お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

【東京】子育てしやすい街ランキングTOP5!ファミリーが住みやすい駅を解説!

東京子育てしやすい街ランキングTOP5

当サイト「Rooch」が独自に、子育て制度・待機児童数・治安の良さなどを総合的に判断し、2021年版の東京23区内の子育てしやすい街ランキングTOP5を作成しました!

子育てしやすい街ランキングTOP5の中から、とくにファミリーにおすすめの住みやすい駅も紹介します!そのほか、治安の良い街や買い物環境が充実している街も紹介します!

これから子供が生まれる予定の夫婦や、すでに子どもがいて引っ越し予定がある人必見なので、是非参考にしてください。

共働きで子育てしやすい街ランキング

日経DUALと日本経済新聞社が毎年調査する「2020年度 共働き子育てしやすい街ランキング(全国総合編)」で選ばれた、東京23区の5区をまとめました。順位は全国総合のものです。

順位 特徴
2位 葛飾区 23区の中でも家賃相場がかなり低い。「三人乗り自転車購入費助成」など、共働き向けの独自制度がある。スーパーや公園が多く、生活しやすい下町。
2位 豊島区 母子サポート「鬼子母神プロジェクト」を開始した区として有名。共働きしやすい街ランキングで毎回上位に入選しているほど、制度が充実。
4位 新宿区 新宿区独自の子育て支援が豊富。「民間賃貸住宅家賃助成」で上限月3万円の助成もある。待機児童数が10人以下と毎年少なめ。
7位 板橋区 子育て制度の多さ・治安の良さ・家賃相場の低さ・公園の多さ・病院の多さなど、バランスが良い。23区内で1番地盤が強いので、子育て世帯に人気。
11位 練馬区 子育て向けの助成金制度が充実している。物価が安いのでとくに若い世代のファミリーに人気。自然が多く田舎のような雰囲気が残る区。

このランキングは「自治体の子育て支援制度に関する調査」を基にしているため、実際の子育て世帯の意見を反映したものではありません。

認可保育所や学童などの施設のインフラ、支援制度の充実さ、コロナ流行下における子育て世帯への支援など、自治体の活動の総合です。

子育てしやすい街ランキングTOP5【不動産屋厳選】

実際に東京23区で暮らしている子育て世帯はどうなのか、独自でランキングを作成したので是非参考にしてください。

順位 特徴
1位 杉並区 3年連続待機児童0を達成。治安が良い、子育て制度が充実、家賃相場が低め、医療機関が多いなど、子育てしやすい環境が整っている。
2位 豊島区 2020年度の待機児童0を達成。物価が低めで穴場の区。池袋駅周辺を除けば治安が良い。独自の子育て世帯が多いうえ、女性支援にも力を入れている。
3位 世田谷区 2020年度の待機児童0を達成。日本初の「産後ケアセンター」を設置。子育て制度が充実しているうえ、23区で最も医療機関が多い。
4位 練馬区 物価が低く、とにかく出費を抑えたい子育て世帯におすすめ。子育て制度はやや多い。治安が良いうえに、自然が多くて世代問わず過ごしやすい区。
5位 港区 2020年度の待機児童0を達成。23区で最も子どもの割合が多い区。出産費用助成金が最大73万円と高額。ただし、物価が高いのがネック。

弊社「家AGENT」で2020年12月~2021年5月に契約した子育て世帯が選んだ街と、弊社スタッフ3名による選定結果です。

選定基準
①子育て世帯の契約が多い区
②子育て制度が充実しているか
③治安が良いか
④保育園の待機児童数
⑤子育て世帯が多いか
⑥スタッフ3名の実経験に基づいた意見
阿部さんのアイコン 阿部さん
「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。お部屋探しに関して、住む場所や設備などの悩みを的確にアドバイスしています。
藤本さんのアイコン 藤本さん
女性視点できめ細やかな接客をしてくれます。エリア情報に詳しく、地域住民しか知らないようなコアな話をしてくれます。
豊田さんのアイコン 豊田さん
宅地建物取引士の資格を取得しているので、審査や費用についてに強く、子育て世帯の相談を受けることが多いです。

