新卒で同棲するメリット・デメリットは?カップルのタイプ別に解説

同棲に関する知識

藤本

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

信号待ちをするスーツ姿の男女

新卒で同棲するメリット・デメリットとは?という疑問にお答えします!

同棲に向いている人、同棲前に決めておくべきルールについて詳しく解説するので、同棲すべきかどうか迷っている人は参考にしてください。

初期費用や、カップルのタイプ別生活費内訳、新卒カップルにおすすめの間取りまで徹底網羅しちゃいます♪

新卒で同棲するメリット

コーヒーカップと手を繋ぐカップル

新卒で同棲をするメリットについて、一覧にまとめました。

①1人あたりの生活費が安くなる
②2人なら貯金しやすい
③デートの費用が節約できる
④2人の時間が増える
⑤帰宅して相手がいると安心する
⑥結婚の予行演習になる

以下で、詳しく解説します。

①1人あたりの生活費が安くなる

今まで一人暮らしをしていたカップルは、1人で全て生活費を負担していたのが、同棲を始めると2人で生活費を負担することになります。

家賃10万円のお部屋に住む場合、一人暮らしならば全額負担するところを、同棲で完全折半ならば5万円の負担で良くなります。

②2人なら貯金しやすい

上で、1人あたりの生活費が安くなることを解説しましたが、2人で折半して浮いたお金を貯金できます。

ただ、新卒は収入があまりない時期なので無理な貯金をせず、気軽に始められる500円貯金や、2人で月1万円貯金するというルールを設けると良いでしょう。

▶同棲をしながら貯金をするコツの解説はこちら

③デートの費用が節約できる

同棲前は、デート代で結構お金を使うというカップルが多いですが、同棲を始めると、生活費を意識してなるべく節約しようと心掛けるカップルが多いです。

家でまったりとDVDを見たり、一緒に料理を作ったりすることもデートになるので、お金が節約できます。

④2人の時間が増える

同棲を始めると、毎日相手と顔を合わせることになるので、自然と2人の時間が増えます。

会話も増えるので、同棲してから仲が深まったというカップルはとても多いです。

⑤帰宅して相手がいると安心する

一人暮らしを続けていた人は、同棲を始めると相手が家にいる安心感があります。

また彼女は、彼氏が家にいることで、防犯面でも安心できます。

⑥結婚の予行演習になる

将来をしっかり考えて同棲をしているカップルは、結婚前の練習になります。

相手の知らなかった一面を知って、受け入れられるかどうかを、結婚前に確認できます。

▶同棲にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

新卒で同棲するデメリット

悲しむ女性

新卒で同棲するデメリットを、一覧にまとめました。

①1人の時間が取りにくい
②相手の嫌な部分が見えてしまう
③生活リズムが違うとツラい
④お金の管理で揉めやすい

以下で、詳しく解説します。

①1人の時間が取りにくい

同棲すると、1人の時間を取るのが難しくなります。

1人になれる時間を作れるよう、お部屋がわかれている間取りを選ぶなど、工夫してストレスを溜めないようにしましょう。

②相手の嫌な部分が見えてしまう

家では素の姿を知れるので、相手の嫌な部分が見えます。どうしても相手の嫌な部分を受け入れられず、喧嘩になってしまうこともあります。

結婚前に、同棲で相手の嫌な部分を知れることは良いことです。嫌な部分がどうしても受け入れられないのであれば、同棲を解消するか相手とは別れた方が良いです。

③生活リズムが違うとツラい

相手と生活リズムが違うと、どちらかの生活に合わせてしまい、生活リズムが不規則になってしまうことがあります。

また、夜中寝ているときに相手が仕事から帰ってきて、睡眠を邪魔されてしまうこともあります。

2DKのようなお部屋がわかれている間取りや、明るい電気で相手を起こしてしまわないように、間接照明を置くなど、工夫しましょう。

④お金の管理で揉めやすい

お金の支払い方法をきちんと決めておかないと、後々揉める原因になってしまいます。

折半や分担して払うなど、ルールを決めておかないと、相手と修復不可能な喧嘩をしてしまうこともあります。

▶同棲中のお金の管理のコツはこちら

同棲に向いているのはどんな人?

新卒の同棲に向いているのはどんな人なのかを、一覧にまとめました。

①一人暮らしの経験がある
②生活リズムが違っても気にしない
③お互いある程度の貯金がある
④ストレスを解消できる方法がある

以下で、詳しく解説していきます。

①一人暮らしの経験がある

料理をする女性

新卒はバタバタと忙しい時期で、仕事が終わって帰宅しても家事をやる気力がないほど疲れています。

家事が疎かになって、お部屋が散らかっていると余計に疲れてしまうので、一人暮らしの経験があると、家のことがスムーズにできます。

②生活リズムが違っても気にしない

寝起きの女性

相手と生活リズムが違っても寝室と居間をわけていたり、布団自体をわけているなど、工夫をしていると途中で起きずに済みます。

物音であまり起きなかったり、途中で起こされてもあまりストレスを感じないという人には向いています。

③お互いある程度の貯金がある

豚の貯金箱

新卒の時期は収入が少ないので、ある程度金銭面に余裕がないと、同棲は難しいです。

引っ越しや同棲の初期費用で結構お金を使ってしまうので、ある程度の貯金があるとお金に悩むことなく、同棲生活を始められます。

▶貯金なしで同棲を始めた人の体験談はこちら

④ストレスを解消できる方法がある

カラオケでストレス発散する女性

同棲生活は1人の時間が取りにくく、ストレスを溜めやすいです。

自分自身のストレス発散方法がわかっていると、ストレスフリーな同棲生活を送れます。

同棲をする前にルールを決めよう

ささいな揉めごとを減らすためにも、事前にルールを決めておくことは大事な準備の一つです。同棲を始める前に決めるべき7つのルールを紹介します。

①生活費は共有の財布で管理する
②家事は大まかに分担する
③定期的に2人で出かける日を作る
④帰りが遅くなる場合は必ず連絡する
⑤およその就寝時間・起床時間を決める
⑥友人を家に招く場合は事前に連絡する
⑦1人になれる時間を作る

▶同棲前に決めるべきルールについての詳しい解説はこちら

初期費用は家賃約5~6ヶ月分+α

同棲を始める前にかかる費用は3項目で、家賃の約5~6ヶ月分の賃貸契約の初期費用と、引っ越し費用と、家具家電・日用品の購入費です。

同棲カップルの平均家賃9万円の場合、2人分の合計で約45万円~54万円+引っ越し費用+家具家電・日用品の購入費です。

初期費用早見表

以下の一覧は、お部屋の契約時に必要な初期費用の早見表で、相場は家賃の5~6ヶ月分くらいです。

家賃 初期費用(2人分)
5万円 約25万円~30万円
6万円 約30万円~36万円
7万円 約35万円~42万円
8万円 約40万円~48万円
9万円 約45万円~54万円
10万円 約50万円~60万円
12万円 約60万円~72万円
15万円 約75万円~90万円

カップルのタイプ別生活費内訳

カップルの生活スタイルや、職業などで、生活費の内訳は変わってきます。以下の項目に当てはまるカップル各20組、計60組に同棲の生活費内訳に関するアンケートを取りました。

自分たちに近いパターンの生活費例を、参考にしてみてください。

①新卒×新卒カップル
②新卒×フリーターカップル
③新卒×大学生カップル

①新卒×新卒カップル

家賃 100,000円
食費 30,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット/スマホ代 15,000円
その他
(衣類・日用品など)
30,000円
合計 215,000円

新卒同士の同棲は、生活費を完全に折半しているというカップルがほとんどでした。

デート代は、男性側が負担しているという意見が多かったです。

②新卒×フリーターカップル

家賃 90,000円
食費 30,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット/スマホ代 15,000円
その他
(衣類・日用品など)
30,000円
合計 205,000円

新卒とフリーターのカップルは、家賃は彼氏、食費と水道光熱費は彼女という感じで、役割分担をして支払いをしているという意見が多かったです。

デート代は、彼氏側が負担しているようですが、デート中のちょっとした飲み物やおやつは、女性側が負担しているという意見が多かったです。

③新卒×大学生カップル

家賃 85,000円
食費 30,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット/スマホ代 15,000円
その他
(衣類・日用品など)
30,000円
合計 200,000円

新卒と大学生のカップルは、お金にあまり余裕がないので、常に節約をしているというカップルが多かったです。

デート代は男性側が払っているようですが、あまりお金のかかるデートはしていないようです。

新卒カップルにおすすめの間取り

同棲をするうえで、間取りはとても重要です。

新卒で同棲するカップルに、おすすめの間取りを以下で紹介していきます。

1番おすすめは2DK!

2dkの間取り図

出典:http://www.fukuoka-chintai.com/1282

カップルが同棲をする際に、真っ先に候補に挙がる間取りは2DKです。

お互いのプライベートが保たれるだけでなく、インテリアを部屋ごとにわけることができます。

東京都23区内で、2DKのお部屋の家賃相場は約10万円です。2DKは、同棲の間取りの中で1番安いので、家賃を抑えることもできます。

コミュニケーションが取れる1LDK

1LDKの間取り

出典:http://www.fukuoka-chintai.com/9072

1LDKは、常に相手と顔を合わせられるので、コミュニケーションが取りやすいです。

ただ、1人の時間を大切にしたいという人には、少し窮屈に感じます。

東京都23区内で、1LDKのお部屋の家賃相場は約13万円です。2DKより少し高めですが、相手と一緒の空間で過ごしたいという人は、2DKよりも1LDKの方が良いです。

▶1DK・1LDK・2DKでの同棲生活の比較はこちら

新卒で同棲するお部屋を探すなら「イエプラ」がおすすめ

わざわざ2人で一緒に不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えるだけで同棲にピッタリなお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

なかなか引っ越し先の不動産屋に行けない人や、2人で時間を合わせてお部屋を探しに行くヒマが無いカップルにもおすすめです!

同棲におすすめの間取りの図 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

東京のビル群
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

7月のイラスト
7月に引っ越したい方必見!時期の特徴や部屋探しの注意点

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

薄暗い街並み
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
チャット不動産「イエプラ」と物件サイトや街の不動産屋の違い

 

悩んでいる女性
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

赤いベッドに寝そべる女性
お金ないけど一人暮らししたい!費用を最低限に抑える現実的な方法

 

笑顔で振り返る女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly