お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしの大学生の食費はいくら?平均額と節約のコツも大公開!

一人暮らしの大学生の食費のイメージイラスト

「大学生の食費って平均どのくらい?」「みんなは食費にいくら使っているの?」という疑問にお答えします!

日本学生支援機構の調査結果と、当サイトRoochが実施したアンケートの回答をもとに、平均額や実例をご紹介します!

自炊の頻度でどのくらい差が出るのか、自炊派・外食派がそれぞれ取り組める節約方法、また、毎月かかる生活費の合計も解説しています!

大学生の食費の平均額は?

レシートと電卓
日本学生支援機構が隔年で実施している学生生活調査(平成30年)を参考にすると、アパートやマンションで一人暮らしをしている大学生の毎月の食費は、平均23,716円です。

学生支援機構の調査は、年間の食費のみを載せているので、1ヶ月あたり・1日当たりの金額で計算しなおすと下表のようになります。(昼間部の大学生が対象)

平均額
1年間の食費 284,600円
1ヶ月あたりの食費 約23,716円
1日あたりの食費 約779円

学生支援機構の調査結果を、12で割ると1ヶ月あたりの食費が分かります。また、365で割ると1日あたりの食費になります。

一人暮らしの大学生の食費は、1日あたり約779円です。コンビニでお弁当を買ったり、外食を中心に食事をしていては、すぐに超えてしまいます。

1日3食しっかり食べる場合は、1食あたり259円しか使えません。スーパーで食材を買い、自炊を中心に生活する必要があります。

大学生の食費は自炊の頻度によって1万円以上変わる

大学生の1ヶ月の食費は「どのくらい自炊をするか?」によって、1万円以上変わります。

下表は、当サイトRoochが、関東に住む大学生100名に実施したアンケートの結果です。「1ヶ月間で自炊する回数」と「食費の平均額」の関係を調べたところ、以下のような結果になりました。

食費の平均額
(1ヶ月あたり)
ほとんど毎日自炊する 約22,000円
月に20日ほど自炊する 約24,000円
月に10日ほど自炊する 約31,000円
ほとんど自炊しない 約33,000円

「ほとんど毎日自炊する」という人は、1ヶ月あたりの食費が約22,000円です。反対に「ほとんど自炊しない」を選んだ人は約33,000円でした。

自炊をする人は、外食メインで暮らす大学生よりも、食費を1万円以上も安くできていることが分かります。

男性は女性よりも食費が7,000円ほど高い

一人暮らしの大学生のうち、男性のほうが女性よりも食費が約7,000円高いです。当サイトの同じアンケートで分かった結果を、表にまとめました。

食費の平均額
(1ヶ月あたり)
男性 約27,000円
女性 約20,000円

男子大学生の約27,000円に比べて、女子大学生の食費は約20,000円です。

性別によって食費に違いが出るのは、男性のほうが女性よりも食べる量が多いことが原因です。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

大学1年生に聞いた毎月の食費の実例

アンケートの回答のなかから、一人暮らしをしている大学生の食費の実例をご紹介します。自炊の頻度も合わせて載せているので、参考にしてください。

Aさん(サークルの飲み会が多い男性)

1ヶ月の食費 約30,000円
自炊の頻度 月に20日ほど自炊する

Aさんは、サークルの飲み会が多い男子大学生です。月に20日ほど自炊していますが、毎月の食費が約30,000円でした。

Aさんによると、飲み会がない月は20,000円まで食費が下がるということです。飲み会代で、毎月10,000円かかっていることが分かります。

本人は「もう少し食費を抑えたい」とコメントしていましたが「サークルの先輩に飲みに誘われると、断れない」という事情もあるようです。

Bさん(バイトばかりで自炊する暇が無い女性)

1ヶ月の食費 約32,000円
自炊の頻度 ほとんど自炊しない

Bさんは、生活費や、自分の遊ぶお金が欲しくて、週に4~5間もバイトをしている女性です。毎月の食費は、約32,000円でした。

食事は、外食か、スーパーの冷凍食品で済ますことが多いそうです。バイトで疲れ切っている日が多く、自炊する気力がわかないからです。

ただ「バイトがある日は従業員価格でご飯を食べられるから、その分はおトクです」ともコメントしていました。

Cさん(週1で彼女と外食する男性)

1ヶ月の食費 約33,000円
自炊の頻度 月に10日ほど自炊する

Cさんは、それなりに自炊はするが、週に1度は恋人と外食に行く男子学生です。1ヶ月の食費は、約33,000円でした。

彼女のご飯代を奢ることがあるので、平均よりも食費が高くなっています。

ただ、お金がないときは、カレーなど作り置きができるごはんを作って食べているので「月の食費が45,000円を超えたことはない」とのことです。

Dさん(1日3食すべて自炊している女性)

1ヶ月の食費 約18,000円
自炊の頻度 ほとんど毎日自炊している

Dさんは、料理が好きで、ほとんど毎日自炊している女子大生です。朝と夕だけでなく、昼食も自分で作ったお弁当で済ませています。食費は約18,000円で、かなり安いです。

朝食と、昼のお弁当は、夜のうちにまとめて作っているとのことです。「正直、料理をするのは夜だけなので、時間が足りないということはないです」とコメントしていました。

「スーパーのセール品をメインで買って、ネットで献立を調べています」とも言っており、主婦並みの節約スキルが感じられます。

自炊派が食費を抑えるための3つのコツ

お弁当を作る・自炊
自炊派の人は、さらに食費を抑えられるよう、3つのコツを紹介するので、試してみてください。

①1日の食事をすべて自炊にする
②安売りを狙って食材をまとめて買う
③コスパの良い食材で献立を考える

①1日の食事をすべて自炊にする

1日3食すべて自炊をすれば、月20,000円以内に食費を収めることも可能です。

小麦粉・キャベツ・卵だけで簡単にできるお好み焼きは1食約60円ほど、もやし・豆腐・鶏むね肉・味噌で作る味噌鍋は1食約120円ほどです。

お酒が好きな人は、お酒はスーパーで購入し、おつまみを自分で作れば1回あたり1,500~2,000円ほどの飲み代で済みます。

②安売りを狙って食材をまとめて買う

スーパーの安売りの食材を狙って、まとめ買いしておけば多少ですが食費を抑えられます。何十円ほどしか変わらない場合もありますが、節約には小さな積み重ねが大切です。

また、業務用スーパーなど、元から値段の安いお店で買えば、さらに費用を抑えられます。

③コスパの良い食材で献立を考える

常に値段が安い食材で作れる献立を作れば、かなり食費の節約になります。とくに使い勝手の良い、安い食材の一部をまとめてみました。

もやし:1袋10~20円
豆腐:1パック20~30円
パスタ麺:1袋100~200円
納豆:3パックセット50~150円
鶏胸肉:100g70円
ひき肉:100g60円
キャベツ:半玉200円
じゃがいも:1個25~35円
人参:1個35~45円
たまご:1パック100~200円

お好み焼きやカレー、シチューやハンバーグであれば、1食分300円ほどに収めることができます。

外食派が食費を抑えるための4つのコツ

料理を食べようとする女性

自炊せずに外食している人向けに、食費の節約の4つのコツを紹介します。

①お惣菜などはスーパーで買う
②飲食系バイトのまかないご飯を食べる
③学食や格安チェーンを利用する
④大学の周りで安いお店を探す

①お惣菜などはスーパーで買う

コンビニ弁当や、コンビニのレジ前で売っているお惣菜は避け、なるべくスーパーの総菜を買いましょう。

コンビニで600円ほどのお弁当も、スーパーだと400円ほどで買えます。1日200円浮くだけで、月6,000円の食費が節約できます。

②飲食系バイトのまかないご飯を食べる

まかないの出るバイト先を選んで、バイトでお金を稼ぎつつも食費を節約しましょう。1食分が無料~半額ほどになるので、かなり節約になります。

また、バイト先によっては従業員価格で、ごはんを注文できる場合もあります。

③学食や格安チェーンを利用する

どうしても自炊ができない日や、少し面倒に思う場合は、学食や格安チェーン店を利用すれば1食200~400円ほどで食べられます。

学食は、学費によって一部費用が控除されているので、安くてボリューム満点の食事が多いです。

格安チェーン店だと、吉野家の牛丼並盛で380円、マクドナルドの安いセットで500円、サイゼリアのランチセットで500円ほどです。

④大学の周りで安いお店を探す

大学の周りには、学生用の格安メニューを用意しているお店や、学生証があれば割引になるお店があります。

頻繁に通うのは経済的に厳しいですが、ファミレスなどで外食を続けるよりも食費を抑えられます。

大学生の生活費の合計額は?

食費以外の費用を含めると、一人暮らしの大学生の生活費は、1ヶ月あたり約124,000円です。下表は、当サイトRoochのアンケートの結果をまとめたものです。

家賃 約48,000円
食費 約25,000円
水道光熱費 約8,000円
娯楽費・交際費 約20,000円
通信費 約10,000円
その他(衣類・日用品) 約13,000円
合計 約124,000円

上記のアンケート結果は、あくまで関東地方に住む100名の大学生を対象にしたものです。地方の大学であれば、家賃がもっと安くなるため、月10万円ほどで済む場合もあります。

生活費以外に、サークルに入っている人は、学期ごとにサークル費用の徴収があります。また、サークルや友達の付き合いで、飲み会が多いと、追加の費用がかさみます。

一人暮らしをしている大学生の収入は、仕送り・奨学金・バイト代を合わせて、平均125,000円ほどです。収入と支出のバランスはギリギリなので、ぜいたくはできません。

これから一人暮らしを始める大学生は、なるべく家賃の低い物件を借りて、自炊メインで生活するようにしましょう。

▶大学生の生活費についての詳しい解説はこちら

大学生向けの部屋を探すならイエプラがおすすめ

大学生向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産屋の「イエプラ」がおすすめです!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる、信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境、通学しやすさなどについて相談できます!

イエプラで大学生向けの物件を探す

イエプラと普通の不動産屋でお部屋を探した男子大学生の体験マンガ!

大学生の生活比較漫画
とにかくラク。のイエプラボタン  

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識