それぞれの区の特徴や子育てのしやすさ、住みやすさやファミリー向け物件の平均家賃相場など詳しく解説していきます。

1位:杉並区

杉並区の風景写真
杉並区は自然豊かな地域で、閑静な住宅街として発展してきた街なので、子育てファミリーが多く住んでいます。

「杉並アニメーションミュージアム」や「杉並児童交通公園」などの施設がたくさんあるので、気軽に子どもと遊びに行けます。

認可保育所や小規模保育事業の整備、保育園申込者に合わせたマッチングをおこなうなどの取り組みの結果、2018~2020年度の3年間「待機児童ゼロ」を達成しています。

阿部さんのアイコン杉並区には、学校や体育館、図書館などの教育施設が多く、文教地区のイメージが強いです。23区内でも自然が多いので、子どもをのびのび育てやすいです。家賃相場が低い点もおすすめポイントですね。

杉並区の子育て制度例

杉並区では「子ども・子育て会議」という委員会を設置し、子育てしている人や関係者の意見を積極的に取り入れて、都度会議するほど子育てに力を入れています。

以下に、杉並区がおこなっている子育て制度の一部をまとめました。

・児童手当(中学校修了前まで)
・児童特例給付
・出産育児一時金(420,000円/人)
・子どもの医療費控除(中学校修了前まで)
・子育て訪問サポート(生後4か月まで)
・産前、産後の支援ヘルパー
・子ども一時預かり支援
・子育て応援券の配布(2歳児まで)
・私立幼稚園の補助金(60,000円/人)
・認証保育所の保育料一部補助
・特定不妊治療費の助成金

とくに、杉並区独自の「子育て応援券」は、無料なので受け取っておいて損はありません。

おむつやミルクなどの消耗品購入には使えませんが、一時預かり所や訪問ヘルパー、インフルエンザの予防接種などに使えます。

杉並区の待機児童数

杉並区は、2018年度~2020年度の3年連続待機児童0を達成しています。

認可保育所や小規模保育事業の整備はもちろん、保育園を申し込んだ家庭に対し空きがある認可外の保育施設の個別紹介を行った結果、待機児童0を継続しています。

地域別の保育需要への対応、保育施設の質の向上にも力を入れ、記録の更新を伸ばそうとしています。

杉並区の治安情報

杉並区の治安は抜群に良いです。毎年、23区内の治安の良い区TOP3に入るほどです。

令和2年度警視庁犯罪データ」と「東京都の人口推移統計」を基に、犯罪率を計算しました。

犯罪率(23区の平均) 0.44%(0.64%)
令和2年度の総犯罪数 2,573件
令和2年度の人口 585,388人

子育てファミリーが多く住んでいる地域なので、地域ぐるみで子どもたちを守ろうという意識が高く、防犯の目も行き届いています。

防犯・犯罪について気軽に相談できるように「巡回安全パトロールステーション」という相談窓口を区内6ヶ所に開設するなど、防犯面にも力を入れています。

ほかにも、地域住民からの要望により、街灯や街頭防犯カメラを増設するなど、住民と区が一体となって防犯活動をおこなっています。

杉並区の中でもとくおすすめの街

杉並区の中でも特にファミリーにおすすめの街を紹介します。

西永福駅

西永福駅前の様子
子育ておすすめ度 ややおすすめ
治安の良さ 治安がとても良い
買い物環境の良さ 買い物環境は普通
公園の多さ 公園がやや多い
家賃相場 1LDK:13.3万円、2LDK:18.5万円、3LDK:19.3万円

西永福は、もともと閑静な住宅街なので大きな事件がなく、治安が良い街です。深夜に警察が駅周辺を巡回パトロールするなど、防犯対策に力を入れています。

区画整備がされており道幅が広いので、小さな子どもがいても安心して外を歩けます。

「和田堀公園」や「西永福公園」など、大きな公園が近くにあるので、晴れた休日には子どもと一緒にピクニックに行ったり、BBQを楽しめます。

井荻駅

井荻駅前の様子
子育ておすすめ度 ややおすすめ
治安の良さ 治安がとても良い
買い物環境の良さ 買い物環境はやや良い
公園の多さ 公園がやや多い
家賃相場 1LDK:13.1万円、2LDK:14.3万円、3LDK:14.7万円

井萩は、駅の南口に約200店舗からなる「西武井荻商店街」があるので、ちょっとした買い物や外食場所に困りません。

駅を囲むように、保育園や小学校、中学校などの教育施設が点在しており、ボランティアによる登下校の見回りが徹底されています。

駅の近くに「区立井草森公園」をはじめとする大小の公園があるので、子どもを遊ばせる場所にも困りません。

▶杉並区の子育てしやすさの詳細はこちら

2位:豊島区

池袋駅東口の様子
豊島区は、池袋のイメージが強く子育てに向かないと思われがちですが、待機児童ゼロを達成したり、独自の子育て制度や女性支援があるので、ファミリー層に人気です。

また、母子家庭のサポートにも力を入れており、都営交通の無料乗車券の配布やJR通勤定期券の割引など、9つの制度を定めています。

豊田さんのアイコン豊島区は若い子育て世帯に強い人気がありますね。池袋の治安は微妙ですが、ほかは治安が良い閑静な住宅街が多いです。家賃相場も低めですよ。目白・千川・要町は徒歩や自転車で池袋に出れるのでとくに人気です。

豊島区の子育て制度例

豊島区は、女性に優しい街づくりを推進しており、付随して子育て支援も豊富です。

以下は、豊島区がおこなっている子育て制度の一例です。

・児童手当(中学校修了まで)
・出産育児一時金の支給(420,000円限度)
・子ども医療費助成(中学校修了まで)
・乳幼児の各種予防接種
・産後1ヶ月以内のサポート
・1歳の誕生日プレゼント郵送(在宅子育ての家庭)
・子どもの一時預かり
・休日保育
・ショートステイ

ほかにも、ファミリーサポートセンターや専用相談窓口を解説するなど、気軽に相談しやすい環境づくりもしています。

また、外国人学校に通学する児童を対象に、教育費の補助金制度を定めています。月に6,000円程度の支援ですが、豊島区に住むのであれば申請して損はないです。

豊島区の待機児童数

豊島区は、2020年度の待機児童数0を達成しています。2019年度は16名待機しましたが、その前も2年待機児度数0を達成しています。

新しい認可保育や小規模保育所を整備し、年々定年人数を増加しています。2021年度も7月時点では、新規受け入れに多少余裕があります。

また、待機児童対策として、臨時保育や自宅に保育士を派遣する委託訪問型の保育事業もおこなっています。

豊島区の治安情報

豊島区は、23区全体で見ても犯罪件数が多いです。ただし、8割が池袋周辺で起きているので、その他のエリアは治安が普通~やや良いです。

以下は、「令和2年度警視庁犯罪データ」と「東京都の人口推移統計」を基に犯罪率を計算したものです。

犯罪率(23区の平均) 1.07%(0.64%)
令和2年度の総犯罪数 3,193件
令和2年度の人口 297,856人

豊島区は、世界保健機関(WHO)から「セーフコミュニティ」の認証を受けているほど、防犯対策や治安維持に力を入れています。

ボランティア団体による登下校時の見守りや夜間の防犯パトロールだけでなく、警備会社にパトロール巡回を依頼するほど徹底しています。

豊島区の中でもとくおすすめの街

豊島区の中でも、治安が良くとくにファミリーにおすすめな街を紹介します。

巣鴨駅

巣鴨駅前の様子
子育ておすすめ度 ややおすすめ
治安の良さ 治安がとても良い
買い物環境の良さ 買い物環境がかなり良い
公園の多さ 公園がやや多い
家賃相場 1LDK:14.6万円、2LDK:21.1万円、3LDK:21.4万円

巣鴨は、昔から住んでいる住人が多い、下町の雰囲気が残る住宅街です。商店街が多く、観光客でにぎわいますが、若者が少ないので落ち着いた印象があります。

24時間営業のスーパーが2件もあるので、急な買い物に便利です。飲食店が多いので、家族みんなでの外食場所にも困りません。

山手線の中でも比較的家賃相場が低いエリアなので、交通アクセスを優先する人にとくに人気です。

目白駅

目白駅前の様子
子育ておすすめ度 おすすめ度は普通
治安の良さ 治安がやや良い
買い物環境の良さ 買い物環境は普通
公園の多さ 公園の多さは普通
家賃相場 1LDK:15.4万円、2LDK:21.6万円、3LDK:25.7万円

目白は高級住宅街で有名ですが、駅徒歩10分以上であれば多少家賃が安いです。新しい建物が多いので、DKの間取りは少なく「LDK」ばかりです。

池袋に徒歩10分で行ける立地のわりには、街灯が多く、警察のパトロールがあるので治安が良いです。駅前の目立つ場所に交番があります。

駅前のスーパーは「クイーンズ伊勢丹」しかないですが、住宅街に入ると「まいばすけっと」や「肉のハナマサ」「オレンジマート」などがあるので、日常生活に必要なものは買えます。

▶豊島区の子育てしやすさの詳細はこちら

3位:世田谷区

世田谷区立砧町公園
世田谷区は二子玉川中心に再開発が進んでおり、ファミリー層からセレブにまで人気の高級住宅街が多い区です。

大使館や有名人が多く警察による警備が厳重で治安が良いうえ、子育てサポートが充実しているので、子育て世帯に人気があります。

世田谷区は全国初の「産後ケアセンター」を設置したことでも有名です。

藤本さんのアイコン世田谷区は共働きの子育て世帯におすすめしたいです!託児機能付きのワークスペースを5つ開設、フィンランドの支援制度を参考に「世田谷版ネウボラ」支援体制を導入しているなど、働きながらでも子育てしやすいメリットが多いからです。

世田谷区の子育て制度例

世田谷区は、子どもを生み育てやすい街を目指し、フィンランドの子育て支援制度を参考にした「世田谷版ネウボラ」を導入しています。

全国初の「産後ケアセンター」を設置したり、コワーキングスペースに託児機能をつけるなど、子育てに対する取り組みにかなり独自性を持たせています。

以下、世田谷区の子育て制度の一部をまとめたので参考にしてください。

・児童手当(中学校修了まで)
・妊娠高血圧症候群の医療費助成
・出産費用の援助(404,000円/人)
・妊婦健康診断の一部助成
・第3子以降の出産費の一部助成
・子ども医療費助成(中学校修了まで)
・乳幼児の各種予防接種
・子どもの一時預かりサービス
・赤ちゃんショートステイ
・夜間の短時間預かりサービス
・子育て支援のヘルパー派遣
・私立幼稚園の助成金
・せたがや子育て利用券の配布
・世田谷版ネウボラ制度導入
・託児機能付きのコワーキングスペースの解説
・子ども配食事業「KODOMOぱくぱく便」実施

子どもの一時預かりサポートが充実しており、2時間という短時間や、夜10時までの預かりサービス、7日以内の宿泊サービスなどかなりの種類があります。

また、中学生以降の若者に対するサポートも充実しており、悩み相談施設や居場所作りの施設などを解説しています。妊娠・出産~子供の独り立ちまでのサポートが手厚いです。

世田谷区の待機児童数

世田谷区は、もともと待機児童が多い区で有名でしたが、2020年度は待機児童0を達成しています。

達成した理由は、私立保育園の増設と保育士確保に力を入れたからです。

2015年に約80しかなかった私立保育園を、2020年4月時点で約180まで増やしています。

また、1年で認可保育園を約20施設増やしたことにより、受け入れ人数の大幅アップが出来ています。

保育の質を保つためにも専用のガイドラインを設け、クリアした法人のみにお願いしているなど、かなり厳しく震災しています。

世田谷区の治安情報

世田谷区は高級住宅街があるので、住民の防犯意識が高く治安が良いです。

以下は「令和2年度警視庁犯罪データ」と「東京都の人口推移統計」を基に犯罪率を計算したものです。

犯罪率(23区の平均) 0.45%(0.64%)
令和2年度の総犯罪数 4,231件
令和2年度の人口 942,531人

大使館や有名人が多いため、街のいたるところに防犯カメラが設置されています。わざと目立つように設置することで、犯罪抑制に繋がっています。

また、青色防犯パトカーが24時間体制で区内を巡回警備していたり、ボランティア団体が登下校時に見回りをしているので、子どもに対する事件は少ないです。

世田谷区の中でもとくおすすめの街

世田谷区の中でも特におすすめな街は「経堂駅」と「用賀」です。各駅の簡単な特徴を解説します。

経堂駅

経堂駅近くの街並み
子育ておすすめ度 ややおすすめ
治安の良さ 治安がとても良い
買い物環境の良さ 買い物環境はかなり良い
公園の多さ 公園はやや少ない
家賃相場 1LDK:14.2万円、2LDK:20.1万円、3LDK:30.1万円

経堂は、ファミリー層に人気の街で治安が良いです。地域住民の連携が強く、不審者がいればママ友間ですぐにうわさが広まるため変なことはできません。

駅前は再開発が進んでいて、複合施設や飲食店が多く賑わっていますが、駅から10分も離れれば日本家屋が残る静かな住宅街です。買い物場所には困りません。

ただし公園が少ないので、2駅隣の梅ヶ丘の「羽根木公園」まで行く必要があります。

用賀駅

用賀駅近くの住宅街の景色
子育ておすすめ度 ややおすすめ
治安の良さ 治安はやや良い
買い物環境の良さ 買い物環境はやや良い
公園の多さ 公園の多さは普通
家賃相場 1LDK:14.2万円、2LDK:22.4万円、3LDK:25.9万円

用賀は宅地整備が行われた街なので、新しい建物が多いです。駅前は単身向けの賃貸ばかりですが、駅徒歩10分も離れるとファミリー向けの物件が増えます。

いじめ問題や英語教育に取りくむ姿勢で評判の高い「用賀小学校」「桜丘小学校」「瀬田小学校」があるので、子育て世帯に人気です。

駅周辺に、スーパーやドラッグストアなどの買い物スポットが豊富にあるので、日用品はすべて揃えられます。

▶世田谷区の子育てしやすさの詳細はこちら

4位:練馬区

練馬区役所の展望台からみた景色

練馬区は、子育て制度が多い・家賃相場が低い・治安が良い・池袋や新宿方面に出やすい・自然が多いなど、子育てしやすい環境が揃っています。

ホームズ調べの「子育てのしやすい街ランキング」では、堂々の1位を飾るほどです。

公園や畑が多いので、都内でありながら田舎のような雰囲気が残る街です。落ち着いて暮らしたい、都会の喧騒が苦手というファミリーにとくにおすすめです。

藤本さんのアイコン練馬区は物価が安いので、費用を抑えたい・貯金を多くしたいという子育て世帯におすすめです!1LDK~4DKの家賃相場を調べてみると、すべての間取りで安い順TOP5に入るほどです。自然が多くて、田舎のような雰囲気が残る部分も個人的にはおすすめポイントです。

練馬区の子育て制度例

練馬区は、独自の支援制度が多いです。第3子以降の子どもを産んだ際の祝い金や、待機児童対策として「居宅訪問型保育事業」を導入したりしています。

以下は、練馬区の子育て支援制度の一部をまとめたものです。

・児童手当
・第3子誕生祝金(第3子以降の出産ごとに20万円)
・子ども医療費の助成
・家庭的保育事業(保育ママ)
・居宅訪問型保育事業(待機児童対策)
・一時預かり保育
・私立幼稚園預かり保育
・乳幼児一時預かり
・ファミリーサポート(育児支えあい)事業
・短期特例保育
・子どもショートステイ(短期入所)
・子どもトワイライトステイ(夜間一時保育)
・学童クラブ事業
・育児支援ヘルパー
・認証保育所の保育料助成
・放課後児童等の広場(民間学童保育)事業
・ねりまキッズ安心メールの運営
・子育て情報ポータルサイト「ねりこそ@なび」の運営

練馬区は、区役所の公式サイトとは別に、子育て情報をまとめた「ねりこそ@なび」というポータルサイトを運営しています。

随時、保育園や幼稚園の情報を掲載しているほか、子育てでよくある事例や問題点を記事で分かりやすく紹介しており、ファミリー世帯にとって役に立つサイトになっています。

また、放課後児童対策として「ねりっこクラブ」事業を2016年度から開始しています。これは、学童だけでなく、指定の小学校で子どもを預かる事業です。

練馬区の待機児童数

練馬区の待機児童は2020年度は15人以下いましたが、2021年4月1日時点で待機児童0を達成しています。

元々待機児童が多い区として課題を挙げていましたが、指定の認可保育園数を増やして受け入れ人数を多くしたことで、無事待機児童0を達成してます。

引っ越しなどで途中入園する場合は、待期期間に民間の事業者が1体1で子供の面倒を見てくれる「居宅訪問型保育」の利用が可能です。

今後も、待機児童0を継続するために、保育士確保のための制度を整えるなどの話が進められています。

練馬区の治安情報

練馬区は繁華街や歓楽街がないため、犯罪の発生率がかなり低いです。23区内でも毎年上位に入るほど治安が良いです。

令和2年度警視庁犯罪データ」と「東京都の人口推移統計」を基に、犯罪率を計算したので参考にしてください。

犯罪率(23区の平均) 0.45%(0.64%)
令和2年度の総犯罪数 3,374件
令和2年度の人口 743,567人

練馬区では、地域の様々な団体が連携して防犯・防火活動を行う組織「地域防犯防火連携組織」の設立をすすめています。

パトロールカーの貸し出しやパトロールで必要なユニフォームやグッズの支給など、地域ぐるみで防犯活動ができるように取り組みをおこなっています。

また、小中学生に無償で防犯ブザーを配布したり、パトロールネットワークの運営をするなど、治安に対しても力を入れています。

練馬区の中でもとくおすすめの街

練馬区の中でもとくに子育て世帯におすすめの街を2つ紹介します。

光が丘駅

光が丘駅南側の団地
子育ておすすめ度 子育て世帯にかなり
治安の良さ 治安がとても良い
買い物環境の良さ 買い物環境はやや良い
公園の多さ 公園がやや多い
家賃相場 1LDK:10.7万円、2LDK:12.8万円、3LDK:14.6万円

光が丘駅周辺は、ベッドタウンとして開発されており、団地や商業施設、飲食店が充実しています。「イオン」や「リヴィン」といった大型商業施設があり、子ども用品も買いそろえやすいです。

子育て世帯がかなり多く、治安にかなりの目を光らせています。ママ友間の情報共有はもちろん、ボランティアやPTAによる見回りが徹底されています。

公園の数も多く、毎日たくさんの子供が遊んでいる様子がうかがえます。春は、東京ドーム13個分の面積がある「光が丘公園」でのお花見がおすすめです。

中村橋駅

中村橋駅前の景色
子育ておすすめ度 ややおすすめ
治安の良さ 治安がとても良い
買い物環境の良さ 買い物環境はとても良い
公園の多さ 公園がやや少ない
家賃相場 1LDK:10.8万円、2LDK:13.7万円、3LDK:13.1万円

中村橋は西武池袋線の駅で、池袋まで乗り換えなしで13分ほどです。基本、地域住民しかいなくて治安が良い落ち着いた住宅街です。

大型商業施設は駅前の「エミオ」しかありませんが、商店街にスーパーや薬局、飲食店が集まっているので生活しやすいです。

練馬区立美術館の敷地にある「美術の森緑地」には、イオンやゾウ、カメなどの生き物のオブジェが複数あり、小さな子どもが喜ぶ作りになっています。

▶練馬区の子育てしやすさの詳細はこちら

5位:港区

港区のイメージ画像
港区は、0~14歳の人口が全体の13.6%と、23区内で最も子どもの割合が多い区です。

高級地だから住みにくい、子育てしにくいと思われがちですが、制度や環境が整っているので裕福層の子育て世帯にかなりの人気です。

医療機関が世田谷区に次いで多い、待機児童が少ない、教育施設が多く偏差値が高め、出産育児一時金が最大73万円とダントツで高いなど、さまざまな理由があります。

阿部さんのアイコンこれから出産するファミリーに特におすすめしたいのが港区です。以前は出産一時金が60万円だったのですが、2020年12月から最大73万円に引き上げされていて、都内でもダントツの高さです。未熟児の医療費助成や産前の家事代行、出産応援事業としてギフトカードの配布など、制度が充実しています。

港区の子育て制度例

港区は、出産前から出産後まで一貫して手厚いサポートが受けられる制度が整っています。以下は、港区の子育て制度の一例です。

・出産費用の助成
・出産祝い金
・児童手当
・児童育成手当
・子ども家庭支援センターの運営
・産前産後家事、育児支援サービス
・妊婦健康診査
・子どもの一時預かり
・ショートステイ
・子ども医療費助成
・私立幼稚園就園奨励費補助金制度
・私立幼稚園等園児保護者に対する補助金
・2人目の保育料が無料
・ひとり親家庭支援
・育児サポート「子むすび」
・「子育てひろばあっぴぃ」1時預かり所運営
・子そだて交流会、子ども会の運営
・ファミリーサポートセンター事業

「子育てひろばあっぴぃ」の一時預かり所は、平日1時間500円、休祝日1時間600円で利用可能です。理由問わず預かってくれるので、利用までのハードルが低いです。

港区は子ども医療費助成制度があるので、中学3年生(15歳に達する日以後の最初の3月31日)までの子供の医療費を一部助成してもらえます。

また、港区は2目の子どもの保育料が無料です。2人目以降を望むファミリーが子育てしやすい街です。

港区の待機児童数

港区は、毎年子どもの人口が増加しているにもかかわらず、2020年度の待機児童0を達成しました。

達成したた理由は、3~5歳児の定員がない空きクラスを1歳児用として確保、保育施設の空き情報をホームページや郵送で随時知らせるなど、細かい動きをおこなった結果です。

