二人暮らしのガス代の平均は?都市ガスのほうが安い?節約方法も公開!

同棲に関する知識

中村

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

ガスコンロの写真

二人暮らしのガス代は平均でいくら?地域や季節によってどのくらい変わるの?という疑問にお答えします!また、プロパンガスと都市ガスで料金がどのくらい違うのか、請求額を抑えられるおすすめの節約方法もご紹介しています!

二人暮らしの平均ガス代は約4,000円

総務省統計局が公表している家計調査によると、2017年度の二人暮らしの平均的なガス代は4,285円で、二人暮らし以外も含めた平均額は4,725円でした。

ちなみに2000年度の二人暮らしの平均ガス代は4,824円で、年ごとに少しずつ安くなる傾向にあります。

地域ごとの平均のガス代比較

総務省統計局の調査を元に、平均的なガス代を地域別にまとめました。関東圏が最も高額で、北海道・沖縄ではガス代が安くなっているようです。

北海道 3,636円
東北 4,558円
関東 5,354円
北陸 4,459円
東海 5,374円
近畿 5,180円
中国 4,233円
四国 4,273円
九州 4,118円
沖縄 3,697円

▶同棲にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

ガス代は夏と冬で約2,300円も変わる!

お湯を使う機会が増えるので、夏よりも冬のほうが約2,300円もガス代が高くなります。ガス代は寒い時期ほど高く、暑い時期ほど安くなる傾向があります。

以下の一覧では、1年を季節ごとに分けて平均のガス代をまとめました。

春(3~5月) 5,778円
夏(6~8月) 3,554円
秋(9~11月) 3,761円
冬(12~2月) 5,805円

ガス代に関する季節ごとの特徴

季節ごとに、ガス代が高くなる理由や平均的な使用量をまとめました。

夏のガス代は平均より1,500円安い

夏はガス代が一番安い季節です。料金は平均より1,500円ほど安く、ガス使用量は約7㎡です。

夏にガス代が安くなる理由は主に以下の3つで、暑い時期だからこそ取る行動が、自然とガスの使用量を減らしています。

①お風呂をシャワーで済ませることが多い
②長時間加熱しない、冷たい料理が増える
③給湯温度が35℃~38℃と低めになる

冬のガス代は平均より2,000円高い

冬はガス代が一番高い時期です。ガス代は平均より約2,000円は高く、ガス使用量も約15㎡と一年を通して最も多いです。冬にガス代が高くなる理由は、主に以下の3つです。

①湯船に浸かる回数が増える
②洗い物やお風呂の給湯温度が約40℃に上がる
③浴室暖房や暖房器具を使う頻度が増える

春は秋よりもガス代が上がりやすい

春のガス代は平均より約500円高く、ガス使用量は約10㎡です。冬からだんだん暖かくなる時期なので、夏に近づくにつれてガス代が安くなりやすいです。

また、春は1年間で2番目に気温が低い季節です。そのため、皿洗いやシャワーの給湯温度が38℃~42℃くらいの世帯が多く、秋よりもガス代が上がりやすいです。

秋は後半にかけてガス代が上がる季節

秋のガス代は平均より300円ほど安く、ガス使用量は約10㎡です。

秋は四季の中で2番目に平均気温が高く、夏と同様でシャワーで済ませることが多いです。給湯温度は37℃前後のことが多く、ガス使用量が少なくなります。

ただ、冬が近づいてくると気温が一気に下がるので、11月ごろのガス代が非常に高くなりやすいです。

プロパンガスと都市ガスの料金比較

一般的に、プロパンガスよりも都市ガスのほうが料金が安いです。以下の一覧で、プロパンガスと都市ガスの詳しい料金比較をまとめてみました。

プロパンガス 都市ガス
1㎥あたりの料金 504円 314円
20㎥使用した場合 10,080円 6,280円
基本料金 1,574円 950円
月額合計 11,654円 7,230円

プロパンガスと都市ガスは何が違う?

都市ガスとプロパンガスは以下のような違いがあります。都市ガスとプロパンガスでは都市ガスのほうが費用が安いですが、火力や復旧の早さなどの性能はプロパンガスのほうが高いです。

都市ガス プロパンガス
使用料 低い 高い
料金形態 公共料金 自由料金
1㎥あたりの熱量 約12,000kcal 約24,000kcal
災害時の復旧の速さ 遅い 速い
供給方法 地下の配管を繋いで供給 液体ガスのボンベを各家庭に供給
ガスの重さ 空気より軽い 空気より重い
主成分 メタン(天然ガス) ブタン、プロパン

▶プロパンガスと都市ガスの詳しい違いはちら

キッチンとお風呂で節約するコツ

日本の紙幣と硬貨
キッチンでの節約方法と、お風呂での節約方法を紹介します。1つ1つのポイントで節約できる金額はわずかですが、小さな節約をいくつも積み重ねれば月間500円~1,000円は節約できます。

キッチンでのガス代を節約するコツ

・料理にこまめにふたをして熱を逃がさない
・火の通りが早い中華鍋で料理する
・火は強火にせずできるだけ中火で使う
・鍋底の水滴は拭き取ってから火にかける
・野菜の下ゆでにはレンジを使う
・短時間で料理できる炒め物を中心に食事を作る
・冷凍物はレンジで解凍してから料理する
・やかんではなく電気ケトルでお湯を沸かす
・食器類はできるだけ冷水で洗う
・一気にたくさん作って作り置きしておく
・ガスバーナーの穴を定期的に掃除する

お風呂でのガス代を節約するコツ

・お湯を溜めたら冷めないうちに2人とも入る
・お風呂のふたをこまめに閉める
・シャワーは洗い流すときだけ使う
・節水シャワーヘッドをつける
・お湯に浸からずシャワーで済ませる
・温度はなるべく40℃以内に抑える
・自動お湯張り機能がある場合は湯量を少なめに調整しておく

水道光熱費の平均額は約21,000円

総務省統計局によると、2人以上で暮らしている世帯の、電気代・ガス代・水道代を合計した水道光熱費の平均月額は、約21,000円でした。

電気代は使用する電化製品が古いと無駄な電力を使っている場合があるので、古い家電から順に買い替えると良いです。

水道代は1ヶ月で約1,500円で、できるだけ水を使わないようにしたり、節水グッズを使うことで300円ほど節約できます。

▶水道光熱費の平均額や節約のコツはこちら

同棲向きの2DKや1LDKのお部屋を探すなら

わざわざ2人で一緒に不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えるだけで同棲にピッタリなお部屋を探せます!

お部屋は自分たちで探したい!という人には、不動産業者専用の物件情報サイトを無料で見せてくれます!

住んでいる場所が遠くて、なかなか引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと話すのが苦手な人にもおすすめです!

同棲におすすめの間取りの図 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

11月のイメージイラスト
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファでスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly