お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

オール電化で一人暮らしの電気代!ガス物件との料金の比較を公開!

オール電化で一人暮らしするイメージイラスト

オール電化の電気代は一人暮らしでいくら?ガス併用の物件と比べて高いの?と疑問になっている人向けに、オール電化の電気代について徹底解説します!

オール電化で一人暮らしの電気代平均や、電気とガス併用の料金比較、オール電化のメリット・デメリットを紹介しています。

電気代の節約方法や、オール電化向けプランのある電力会社もあるので、ぜひ参考にしてください!

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
チャット不動産イエプラ メディア事業部
ファイナンシャル・プランナー

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

オール電化で一人暮らししている人の電気代は約1.1万円

関西電力が公表している「オール電化住宅の光熱費平均」によると2020~2021年の期間に、オール電化で一人暮らししている人の電気代は11,222円です。

電気とガスを併用する住宅と比較すると、オール電化の住宅はガス代がかからないため電気代が高くなります。

オール電化はガス併用より約2.4千円高い

関西電力が公表したオール電化住宅で一人暮らしをしている人の電気代と、総務省統計局の「2020年 家計調査」で発表された一人暮らしの平均的な光熱費と比較しました。

ガス併用住宅の平均的な一人暮らしの光熱費より、オール電化住宅は2,410円高いです。内訳は以下の表を参考にしてください。

オール電化住宅 ガス併用住宅
電気代 11,222円 5,791円
ガス代 0円 3,021円
合計 11,222円 8,812円

オール電化では、お湯を沸かす際に多くの電力を利用するため、ガス併用住宅より光熱費が高くなります。

マル秘イエプラバナー

オール電化は冬の電気代が跳ね上がる

オール電化住宅は、冬は電気代が2倍近く跳ね上がります。エアコンやお湯を沸かす際にたくさんの電力を使うからです。

総務省統計局の「2020年 家計調査(四半期)」を参考に、一人暮らしの電気代を時期ごとにまとめました。オール電化住宅の場合は2,000~2,500円ほど高くなると考えてください。

時期 電気代
1~3月 6,535円
4~6月 5,916円
7~9月 5,330円
10~12月 5,135円

冷えた空気やお水を温める際、時間がかかるので消費電力が多くなります。比例して電気代も高くなります。

とくに、冬でも朝風呂に入る人は電気代が高くなりやすいです。夜間に冷え切ったお水を温めるのに、大量の電気を消費するからです。

生活スタイル別のシミュレーション

オール電化で一人暮らしをしている人でも、生活スタイルによって電気代がことなります。そこで、生活スタイル別に電気代のシミュレーションをしました。

オール電化とガス併用を比較しているので、自分の生活スタイルに合った電気代を参考にしてください。

共通条件
・東京電力のプランで比較
・オール電化は「スマートライフS」プラン
・通常は「従量電灯B」プラン
・ガス代は「2800円」で統一
・アンペア数は「30A」で統一
・4月(春)の電気代でシミュレーション
価格.comのシミュレーションを使用

