お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲初期費用は100万円で足りる?引っ越し費用を抑えるポイントを解説!

電卓と家の置物

本当に同棲初期費用は100万円もかかるの?なるべく節約して引っ越すにはどうすればいい?という疑問をもつ人必見!

初期費用をできるだけ抑える方法や、引っ越しに掛かる費用を分かりやすくまとめました。

同棲生活を控えている人はぜひ参考にしてください!

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

同棲の初期費用は100万円あれば充分

100万円の貯金があれば余裕をもって同棲生活をスタートできます。

東京都内、間取りは同棲カップルに人気の1LDK(家賃平均10万円)で計算すると、92万円ほどで同棲生活をスタートできます。

賃貸契約の初期費用 約55万円
引っ越し費用 約8万円
家具家電・日用品購入費 約29万円
合計 約92万円

ただし、2人暮らしに最低限必要な家具家電だけを新調、引っ越し距離は2人共50km未満を想定した計算です。人によってはさらに費用がかかることもあります。

加えて、引っ越し直後はなにかと入用になることが多く、初月の生活費も別途用意しなければいけません。引越し後の生活まで考えると、初期費用は少しでも抑えたいです。

家賃ごとの初期費用の目安

賃貸契約の初期費用は家賃をもとに計算され、およそ家賃5ヶ月分の金額になります。

引っ越し費用や家具家電の新調費と合わせると、家賃12万円のお部屋から初期費用が100万円を越えてしまいます。

先程と同じ条件で家賃ごとの初期費用をまとめました。

家賃9万円 約87万円
家賃10万円 約92万円
家賃11万円 約97万円
家賃12万円 約102万円
家賃13万円 約107万円

賃貸契約の初期費用の内訳

基本的にお部屋を契約する際には敷金礼金や仲介手数料を支払います。引っ越すだけでもおよそ家賃5ヶ月分の出費に加え、火災保険料と鍵交換費用の支払いも必要です。

東京都内、同棲カップルに人気の1LDK(家賃平均10万円)だと、賃貸契約の初期費用だけでも50万円以上かかることが多いです。

敷金(家賃1ヶ月分) 100,000円
礼金(家賃1ヶ月分) 100,000円
仲介手数料(家賃1ヶ月分+税) 110,000円
前家賃(家賃1ヶ月分) 100,000円
日割り家賃(15日入居の場合) 54,910円
保証会社利用料
(家賃半月分の場合)
50,000円
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円
合計 約543,000円

日割り家賃と保証会社利用料は入居する日付や利用する保証会社によって変化し、火災保険料と鍵の交換は自由にサービスを選べます。

詳しい記事を紹介します。気になった項目はぜひチェックしてください。

引っ越し費用の目安

以下は、価格.comの単身引っ越し料金の相場を基に1人分の引っ越し費用をまとめたものです。

引っ越し先までの距離 荷物が少ない人 荷物が多い人
~15km未満 約29,000円 約38,000円
~50km未満 約34,000円 約40,000円
~200km未満 約45,000円 約52,000円
~500km未満 約53,000円 約63,000円
500km~ 約55,000円 約70,000円

都内までの距離目安は、横浜からで約45km、名古屋で約350km、大阪で約500km、福岡で約1,000kmです。

2人とも都内在住の場合は移動距離が50km未満に収まるので、荷物が多くても8万円以内に収まります。

同棲生活で新調するべき家具家電

同棲生活では一人暮らしのときより大きな家具家電が必要になります。新調するべき家具家電をまとめました。

ニトリやIKEA、ヨドバシカメラなどCMでもお馴染みのお店の価格を参考にしています。

ダブルベッド 約50,000円
寝具 約15,000円
二人掛けソファ 約40,000円
2人用ダイニングテーブル 約25,000円
300L以上の冷蔵庫 約90,000円
5~7kgの洗濯機 約70,000円
合計 約290,000円

一人暮らし向けの冷蔵庫や洗濯機はサイズが小さいので、同棲するなら最低限買い替える必要があります。

他の家具家電は一人暮らし用のものでも不便しません。お互いに持ち寄れば購入費用を節約できます。

ギリギリまで切り詰めた初期費用

最後にギリギリまで切り詰めた場合の初期費用を紹介します。

1DKの初期費用 約18万円
引っ越し業者を利用しない 約2万円
家具家電(冷蔵庫・洗濯機)をディスカウントショップで購入 約5万円
合計 約25万円

間取りは同棲生活に最低限必要な1DK(都内の家賃相場約8万円)、引っ越し作業は軽トラックやワゴン車やをレンタルした想定の計算です。

最初に紹介した初期費用(92万円)から約67万円も抑えられました。以下で、初期費用を抑えるためのポイントを紹介していきます。

初期費用を抑えてもお部屋には拘るべき

初期費用を抑えたい場合でも、お部屋の住み心地にはこだわるべきです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、毎日深夜0時までチャットやLINEで時間と場所を気にせず相談できます。

希望する物件のイメージを食い違いなく伝えられるので、予算内でも希望の条件に近い物件を提案してもらえます。

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるうえ、ほかサイトの物件もまとめて紹介可能なので、物件の選択肢が広いのが魅力的です。

同棲バナー

賃貸契約の初期費用を抑えるポイント

賃貸契約の初期費用を抑えるポイントをまとめました。初期費用が下がれば、引っ越しのハードルが大きく下がります。不動産屋を見方につけて根気よく交渉してください。

・家賃交渉に挑戦する
・ゼロゼロ物件を狙う
・仲介手数料を交渉する
・連帯保証人をたてる
・相見積もりをとる
・フリーレント物件を利用する

初期費用が下がれば、引っ越しのハードルが大きく下がります。不動産屋を見方につけて根気よく交渉してください。

以下では項目ごとに解説をしていきます。

家賃交渉に挑戦する

敷金、礼金、仲介手数料、前家賃は家賃を元に決まるので、家賃が少し下がるだけでも初期費用に与える影響は大きいです。

立地が悪かったり設備や築年数が古く空室が多い物件は家賃交渉の余地があります。

ほとんどの大家はローン返済など毎月の出費があり、空室を減らして家賃収入を得たいと考えているからです。

長期間住む場合や4~8月閑散期などの多少家賃を下げても採算がとれる状況であれば、お互いにとって良い契約が結べます。

ゼロゼロ物件を狙う

敷金0円礼金0円の物件を「ゼロゼロ物件」といいます。

人気のないお部屋に入居者を集めるためにゼロゼロ物件は誕生しました。単に立地などの条件が悪い場合もありますが、周囲の物件との差別化のために安くしている大家もいます。

家賃相場との開きや余計なオプションがなければ、とても狙い目な物件です。

敷金礼金の相場は家賃一ヶ月分なので、家賃10万円の物件なら20万円もの初期費用をカットできます。

仲介手数料を交渉する

仲介手数料を交渉

初期費用を抑えるには仲介手数料にも気をくばらなくてはいけません。

仲介手数料とは不動産屋に支払う報酬で、「家賃1ヶ月分+消費税」が上限と法律で定められています。

貸主と借主に半分づつ請求できると昭和45年建設省告示第1552号に定めがありますが、貸主が満額支払うことが通例になっています。

4~8月の閑散期や空き家が多く人気のない物件だと、貸主も入居者を探しているので値下げ交渉が成功しやすいです。

詳しい記事を紹介するので、ぜひ値下げ交渉にチャレンジしてください。

連帯保証人をたてる

物件情報に保証会社利用「可」と記載されていれば、連帯保証人をたてることで保証料を支払わずにすみます。保証料は家賃0.5ヶ月分であることが多いです。

「日本賃貸住宅管理協会」による2020年度下期の統計調査では東京など首都圏では8割以上の物件が保証会社利用必須です。

保証会社利用「必須」の物件でも条件次第でも、連帯保証人を立てた場合や学割で安いプランを選べる場合があります。

どちらも自力で探すのは大変なので、不動産屋に協力してもらうことをおすすめします。

相見積もりをとる

同じ物件でも、取り扱う不動産屋が違えば初期費用も変わります。

不動産屋によって物件にかける宣伝費や付属するオプションが違うからです。

なかにはハウスクリーニング代や消化器の設置費用など、貸主が負担するべき費用を請求してくる不動産屋もあります。

現在では1つの物件を複数の不動産屋が取り扱うことが通例化しています。気に入った物件があれば必ず相見積もりをとるべきです。

複数社の見積もり額が分かっていれば、値段交渉も有利に進められます。

フリーレント物件を利用する

フリーレントとは、大家さんが決めた期間の家賃がタダになる契約のことで、0.5~2ヶ月分の家賃が無料になることが多いです。

元々はフリーレントが付いていない物件でも、交渉次第で付けてもらえる場合があります。他の料金と同様に、大家にもメリットがあると納得してもらえば交渉が通りやすくなります。

