヶ月で約1,700円、1年で約2万円もの差がでます。一人暮らしであれば、都市ガスで十分に生活できるので、費用を少しでも抑えたいのであれば都市ガスのお部屋を探しましょう。

▶都市ガスとプロパンガスの違いの詳細はこちら

季節ごとのガス代と使用量の違い

ガス代は時期によって大きく変わるので、季節ごとに平均的なガス代をまとめました。

春(3~5月) 約4,200円
夏(6~8月) 約3,500円
秋(9~11月) 約4,000円
冬(12~2月) 約6,000円

冬は気温が低くお湯を使う回数が増えるので、ガス代が1番高くなる時期です。逆に夏は暑く、お湯を使う回数が減るのでガス代が安くなります。

冬と夏を比べると、1ヶ月で約2,500円もガス代に差が出ます。

マル秘イエプラバナー

地域ごとの平均のガス代比較

2020年次 家計収支編 単身世帯(表番号3)」を元に、一人暮らしの平均的なガス代を地域別にまとめました。

関東が1番高額で、北陸・東海エリアが最も平均が安いという結果でした。

北海道・東北 2,983円
関東 3,115円
北陸・東海 2,789円
近畿 2,959円
中国・四国 2,858円
九州・沖縄 3,210円

ただ、地方はプロパンガスしかないエリアがあるので、住む場所によってはガス代が高くなります。

▶一人暮らし向けの未公開物件たくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

キッチンでのガス代を節約するコツ

キッチンシンク
キッチンでガス代を節約するコツは「なるべく電子レンジを使う」「冷水で食器を洗う」ことです。この2つを心がけるだけでも、月300~500円ほどガス代を節約できます。

キッチンでのガス代を節約する詳しい方法は以下です。すぐにできることばかりなので、気になる方は試してみてください。

・一気にたくさん作って作り置きする
・火は強火にせずできるだけ中火を使う
・野菜の下ゆでにはレンジを使う
・冷凍物はレンジで解凍してから調理する
・お湯は電気ケルトで沸かす
・鍋に蓋をして熱を逃がさないようにする
・短時間で料理できる炒め物を中心に食事を作る
・食器類はできるだけ冷水で洗う
・お湯で洗うなら溜め洗い用の桶を使う

とくに電子レンジ調理は、ガス代の節約だけではなく、調理時間短縮にも繋がるので一人暮らしにおすすめです。

お風呂でのガス代を節約するコツ

お風呂でのガス代を節約するコツは「お湯の使用量を減らす」ことです。

お風呂はシャワーで済ませる人は、浴槽にお湯を溜める人と比べると、月700円ほどガス代が安くなります。お風呂でのガス代を節約する詳しい方法は以下です。

・お湯に浸からずシャワーで済ませる
・温度はなるべく40℃以内に抑える
・浴槽に溜める湯量を少なめに調整する
・洗い流すとき以外はシャワーを止める
・お湯の量を調節できるシャワーヘッドに変更
・お風呂の熱を逃がさない保温シートを活用する

とくにお風呂は、冬場にガス代が跳ね上がります。寒いからといって、お湯の温度を高く設定すると、ガス代が高くなるので要注意です。

節約中でもガス代が抑えられない時に確認すべきポイント

ポイントのイメージイラスト
節約していてもガス代が抑えられていないと感じる人は「ガス漏れ」「不正な値上げ」「ガスの設備費用が上乗せ」のどれかを疑いましょう。

ガス漏れの場合は、「ガスの元栓」「ガスメーター」「ガスホーム」の3ヶ所を確認してください。下記に当てはまった場合は、すぐにガス会社に連絡して調べてもらいましょう。

ガス漏れ時の確認箇所
・ガスの元栓の閉め忘れをしていないか
・元栓のキャップがとれていないか
・ガスメーターのランプが赤く点滅していないか
・ガス機とガス栓をつなぐホースに亀裂がないか

不正な値上げを疑う場合は、過去のガス明細の基本料金から勝手に金額が上がっていないか確認しましょう。

都市ガスはホームページに料金が公開されています。ガスの自由化により、ガス会社を選べるので費用を比較してガス会社を変えましょう。

プロパンガスの場合は、規定の料金が決まっていないので勝手に値上がりしている可能性があります。もし勝手に値上がりしていたら、すぐに消費者センターに相談すべきです。

また、賃貸住宅はガスの設備費用が掛かります。基本的に管理会社や大家さんが負担しますが、まれに設備費が上乗せされています。どういう契約内容か1度、確認しましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について