家にいる時間が長く電気をたくさん使う人

在宅勤務で、家にいる時間が長く電気をたくさん使う人の光熱費のシミュレーションです。

オール電化「約600kWh/月」と、ガス併用「約400kWh/月」で計算した結果、オール電化のほうが1,000円も安いです。

オール電化 ガス併用
電気代 約13,200円 約11,500円
ガス代 0円 約2,800円
合計 約13,200円 約14,300円

ただし、オール電化は契約している電力会社やプランによってかなり料金が変動します。契約内容によっては、オール電化のほうが高くなるので要注意です。

ほぼ家におらず電気をあまり使わない人

ほぼ家にいない人を想定して、オール電化「約200kWh/月」と、ガス併用「約80kWh/月」で計算しました。

平日・休日問わず家を空けることが多く、寝に帰るだけという人はオール電化とガス併用であまり差がありませんでした。

オール電化 ガス併用
電気代 約5,000円 約2,300円
ガス代 0円 約2,800円
合計 約5,000円 約5,100円

月100円ほどの差しかないので、電気代よりも住み心地でお部屋を選んだほうが良いです。

昼間たくさん電気を使い夜は家にいない人

夜勤で昼夜逆転していて、主に昼間たくさん電気を使い夜はあまり家にいない人のシミュレーションです。

消費電力は一人暮らしの平均として、主に日中(7時~16時)に家にいることが多い人を想定しています。

オール電化 ガス併用
電気代 約8,000円 約4,800円
ガス代 0円 約2,800円
合計 約8,000円 約7,600円

オール電化は、エコキュートや電気温水器など夜にお湯を沸かす電子機器を導入しています。そのため、昼に料金が高く、夜に安くなるプランを採用している電力会社が大半です。

夜勤で昼夜逆転の生活スタイルの人は、オール電化より「電気+ガス併用」のほうが光熱費は安く抑えられます。

オール電化で一人暮らしするメリットとデメリット

オール電化で一人暮らしするメリットとデメリットも解説します。

本当に一人暮オール電化に住んでも大丈夫かどうかの判断材料にしてください。

オール電化で一人暮らしするメリット

オール電化の賃貸物件で一人暮らしするメリットは以下の4つです。

・ガスの基本料金がかからない
・キッチンの掃除がラク
・災害時の復旧が早い
・ガス漏れや火事の危険性が低い

オール電化の最大のメリットは、ガスを使用しないので、ガスの基本料金が不要です。基本料金は契約するだけでかかる最低料金のようなものなので、数百円の節約に繋がります。

また、火を使わないIHコンロなので、ガス漏れや火事が起きる危険性が低く、キッチン周りの掃除がしやすいのもポイントです。

停電すると一切利用できなくなりますが、災害時の復旧はガスよりも早いです。

オール電化で一人暮らしするデリット

オール電化で一人暮らしするデリットは、以下の4つです。

・日中電気を多く使うと電気代が高くなる
・冬はガス併用より料金が高くなりやすい
・停電中は料理や入浴が不可能になる
・貯湯タンクの定期メンテナンスが必要

オール電化のデメリットは、夜間の電気料金が安い分、日中が割高になっていることです。日中に入浴や料理など電気を多く使う場合は、ガス併用のほうが費用を抑えられます。

また、冬は電気代が2倍近く高くなります。先にも開設しましたが、冷たい空気や水を温めるのに時間や電力を多く使うからです。

停電時に置くと電気の両方が使えなくなる、電気給湯器の定期メンテナンスが必須というデメリットもあります。

オール電化で電気代が高くなった人は多い

実際にオール電化で一人暮らしをしている人の口コミを見ると、電気代が高くなったと感じている人が多かったです。

ガス併用だった頃と比較して、3,000~7,000円ほど高くなったという人が多かったです。

オール電化のお部屋に住もうか検討している人は、以下の口コミを参考にしてください。

在宅勤務で自宅にいる時間が増えて、電気代も高くなっているようです。なかには、2倍も高くなったいう人もいました。

それでもオール電化のお部屋に住む人は、以下で紹介する電気代の節約方法を実践してみてください。

オール電化の電気代を節約する方法

オール電化で一人暮らしする際、とくにおすすめの節約方法を紹介します。

以下の6つのことをおこなうだけで、月1,000~2,000円ほど節約できます。

①電力会社と契約プランを見直す
②極力夜間に電気を使用する
③エアコンやお湯の温度を一定にする
④エコキュートの省エネモードを利用する
⑤お風呂の追い炊きは使わない
⑥電力会社の契約アンペア数を見直す

①電力会社と契約プランを見直す

電力会社と契約プランの見直しをおこなってください。2016年4月から、賃貸物件でも自由に電気会社を選べるようになりました。

会社によって基本料金や1kWhあたりの料金、プランなどがバラバラなので、より安い新電力会社に切り替えましょう。

なお、新電力に切り替える際のスマートメーター取り付け費用などは、電力会社負担なので気軽に申し込みできます。

のちほど、オール電化向けのプランを扱っている新電力会社を解説します。

②極力夜間に電気を使用する

オール電化の1kwhあたりの価格は日中と夜間で約20円近くも差があります。洗濯機や炊飯器は、タイマーを使って夜間に使うようにしましょう。

日中の電気の使用量を抑えるだけでも、月500~1,000円ほど節約できます。

ただし、夜中の洗濯機稼働は、騒音トラブルに発展することがあるので気を付けてください。

③エアコンやお湯の温度を一定にする

エアコンの温度を夏は26度、冬は20度に、お湯は38度に固定しましょう。1度上げるだけで、消費電力が13~15%も増えます。

とくに冬は、設定温度を高くし過ぎると電気代が跳ね上がるので要注意です。

エアコンの設定温度を低くして、厚着や毛布などで寒さ対策したほうが良いです。

④エコキュートの省エネモードを利用する

メーカーによって、エコキュートの省エネモードがあります。消費電力を抑えられるので、電気代の節約に繋がります。

以下に主なメーカーのおすすめ省エネモードを紹介するので、参考にしてください。

メーカー 省エネ設定の運転モード
三菱電機 おまかせ
パナソニック おまかせ節約
ダイキン おまかせモード
コロナ おまかせ省エネ
東芝 おまかせ
日立 おまかせ節約

今からオール電化のお部屋に引っ越す人は、内見時にエコキュートのメーカーも確認しておきましょう。

⑤お風呂の追い炊きは使わない

エコキュートによる追い炊きは、タンクのお湯を使わず、タンクのお湯の熱量を利用して温めなおす仕組みです。

お湯を張り替えるより消費電力が高くなります。前日のお湯を再利用したい人も、新しく温まったお湯を張りなおしたほうが良いです。

⑥電力会社の契約アンペア数を見直す

契約中のアンペア数を見直してください。使用量を大きく上回るアンペア数だった場合は、契約内容を変更して下げましょう。

オール電化の場合は60Aで契約する人が多いですが、一人暮らしなら40Aで充分です。基本料金だけでも、約500円の差が出ます。

アンペア数 基本料金
30A 860円前後
40A 1,150円前後
50A 1,450円前後
60A 1,750円前後

まれにA(アンペア)ではなくW(ワット)で性能が書かれている場合もありますが「100W=1A」計算です。

オール電化プランがある電力会社

オール電化の一人暮らしで少しでも電気代を節約したい人向けに、オール電化プランを扱っている電力会社をご紹介します。

時間帯別の料金単価が安くなるように設定されたプランばかりなので、自分のライフスタイルに合った電力会社を選んでください。

電力会社名 プラン名
Looopでんき スマートタイムプラン
J:COM電力 お得タイム、季節別などのプラン
出光昭和シェルでんき オール電化プラン
HISでんき ぜんぶでんき
CDエナジーダイレクト スマートでんき

電力会社を切り替えるには、利用中の電力会社から届いている「検針票」が必要です。

基本的にどの電力会社もホームページで料金シミュレーションができるので、現在の電気代からどのくらい安くなるか確認してみましょう。

▶おすすめの新電力会社の料金や特徴はこちら

迷っているなら不動産屋に相談すると良い

オール電化かガス併用か迷っている人は、不動産屋に相談するべきです。ネット上の不動産屋「イエプラ」は来店不要でチャットやLINEから気軽に相談可能です。

電気代だけではなく、初期費用や室内の設備などトータルでアドバイスをくれます。

深夜0時まで営業しているので、通勤中の電車の中や寝る前のちょっとした時間を活用してお部屋探しができます!

SUUMOやHOMESに載っていないオール電化の未公開物件を紹介してくれますし、ほかサイトの物件をまとめて確認してくれます。

一人暮らしバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について