お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲の生活費は平均いくら?カップルのお金の分担方法を実例付きで解説!

同棲の生活費のイメージイラスト

同棲カップルの1ヶ月の生活費について、総務省統計今日のデータを基に徹底解説します!

生活費の内分けや、1人あたりの負担額についてはもちろん、理想の支出割合やカップルのタイプ別の生活費実例も解説しています。

おすすめの節約方法や、お金の分担方法、おすすめの間取りについてもあるので是非参考にしてください。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

同棲でかかる毎月の生活費は約31.5万円

総務省統計局の「家計調査 2020年次 世帯人数別(表3-1)」によると、家賃を除く同棲の1ヶ月の生活費は約21.5万円です。

東京23区の1LDKの家賃相場が約10万円なので、賃貸物件で同棲する場合は最低でも毎月31.5万円の生活費が必要です。

以下で、同棲生活費の内訳と、1人あたりの負担額についてまとめました。

同棲 1人あたり
家賃 約10万円 約5万円
食費 約6.6万円 約3.3万円
水道光熱費 約2万円 約1万円
交際費・娯楽費 約4万円 約2万円
スマホ・ネット代 約1.1万円 約5.5千円
交通費 約3千円 約1.5千円
医療費 約1.5万円 約7.5千円
その他(衣類/日用品) 約6万円 約3万円
合計 約31.5万円 約15.7万円

各項目ごとに、詳しく解説していきます。

家賃は約10万円

同棲カップルの家賃は生活費の中で最も高い割合を占める費用です。

間取りや住む場所によって金額は変動しますが、東京23区で1LDKのお部屋を借りた場合は約10万円です。

2人の合計手取りの3分の1が理想の家賃目安と言われていますが、費用を抑えたいカップルは合計手取りの4分の1まで抑えると良いです。

▶同棲カップルの家賃相場や平均額はこちら

食費は約6.6万円

大人1人約3万円なので、同棲の食費6.6万円は平均的です。

1日3食自炊をする、外食派の回数を減らし、コンビニ利用を避けるなど徹底すれば、月5万円以下に抑えられます。

▶同棲カップルの平均食費についてはこちら

光熱費は約2万円

光熱費約2万円の内訳は、電気代で約9.5千円、ガス代で約4.3千円、水道代で約4.2千円、その他灯油などの燃料代で約2千円です。

冬は電気代とガス代が高くなりやすいので、プラス3~5千円と考えてください。夏も電気をよく使いますが、空気を冷やす際の消費電力が少ないので跳ね上がることは無いです。

娯楽費は約4万円

娯楽費は、2人が出かけた際の出費や趣味に使ったお金などが含まれます。

同棲の場合は2人でいる時間が多くなるので、一人暮らしよりもやや出費が少なめです。

ただし、予算を決めておかないと無制限に使いがちです。2人で相談して、使える金額を設定しておきましょう。

スマホ・ネット代は約1.1万円

スマホ・ネット代は、1人当たり約5~6千円です。大手キャリアのスマホ1台分の費用です。

自宅にWi-Fiを設置する場合は、契約プランを見直すか、格安SIMに変更しなければ平均金額を超えてしまいます。

マル秘イエプラバナー

同棲するメリットは1人あたりの生活費負担額が安い

同棲する最大のメリットは、1人あたりの生活費負担額が安くなることです。

総務省の「家計調査 2020年次 単身世帯」を基に、同棲と一人暮らしの生活費を比較すると、1人あたり2.4万円も安いことがわかります。

同棲 一人暮らし
家賃 約10万円 約7万円
食費 約6.6万円 約3.7万円
水道光熱費 約2万円 約1万円
交際費・娯楽費 約4万円 約2.3万円
スマホ・ネット代 約1.1万円 約8千円
交通費 約3千円 約3千円
医療費 約1.5万円 約5千円
その他(衣類/日用品) 約6万円 約2.5万円
合計 約31.5万円
(約15.7万円/人)
約18.1万円

