お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

学生マンションとは|ナジックやユニライフの特徴や住んだ人の評判を紹介!

物件を探している学生のイラスト

学生マンションとは?学生寮や学生会館と何が違うの?という疑問を解決します!

学生マンションに住むメリットとデメリットや、学生マンションに向いている人の特徴を紹介します!

ナジックやユニライフなどの有名な学生マンションの特色や、住んだことある人の評判や口コミも紹介するので参考にしてください!

学生マンションとは?

学生マンションとは、大学や専門学校などに通う学生だけが入居できるマンションのことです。社会人やファミリー層は原則いません。

入居者のほぼ全員が学生のため、自分と同じ境遇の人達が集まっており、素性がわかりやすい安心感があります。

また、学校の近くに建っていて徒歩や自転車で通学できたり、初めから家具家電やインターネット環境が整っていたりと、学生が暮らしやすい環境になっていることが多いです。

初めて親元から離れる学生であっても、一人暮らしのハードルをグッと下げられます。

合格発表前でも申込可能な物件がある

学生マンションを運営している企業によっては、合格発表前であっても入居申し込みできる「合格発表前制度」を導入していることがあります。

この制度は、早い段階からお部屋探しを始められるので、合格発表後に慌ててお部屋を探す必要はありません。

また、基本的に入居するまで家賃がかからないうえ、入試に落ちて滑り止めの別の学校に入った場合はキャンセルできることが多いです。

卒業後は基本的に退去

学生マンションは、大学や専門学校を卒業したタイミングで退去するのが基本です。同じ土地に長く住み続けたい人には、あまり向いていません。

ただし、物件によってはもう1年延長できる場合もあるので、事前に確認しておくと良いです。

学生寮・学生会館との違い

学生マンションと学生寮・学生会館との違いは、集団生活の環境です。

学生寮や学生会館は、基本的に学校が運営しており、門限や宿泊について厳しく規則を定めています。なかには、食事や入浴の時間が決まっているところもあります。

学生寮や学生会館の特徴
・門限が決まっている
・外出が制限されることがある
・人を泊めるのに管理人の許可が必要
・食事時間、入浴時間が決められている
・物件によっては他人と相部屋の可能性も
・寮の会議などで生活が制限される場合がある
・家賃が安め
・食事が提供されるので栄養が偏らない

学生マンションは、あくまでも学生専用の賃貸物件なので共同生活はなく、ほぼ一人暮らしです。

学生マンションが向いている人の特徴

学生マンションが向いている人の特徴をまとめました。いかに当てはまるのであれば、学生マンションで快適な学生生活を送れます。

・他人の立てる騒音が気にならない
・頻繁に友人を自宅に招きたい
・セキュリティ面を重視したい
・家賃を親が出してくれる

学生マンションは騒音問題にルーズなので、ほかのお部屋の音が気にならない人や、友人が頻繁に泊まりに来るなどの理由で自分自身も騒音を立てそうな人に向いています。

また、ALSOKやSECOMなどの防犯会社が入っているため、セキュリティ面が気になる女子学生にもおすすめです。

ただ、家賃や更新料が高いので親の支援が無いとキツいです。バイト代や奨学金で暮らす場合は、生活費が圧迫される危険があるので、学生マンションはやめておいた方が良いです。

学生向けのお部屋をまとめて探す方法

その物件にすべきか迷っている人は、学生向けのお部屋をまとめて探せるネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

イエプラは、不動産業者専用の物件情報サイトからお部屋を探してくれるので、他の不動産屋が掲載しているお部屋もまとめて探せます。

来店不要でチャットでやり取りをするため、家で親と一緒に納得のいくお部屋を探せます。深夜0時まで営業しているので、些細な質問もいつでもできます。

イエプラで大学生向けの物件を探す

学生マンションのメリットとデメリット

学生マンションに住むメリットとデメリットをまとめました。学生マンションに入居するべきか、一般的な賃貸物件を借りるべきかの指標にしてください。

学生マンションに住む4つのメリット

・セキュリティ性能が高いことが多い
・基本的に学生しか住んでないから安心感がある
・設備が充実してる
・学校の近くに建ってるから通学しやすい

オートロックや監視カメラ、ALSOKやSECOMなどの防犯システムが充実している物件が多く、一般的な賃貸物件よりもセキュリティ性能が高い傾向にあります。

住んでいる住民も、自分と同じ学生しかいないので安心感があります。不審者がいれば逆に浮くほどです。

また、備え付けの家電があったり、カメラ付きインターホンが付いているなど、お部屋の設備が充実していることもメリットです。

ほとんどの学生マンションが、各学校と提携しているため、通学しやすい立地にあります。徒歩や自転車ですぐに通えます。

学生マンションに住む5つのデメリット

・家賃が一般的な賃貸物件より高め
・更新料が毎年かかる場合がある
・お部屋が狭いことが多い
・学生ばかりなので騒がしいことが多い
・そもそも学生マンションを見つけにくい

セキュリティ設備が充実しているため、一般的な賃貸物件より家賃が高めに設定されています。ただし、物件によっては毎年更新料が必要です。

学生マンションは、大人数が入居できるよう作られているため、居室が6畳以下とやや狭いことが多いです。

また、学生同士仲良くなりやすい分、夜通しで騒いで煩い物件もあります。騒音が気になる人は不向きです。

「学生マンションが良い!」という思いだけで入居を決めず、何度か内見して本当に住んでも大丈夫か確認すべきです。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

有名な学生マンションのサービス特徴

学生マンションといえば「ナジック」と「ユニライフ」が有名です。それぞれどんな特徴があるのか、以下で詳しく解説していきます。

ナジック

ナジックの学生マンション

出典:sigasaison.com/

ナジックは、学生情報センターが運営する学生マンションです。大学だけではなく、専門学校とも提携しています。

ただ、展開しているエリアはあまり広くありません。関東・関西圏のほかには、宮城、愛知、福岡に展開しているだけです。

以下は、普通の学生マンションには無いナジックならではの特徴です。

・早めに申し込んでも家賃が発生しない
・一人暮らしをサポートするサービスが充実
・普通のマンションより安いネット環境

早めに申し込んでも家賃が発生しない

ナジックでは、入居時期より先に申し込んでも、実際に入居するまで家賃が発生しません。例えば10月に合格が決まったとして、翌年の4月から入居の場合、11月~3月の間は家賃が不要です。

普通の物件では、入居申込が終わって審査に通過したらすぐに家賃が発生してしまうので、場合によっては数10万円の費用が抑えられることになります。

一部、適応外の物件があるので、申し込む前に確認すると良いでしょう。

一人暮らしをサポートするサービスが充実

ナジックの学生マンションは「ナジッククラブ24」という、一人暮らしを全面サポートしてくれる24時間365日のサービスがあります。

ナジッククラブ24で受けられるサービスは以下の通りです。

・設備トラブルの24時間対応
・体調不良、ケガの24時間サポート
・人間関係やセクハラ相談のホットライン
・保険加入サービス
・アルバイトやインターン先の紹介
・ナジック入居者同士の交流会実施
・引っ越し業者をお得な費用で紹介

上記のようなサービスを受けられますが、別途年会費18,000円(税別)が、かかります。

普通のマンションより安いネット環境

ナジックには「ナジックネット」というインターネットサービスがあり、普通のネット会社を利用するよりも費用を抑えられます。

お部屋のネット環境だけではなく、外出時に持ち歩けるモバイルルーターも利用できます。定額制なので、パケット料を気にせず使えます。

最初からネット環境が整っているので、自分で契約したり開通工事したりする必要がありません。

ユニライフ

ユニライフの学生マンション

出典:livable.co.jp/

ユニライフは、ジェイ・エス・ビーが運営する学生マンションです。物件を紹介してくれる店舗数がナジックより多く、日本全国の学生向けマンションを取り扱っています。

ユニライフの特徴を簡単にまとめてみました。以下でそれぞれ詳しく解説します。ちなみに、ナジックと似たような内容のサービスも多いです。

・合格する前からお部屋を決められるサービス
・一人暮らしをサポートするサービスが充実
・食事付き、女性専用など物件の種類が豊富
・普通のマンションより安いネット環境

合格する前からお部屋を決められるサービス

ナジックと同じく、申し込んでから入居するまでの費用がかかりません。また、ユニライフでは「スライドシステム」があり、申し込んだ後でも無料で他の物件に引っ越し先を変更できます。

また、2つのお部屋を1つ分の費用で事前予約できるため、複数の大学を受験しようと考えている人に便利です。

一人暮らしをサポートするサービスが充実

ユニライフには、ナジックと似たシステム「Unilife学生総合補償24」があります。補償してもらえる内容を簡単にまとめました。

・設備トラブルの24時間対応
・体調不良、ケガの24時間サポート
・人間関係やセクハラ相談のホットライン
・保険加入サービス
・スーツ購入割引サポート
・兄弟姉妹を紹介したら仲介手数料70%引き
・次の物件の契約時仲介手数料70%引き

普通のマンションより安いネット環境

ナジックと同じく、ユニライフでも初めからネット環境が整っているので、自分で契約する必要がありません。

また、毎月2,000円でU-NEXTの動画が見放題になるプランもあります。

食事付き・女性専用など物件の種類が豊富

ユニライフには、食事付きや女性専用など、様々な種類の物件があります。紹介してもらえる物件をまとめてみました。

・朝、夕の食事つきマンション
・女性専用マンション
・家具家電付きデザインルーム

家具家電付きのデザインルームは、カジュアルプランやベーシックプランなど、好みに合わせて複数のパターンを選べます。

家具家電付きの物件に住めば、引っ越し費用がかかりませんし退去時にも家具家電を処分しなくて良いので、とても便利です。

学生マンションに住んだ人の評判

学生マンションに住んだことがある人の評判をまとめてみました。

全体的に「後悔している」という意見が多いです。物件そのものに不満がある、という口コミの他には、同じ建物に住んでいる人に不満があるという人も多かったです。

ちょっと音が響く
女性のアイコン他の学生マンションでも同じなのか分かりませんが、私が住んでいた物件では、ちょっと音が響く物件でした…。毎晩毎晩、どこかの部屋で飲み会をやっていて、朝4時ぐらいまで出入りがありました。管理会社に注意してもらうよう連絡しましたが、なかなか対応してもらえず、しかも効果なし…。奇声、歌い声、麻雀の音で、いつもイライラしていました。
ネット回線が遅い
男性のアイコン自分が住んでいたときは、ネットに繋がりにくかったです。問い合わせても、対応してくれるまでに時間がかかった印象があります。学生向けに防犯とかは強化してるかもしれないけど、物件の管理はあまり良くないと感じました。
学生マンションは廉価版
女性のアイコン社会人になってから感じるのは、学生マンションは廉価版だったんだな~、ってことです。壁が薄い、収納スペースはせまい、キッチンは使いにくい。どれだけ長く住んでも4年に1度は入れ替わるから、あまり高品質には作らないとか聞きましたけど、ほんとかもしれないですね。
「やめとけ」というほどではない
男性のアイコン「学生マンションはやめとけ」と先輩に言われて不安に思ってたけど、わりと良かったですよ。管理人さんはけっこう見かけましたし、共有部分がキレイに整備されていました。ただ、他の学生が夜騒いでいるのを注意して貰おうと問い合わせたけど、しばらく連絡がなかったですね。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識