一人暮らしにおすすめの便利家電!写真付きで大公開!

一人暮らしの知識

早川

この記事の監修:早川
「イエプラ」営業担当

この記事の監修:早川
「イエプラ」営業担当

部屋画像

一人暮らしの生活でよく使う家電を、一人暮らしに必須の家電、あると便利な家電に分けて紹介します。予算目安や一人暮らしの人が選ぶポイントなどについて解説しているので、これから一人暮らしを始めて家電を買い揃える予定がある方は、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしの生活でよく使う家電一覧

一人暮らしの生活でよく使う家電の一覧と、予算目安を紹介します。以下で紹介する家電は、生活に必須な物からあると便利な物まで様々ですが、いずれも一人暮らしを豊かにしてくれる物ばかりです。

商品 予算目安
洗濯機 20,000~30,000円
冷蔵庫 20,000~30,000円
テレビ 25,000~35,000円
電子レンジ 10,000~20,000円
炊飯器 10,000~15,000円
照明 3,000~7,000円
ドライヤー 2,000~10,000円
エアコン 50,000~60,000円
BDレコーダー 30,000~50,000円
空気清浄機 6,000~20,000円
扇風機 2,000~5,000円
掃除機 5,000~15,000円
布団乾燥機 4,000~6,000円
アイロン 3,000~8,000円
ガステーブル(ガスコンロ) 10,000~15,000円
電気ケトル 2,000~5,000円
オーブントースター 2,000~5,000円
ミキサー・ブレンダー 2,000~10,000円
コーヒーメーカー 5,000~10,000円
ホットプレート 2,000~10,000円
ノートパソコン 20,000~100,000円
電源タップ 500~2,000円

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

一人暮らしに必須の家電

一人暮らしの生活に必須の家電を7点紹介します。7点全てを新しく購入した場合、費用の目安は約10~15万円です。

洗濯機(20,000~30,000円)

一人暮らしで週に2~3回洗濯する程度なら、洗濯容量は4~5kgくらいで充分です。週に1度まとめて洗濯するなら、6kgタイプがおすすめです。

洗った洗濯物を干すのが手間だったり、日当たりが悪い部屋だったりする場合は、乾燥機能が付いていると便利です。雨が多い季節などでも、気にせず衣類を乾かせます。

一人暮らしだと、仕事から帰ってきて夜間に洗濯をすることが多いと思いますが、夜に回すなら低騒音設計されている洗濯機がおすすめです。

ハイアールという会社の洗濯機は、低騒音設計されていて、約2万円で購入できるコスパの良い商品です。

ハイアール 全自動洗濯機

出典:https://www.biccamera.com/bc/item/3370999/

冷蔵庫(20,000~30,000円)

飲み物や翌日分のご飯を冷やせれば良いくらいの人は、容積100Lくらいの冷蔵庫で充分です。自炊をしていて、食材をたくさん保存したい人は150~300Lくらいあると良いです。

冷蔵庫には、直冷式とファン式の2種類があります。直冷式は比較的安く購入できますが、霜が発生するので定期的に霜取りが必要です。ファン式の冷蔵庫は、霜取りの手間はかかりませんが、直冷式と比較すると価格が2~3割ほど高くなります。

また、一人暮らしの部屋はキッチン回りが広く取りづらいので、冷蔵庫の上に電子レンジを置ける耐熱加工がされている物が便利です。

機能やデザインよりも、費用を抑えることを最優先に考えるなら、ハイアール製の2ドア冷蔵庫がおすすめです。容量が少ないタイプのものであれば、2~2万5千円で購入できます。

ハイアール 2ドア冷蔵庫

出典:https://www.biccamera.com/bc/item/3569812/

テレビ(25,000~35,000円)

テレビのサイズは、6畳以下の部屋なら29インチ以下、6~12畳程度の部屋なら32~49インチが目安です。大きすぎると場所を取りすぎて家具の配置変更ができなくなったり、画面までの距離が近くて見づらいことがあるので、購入の際は慎重にサイズを選びましょう。

また、予算に余裕があれば、録画機能付きもおすすめです。別でレコーダーを買う必要がなく、配置場所にも困りません。

32インチのテレビなら、東芝REGZAがおすすめです。コスパが良く、お部屋の明るさや映像に合わせて画質を調整する機能が付いています。約3万円で購入できます。

32インチREGZA

出典:https://www.amazon.co.jp/

電子レンジ(10,000~20,000円)

電子レンジは、自炊するかしないかで選び方が変わります。例えば、外食やお弁当を買って食べることが多い人なら、温め機能のみ付いている物で十分です。

毎日自炊するという人は、設定次第で様々な料理が作れるオーブンレンジがおすすめです。より機能を重視するなら、スチーム機能付きのオーブンレンジの購入を検討してみてはいかがでしょうか。揚げ物もできます。

購入の際は、600W以上に対応していて、省電力設計されている商品を選びましょう。

シャープ製のオーブンレンジは、比較的安価で購入できて十分な機能が備わっています。

シャープ オーブンレンジ

出典:http://www.sharp.co.jp/oven/

炊飯器(10,000~15,000円)

一人暮らしで使う炊飯器は、3合炊ける物で充分です。まとめて炊いて冷凍保存するなら5合炊きが効率的です。

また、保温をするなら美味しさを保てるIHかマイコンタイプの炊飯器を選びましょう。無洗米コースもあると便利です。

アイリスオーヤマの炊飯器は、一人暮らしサイズの物なら約1万円ほどで購入できます。

アイリスオーヤマ マイコン炊飯ジャー

出典:https://shopping.dmkt-sp.jp/products/006496757622040824

照明(3,000~7,000円)

照明はLED電球タイプで、器具光束3000lm以上、リモコン付きだと省エネでかつ利便性が高いです。安価な物だと、6畳用を3千円台で購入できます。

おすすめはNECのリモコン付きLEDシーリングライトです。購入費は高くなりますが、使用できる年数や消費電力を考えるとお得です。

NECライティング リモコン付LEDシーリングライト

出典:https://www.amazon.co.jp/

ヘアドライヤー(1,500~10,000円)

女性の一人暮らしならヘアドライヤーは必須です。短時間で一気に乾かしたいなら、1000~1200Wで14m/秒以上のタイプがおすすめです。

ヘアケア機能を求めるなら、イオン発生機能付きのヘアドライヤーがおすすめです。

パナソニックのターボドライという商品は、機能は充実していませんが、1,500円以下で購入できます。

パナソニック ヘアドライヤー「ターボドライ」
パナソニック ヘアドライヤー「ターボドライ」

出典:https://www.yodobashi.com/product/100000001001051414/

一人暮らしであると便利な家電

一人暮らしの生活で、あると便利な家電を紹介します。

掃除機(5,000~10,000円)

お部屋が広くなく、収納スペースがあまりない一人暮らしでは、スティック型の、コスパと吸引性能のバランスがとれたサイクロン式の掃除機がおすすめです。

夜に掃除機を使いたいという人は、低騒音の掃除機を選びましょう。女性が数分間掃除機を持ち続けるには、本体重量が3kg以下のものを選ぶと負担が少ないのでおすすめです。

ツインバード スティック型サイクロンクリーナー

出典:https://www.amazon.co.jp/

BDレコーダー(32,000~50,000円)

ドラマなどを撮り溜めて、休日にまとめて見たいならBDレコーダーがあると便利です。

スペックは同時録画2番組以上で、録画容量500GB以上だと重宝します。また、屋外再生対応モデルなら、スマホやタブレットで外に居ながら録画した番組が視聴できるのでおすすめです。

テレビのメーカーと同じ商品を選ぶと、テレビとのリンク機能が使える場合があるのでおすすめです。

パナソニック ブルーレイレコーダー「DIGA」

出典:http://kakaku.com/item/K0000912691/

エアコン(50,000~60,000円)

