暖房器具

一人暮らしでおすすめ暖房器具は?コスパの良い暖房器具BEST3を紹介!

一人暮らしの知識

2018年4月24日投稿

イエプラ イエプラ

一人暮らしの生活で役立つ暖房器具の一覧と特徴を紹介します。コスパ最強な暖房器具ランキングBEST3や、こだわり別のおすすめ暖房器具、費用の節約方法、おすすめグッズについても紹介します!

暖房器具の一覧と特徴

暖房器具の一覧と特徴を紹介します。本体の参考価格や、1ヶ月にかかる費用相場についても解説します。

・エアコン
・石油ファンヒーター
・ガスファンヒーター
・オイルヒーター
・電気ストーブ(ハロゲンヒーター)
・電気ストーブ(カーボンヒーター)
・パネルヒーター
・セラミックヒーター
・こたつ
・ホットカーペット
・電気毛布

エアコン

エアコン

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 40,800円~68,580円
一ヶ月の電気代 504円~9,630円
特徴 他の暖房器具と比べると冷房機能があり、オールシーズン使えます。

エアコンは、大体の物件に元からついていますが、稀に設置されていない場合もあります。その場合は個別に購入する必要があります。

メリットとしては、温度調節機能があるので一定の暖かさを保てます。

ただ、空気が乾燥しやすいというデメリットがあります。

消費電力も高いので、一気に電気代が跳ね上がります。購入する際は省エネ性能が高いモデルにするのがおすすめです。

石油ファンヒーター

石油ファンヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 11,300円~32,800円
一ヶ月の電気代 4,513円~4,839円
特徴 ヒーター類の中で唯一灯油を使用するタイプです。

灯油を使い、内部を燃焼して熱を発生させます。かなりパワーがあるので部屋全体が暖まりますが、近づきすぎると火傷をする危険性もあります。

また、灯油の補充や買い出しをする必要があるので手間のかかる器具です。使用する際は電気も使うので、コストパフォーマンスは悪いです。

燃焼する際に、空気中の酸素を燃やすので、部屋を閉め切っていると一酸化炭素中毒になる可能性や、強いパワーのせいで床を焦がしたり、部屋全体を結露させてしまい窓などにカビができてしまうこともあります。

物件によっては、使用を禁止しているケースもあるので、購入する際は事前に確認しておきましょう。

ガスファンヒーター

ガスファンヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 15,000円~36,800円
一ヶ月の電気代 2,340円~3,240円
特徴 名前の通りガスを使用します。点火のスピードが速く、数秒で温風が出始めます。

ガスファンヒーターは、暖房性能が高く広い部屋でもかなり暖かくなります。

基本的にガス栓からガスを直接引くため、ガス管がない物件の場合は、新たに工事をしないと使用できません。最近では、カセットガスで使用できるものもありますが、燃料消費が激しく約1時間40分程で1本使い切ってしまいます。

カセットガスも、大体3本入りで約150~200円程します。下手をすると1日で使い切ってしまうので、1か月でカセットガスのみで約6000円掛かってしまいます。そこに電気代も入れると、約1万円に跳ね上がってしまいます。

オイルヒーター

オイルヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 8,980円~27,480円
一ヶ月の電気代 2,430円~5,832円
特徴 油を暖めて起きる放熱によって部屋を暖めます。風を出さないので乾燥やほこりの心配がありません。

本体が熱くなりすぎないので、火傷の心配はありません。安全性が高いので安心して使用できます。

ただ、部屋全体が暖まるには時間がかかります。そのため長時間電源を入れっぱなしにする必要があり、必然的に電気代が高くなりがちです。

電気ストーブ(ハロゲンヒーター)

ハロゲンヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 3,800円~8,100円
一ヶ月の電気代 1,604円~4,860円
特徴 電気で発熱させます。電源を入れると直ぐに放熱し始める即暖性が魅力です。

電気のみで使用できるので、空気がキレイなまま使用できます。

また、本体価格も約4千~8千円とほかの暖房器具に比べると割安ですよ。重量も軽いので、場所を固定せずに使用できます。

ただ、空気を直接暖める効果はないので、ヒーターの側しか暖まりません。

電気ストーブ(カーボンヒーター)

カーボンヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 2,980円~12,800円
一ヶ月の電気代 2,180円~6,370円
特徴 ハロゲンヒーターの上位互換のような器具です。

基本的に、電気を使用するところや、即暖性などはハロゲンヒーターとほとんど同じです。

ただ、カーボンヒーターはハロゲンヒーターに比べて2倍の熱量と熱効率を誇るので、ヒーターのそばにいなくても暖まることができます。

その分本体の価格も高くはなります。

パネルヒーター

パネルヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 4,980円~15,900円
一ヶ月の電気代 540円~4,860円
特徴 部屋全体を暖めるよりかは、ピンポイントで欲しいところだけを暖められます。

パネル型の暖房器具で、電気を使って暖める遠赤外線タイプと、オイルを暖めるタイプの2種類があります。近年の主流は電気を使って暖める遠赤外線タイプとなっています。

脱衣所やトイレ、デスクの下で使用する例が多いです。寝室などに置く人もいますが、製品によっては全く暖まらない物もあります。

その割には電気代が高くつくので、コストパフォーマンスは悪いです。

セラミックヒーター

セラミックヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 5,950円~14,580円
一ヶ月の電気代 1,944円~5,832円
特徴 電気暖房器具の中では唯一温風を吹き出すタイプです。

セラミックスが発熱して温風を出す暖房器具です。電源を入れてからは直ぐに温風が出ますので、直ぐに暖まりたい人には良いです。

ただ、暖房能力が低く、いくら時間をかけても部屋全体は暖まりません。

ハロゲンヒーターやパネルヒーターと同様に、使える場所は限定的になります。

こたつ

こたつ

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 4,830円~17,500円
一ヶ月の電気代 396円~828円
特徴 部屋全体は暖めず、こたつの中のみを暖かくします。

保温性が高く、入っている間は他の暖房器具をつけなくても十分暖まることができます。

冬以外はこたつ布団をしまって普通のテーブルとして使用できるため実用的です。こたつは本体価格が比較的安く、電気代のコストパフォーマンスも優れた暖房器具でもあります。

ただ、あまりの快適さに入ったまま寝てしまうと、脱水症状や低温火傷の危険性があります。

ホットカーペット

ホットカーペット

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 4,060円~9,720円
一ヶ月の電気代 1,116円~1,530円
特徴 床に敷いて使う暖房器具です。寝転んでも床冷えしないのが魅力です。

単体では大きな暖房効果はありませんが、底冷えを防ぎ暖房効率をアップさせることができます。

ただし、長時間体が触れていると、低温火傷を引き起こす可能性があるため、うたた寝などには注意が必要です。

電気毛布

電気毛布

出典:https://www.amazon.co.jp/

詳細
本体価格 2,680円~7,980円
一ヶ月の電気代 15円~151円
特徴 熱源の入った毛布です。ホットカーペットとは違い、寝具として使います。

電気毛布には体にかける毛布タイプと、布団に乗せて使う敷きパッドタイプがあります。

布団が冷たいとなかなか眠ることができない人は、電気毛布がおすすめです。

ただし、暖まり過ぎて発汗を促してしまうため、寝ている間に使用すると、体内の水分量を減らしてしまう問題があるので注意が必要です。

コスパ最強な暖房器具ランキングBEST3

先に解説した暖房器具の暖まりやすさ・使いやすさ・購入コスト・電気代を踏まえて、コスパが良い暖房器具をランキング形式で3つ紹介していきます。

【1位】カーボンヒーター

カーボンヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

カーボンヒーターは、スイッチを入れてからピンポイントを短時間で暖めることができます。

一人暮らしは家で暖房器具を使用する時間は限られていることが多いので、効率よく部屋を暖められるのは大きなメリットです。

ちなみに、カーボンヒーターを使用するなら、テクノス「遠赤外線カーボンヒーター」がおすすめです。コンパクトですが、人一人が暖まるには十分な熱量があり、価格は約4,500円とリーズナブルです。

【2位】こたつ

こたつ

出典:https://www.amazon.co.jp/

こたつは部屋全体を暖めることはできませんが、体全体を暖めるには十分です。また、使い勝手では冬以外はテーブルとして使用できるため便利で、1か月の電気代も最大1千円以内に収まるのも魅力です。

因みに、こたつでおすすめなのは、家具本舗の「コンパクトこたつセット」です。足を折りたたむと厚さはわずか11cmになって収納性が優れているほか、天板はホワイトとナチュラルのリバーシブルになっています。

また、こたつの掛け布団もセットでついてきて、こちらもアイボリーとブラウンのリバーシブルになっています。そして、価格は約14,900円とリーズナブルです。

【3位】エアコン

エアコン

出典:https://www.amazon.co.jp/

購入費用は最もかかりますが、冬場の暖房だけでなく、夏場の冷房も使えて年中快適に過ごしたいならエアコンがおすすめです。

ちなみに、一人暮らしにおすすめのエアコンはシャープ「AY-H28H」です。

シャープ「AY-H28H」は、コンパクト&ハイグレードモデルのエアコンで、高濃度プラズマクラスター25000が搭載されています。

自分にあった器具を使用しましょう

暖房器具にはさまざまな種類がありますので、自分に合った暖房器具の使用をおすすめします。様々なケースでのおすすめ暖房器具を紹介します。

冷え性ならガスファンヒーター

ガスファンヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

電源を入れてから点火までが早い「ガスファンヒーター」がおすすめです。寒いときでも、すぐに温風が出るので温まることができます。同じファンヒーターの、電気ファンヒーターと比べると、ガスを使っている分パワーもあるので、部屋全体も温まります。

因みに、「ガスファンヒーター」でおすすめは、ノーリツのGFH-2403Sです。タイマー機能や自動で運転を切り替えてくれるため、省エネ機能が充実しています。また、8時間で自動消火もするので、安全面も考慮されています。

乾燥が苦手ならオイルヒーター

オイルヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

温風を出さないのが特徴の「オイルヒーター」は、他の暖房器具と違って部屋が乾燥しにくいです。乾燥が苦手な人には持ってこいなアイテムです。

「オイルヒーター」では、ユーレックス オイルヒーター RFシリーズがおすすめです。日本製のメイカーで、今1番勢いがあるメーカーです。本体の価格の割に性能はかなり良く、12畳の部屋でもそこそこ温まります。

安全面を気にするならエアコン

エアコン

出典:https://www.amazon.co.jp/

家事や火傷の原因になったという話をほとんど聞かないのが「エアコン」です。つけっぱなしにしてほとんど事故にはなりません。

暖房器具の中でも、安全性はかなり高いです。

ダイキンから発売されている、うるるとさららはエアコン本体に加湿機能がついています。エアコンで1番気になる乾燥を抑えてくれるので、おすすめです。

部屋全体を温めるなら石油ファンヒーター

石油ファンヒーター

出典:https://commons.wikimedia.org/

「石油ファンヒーター」は広いお部屋でも短時間で空気そのものが暖まります。灯油を燃焼させているため、かなりパワーもあります。

おすすめは、灯油タンクの容量が大きいものですよ。そういう意味でも、ダイニチの石油ファンヒーター「FW-5617L-W」です。単純に、灯油タンクの容量が大きいものは、灯油の補充回数が少なく済みます。また、こちらのモデルは結構な高出力なのでしっかり暖まります。

凄く寒い日でもない限りは、エコモードで使うと灯油の減少も抑えられて、節約にもなります。

即暖性を求めるならカーボンヒーター

カーボンヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

「カーボンヒーター」はエアコンや石油ファンヒーターのように、部屋全体の温度を上げるのは苦手ですが、対象を直接暖めるのに長けています。

範囲は狭いですが、その分暖まるまでが早いのが特徴です。

また、「カーボンヒーター」は電気ストーブの一種に分類されているため、一酸化炭素中毒の心配がありません。

因みに、直ぐに暖を取りたい場合はコイズミのカーボンヒーター「KKH-0961」がおすすです。スイッチを入れてから立ち上がりが早く、電力も900Wと450Wに切り替え可能です。

一部のみを暖めたいならパネルヒーター

パネルヒーター

出典:https://www.amazon.co.jp/

「パネルヒーター」は脱衣所や机の下など、一部分を暖めたいときに活躍します。

更にどの機種も薄型なので、オフシーズンには楽に収納できると人気が高まっています。

イーバランスの遠赤外線パネルヒーター「FioreII EB-RM5400A」なら、部屋全体がほのかには暖かくなるのでおすすめです。パネルヒーターの中では少し大型ですが、軽いので移動も楽にできます。

暖房費の節約方法とおすすめグッズ

最後に、暖房費の節約方法と暖房器具以外にも使えるおすすめグッズを解説していきます。

暖房費の節約方法

暖房費を節約するためには、ライフスタイルに合わせた暖房器具を購入することが最も重要です。暖房を使用する頻度や稼働時間はどれくらいになるかをよく考えて買いましょう。

また、暖房器具を使用する際は設定温度に注意しましょう。設定温度が高いほど同じ暖房器具でもかかる費用は高くなります。

暖房費の節約におすすめのグッズ5選

以下は暖房費の節約を手助けしてくれるおすすめグッズです。

・ルームシューズ
・保温シート
・遮熱カーテン
・ひざ掛け
・断熱シート

それぞれ特徴と共に、おすすめ商品を紹介していきます。

Mianshe「北欧ルームシューズ」

例えば、エアコンの暖房をかけても足元はなかなか暖まりません。これは暖かい空気が上に溜まりやすい性質があるからです。

足元の冷えは体全体の冷えに繋がります。暖房の設定温度をついつい上げてしまい、暖房費が高くなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが「ルームシューズ」です。裏起毛で冬仕様のルームシューズなら、履くだけで足元の冷えを防いで、体感温度も高く保ってくれます。

東和産業「保温シート」

ルームシューズが嫌なら、フローリングに「保温シート」を敷くのがおすすめです。

保温シートなら暖房器具が発した熱を逃しにくく、底冷えを防いでくれます。

ALLCAMP「ひざ掛け」

人の体は座っていると血行が悪くなり冷えを感じやすくなります。こたつや電気カーペットではない暖房器具を使う場合は、体をより暖めるために「ひざ掛け」を使用すると良いです。

ひざ掛けは直接体温を上げやすいので、暖房の設定温度を高くし過ぎるのを防ぐことができます。

遮熱カーテン

部屋を効率的に暖めるには、窓から伝わる外の冷たい空気を遮断するのが効果的です。「遮熱カーテン」を使用するのが1番おすすめです。

遮熱カーテンを使用すると、暖かい空気を冷えにくくすることができ、暖房効率がアップします。

窓ガラス断熱シート

遮熱カーテンでも窓辺の冷気をかなりシャットアウトできますが、もっと徹底的に暖房効率を極めたいなら「断熱シート」を窓に直接貼り付けるのがおすすめです。

断熱シートを窓に貼ると、窓に空気の層ができて、冷気の侵入を防いでくれます。断熱シートは安いもので100円ショップに売っていて、ホームセンターで買っても1千円以内で済みます。

暖房器具を使っているのに部屋が暖まりにくいと感じたら、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

まとまった時間がなくても、移動中の電車や自宅にいてもお部屋を紹介してもらえて便利です!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラのメリット

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ひらめいた男性の人差し指と電球
部屋探しが面倒な人におすすめしたい「チャット不動産屋」とは?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

紅葉の写真
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

おしゃれな部屋の内装
フリーレントとはどういう意味?ホントにおトクなの?【賃貸】

 

チェックマークを付ける男性の手
賃貸の入居審査とは?通過する7のコツと落ちた人の特徴

 

初期費用を分割払いする方法!現金で分割できる?【賃貸】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

手をつないだカップル
二人暮らしの生活費|平均の費用はどれくらい?【シミュレーション】

 

暖炉の前で雑談するカップル
同棲の間取り|おすすめのお部屋をカップルタイプ別に大公開【二人暮らし】

 

一人暮らしでかかる費用は?初期費用や毎月の生活費の実例を大公開!

 

男性が手で立たせているスマホ
ネットでお部屋を探す方法は大きく分けて2通り!おすすめはどっち?

 

散らばっている大量のコイン
家賃目安は3分の1の割合っていうけど手取り?給料?年収?

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly