お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

フリーターで一人暮らしはきつい?生活費のために毎月いくら稼ぐべき?

フリーターで一人暮らし!のアイキャッチ

毎月の生活はきつい?アルバイトでいくら稼げばいい?など、フリーターが一人暮らしする際のお金に関する悩みを徹底的に解決します。

フリーターで一人暮らししたことある人に聞いた生活実態や、生活費に対していくら稼ぐべきか、一人暮らしを始めるまでに必要な初期費用や家賃目安を解説しています。

フリーターにおすすめなお部屋の選び方や、毎月の節約方法についても、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修して頂いているので、是非参考にしてください。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

フリーターで一人暮らしはできるが厳しい

フリーターでも、賃貸の初期費用を払えるなら一人暮らし可能です。

ですが、収入に波がある、国民健康保険が高いなどの理由で、手元に残るお金が少ないので毎月金欠になりやすいです。

給料日前はモヤシやカップ麺がメインの食事になる、趣味に使えるお金が少ない、洋服や化粧品などにお金を書けれないなど、我慢を強いられる生活になります。

フリーターで一人暮らししている人の生の声

弊社「家AGENT」で働くスタッフの中から、フリーター時代に一人暮らし経験がある人にどんな感じの生活だったか聞いてみました。

意外と苦労していない
男性のアイコン20~22歳の時に、フリーターで一人暮らししていたんですが、お金に困っていた記憶があまりないです。家賃4万円のボロアパートに住んでいましたが、ご飯は毎日食べていたし、休日に友人とカラオケに行ったりもしていましたね。唯一の不満は、貯金が出来ないことくらいだったかと。(20代前半)
毎月金欠は当たり前だった
困り顔の女性のアイコン毎月お金のやりくりがきつかったです。お金がなさ過ぎて、友人にご飯おごって~!って結構言ってましたね。給料日前は、半額の冷凍食品とかカップ麺とか…あとはモヤシと豆腐メインのご飯でした。持っていると使ってしまうので、1日で使っていい分のお金しか持ち歩いていませんでした。(30代前半)
洋服が全然変えなかった
困り顔の女性のアイコン大卒から25までフリーターだったんですが、おしゃれは一切できなかったです。下着とか必要な消耗品を買ったらお金がなかったので…。洋服を買うときは、基本古着屋でした。友達と遊ぶときは、みんなオシャレしてきていたので、若干惨めだった記憶があります…。親にお金を貸してほしいって泣きついたことも何度かありましたね。(20代後半)
無理だと思ったので転職した
困り顔の男性のアイコン少しでも稼ぎたくって、22時以降の夜間にバイトしてたんですが、友人と予定が合わない、昼夜逆転で体調崩すとか散々でした。昼間だと全然稼げないので、結局転職して今に至ります…苦笑(20代前半)

ほとんどの人が、お金がなくて我慢を強いられるという話をしていました。趣味がほとんどなく、お金を使う機会が少ない人であれば、フリーターでも快適に暮らせるようです。

フリーターは「お金」に関する問題が多い

生の声でわかったように、フリーターの一人暮らしは「お金」に関する問題が多いです。

家賃5万円のお部屋で一人暮らしを始めると仮定した場合、50万円は必要です。内訳は以下の通りです。

家賃5万円のお部屋の初期費用と生活費の例
賃貸の初期費用 約330,000~356,000円
引っ越し費用 約40,000円
家具家電購入費 約100,000円
毎月の生活費 約150,000円

限界まで削ったとしても、新たに一人暮らしを開始する場合は30~35万円は覚悟しておいた方が良いです。

一人暮らしするまでに約35万円の貯金が必要

一人暮らしするまでに、最低でも賃貸の初期費用分35万円ほどは貯金しておくべきです。

そもそも初期費用が払えないと、賃貸物件を契約して一人暮らしできないからです。

岩井さんのアイコン 岩井
カードで分割できる場合もありますが、全国の不動産屋の2~3割ほどしか対応していません。

引っ越し業者の費用は、手荷物に収まる分の荷物だけ持っていけば移動費のみです。

家具家電購入費も、カーテンや寝具など必要最低限のものに絞れば良いです。お金がある時に買い足すようにすれば、2万円ほどで済みます。

毎月約15万円の生活費が必要

総務省統計局の「家計調査 家計支出編 2020年度」をもとに、健康的な生活を送れる限界まで削った生活費を算出した結果、月15万円ほどは必要です。

家賃 約50,000円
食費 約30,000円
水道光熱費 約8,000円
娯楽費・交際費 約30,000円
スマホ・ネット代 約10,000円
衣類・日用消耗品代 約10,000円
交通費・医療費 約10,000円
合計 約148,000円
岩井さんのアイコン 岩井
内訳は必要最低限の項目なので、人によってはもう少しお金がかかります。予備費として5千円ほど確保しておいた方が良いです。

生活費の節約方法については、後ほど詳しく解説します。

フリーターで一人暮らしするなら毎月19万円は稼ぐべき

フリーターで一人暮らしするなら毎月19万円は稼ぐべきです。月収から厚生年金・国民健康保険料・所得税・住民税などが差し引かれるからです。

月収19万円の場合
厚生年金保険料 約16,610円
国民健康保険料 約12,800円
雇用保険料 -
所得税(源泉徴収税額) 約4,700円
住民税 約6,700円
月の手取り 約149,190円

上記はあくまでも目安です。住む場所や、前年度の所得によって変動します。

毎月185時間ほどバイトしなければいけない

東京の最低賃金で計算すると、毎月185時間ほどバイトしなければいけません。目安として週5、1日9~10時間労働です。

1,041円×9時間=9,369円(1日)
9,369円×20日=187,380円

最低賃金だと、過労死認定される労働時間手前になってしまいます。時給が高い職場を探す、22時以降の時給がアップする時間帯のシフトに入るなどの調整が必要です。

首都圏の最低賃金一覧【2021年11月時点】

2021年11月時点で、厚生労働省が公表している、首都圏の最低賃金をまとめました。

東京 1,041円
神奈川 1,040円
千葉 953円
埼玉 956円
群馬 865円
栃木 882円
茨城 879円
山梨 866円

1都3県は物価が高いので、先に紹介した通り月収19万円は稼いだ方がよいです。そのほかのエリアは、物価が低ければ月収15万円(手取り12万円)ほどでも一人暮らし可能です。

賃貸契約の初期費用は約33~35万円

一人暮らしの賃貸契約にかかる費用は、敷金礼金や仲介手数料などの合計で「家賃4.5~5ヶ月分」と言われています。

家賃5万円の場合は、約33~35万円が目安です。以下で内訳を紹介します。

目安 家賃5万円の場合
敷金 家賃1ヶ月分 50,000円
礼金 家賃1ヶ月分 50,000円
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税 55,000円
前家賃 家賃1ヶ月分 50,000円
日割り家賃 入居日によって変動 25,000円
(15日入居)の場合
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分 25,000~50,000円
火災保険料 約15,000円 15,000円
鍵交換費用 約16,500円 16,500円
合計 - 約331,500~356,500円
岩井さんのアイコン 岩井
更に費用を抑える場合は、礼金なしや、連帯保証人のみで入居できるお部屋を探してください。家賃2ヶ月分ほどの費用は抑えられます。

ただし、敷金は退去費用の預け金なので削らないほうが良いです。退去時に高額請求されやすいです。

家賃を抑えれば初期費用が安くなる

初期費用は家賃を基に計算するので、安いお部屋ほど費用を抑えられます。

ただし、安いお部屋の中には築年数が古すぎる、心理瑕疵(人が住むのに抵抗がある)など、住みにくい場合があります。不動産屋に安い理由は聞いておいた方が良いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEから気軽に物件の確認ができます。

さらに詳しい詳細が知りたい場合は、その旨を伝えるだけでスタッフが直接管理会社に確認してくれるので便利です。

家賃は手取りの4分の1に抑えるべき

フリーターは、家賃を手取りの4分の1に抑えるべきです。収入が少なく入居審査に通過しにくいからです。

岩井さんのアイコン 岩井
通常、入居審査は家賃の36倍の収入があれば、支払い能力があるとみなされます。ですがフリーターは、収入に波があるので家賃の36倍の収入があっても落ちる可能性があります。

家賃を手取りの4分の1以内に抑えられれば、生活費分を差し引いたとしても家賃を支払い続けられると判断してもらいやすいです。

手取り12万円 約30,000円
手取り13万円 約32,500円
手取り14万円 約35,000円
手取り15万円 約37,500円
手取り16万円 約40,000円
手取り17万円 約42,500円

なお、お部屋を探すときは家賃+管理費の「総家賃」で考えましょう。管理費・共益費は、家賃と同じく毎月発生する費用となります。

家賃相場が低いエリアでお部屋を探すと良い

家賃相場が低いエリアでお部屋を探せば、平均よりも安いお部屋が出てきやすいです。

全国宅地建物取引業協会連合会の「家賃相場:東京都(2021年11月9日)」を参考に、ワンルーム・1Kの平均家賃相場が安い順にまとめたので参考にしてください。

ワンルーム 1K
葛飾区 5.36万円 6.14万円
足立区 5.47万円 6.13万円
練馬区 5.52万円 6.36万円
江戸川区 5.60万円 6.24万円
板橋区 5.63万円 6.45万円
中野区 6.02万円 6.98万円
北区 6.03万円 7.05万円
杉並区 6.06万円 6.92万円
荒川区 6.44万円 6.98万円
豊島区 6.46万円 7.42万円

そのほかの区の相場はこちら

ワンルーム 1K
大田区 6.66万円 7.49万円
墨田区 6.71万円 7.97万円
世田谷区 6.84万円 7.22万円
江東区 7.00万円 8.07万円
台東区 7.03万円 8.92万円
文京区 7.32万円 8.26万円
新宿区 7.45万円 8.90万円
品川区 7.49万円 8.22万円
目黒区 7.66万円 7.49万円
渋谷区 8.82万円 9.81万円
中央区 10.12万円 10.39万円
港区 10.45万円 11.87万円
千代田区 10.61万円 11.40万円

さらに家賃を抑えたいなら、千葉県や埼玉県の各駅停車しか停まらない駅までエリアを拡大すると良いです。

フリーターにおすすめなお部屋の選び方

フリーターにおすすめな、家賃が安いお部屋の選び方を紹介します。

  • ・間取りはワンルームか1K
  • ・アパートタイプの戸数が少ない物件
  • ・駅徒歩15~20分まで緩和
  • ・築年数は指定しない
  • ・こだわり条件は2つ以下にする
  • ・都市ガスのお部屋にする

間取りはワンルームか1K

「ワンルーム」と「1K」は一人暮らしで最もスタンダードな間取りです。違いは、キッチンと居室の間にドアなどの仕切りの有無だけです。

1K ワンルーム
1Kの間取り図 ワンルームの間取り図2

お部屋の広さ(専有面積)はほぼ同じで、平均で17~20㎡です。

アパートタイプの戸数が少ない物件

アパートタイプの戸数が少ない物件は、建設時のコストが低いので家賃が低めに設定されています。

共有部分が廊下・階段しかないので、管理費も安いです。

駅徒歩15~20分まで緩和

駅徒歩は、毎日歩いても苦ではない限界の範囲まで緩和してください。駅から遠いほど人気がないので、家賃が安いです。

駅徒歩5分と15分では、家賃5千円ほど違います。年間にすると6万円近くの節約です。ちなみに、距離に換算すると約800m~1.2kmです。

築年数は指定しない

リフォームされて内装が綺麗なお部屋が出てくる可能性があるので、築年数は指定したい方が良いです。

建物自体の築年数は変わらないので、家賃が安くねらい目です。

岩井さんのアイコン 岩井
耐震性を気にする人は、築30年以内の物件にしましょう。1981年6月1日に「新耐震基準」に変更されており、震度5以上でも倒壊しない設計になっています。

こだわり条件は2つ以下にする

こだわり条件は2つ以下に絞ってください。数が多いと、安いお部屋が出てきづらいです。

岩井さんのアイコン 岩井
万人受けするなら「室内洗濯機置き場・エアコン付き」が、女性なら「室内洗濯機置き場・BT別」で探すと良いです。

都市ガスのお部屋にする

家賃ではないですが、お部屋を探す際は「都市ガス」の記載があるものにしましょう。

プロパンガスのお部屋にすると、ガス代が2倍近く高くなります。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
5㎥使用した場合 1,570円 2,520円
基本料金 950円 1,574円
月額合計 2,520円 4,094円

一人暮らしで使う火力であれば、都市ガスもプロパンガスも大差はありません。

マル秘イエプラバナー

フリーターの一人暮らしは節約必須

フリーターで一人暮らしをするなら節約は必須です。家賃が払えなくならないよう、以下で紹介する8つの節約を実践してみてください。

  • ・まかないが出るバイト先にする
  • ・電気代の安い会社を選ぶ
  • ・コスパが良い食材で自炊する
  • ・エアコンの温度は一定にする
  • ・格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す
  • ・マイボトルを持ち歩く
  • ・美容室代はカットモデルになって浮かせる
  • ・家計簿を付けて無駄を見直す

まかないが出るバイト先にする

まかないが出るバイト先を選べば、1食分の食費が浮きます。1食500円として20日分であれば、約1万円も節約できます。

チェーンの飲食店や居酒屋バイトは、まかないが出ることが多いのでおすすめです。

また、食堂があるオフィスでの事務仕事でもまかないが出ることがあります。

アルバイトの求人広告などで、社食あり・食堂利用可・まかないありなどの文字があるところを優先して探しましょう。

電気代の安い会社を選ぶ

電力会社を選べば、ライフスタイルを変えなくても電気代を節約できます。

2016年4月1日から始まった電力自由化により、消費者が自由に電気代の安い会社が選べるようになりました。

一人暮らしの電力使用量では、月千円ほど節約になり年間1万円以上お得になります。

電力会社比較ナビでは、電話で相談するだけで自分の生活に合った一番お得な会社を紹介してくれます。

以下のサイトから申し込むと最大1万円のキャッシュバック特典を受け取れます。開通工事も必要ないので、簡単に切り替えられます。

電力会社比較ナビのバナー

コスパが良い食材で自炊する

コスパが良い食材で1日3食すべて自炊をすれば、食費を月3万円以内に収められます。

以下は、代表的なコスパが良い食材の例です。

コスパの良い食材例
もやし:1袋10~20円
豆腐:1パック20~30円
パスタ麺:1袋100~200円
納豆:3パックセット50~150円
鶏胸肉:100g70円
ひき肉:100g60円
キャベツ:半玉200円
じゃがいも:1個25~35円
人参:1個35~45円
卵:1パック100~200円

小麦粉・キャベツ・卵だけで簡単にできるお好み焼きは1食約60円、もやし・豆腐・鶏胸肉・味噌で作る味噌鍋なら1食約120円で作れます。

エアコンの温度は一定にする

エアコンの温度をこまめに変えず、一定にしておけば電気代を抑えられます。

夏は26度、冬は20度に固定すれば、毎月約1千円~2千円も電気代を節約できます。

1度設定温度を変更するだけで、13%も消費電力が増えると言われています。どうしても温度を変更したい場合は、変更した後しばらくそのままにしておくべきです。

格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す

スマホ料金
自分の携帯を格安SIMにするか、契約プランを見直しましょう。大手キャリアから格安SIMに変更すると、毎月4千円ほど節約できます。

大手キャリアだと最低6千円かかりますが、格安SIMであれば約2千円で済みます。

格安SIMに変えなくても、契約中のプランを見直すことで節約できます。プラン内容によりますが、1千円~2千円も節約できる可能性があります。

マイボトルを持ち歩く

コンビニやカフェで飲み物を買うと高いので、家で作ったお茶をマイボトルで持ち歩くようにしましょう。

1本150円のペットボトルの飲み物を毎日買うとすると、1ヶ月あたり4千円以上必要です。

一方自分で淹れたお茶をマイボトルで持っていくと、1本あたり約14円なので1ヶ月約420円で済みます。

美容室代はカットモデルになって浮かせる

美容室やネイルサロンなどは、モデル(練習台)になると無料~格安で施術してもらえます。

アシスタントや見習いの人が担当するため、仕上がりにはバラツキがありますが費用を抑えたい人にはぴったりです。

モデルになるにはSNSでの募集から応募したり、カットモデル募集専用のアプリを使うのがおすすめです。

家計簿を付けて無駄を見直す

家計簿をつけると無駄な出費がわかるので、効率的に節約できます。

最近ではレシートをカメラで読み取るだけで記録できるアプリもあります。面倒くさがりな人も是非つけてみてください。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

一人暮らし向けバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について