エアコンは最近は備え付けの物件も多いですが、自分で用意する場合は、冷房の畳数目安が6~9畳程度で、省エネ評価が★2以上だと、電気代が安く収まりやすいのでおすすめです。

シャープ エアコン

出典:https://www.amazon.co.jp/

空気清浄機(6,000~20,000円)

空気清浄機は、少し価格が高くなりますが、空気清浄機能+加湿機能が付いているタイプだと便利です。また、抗菌フィルター・PM2.5対応のオプション機能があると安心です。

ツインバード 空気清浄機

出典:https://www.amazon.co.jp/

扇風機(2,000~5,000円)

夏場はエアコンと一緒に扇風機を上向きにして回せば、冷房効率が一気に良くなるのでおすすめです。

価格は全体的に5千円未満のものが多いですが、できれば4千円程度のリモコン付きの扇風機だと便利です。

SIROCA リビング扇風機

出典:https://www.amazon.co.jp/

布団乾燥機(4,000~6,000円)

布団乾燥機は花粉やアレルギーが気になる人、外に布団が干せない物件に住んだ人は購入を検討してみてください。

ただ、布団乾燥機は意外に大きく、デザイン性があまり良くないので、収納場所を確保する必要があります。一人暮らしだと、収納場所の確保が大変なことも多いので購入の際はよく考えましょう。

パナソニック ふとん乾燥機

出典:https://www.amazon.co.jp/

アイロン(3,000~8,000円)

アイロンはハンガーにかけたままアイロン掛けできるスチーマータイプがおすすめです。また、シャツなどのボタンが付いている服が多い場合は、小回りの利くコードレスタイプがおすすめです。

パナソニック コードレスアイロン「カルル」

出典:https://www.biccamera.com/bc/item/3228218/

ガステーブル(10,000~15,000円)

物件によってはシステムキッチンが採用されていて、予め備え付けられていることがあるので、必ずしも買うものではありません。

ただ、もしも自分で用意する場合は、設置スペースの広さ・コンロの数・魚焼きグリルが必要かどうかを踏まえて選ぶと良いです。

ノーリツ ガステーブル「ピッタリフィット」

出典:http://kakaku.com/item/K0000705148/

電気ケトル(2,000~5,000円)

電気ケトルはカップラーメンのお湯を用意したり、コーヒーを淹れたり、料理に使ったりと、あると便利な家電です。

ただ、用途はお湯を沸かすことしかできないので、頻繁に使わない人はやかんなどで十分かもしれません。

T-FAL 電気ケトル「アプレシア ウルトラクリーン ネオ」

出典:https://www.amazon.co.jp/

オーブントースター(2,000~5,000円)

自炊をするなら、オーブントースターでパンを焼く・グラタンを作る・フライを温めるなどが簡単にできます。

東芝 オーブントースター

出典:https://lohaco.jp/product/1431246/

ミキサー・ブレンダー

ミキサーやブレンダーも自炊派なら持っておくと良い家電です。野菜のカットやかき混ぜる手間が大幅に省けます。

テスコム ミキサー

出典:https://www.amazon.co.jp/

コーヒーメーカー(5,000~10,000円)

普段家でコーヒーを飲む人は、1台持っておくと重宝します。コーヒーメーカーで淹れたコーヒーは味や鮮度が良いほか、長期的にみればコスパに優れています。

ネスレ コーヒーメーカー「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」

出典:https://www.amazon.co.jp/

ホットプレート(2,000~10,000円)

ホットプレートがあれば、卓上で焼肉やお好み焼きができるので、一人暮らしでもあると意外に便利です。また、たこ焼きプレートなどが付属しているタイプもあるので、人を呼んだ際に重宝します。

ただ、収納場所に困ることも多いので、本当に必要かどうか考えてから購入しましょう。

東芝 ホットプレート

出典:https://www.amazon.co.jp/

ノートパソコン(20,000~100,000円)

ノートパソコンは人によって必要・不必要が分かれますが、持っていればネット検索、ゲームやDVD鑑賞など、あらゆるシーンでスマホより利便性が高いです。

ノートパソコンは、安い物なら2万円台から購入でき、macのようなブランドモデルでハイスペックな機種だと、10万円以上することがあります。

ASUSの11.6型パソコンは、日常生活で使用するなら十分な性能があり、約4万円で購入できるコスパの良い商品です。

ASUS 11.6型ノートPC

出典:https://www.amazon.co.jp/

電源タップ(500~2,000円)

賃貸だと必要な位置にコンセントがなかったり足りなかったりしますが、電源タップがあれば一発で解決します。

ただ、電源タップを利用する際は、タコ足配線に気をつけましょう。過剰な接続は発熱や発火の原因になります。

パナソニックのザ・タップXという商品は、ホコリ侵入を防ぐための加工がされていているのでおすすめです。価格は約700円です。

パナソニック テーブルタップ「ザ・タップX」

出典:https://www.amazon.co.jp/

家電を買い揃える際の3つの注意点

最後に家電を買い揃える際の3つの注意点を紹介します。

・家電セットは安易に購入しないほうが良い
・中古品は価格の安さの裏に色んなデメリットがある
・部屋のレイアウトや設置場所を考えてから買う

家電セットは安易に購入しないほうが良い

「新生活応援家電○点セット」と称して、ビックカメラ・コジマ・ヤマダ電機・ヨドバシカメラ・ニトリをはじめ、あらゆるお店で家電セットの取り扱いがあります。

確かにまとめ買いは金額的にお得な場合が多いですが、家電セットを買う前に確認しておきたいことが3つあります。

①型落ち製品が多い
②色やサイズが選べない
③別々に買った方が安いことも多い

セット内容をよく見てみると、古いモデルの製品が含まれていることがほとんどです。型落ち製品は消費電力が大きく、安く買ったのに月々の電気代が余計にかかってしまうことがあります。

また、家電セットの中身は基本的に選べないので、色は白や黒などの地味な物だったり、サイズは一人暮らし向けで集められていることが多いです。例えば、200Lの冷蔵庫が欲しいと思っても、家電セットだと100~150L程度の場合が多いです。

家電セットは冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・炊飯器・掃除機の5点あわせて約5~6万円(税込み)しますが、実は個別に買った方が安く収まることもあるので、よく考えてから購入しましょう。

中古品はデメリットもある

家電の中古品は、中古屋やネットオークションなどで売られていますが、価格が安いメリットの裏にデメリットもあります。

もしも中古品を狙っているなら、デメリットを把握しておく必要があります。以下がデメリット一覧です。

・誰がどんな風に使っていたか分からない
・保証期間が短く故障のリスクが高い
・消費電力が大きく電気代が高くつく場合がある

例えば、冷蔵庫や洗濯機は、前の持ち主の生活臭などが残っていたり、見えない部分にカビが生えていたりなど、衛生面で気になることがあります。

費用がかさんでも、中古品ではなく新品を買うことをおすすめします。

部屋のレイアウトや設置場所を考えてから買う

例えば、ワンルームの中に冷蔵庫を置く場合、家具の置き場所との兼ね合いを考える必要があります。また、電子レンジや炊飯器の置き場所や、掃除機のしまい場所も確保しなければなりません。

洗濯機は基本的に設置場所が確保されていますが、洗濯機置場の大きさによっては置けるサイズが制限されているので注意が必要です。

一人暮らしの家電は必要なものから揃えよう

家電を購入する際は、絶対に必要だと思うものから買い揃えましょう。最初にほしいものを全部揃えるのではなく、生活を始めてから必要だと感じたら追加購入しましょう。

買ったけど使う機会が少なかったらもったいないですし、一人暮らしのお部屋は狭い場合が多いので、買い過ぎはお部屋を圧迫するだけです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

12月のイメージ写真
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly