お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

一人暮らしから同棲するには?今のお部屋でも同棲できる?

一人暮らしから同棲するには?のイメージイラスト

一人暮らしの家で同棲できる?という疑問にお答えします!同棲するお部屋の探し方や、一人暮らしから同棲に切り替える前に知っておくべきことも解説します。一人暮らしから同棲への切り替えを考えている人は参考にしてください。

一人暮らしの家で同棲できる?

1K
一人暮らしのお部屋での同棲は、基本的にできません。

ただし、契約書に「2人入居不可」などと書かれていて、大家さんや管理会社に許可をもらえればできます。

もし、許可をとらずに同棲してしまうと規約違反になり、退去させられてしまう可能性がありますので絶対にやめましょう。

「誰にも言わなければバレないだろう」とこっそり同棲していても、騒音トラブルなどで他の住民にバレる可能性が高いです。

今のお部屋が気に入っていて、どうしてもそこで同棲したい場合は大家さんや管理会社に相談してみましょう。可能性は低いですが、許可してくれる場合もあります。

基本的に契約書に記載があるので、まずは契約書を確認してみるのがおすすめです。

同棲するお部屋の探し方

リビング
一人暮らしのお部屋では同棲できないことが多いので、同棲できるお部屋に引っ越しするほうが現実的です。

以下で、うまくいく同棲のお部屋の探し方を紹介しますので参考にしてください。

同棲する目的と期間を決める

1番最初に「どうして同棲するのか?」という目的をハッキリさせましょう。

「好きだから一緒に暮らしたい」「まわりが同棲していて羨ましいから」など、目的のない同棲は別れる原因にもなりかねません。

「結婚資金を◯◯万円貯める」「結婚すべきかどうかお互いに判断する」など明確な目的を設定しましょう。

目的を設定したら、同棲期間を決めましょう。一般的には1~2年同棲した後に結婚しているカップルが多いです。

だらだら同棲を続けていると結婚に踏み切れないカップルも多く、タイミングを逃すことにも繋がります。

有意義な同棲生活にするためにも、同棲の目的と期間は2人でよく話し合って決めることをおすすめします。

家賃と毎月の生活費の予算を決める

2人の収入から、家賃や生活費の予算を決めましょう。また、どちらか一方に負担が偏りすぎないように、費用の負担方法も合わせて決めておくべきです。

同棲の初期費用は、住むお部屋の間取りや、エリアによってかなり変わってきます。

例えば、東京都内で同棲向けの1LDK~2DKの平均的な家賃である約10万円で計算すると、同棲開始するまでに約68~73万円ほどかかります。

賃貸契約の初期費用 約45~50万円
引っ越し費用 約8万円
家具家電・日用品購入費 約15万円

毎月の生活費はカップルごとの生活スタイルや職業で大きく変わります。以下は、お互い社会人で安定した収入があるカップルの生活費例です。

家賃 150,000円
食費 50,000円
水道光熱費 16,000円
交際費・娯楽費 60,000円
ネット・スマホ代 20,000円
衣類や日用品代 30,000円
合計 326,000円

▶同棲にかかる費用や生活費についてはこちら

間取りと住むエリアなどの希望条件を決める

なるべく一緒にいたいから1LDK、生活リズムが違うなら居室が2つある2DKにするなど、生活スタイルや予算に合わせて、自分たちが同棲する間取りを決めましょう。

ちなみに、同棲生活しているカップル100組に、現在どういう間取りに住んでいるかアンケートを取ってみたところ「1LDK」が1番人気でした。

同棲間取りアンケート結果

また、住むエリアに関してもお互いの通勤先の真ん中くらいのエリアにするなど、考慮して決めるのがおすすめです。

同棲のお部屋探しは「イエプラ」に相談

「同棲したいけど、どんな間取りにするべきかわからない!」「お互いの勤務地から便利なエリアってどこなんだろう?」など、プロの不動産屋に気軽に相談できます!

深夜0時まで営業しているので、仕事が遅くて不動産屋に行けない、遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けないというカップルにもおすすめです!

わざわざ不動産屋に行かなくても、スキマ時間にチャットやLINEを送るだけでお部屋を探せるので便利です。

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる、信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

イエプラはこちらから

一人暮らしから同棲に切り替える前に知っておくべきこと

同棲カップル
一人暮らしから同棲に切り替えると、一人暮らしにはなかったトラブルも起きやすいです。

以下で、ありがちなトラブルを説明するので、同棲を始める前の心構えをしておきましょう。

同棲カップルは賃貸契約の審査が難しい

同棲カップルは、賃貸契約の審査が難しい傾向にあります。

同棲の場合、家賃を折半して払う事が多いので、同棲解消や喧嘩などで家賃滞納につながることを恐れる大家さんが多いからです。

「結婚も婚約もしていない」ただのカップルの同棲に関しては、不動産屋ではとりあえず『婚約者』として申し込みをします。

もちろん最終的なジャッジはすべてオーナーさんの一存ですが、それでもただ同棲カップルというよりは、審査に通りやすいです。

不動産屋に行く際は、婚約者ヅラをしておくといいかもしれません。その様子を担当者さんがオーナーさんに伝えてくれるので、プラスに働くかもしれません。

家事の分担方法を決めておかないと揉める原因になる

どちらか一方に家事の負担が偏ってしまうと揉める原因になります。

とはいえ、厳しく分担するのではなく、彼女が料理好きなら料理担当で彼氏が掃除担当といったように、ざっくりと分担すれば窮屈に感じません。

お互いを思いやって、納得いくように分担方法を決めましょう。

同棲していると嫌な部分も見える

同棲を始めてみて「相手の意外な一面やちょっぴり嫌な一面が見えてしまった!」なんてことは日常茶飯事です。

お互いに育ってきた環境も、物事に対する考え方も、生活習慣も、全部違ういわゆる他人です。

掃除の仕方、ごみの捨て方、お風呂に入るタイミング、水の出しっぱなし、電気つけっぱなし、料理の味付け、寝相、足音、休日の過ごし方など、違って当たり前です。

ですから、お互いの行動で「えっ!?」と思うことはごくごく自然なことです。

何かある度に「これは合わない、あり得ない」などとケンカしていては身が持ちません。

全部を許容する必要はありませんが、できる限りお互いの行動や言動を「あ、彼(彼女)そうやって考えるんだ」という風に前向きに捉えていきましょう。

その中でも本当に直してほしい部分に関してはちゃんと伝えて、逆に言われてしまった場合はちゃんと直して、お互いに歩み寄る姿勢を見せるのが同棲生活を成功させるコツです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識