フリーレント付き物件を途中解約すると違約金や住んでいた期間の家賃を請求されることは忘れないでください。

賃貸契約の初期費用を抑えるポイント

賃貸契約の初期費用を抑えるポイントをまとめました。初期費用が下がれば、引っ越しのハードルが大きく下がります。不動産屋を見方につけて根気よく交渉してください。

・家賃交渉に挑戦する
・ゼロゼロ物件を狙う
・仲介手数料を交渉する
・連帯保証人をたてる
・相見積もりをとる
・フリーレント物件を利用する

引っ越し費用を抑える方法

引っ越し費用を抑える費用をまとめました。

他の方法に比べると少額でインパクトに欠けますが確実に費用を削れます。ぜひ参考にしてください。

・格安プランを利用する
・相見積もりをとる
・引っ越し業者を利用しない

以下で項目ごとに解説していきます。

格安プランを利用する

引っ越し業者によっては「フリー便」や「単身パック」のように割引がつくプランが利用できます。

「フリー便」は日時だけを指定して、作業の開始時間は引っ越し業者にまかせるプランのことです。引っ越し業者の都合に合わせるため、料金を抑えられます。

荷物が少なければ「単身パック」や「1BOX・1ラック引っ越し」のプランがおすすめです。

積み込める荷物量が決まっているうえ、専用コンテナに複数人分の荷物を積み込むため、かなり格安に設定されています。

一人暮らしの引っ越しが増える12月~4月ごろに、新生活応援プランなどで限定受付している業者もあります。

相見積もりをとる

引っ越し費用も相見積もりを取れば費用を抑えられます。

引越し費用には定価がなく、業者が自由にサービスに値段を決められるからです。業者によっては同じサービスでも倍以上料金が違います。

引っ越しの経験が少ない場合、比較をしないと余計なオプションや値段の違いに気が付かないことが多いです。

「引越し侍」は一括見積もりサイトの中でも提携業者数が多いのでおすすめです。2021年10月現在で約320社と提携しています。

引っ越し業者を利用しない

引っ越し先が近場で友人知人に協力してもらえれば、軽トラックやワゴン車のレンタル代と梱包代のみの負担でで引っ越しができます。

お互いのお部屋に荷物を回収に行く手間がかかり、荷物の運び込みにも労力がかかるので、限界まで費用を削りたい人は検討してください。

家具家電や生活用品の購入費を抑える方法

家具家電と生活用品の購入費を抑える方法をまとめました。項目ごとに解説していきます。ぜひ役立ててください。

・お互いの家具家電を持ち込む
・中古品や訳あり商品を購入する
・100円ショップを利用する
・家具家電付き物件を選ぶ

家具家電は長く使うので値段だけでなく、お部屋の雰囲気に合うものや使い心地にもこだわって選んでください。

お互いの家具家電を持ち込む

同棲の家具家電

お互いが使っていた家具家電を持ち寄れば購入費用を抑えられます。

洗濯機や冷蔵庫のように大容量のものが必要なければ、一人暮らし用のサイズでも十分に事足ります。

入居当初は最低限の家具だけ揃え、お部屋のレイアウトや収納と相談しながら買い足していけば余計な買い物をせずにすみます。

中古品や訳あり商品を購入する

ディスカウントショップの中古の家具なら定価の半分以下、物によっては3分の1の値段で購入できます。

保証は対象外なので状態や取り扱いに気をつける必要はありますが、中古品に抵抗がなければ購入費用を減らせます。

傷や汚れがついたアウトレット品やモデルルームに展示されていた訳ありの家具が安く出回っていることもあります。

通常では絶対にない状態と価格で販売されているものもあります。ネットでの告知も頻繁にあるのでぜひ現地に足を運んでみてください。

100円ショップを利用する

食器や布製のBOX、ハンガーなどの小物類や、掃除用のスポンジや袋などの消耗品は、100円ショップで揃えると費用を抑えられます。

ホームセンターや雑貨屋だと200~300円するものも、すべて100円+消費税で購入できます。

日用品は買い忘れや、想定しない物が必要になます。引越し後にまとめて購入すると運び込む荷物を少なくできます。

家具家電付き物件を選ぶ

家具家電付き物件であれば元から備え付けてあるので、引っ越しの際に新調する必要がありません。

不要な家具があっても処分できないので、修理や交換についての要項をよく確認してから契約しましょう。

家具を含めてテーマやカラーに統一感のあるお部屋になっているので、お部屋のレイアウトが苦手な人にもおすすめです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

同棲バナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について