生活費の負担額が安くなる最大の理由は、毎月の固定費である家賃を割り勘するからです。

一人暮らしの平均家賃相場は約7万円なので、同棲したほうが負担が少なくなります。

また、消耗品や光熱費も一緒になるため、一人暮らしの1.5倍ほどしかかかりません。

同棲の理想的な支出割合

同棲カップルで二人の月収に対する理想的な支出割合を紹介します。今回は二人の手取り合計額が35万円として計算しています。

生活費は住む場所や生活スタイルによって異なります。以下の支出割合は参考程度に確認してください。

同棲の理想的な支出割合の円グラフ

内訳 支出割合 支出金額
家賃 約30% 約10.5万円
食費 約15% 約5.2万円
水道光熱費 約5% 約1.7万円
交通費 約3% 約1万円
通信費 約5% 約1.7万円
趣味・娯楽費 約10% 約3.5万円
衣類代 約5% 約1.7万円
日用品・消耗品代 約2% 約7千円
生命保険料 約10% 約3.5万円
その他雑費 約5% 約1.7万円
貯蓄 約10% 約3.5万円

生命保険に加入しない場合は、食費や娯楽費、貯蓄に余った費用を上乗せしてください。

収入が少ない、貯金を沢山したいカップルは、家賃の割合を25%に抑えると良いです。

5%抑えただけで月約2.7万円の節約になります。1年で32.4万円、3年で97.2万円もの費用が浮きます。

同棲向けの安いお部屋の探し方

安くて質の良いお部屋は、不動産屋に直接問い合わせたほうが見つかりやすいです。理由は、希望条件をヒアリングし、より良い物件をスタッフが探して提案してくれるからです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから「築浅で安いお部屋!」「安くて防音性が良い物件」と送るだけで、スタッフが理想のお部屋を紹介してくれます。

全国の賃貸情報の8割が集約されている業者専用のデータベース「ATBB」を使って物件を紹介してくれるので、ネット上にない非公開物件も出てきます。

深夜0時まで営業しているので、仕事が忙しくてお互いの予定が合わない、遠方に住んでいて引っ越し先の不動産屋に一緒に行けないカップルにもおすすめです。

同棲バナー

カップル別の生活費の実例

2020年度に同棲していたカップル各20組、計100組に「毎月の生活費はいくらか」「1ヶ月の貯金額はどのくらいか」という質問でアンケートを取ってみました。

カップルのタイプ別平均生活費、貯金方法、同棲前と同棲後でお金の使い方がどう変化したかを、3タイプでまとめたので、自分たちに近いパターンの生活費例を参考にしてみてください。

①30代社会人彼氏×20代社会人彼女

30代社会人と20代社会人のカップルのイラスト

合計 326,000円
家賃 150,000円
食費 50,000円
水道光熱費 16,000円
交際費・娯楽費 60,000円
ネット/スマホ代 20,000円
その他
(衣類・日用品など)
30,000円

社会人同士の同棲カップルの生活費は約33万円でした。

どちらも社会人なので、安定した収入があり生活に余裕があるカップルが多いです。生活費の支払いは「完全に折半」か「男性が多めに支払っているか」のどちらかに分かれていました。

結婚前提に同棲しているカップルが多く、貯金はほぼ毎月必ずしているようです。際費や娯楽費を節約している人は、毎月10万円ほど貯金しています。

同棲後のお金の使い方の変化
男性のアイコン同棲前は、毎回デートで外食をしていましたが、同棲を始めてから彼女が手料理を振舞ってくれるようになったので、外食は月1回と決めました。外食に行くなら貯金に多く回したいと思います。(30代前半/男性)

②社会人の彼氏×フリーターの彼女

社会人とフリーターのカップルのイラスト

合計 210,000円
家賃 100,000円
食費 30,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット/スマホ代 20,000円
その他
(衣類・日用品など)
20,000円

彼氏が社会人で、彼女がフリーターの同棲カップルの生活費は月約21万円でした。

社会人とフリーターの同棲の場合、完全折半というケースは少なく、彼氏がほとんどの生活費を払い、彼女は光熱水道費と食費といったように、分担して支払っているケースが多いです。

彼氏のお金の負担割合が大きい分、フリーターの彼女が家事をするカップルが多く、1ヶ月の貯金額は3万円から5万円程度でした。

同棲後のお金の使い方の変化
女性のアイコン同棲を始める前は、彼がデート代を全額出してくれていました。同棲を始めるとき全額支払うと言われたのですが、私も一応働いているので、光熱費と食費だけは払わせてほしいとお願いしました。多めに払ってもらっている分、家事も私が担当しています。(20代後半/女性)

③新卒社会人の彼氏×大学生の彼女

新卒社会人と学生のカップルのイラスト

合計 200,000円
家賃 85,000円
食費 30,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット/スマホ代 15,000円
その他
(衣類・日用品など)
30,000円

新卒社会人と学生アルバイトの同棲カップルが月々に支払っている生活費は約20万円でした。

お互い収入は少ないですが、社会人の彼氏が少し多めに支払っている場合が多いようです。

新卒社会人は給料が少ないだけでなく、スーツのワイシャツを何枚か買ったりと支出が増えがちなので、無理に貯金しようとせず余裕がある月だけ貯金するカップルがほとんどでした。

同棲後のお金の使い方の変化
女性のアイコン同棲前はお互い学生だったので、デート代は割り勘でした。同棲後は彼が社会人になり、生活費を少し多めに払い、デート代も少し多めに払ってくれるようになりました。(20代前半/女性)

カップルのどちらかが学生の場合、合計収入が少ないため節約は必須となります。毎月の固定費である家賃はもちろん、食費や水道光熱費などできる限りの費用は削りましょう。

同棲におすすめの節約方法7選

実際に同棲しているカップルの意見と一緒に、おすすめの節約方法を紹介していきます。取り入れられそうなものから日々の生活に取り入れてみてください。

①共通の財布を作る
②冷暖房使用中は同じ部屋で過ごす
③自炊を心がける
④スーパーの特売日にまとめ買い
⑤水道光熱費を見直す
⑥格安SIMでスマホ代を抑える
⑦デートはお金をかけずに楽しむ

①共通の財布を作る

2人で同じ金額を入れて、食費や雑費などの費用を支払う財布を作りましょう。一緒に同じ財布を管理することで、月々の収支が見えやすくなり、無駄な出費を減らしやすくなります。

お金に対する意識が変わった
女性のアイコン2人の財布を共通にしてから、無駄な出費が減った気がする。何をするにも自分だけのお金じゃないって意識するから、本当に必要な物かどうか判断してから買うようになった!(30代前半/女性)

②冷暖房使用中は同じ部屋で過ごす

夏場は冷房、冬場は暖房の使用頻度が増えますが、使うときはなるべく同じ部屋で過ごすようにしましょう。

それぞれが別々の部屋で冷暖房を使っていると、冷暖房の効率が悪いうえに、余分な費用がかかります。

楽しみながら節約できた!
女性のアイコン基本、リビングで一緒に過ごすようにしています。ドラマや映画を一緒に見たり、時間を合わせて食事するだけなので、楽しみながら電気代を節約できました!寝室は基本、寝る直前しかエアコンを使っていません。(20代前半/女性)

③自炊を心がける

生活費の中でも毎月かなりの額がかかってしまう「食費」の支出を自炊で抑えましょう。

毎日しっかり自炊しているカップルは、毎日外食しているカップルと比較して1ヶ月で1~2万円もの差が生まれます。

彼も料理を手伝ってくれるようになった
女性のアイコン初めは仕事終わりに自炊するのは身体にかなり負担がかかっていましたが、彼も巻き込みました(笑)今では、私の帰宅が遅い時は率先して料理を作ってくれるようになりましたし、結構ラクです。(20代後半/女性)

④スーパーの特売日にまとめ買い

スーパーの特売日に1週間分の食材をまとめ買いしておくことで、毎日の食費を抑えられます。

楽だからとコンビニを頻繁に利用すると、スーパーよりも多くお金がかかってしまいます。できるだけスーパーまで買い出しに行くように心がけましょう。

まとめ買いで無駄をなくす
女性のアイコン買い物はいつも彼氏に付き合ってもらってます。1週間分の食費の中で、できるだけ安いものや使いまわしができる食材を多く買って、その中から献立を決めるから無駄もほとんどありません。
(30代前半/女性)

⑤水道光熱費を見直す

電気の契約やガス会社を見直すだけでも、年間最大で1万円ほど節約が可能です。

電気のアンペア数は、容量に応じて基本料金が上がります。消費量に対して大きすぎる契約をしている場合は、契約を見直してください。

ガス代は、プロパンガスよりも都市ガスのほうが1㎥あたりの料金が200円ほど安いです。こだわりがないなら都市ガスに切り替えましょう。

生活は変わらないのに月々の支払いが減った
女性のアイコン電気のアンペア数が消費量よりもかなり大きい契約になっていたので、適切なアンペア数に変更しました。ガス会社もとくにこだわりがなかったので、料金が安い都市ガスに切り替えましたが、生活に変化は感じませんでした。(30代前半/女性)

電力会社は2016年4月1日から始まった電力自由化により、自分のライフスタイルに合った会社を選べます。

以下の記事では、新電力会社のおすすめランキングをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

▶節約ならおすすめの新電力会社チェック!
 

⑥格安SIMでスマホ代を抑える

スマホの契約を格安SIMに替えると、月々のスマホ代が2,000円台まで安くなります。

大手の携帯会社の利用料金は6,000円前後なので、格安SIMに切り替えるだけで4,000円ほどの節約になります。

ただ、業者によっては通話できないなど、スマホの機能が制限される場合もあるので、使いたい機能が使える業者を選びましょう。

通話しないから格安SIMでも問題ない
女性のアイコン普段通話することがないので、格安SIMに変更したら月々の料金が3,000円ほど安くなりました。もっと早く変更しておけばよかったな…。(30代前半/女性)

⑦デートはお金をかけずに楽しむ

デートのために外出すると、施設の利用費や交通費などでかなりお金がかかります。

家で映画を観たり一緒にゲームをしたりして楽しむデートがおすすめですが、外に出て2人の時間を楽しみたい場合はウィンドウショッピングがおすすめです。

まとまったお金が入ったときのために、何を買うのか相談しながら歩くと良いです。

家で一緒にゲームしていることが多い
女性のアイコン自分も彼もゲームが好きなので、基本休日は一緒にゲームしています。かかるお金は、ゲームのソフト代とおやつ代くらいですね…。月に2~3本ほどしかゲームを買わないので、娯楽費は2人で2万円くらいかな?結構節約にもなっているかと思います。(30代前半/女性)

そのほか、家計簿をつけて無駄な出費を減らすことも節約に繋がります。

同棲カップルの生活費の分担方法

生活費の分担割合は、必ず同棲前に明確にしておきましょう。金銭トラブルは、破局に繋がる原因になりやすいです。

当サイトRoochで2021年1~6月に同棲したカップル100組に費用の負担方法を聞いてみたところ、50%以上のカップルが折半していました。

以下でアンケートの結果を紹介します。

同棲準備

男性の方が収入が多い場合は、多めに支払ったり全額負担しているケースもあるようです。女性が多く支払うケースはかなり少ないです。

アンケートに答えてくれたカップルの中から「完全折半」「高収入なほうが多めに負担」「そのほか」に当てはまるカップルの分担例を紹介します。

完全折半

女性のアイコンお互い正社員で働いてて年収ほぼ同じくらいだから、生活費は折半ってことで同棲を始めました。支払い系は引き落とし日近くになったら彼に支払い金の半額を渡しています。完全折半なので計算しやすいですし、お金で喧嘩になったことは無いですね。(20代後半/女性)

2人の収入額が同じくらいのカップルなら、家賃や生活費など、あらゆる支出を完全に半分ずつ支払う分担方法が一番もめにくいです。

彼氏か彼女の口座から引き落とすのも良いですが、生活費用の共通の口座を作っておき、給料日に必ずいくら入れるなどのルールがあると、さらに管理しやすいです。

収入が多い彼氏が多めに負担

男性のアイコン自分の方が稼いでるので、とりあえず6割の12万くらいは私が払っています。相手はそれに引け目を感じているようなのですが、よく家事をやってもらっているので気にしないで欲しいです。(30代前半/男性)

毎月の収入の割合に合わせた額を支払う分担方法で、片方の収入が高いカップルにおすすめです。収入に合わせて金額を決めるので、負担が偏りません。

デメリットは、収入額が変わった際に分担方法を決めなおす必要がある点です。

ほとんどの人が6:4か7:3ほどで費用を分担しています。

そのほか(家賃と食費・消耗品で分担)

女性のアイコン彼が家賃を、私が食費や日用消耗品を支払っています。多少の差はありますが、ほぼ同じくらいなのでお互いに文句は出ていません。むしろ、彼的には自動で引き落とされる家賃以外管理しなくてラクとのことです。笑(20代後半/女性)

同棲向けの間取りと家賃相場

同棲カップりにおすすめの間取りと、東京23区の家賃相場をまとめました。是非、お部屋探しの参考にしてください。

同棲カップルに1番人気の間取りは「1LDK」

1LDKの間取り図例
「1LDK」は、居室が1つ+リビングが8畳以上の間取りです。居室が1つしかないので、生活スペースと寝室に分けるしかありません。

夜は同じお部屋で一緒に寝ることになるので、常に一緒にいたし、今以上に親密度を上げたいという若いカップルに人気です。

とにかく家賃を抑えたいカップルは「2DK」

2DKの間取り図例

「2DK」は、居室が2つ+ダイニングが6~10畳未満の間取りです。居室が2つあるので、お互いのプライベート空間を持てます。

DKの間取りは1980年代に流行ったため、築年数が古い物件が多いです。ただし、家賃が安めに設定されているので、とにかく費用を抑えたいカップルにおすすめです。

結婚後も住み続けるなら「2LDK」

2LDKの間取り図例

「2LDK」は、居室が2つ+リビングが10畳以上の間取りです。結婚して子どもが生まれても、住み続けられます。

ただし、ファミリー向けの間取りで室内の設備が充実している、単純に専有面積が広いことから家賃が高めです。収入に余裕がないと厳しいです。

▶同棲カップルにおすすめの間取りの詳細はこちら

東京23区の家賃相場一覧

東京の場合、区によっても家賃相場が大きくことなります。同棲カップルに人気の間取りである「1LDK」「2DK」「2LDK」の家賃相場をまとめたので、参考にしてください。

2021年3月時点の23区の平均相場を、1LDKの家賃相場が低い順に並べています。なお、3月は引っ越し繁忙期で、1年で最も家賃相場が高くなる時期です。

1LDK 2DK 2LDK
葛飾区 約9.2万円 約7.4万円 約10.4万円
足立区 約9.5万円 約7.0万円 約10.1万円
江戸川区 約9.8万円 約7.7万円 約11.4万円
板橋区 約10.9万円 約8.2万円 約11.1万円
練馬区 約10.9万円 約8.0万円 約11.4万円

その他の区の相場はこちら

1LDK 2DK 2LDK
大田区 約12.3万円 約9.3万円 約13.4万円
杉並区 約12.6万円 約9.5万円 約16.0万円
北区 約12.8万円 約8.5万円 約13.5万円
荒川区 約12.9万円 約9.0万円 約16.9万円
豊島区 約13.1万円 約11.7万円 約19.0万円
世田谷区 約13.3万円 約10.0万円 約14.9万円
品川区 約13.9万円 約11.5万円 約20.7万円
中野区 約14.4万円 約11.0万円 約16.7万円
江東区 約14.4万円 約8.5万円 約21.8万円
目黒区 約15.5万円 約12.2万円 約19.6万円
墨田区 約15.6万円 約9.8万円 約18.1万円
文京区 約15.9万円 約10.4万円 約24.0万円
台東区 約16.1万円 約10.8万円 約21.2万円
新宿区 約17.0万円 約10.8万円 約24.3万円
中央区 約18.3万円 約14.8万円 約27.1万円
渋谷区 約18.6万円 約11.9万円 約25.7万円
千代田区 約18.9万円 約18.4万円 約27.2万円
港区 約21.8万円 約14.5万円 約30.4万円

また「駅徒歩15分・築年数指定なし」まで条件を緩和できれば、相場よりも安いお部屋が探しやすくなります。

駅徒歩5分と15分では、相場が5~8千円ほど変わります。築年数は、リフォームされて内装が綺麗なお部屋があるので、指定しないほうが良いです。

効率の良い二人入居可の物件の探し方

同棲は「二人入居可」「ファミリー向け」などのお部屋でないと入居できません。単身向けのお部屋で同棲すると、騒音トラブルに発展しやすいからです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」は、来店不要でチャットやLINEから「同棲できるお部屋を探して」と伝えるだけで、スタッフが理想のお部屋を探してくれます。

同棲可能かどうかの記載がなくても、直接管理会社に確認してくれるので選択肢の幅が広がります!

不動産業者専用のデータベース「ATBB」と使ってお部屋探しするので、ネット上にない非公開物件が出てくる可能性もありますし、ほかサイトの物件もまとめて確認できて便利です!

同棲バナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について