今後も待機児童0を継続するために、新設・増設による受け入れ人数の拡大、私立の認可保育園の誘致などの動きがとられています。

港区の治安情報

港区は、23区内では犯罪件数が多く治安が微妙です。しかし、繁華街や主要駅を避けた住宅街では、大きな犯罪は起きていません。

以下は「令和2年度警視庁犯罪データ」と「東京都の人口推移統計」を基に、犯罪率を計算したものです。

犯罪率(23区の平均) 0.93%(0.64%)
令和2年度の総犯罪数 2,409件
令和2年度の人口 258,919人

港区は、六本木・品川・新橋など飲み屋が多いエリアで、粗暴犯罪が多発しています。用事がない限りは近づかないほうが良いです。

そのほかの住宅街は、侵入窃盗や自転車盗対策を重点的にしておきましょう。高所得者が集まる街なので、金品に繋がるものの窃盗がやや多いです。

特殊な鍵の物件を選ぶ、自分で出来る防犯対策はしておく、自転車には2重ロックをかけるなど徹底してください。

港区の中でもとくおすすめの街

港区の中で、治安が良くてとくに小さな子供がいる世帯におすすめの街を2つ紹介します。

御成門駅

御成門駅の出入り口周辺の写真
子育ておすすめ度 ややおすすめ
治安の良さ 治安がとても良い
買い物環境の良さ 買い物環境はやや少ない
公園の多さ 公園がやや多い
家賃相場 1LDK:20.3万円、2LDK:37.8万円、3LDK:42.5万円

御成門駅は、愛宕警察署と消防署が近く、定期的にパトロールが行われているので治安が良いです。年間の事件発生件数が1~2件と、かなり少ないです。

駅の西側には「芝公園」が広がっているので、子どもを遊ばせる場所には困りません。東京タワーにも徒歩で行けるので、休日のお出かけに最適です。

ただし、大型スーパーが少ないので人によっては不便に感じます。

神谷町駅

神谷町駅
子育ておすすめ度 ややおすすめ
治安の良さ 治安がとても良い
買い物環境の良さ 買い物環境は普通
公園の多さ 公園がやや少ない
家賃相場 1LDK:20.3万円、2LDK:37.8万円、3LDK:42.5万円

駅周辺に大使館や大企業のビルがあるため、警備がかなり厳しく犯罪件数が少ないです。

近くに大きい病院があるので、妊娠中の通院や、子どもが怪我や病気になったときに駆けつけやすいのもおすすめポイントです。

ただし、スーパーが「成城石井」や「マルエツプチ 城山ヒルズ店」など、少しお高めなお店ばかりです。

▶港区の子育てしやすさの詳細はこちら

そのほかの子育てしやすい街の探し方

そのほかの子育てしやすい街を探したい人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」に相談してみてください。

エリア情報に詳しいスタッフが多数在籍しているので、治安の良い街・子育て世帯が多い街や、自治体独自の制度で家賃補助が出る区など、コアな情報も聞けます。

また、業者専用のデータベース「ATBB」からお部屋を探してくれるので、SUUMOやホームズなどネット上にない物件も出てきやすいです。

来店不要なうえ、深夜0時まで営業しているので、家族そろっての団欒の時間にゆっくりお部屋探しできます。ぜひ試してみてください。

イエプラボタンバナー

ランキング外で子育て世帯におすすめの街

ランキング外でファミリーにとくにおすすめの街を、治安が良い街・買い物環境が充実している街に分けて紹介します。

治安が良いおすすめの街

パトカーの風船を持つ子供
治安が良くおすすめの街は、警視庁が公開している犯罪マップをもとに、犯罪が少ない街をピックアップしています。

雪が谷大塚駅(大田区)

銃刀法違反 0件
暴行 0件
傷害 1件
脅迫 0件
恐喝 0件
粗暴計 1件

2019年1~8月のデータを参考

雪が谷大塚駅の近くに田園調布警察署があるので、それだけで犯罪抑制につながっています。

また、警察官が頻繁にパトロールしているので、大きな事件が起こっていません。

「雪谷商店街」には飲食店から各種クリニックなども一通り揃っていて住みやすい街なので、小さい子どもがいるファミリーや、女性の一人暮らしにおすすめです。

▶雪が谷大塚の住みやすさはこちら

清澄白河駅(江東区)

銃刀法違反 0件
暴行 2件
傷害 0件
脅迫 0件
恐喝 0件
粗暴計 2件

2019年1~8月のデータを参考

駅から500m圏内に交番があり、朝・夕方・深夜と警察官が自転車に乗って定期的に巡回している姿も見かけます。

駅周辺は再開発されていて、街並みもキレイなうえ、歩道が広々と整備されているので歩きやすいです。

また、繁華街や大きなショッピングモールはないので、休日も静かで落ち着いた街です。

▶清澄白河の住みやすさはこちら

茗荷谷駅(文京区)

銃刀法違反 0件
暴行 7件
傷害 1件
脅迫 0件
恐喝 0件
粗暴計 8件

2019年1~8月のデータを参考

茗荷谷駅周辺は交番が多いうえ、護国寺が近いので警視庁の24時間パトロールの巡回経路に含まれています。そのため、大きな事件もなく治安がかなり良いです。

買い物スポットも、深夜1時まで営業している「IPPONDO」や、24時間営業の「マルエツプチ」があるので便利です。

駅の北側には「教育の森公園」や「竹早公園」「小石川植物園」などがあるので、自然が多く子どもを遊ばせる場所には困りません。

▶茗荷谷の住みやすさはこちら

買い物環境が充実しているおすすめの街

買い物する女性

買い物環境が充実しているおすすめの街は、大型商業施設がある、子ども向け用品が売っているお店があるかで、ピックアップしています。

南砂町駅(江東区)

南砂町は、駅を挟んで北側に「イオンモール」南側に「スナモ」という大型ショッピングモールがあります。

食品や日用雑貨だけではなく、赤ちゃん用品店や子ども服なども買い物しやすいです。どちらのショッピングモールも駐車場が広いので、車で家族揃ってお出かけするのに最適です。

再開発されて街並みが新しいうえ、街全体に団地や大型マンションが多いので、一人暮らしよりも子育て世帯向けの街です。

▶南砂町の住みやすさはこちら

西新井駅(足立区)

西新井は、駅前に大型ショッピングモール「イオン」があるので、買い物環境は抜群です。

なかでも、3階に子ども服やベビー用品の専門店が集まっているので、複数のものを購入するのに便利です。

ほかにも「アリオ西新井店」や「パサージオ西新井」といった複合施設があるので、何でも買い揃えられます。

▶西新井の住みやすさはこちら

上板橋駅(板橋区)

上板橋は、大型スーパー「イトーヨーカドー上板橋」があり、ベビー用品や子ども服など、子育てに必要なものはある程度揃っています。

また、駅周辺に商店街が複数あるので、食材やちょっとした買い物にも便利です。

住宅街の中には大きな公園や学校が多く、街全体に緑が多いので、一人暮らしよりもファミリー向けの街です。

▶上板橋の住みやすさはこちら

都内にこだわりがないなら「千葉県松戸市」もおすすめ

松戸駅西口の景色

東京都内にこだわりがない人は、千葉県松戸市もおすすめです。

松戸市子育て情報サイトによると、以下のように共働き子育てしやすい街ランキングで度々選ばれています。

2020年:全国総合で1位
2019年:東京を除く全国で1位
2018年:千葉県内で1位/東京を除く全国で3位
2017年:東京を除く全国で1位
2016年:東京を除く全国で5位
2015年:千葉県内で1位

毎年ランキングの上位にいることから、若い子育て世帯を中心に人気が出ています。

松戸市の子育てしやすいポイント

松戸市の子育てしやすいポイントを簡単にまとめて見ました。

・5年連続待機児童0を達成!(国基準)
・保育士確保のための独自制度あり
・小学生も19時まで学童保育に預けられる
・託児機能つきのコワーキングスペース設置
・妊婦のタクシー料金一部助成
・私立幼稚園の預かり保育料一部助成
・24時間体制の小児救急医療あり
・都内と比べると家賃相場がかなり低い
・買い物スポットが充実している
・公園や自然が多い
 など

松戸市は、とにかく保育園関係に力を入れています。新卒保育士の家賃補助があったり、勤続年数に応じた松戸市独自の給料上乗せ制度により、保育士の確保をしています。

それにより各保育園の教室を増やし、受け入れ人数を増加することで5年連続待機児童0を達成しています。

また、幼稚園に入園した場合の預かり保育の一部助成をおこなったり、小学生の学童保育の時間を19時まで延長するなど、共働きの人にとっては嬉しい制度も充実しています。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について