学生マンションの評判は?やめておくべき?ユニライフやナジックなどで有名だけど?

一人暮らしの知識

鈴木

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」営業担当

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」営業担当

引っ越している人

ユニライフやナジックなどで有名な、学生マンションってどんな物件?住みやすいの?という疑問にお答えします!学生マンションならではのデメリットや、学生マンションに住んだ人のリアルな体験談も合わせて紹介します!

学生マンションとは

学生マンションのイメージ
学生マンションとは、名前の通り学生が中心に入居するマンションのことを指しますが、物件によっては一般の入居者が住んでいる場合もあります。

また、まれに予備校生が住んでいたり、既に卒業した生徒が就職後も住み続けていることもあります。

学校とマンションが連携していることが多く、学生なら審査に通りやすいです。

学生寮や学生会館ほど集団生活しなくてよい

学生寮や学生会館と比べると、学生マンションは門限などの制限が無く、生活を制限されることがありません。

細かいルールはマンションごとに違いますが、基本的は以下のような違いがあります。

学生マンション 学生寮・学生会館
管理人 日勤 常駐
門限 なし あり
風呂・トイレ 各部屋にある 共同
食事 なし(自炊) 食事付き
家具 自分で揃える 備え付け

入学するまで家賃の発生を待ってもらえる

学生マンションを契約すると、入学して実際に住み始めるまで家賃の発生を待ってもらえることが多いです。一般的な賃貸契約では、実際に住み始めるより前に家賃が発生することがあります。

契約したのが3月1日で、住み始める日が4月1日だとします。学生マンションなら4月1日からの家賃を支払えばいいですが、一般的な賃貸契約では3月中旬くらいから家賃が発生します。

学生マンションの賃貸契約には「事前予約」と「合格前予約」という2種類の契約方法があります。

事前予約
3月に卒業・退去予定のあるお部屋を事前に予約しておくと、入居する4月まで家賃がかからないというシステムです。
推薦入学などで、入学が早く決まった人でも無駄な家賃を払う心配がないです。
合格前予約
受験をする前から、入居するお部屋を予約しておけるシステムです。
合格が決まってから物件を探しても良い物件は埋まっていることが多いので、合格前に予約ができれば条件に合った物件に住めます。
合格しなかった場合にキャンセル料がかかるかどうかは、物件によって違います。

交流会や懇談会を実施していることがある

学生マンションによっては、学生同士の交流会や懇談会を定期的に実施しています。

通常の一人暮らしだと他の住人と話す機会はあまりありませんが、学生マンションでは同じ物件に住んでいる人と交流する機会が多いです。

新しい友人を作ったり学校について情報交換したりするチャンスでもありますが、人と交流するのが苦手な人にはツラいイベントです。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

設備や立地が良い物件が多い

学生マンションは、学生が暮らしやすい環境が整っている物件が多いです。以下の項目で、学生マンションに多い特徴を紹介します。

マンションの設備が充実している

学生マンションに住む人のほとんどが一人暮らし未経験なので、安心して一人暮らしを始められるように設備が充実しているマンションが多いです。

物件によりますが、インターネットやケーブルテレビが無料で利用できたり、電気や水道のトラブルに24時間対応してもらえることもあります。

また、初めから家具家電が付いている物件も多いです。

特にセキュリティ対策は充実しており、オートロックや監視カメラ、女子専用フロアがあるマンションもあります。

中には女子学生限定マンションもあり、女子学生が安心して住める環境作りがされています。

▶女性専用マンションの解説はこちら

学校の近くに建っているので通学しやすい

学生マンションは、基本的に学校へ通いやすい場所に建っています。学校まで遠い場所に建っていても、学校まで行きやすい駅やバス停が近い場合が多いです。

また、学生は自転車やバイクに乗る人が多いので、駐輪場、駐車場が充実しています。

学生マンションのデメリット

悩んでいる女学生

学生マンションのデメリットを実際に学生マンションを利用していた人にアンケートを取ってまとめました。

上記の項目では学生マンションの良い特徴を紹介しましたが、一般のマンションと比べて劣っていることもあるという意見もあったので一部を紹介します。

・家賃が一般のマンションより高め
・お部屋が狭いことが多い
・学生ばかりなので騒がしいことが多い
・学生マンション自体の数が少ない

家賃が一般のマンションより高め

学生マンションは、セキュリティや設備が充実している分、一般的な賃貸マンションより家賃が高めに設定されている物件が多いです。

東京23区内で「ワンルーム、1K」の条件で家賃を調べてみると、学生マンションの家賃は一般的な賃貸マンションより約1万円ほど高かったです。

学生マンション 53,650円
一般的な賃貸マンション 43,400円

お部屋が狭いことが多い

学生マンションのお部屋は、家賃が割高なのに狭いことが多いです。

5~6畳くらいの狭い部屋が多く、荷物が多い人や広い空間で生活したい人には向いていません。

学生マンションの間取りの例
学生マンションの間取りの例

出典:https://749.jp/item/2088.html

▶6畳の広さの解説はこちら

学生ばかりなので騒がしいことが多い

学生マンションにもよりますが、うるさいマンションのほうが多いです。

学生マンションに住んだら、騒音問題でトラブルに巻き込まれたという人も少なくありません。

苦情を言ってもすぐには解決せず、何回か言わないと対応してもらえなかったという人もいます。

学生マンション自体の数が少ない

学生マンションは数自体が少なく、大学や専門学校の近くの学生マンションでは部屋が空いてもすぐに埋まってしまうことが多いです。

また、1度入居したら卒業するまでの4年間住み続けることが多いので、部屋がなかなか空きません。

以下は、物件検索サイトに掲載されている物件数を比較した表です。学生マンションの数は一般的な賃貸マンションと比べると100分の1程しかありません。

学生マンション 502件
一般的な賃貸マンション 46,904件

学生マンションに住んだ人の評判

学生マンションに住んだことがある人の評判をまとめてみました。

全体的に「後悔している」という意見が多いです。割高な家賃を支払うなら、一般敵なマンションのほうがおすすめです。

学生マンションを利用した人の口コミ

騒がしい人が多い
女性のアイコン他の学生マンションでも同じなのか分かりませんが、騒がしい人がたくさん住んでいました。管理会社に注意してもらうように連絡しましたが、なかなか注意してもらえませんでした。結局大家さんが注意してくれたみたいです。
ネットが遅い
男性のアイコン自分が住んでいたときは、ネットに繋がりにくかったです。問い合わせても、対応してくれるまでに時間がかかった印象があります。学生向けに防犯とかは強化してるかもしれないけど、物件の管理はあまり良くないと感じました。
壁が薄い
女性のアイコンたまたま自分が住んだ物件が悪かっただけかもしれないけど、壁が薄くて他の住人の生活音がけっこう聞こえた。住めないくらい酷くはないけど、音に敏感な人はすごく気になると思う。
共用部分が綺麗
男性のアイコン口コミを見て不安に思ってたけど、わりと良かったですよ。管理人さんはけっこう見かけましたし、共有部分がキレイに整備されていました。ただ、他の学生が夜騒いでいるのを注意して貰おうと問い合わせたけど、しばらく連絡がなかったですね。

おすすめの学生マンションブランドは?

ひとえに学生マンションと言っても、いろんな種類があります。その中でも、特におすすめの学生マンションブランドを紹介します。

ナジック

ナジックは、学生情報センターが運営する学生マンションです。大学だけではなく、専門学校とも提携していますが、展開しているエリアはあまり広くありません。

東北 宮城
関東 東京、神奈川、千葉、埼玉
中部 愛知
関西 大阪、京都、兵庫、滋賀
九州 福岡

ナジックでは、10月に早期申込をしても入居するまで家賃発生なし、大学の合格発表前に無料予約可能など、学生にとっても保護者にとっても嬉しいサービスが充実しています。

入居後のサービスとして「ナジッククラブ24」という、一人暮らしを全面サポートしてくれるサービスがあります。

お部屋の設備トラブルや、病気や怪我をしたときに病院を探してくれたり、いじめやモラハラなどの人間関係のメンタルケアや、アルバイト紹介など、大学生の一人暮らしで困ることが多い問題を解決してくれます。

ただし、別途年会費18,000円(税別)かかります。約2万円は学生だと大金に感じますが、サポート内容を考えると利用して損はなさそうです。

ネット上のナジックの評判を見ても「ナジッククラブ24が便利」「急病の時に安心できる」「時給が良いバイトを紹介してもらえた」など、サポートの内容についての声が多かったです。

ユニライフ

ユニライフは、ジェイ・エス・ビーが運営する学生マンションです。物件を紹介してくれる店舗数がナジックより多く、2019年4月時点で76直営店を展開していて、日本全国の学生向けマンションを取り扱っています。

ユニライフでは、家具家電付きのデザインルームや、食事付きの学生マンション、女子学生専用マンションなど、種類別に特集されているので自分に合うお部屋が探しやすいです。

物件によっては、ユニライフ独自の防犯システムを導入しているものもあります。IMSという、モニター付きインターフォンで管理会社や警察、消防車へと通報できるシステムです。

モニターで不審者を確認して即座に通報できるので、一人暮らしに慣れていない大学生にとっては心強いサービスです。

また、2つのお部屋を1つ分の費用で事前予約できるため、複数の大学を受験しようと考えている人に便利です。

ネット上のユニライフの評判はやはり「滑り止めの学校近くのマンションと本命の学校近くのマンションを2つ抑えられた」など、併願登録サービスが良いという声が多かったです。

他にも「セキュリティが高い物件が多く親がすぐ納得した」「料理が苦手なので食事付き物件があるのは助かった」という声もありました。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOME'Sに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから 
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
チャット不動産「イエプラ」と物件サイトや街の不動産屋の違い

 

カレンダーとミニカー
GWに引っ越すなら部屋探しは4月中旬までにしておくべき!

 

5月のイラスト
5月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

東京のビル群
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

悩んでいる女性
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

東京の風景
東京都内の住みやすい街!おすすめの区や駅はどこ?【一人暮らし】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly