お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

美容師アシスタントが一人暮らしする方法!生活費の内訳を大公開!

髪を切る美容師

美容師アシスタントで一人暮らしをしている人はどうやっているの?という疑問にお答えします!仕送りをもらっているのか、アルバイトをしているのか、などの疑問を解決し、実際に一人暮らしをしている人の生活費の内訳を大公開します!

美容師アシスタントで一人暮らしをしている人はどうやっているの?

美容師のシザーセット
美容師アシスタントが一人暮らしをするには、かなり厳しく生活費を切り詰める必要があります。美容師アシスタントの給与は、額面で13~15万円、手取りで10~12万円だからです。

美容師アシスタントで、実際に一人暮らしをしている人が実践しているのは、主に以下の3つの方法です。

①仕送りをもらっている
②副業のアルバイトをやっている
③趣味や娯楽を徹底的に我慢している

それぞれについて、解説していきます。

①仕送りをもらっている

自分自身の給与だけでは生活できないため、親から仕送りをもらっている美容師アシスタントは多いです。

自立しているとはいえない状態になるので抵抗があるかもしれませんが、1人前になるまでは「頼れるものは頼る」という考えが重要です。借りたお金はスタイリストになってから返しましょう。

ただし、カードローンでお金を借りるのは絶対にやめるべきです。いつスタイリストになれるか分からないため、返済できない危険が高いです。

②副業のアルバイトをやっている

収入を増やすために、終業後や、休みの日にアルバイトをしている美容師アシスタントもいます。

美容師アシスタントとしての手取り額が12万円ほどなので、アルバイトで4万円を稼いで、1ヶ月の収入を16万円にすれば、ひとまず生活できます。

時給1,000円なら、週3日、4時間のアルバイトで「時給1,000円×4時間×3日×4週間=48,000円」です。税金を引かれても、4万円は手元に入ります。

ただし、美容室は拘束時間が長く、休みが少ない職場です。スタイリストになるための勉強にも時間を割かなくてはいけないので、アルバイトのシフトに入れないケースも多いです。

退社時刻が21~22時の美容室の場合は、継続的なアルバイトが難しいため、休日に日雇いで働いたり、早朝に新聞配達する生活になります。

③趣味や娯楽を徹底的に我慢している

生活にギリギリの収入しかないため、美容師アシスタントで一人暮らしをしている人の多くは、趣味や娯楽を徹底的に我慢しています。

外食を楽しんだり、映画を見に行ったり、イベントに参加したりなどは、ほとんどしません。

空いている時間があれば、1人前になるために勉強や練習に励む人が多いです。節約というだけでなく、少しでも早くスタイリストになれば、収入が上がり、生活が改善されるからでもあります。

美容師の一人暮らしの実例

当サイトRoochで実施したインタビューをもとに、実際に一人暮らしをしている美容師の実例をご紹介します。

「美容師アシスタント」だけでなく、1人前になって「スタイリスト」として働くようになった場合のケースも紹介しているので、参考にしてください。

美容師アシスタントの一人暮らし

美容師アシスタント(2年目)
男性のアイコン・給与15万円(手取り11.9万円)
・休日にアルバイト(5~6万円)
・築30年のワンルーム
家賃 約35,000円
食費 約25,000円
水道光熱費 約8,000円
スマホ代・ネット代 約10,000円
趣味代 約5,000円
講習代・衣類代など 約20,000円
日用品購入費・医療費など 約10,000円
合計 約113,000円

美容室での仕事が休みの日に、交通整理やイベント設営などの日雇いのアルバイトをしているそうです。なんとか生活できていますが、アルバイトの収入が不安定なので、節約を徹底しています。

食事は自炊が中心で、外食は「疲れていて料理ができないときだけ」にしているそうです。趣味には1ヶ月で5,000円ほどしか使っていません。

住まいは、三鷹にある、築30年以上のアパートです。家賃3.5万円の格安物件ですが、線路沿いにあるため騒音が激しいとのことです。

スタイリストになってからの一人暮らし

スタイリスト(1年目)
女性のアイコン・給与22万円(手取り17.6万円)
・美容師アシスタントを3年経験
・風呂トイレ別の1DK
家賃 約72,000円
食費 約26,000円
水道光熱費 約9,000円
スマホ代・ネット代 約7,000円
趣味代・交際費 約10,000円
講習代・衣類代など 約30,000円
日用品購入費・医療費など 約10,000円
合計 約164,000円

3年間の美容師アシスタントを経て、スタイリストになった女性です。アシスタント時代は1時間以上かけて通勤していましたが、収入が安定したのを機に一人暮らしを始めました。

ただ、スタイリストになったとはいえ、収入はそれほど上がらず、手取り額は17.6万円です。副業の必要はないですが、無駄遣いをできるほど余裕はないです。

アシスタント時代と変わらず、講習やファッションには費用がかかります。

講習やファッションにかける費用は節約すべきではない

メイクセット
美容師アシスタントで一人暮らしするには徹底した節約が重要ですが、見習いである以上は、講習やファッションにかける費用は節約すべきではありません。

一刻も早くスキルとセンスを身に着け、スタイリストになることが、生活を安定させる近道だからです。

スタイリストになるまでの期間は美容室によって違いますが、なかには、勉強熱心な姿を評価して、期間を繰り上げてくれる店長もいます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識