お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲カップルにおすすめの間取りを公開!二人暮らしに必要な広さを徹底解説!

同棲の間取りを悩むカップル

20代~30代の同棲カップル50組が選ぶ、おすすめの間取りを解説します!

二人暮らし向けの間取りの選び方や、1LDK・2DK・2LDK・1DKの広さと住み心地についてプロ視点で解説しています。

実際に住んでいる人の生の声や、レイアウト例も載せているので間取り選びに迷っているカップルはぜひ参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

同棲カップルに聞いた人気の間取り4選

東京在住の同棲カップルに、どういう間取りを選んだか調べた結果、ダントツで「1LDK」が人気でした。

同棲間取りアンケート結果

調査内容
媒体:弊社「家AGENT」池袋店での契約
期間:2020年12月~2021年5月
対象:20代~30代カップル
調査数:50組

ほとんどのカップルが1LDK・2DK・1DK・2LDKで同棲していることが分かります。その他の間取りは、広めのワンルームや1Kに住んでいるカップルです。

以下で、同棲カップルに人気の間取りを簡単にまとめました。どういう特徴があるか、参考にしてください。

1LDKの間取り例
1LDK
同棲カップルに大人気!「1部屋+リビングが8畳以上」の広さの間取り。居室が1つしかないので、常に一緒にいたいカップル向け。築浅物件が多く、綺麗な物件が多い。
2DKの間取り図
2DK
2部屋+ダイニングが6~10畳未満」の間取り。別々の自室が欲しいけど、家賃を抑えたいカップル向き。築年数が古い物件が多いが、家賃が安く1人あたりの負担額が少なくて済む。
2LDKの間取り
2LDK
2部屋+リビングが10畳以上」の間取り。築浅・設備・広さなど性能を欲張りたいカップル向き。子どもが生まれてからも住み続けられる。ただし、家賃がかなり高い。
1DKの間取り図例
1DK
1部屋+ダイニングが4.5畳~8畳未満」の間取り。とにかく家賃を抑えたいカップル向き。一人暮らし向けの間取りなので狭い。学生や新社会人カップルなら検討の余地アリ。

各間取りに向いているカップルの特徴や、メリット・デメリットを詳しく解説していくので、是非参考にしてください。

「1LDK」は親密度を上げたいカップルにおすすめ

1LDKの間取り例

「1LDK」は、居室が1つ+リビングが8畳以上の間取りです。居室が1つしかないので、生活スペースと寝室に分けるしかありません。

夜は同じお部屋で一緒に寝ることになるので、今以上に親密度を上げたいというカップルにおすすめです。

1LDKは一緒にいられる時間が増える

1LDKで同棲するとリビングを生活スペースにして、もう1つの居室を寝室にするケースが多いです。生活時間が同じであれば、自然と一緒にいられる時間が増えます。

リビングは8畳以上と広いので、ダイニングテーブルやソファを置いてもゆとりがあります。

居室部分は5~6畳くらいのお部屋が多いです。6畳あればダブルベッドを置いても通路が確保できます。

阿部さんのアイコン 阿部
リビングにはダイニングテーブル+ソファ+テレビボードが余裕で置けます。寝室とくつろぐお部屋を分けたいカップルにおすすめです。

続き間タイプなら空間を広々と見せられる

続き間として使える1LDK

出典:https://suvaco.jp/

続き間タイプとは、リビングと居室が隣り合い、大きな引き戸で仕切ることができる間取りのことです。

扉を開けておけば空間を広々見せられます。来客時は扉を閉めれば個室に早変わりするので、しっかりプライバシーを守れます。

阿部さんのアイコン 阿部
続き間のお部屋はかなり広く見えます。ワンルームのように使えるので、掃除がしやすいのもポイントです。

生活スタイルが違うと喧嘩の元になる

「どちらかが夜勤」もしくは「朝家を出る時間が極端に早い」など、生活スタイルが違うとストレスが溜まります。

基本的にすべてのスペースを共有するので、衛生観念の違いから喧嘩が起こることも珍しくありません。

どちらかがキレイ好きだけど、もう1人は片付けが苦手のようなカップルは、それぞれのお部屋がある間取りの方が良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
寝言やいびきなどは、同棲してみて初めて気が付くというケースも多いです。音に敏感で神経質な人は寝室を分けられる間取りがおすすめです。

収納スペースが少ないことが多い

1LDKは居室部分にクローゼットが1つしかないことが多く、2人分の荷物が収まりきらないことがあります。

クローゼットに収まりきらない場合は、新たに収納家具を置くことになります。家具を置くと、その分狭くなるので注意が必要です。

荷物が多いカップルは収納スペースがたくさんある1LDKを探すか、収納スペースに収まるように荷物を減らしましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
数は少ないですが「1SLDK」という、S(サービスルーム)付きの間取りがあります。サービスルームは、主に収納スペースとして使います。

1人の時間が取りづらい

1LDKはリビングか居室しか逃げ場がないので、1人になりたいときは出かけるしかありません。

自分だけの時間も大切にしたいというカップルは、それぞれのお部屋が持てる間取りがおすすめです。

阿部さんのアイコン 阿部
喧嘩してても嫌でも顔を合わせることになるので、仲直りが早いというメリットもあります。

1LDKのレイアウト例

1LDKの同棲カップルのスタンダードなレイアウト例を紹介します。

1LDKの同棲レイアウトの基本は、ベッドを一緒にするか別にするかで決まります。

ダブルベッド1つを配置したレイアウト
ダブルベッド1つを配置した1LDKのレイアウト

居室が6畳と狭めのお部屋の場合は、ダブルベッドを1つ配置して2人一緒に寝たほうがスペースを有効活用できます。

起きてる時も寝る時も一緒にいられる!
女性のアイコンリビングが広いので2人用のソファを置いて、常に同じお部屋で過ごしてます。甘えたい時にすぐそばに彼氏がいるので寂しくありません。喧嘩して気まずくなっても、同じお部屋にいたら嫌でも会話しなくちゃなので、いつの間にか仲直りしてます。(女性/20代後半)

また、ダブルベッドを購入する際はベッド下に収納スペースがあるものがおすすめです。収納スペースが増えるうえ、寝起きにすぐ着替えられて便利です。

シングルベッド2つを配置したレイアウト
シングルベッド2つを配置した1LDKのレイアウト

居室部分が8畳以上と広めの場合は、シングルベッドを2つ配置しても空間に余裕があります。

寝る時は別々が良いタイプのカップルにおすすめのレイアウトです。

寝相が悪いのでベッドを分けた
男性のアイコンできるだけ一緒にいたいんですけど、僕の寝相が悪いので寝室が広い1LDKを探してベッドを分けました。ベッドが分かれているので、残業で帰りが遅くなっても彼女を起こす心配がないのも良いですね。(男性/20代後半)

居室部分が6畳ほどだと狭いため、シングルベッド2つ置くと通路が確保できない可能性が高いので注意しましょう。

「2DK」は各自のお部屋が欲しいカップルにおすすめ

2DKの間取り図

「2DK」は、居室が2つ+ダイニングキッチンが6~10畳未満の間取りです。

居室が2つあるので、お互いのプライベート空間を確保したいカップル向きです。

それぞれ自分専用のお部屋が持てる

居室が2つあるので、それぞれ自分専用のお部屋が持てます。

一緒にいる時間も大切だけど、趣味や勉強の時間を邪魔されたくないというカップルにおすすめです。

他にも1つは寝室にして、もう1つはクローゼット代わりにするなど、レイアウトの幅も広がります。

阿部さんのアイコン 阿部
生活リズムが違う場合でも快適に暮らせるので、どちらかが夜勤などのカップルにもおすすめです。

1LDKと同じくらいの広さで家賃が抑えられる

2DKの一般的な専有面積が「40~45㎡」、1LDKは「43~47㎡」です。居室の数は違いますが、広さは同じくらいです。

また、2DKは1LDKよりも1~2万円ほど家賃が安く設定されています。

2DKは1980年代に主流だった間取りで、築年数が古い物件が多いからです。畳の和室でも良い場合は、さらに安いお部屋が見つかります。

阿部さんのアイコン 阿部
築年数が古くてもリフォームやリノベーションによって綺麗なお部屋はたくさんあります。築年数だけで決め付けず、実際に内見してから判断すると安くて良いお部屋が見つかります。

築年数が古く和室や押入れ付きの間取りが多い

2DKは築年数が古いため和室があり、昔ながらの押入れタイプだったりすることが多いです。

また、新築や築浅、オシャレなデザイナーズマンションなどは見つけるのが難しいです。

阿部さんのアイコン 阿部
全室フローリングや、オートロック・浴室乾燥など新しい設備が付いている2DKとなると、かなり件数が絞られてしまいます。設備の便利さはあまり重視しないというカップル向きです。

ダイニングキッチンはくつろぐスペースがない

2DKはダイニングキッチンスペースが6~10畳未満です。

食器棚やダイニングテーブルを置くといっぱいになり、テレビボードやソファを置くのが難しいことが多いです。

2人でくつろぐスペースや来客用のスペースがほしいという人は、リビングのある間取りがおすすめです。

阿部さんのアイコン 阿部
2人でくつろぐスペースがないため、カップルによってはすれ違い生活になることも考えられます。一緒に過ごす時間を重視したいカップルは注意しましょう。

2DKのレイアウト例

2DKのレイアウトは居室が2つある分、レイアウトの自由度が高いです。

今回は、各自のお部屋を持つ場合と、1つを寝室もう1つをリビングとして使う場合のレイアウト例を紹介します。

各自のプライベート空間を確保したレイアウト
各自のプライベート空間を確保した2DKのレイアウト

別々のお部屋を持つ場合は、1部屋を自分の好きなようにレイアウトできます。

その代わり、ダイニング部分に食事スペースやテレビを見る空間を作る必要があり、やや狭いと感じます。

自分だけの時間が持てる
女性のアイコンそれぞれ趣味が違うし、お互い1人でいるのが好きなのでお部屋分けています。自分だけの時間が持てるので、同棲していてもストレスがないです。一緒にいたかったらリビングに行けばいいし、一緒に寝たいときは彼のベッドに行くようにしています。(女性/20代後半)

一緒にいたいときや一人になりたい時など、お互いが自由に行動できるのが2DKの特徴です。

寝室とリビングとして使うレイアウト
寝室とリビングとして使う2DKのレイアウト

1つを共同の寝室、もう1つをリビングとして使う場合は、生活のメリハリがつきやすいうえ一緒にいる時間が増えます。

1つの居室には、ダブルベッドとヘッドボードのみを配置して完全に寝室にします。もう1つの居室にはテレビやこたつなどを置き、リビングとして使ってください。

ただし、居室に収納棚を置くスペースが少ないので、ダイニング部分に収納スペースを作ったほうが良いです。

和室をくつろぎスペースに
男性のアイコン和室にこたつを置いてリビングとして使っています。最初は畳って微妙だなって思ってたんですけど、断熱性とクッション性が高くて意外と快適で落ち着きます。食事はダイニングでとるので、生活のメリハリがついたのも良かったです。(男性/30代前半)

「2LDK」は結婚前提カップルにおすすめ

2LDKの間取り

「2LDK」は、居室が2つ+リビングが10畳以上の間取りです。結婚前提のカップルだけでなく、新婚夫婦や3人家族にも人気です。

レイアウト変更しやすく長く住み続けられる

同棲後に結婚して子どもが生まれたら子ども部屋をするなど、レイアウトが変更しやすいので長く住み続けられます。

また、リモートワークしている人の仕事部屋や、風邪などの感染症にかかった際の隔離部屋としても使えます。

リビングも10畳以上とかなり広いので、ダイニングテーブルやソファなど大きな家具を置いてもゆとりがあります。

阿部さんのアイコン 阿部
新型コロナウイルスの影響で、リモートワークになって広いところに引っ越したいという需要が増えています。2LDKならお互い快適に仕事できます。

キッチンやお風呂など設備が充実している

ファミリー向けの間取りなので、対面キッチンや浴室乾燥機など設備が充実していることが多いです。

築浅の物件も多いため、オートロックや防犯カメラなど防犯設備が付いている物件も見つかりやすいです。

阿部さんのアイコン 阿部
2人で並んでも余裕のあるキッチンや、ゆったり入れるお風呂はファミリー向けの2LDKならではの設備です。便利さや防犯面など、物件選びに妥協したくないカップルにおすすめです。

家賃が高いため経済的な負担が増える

2LDKのお部屋は他の間取りと比べると専有面積が広いうえ、設備が充実しているので家賃がかなり高いです。

23区内で最も家賃相場が低い葛飾区・足立区ですら、家賃10万円を超えます。ほかのエリアでも、相場が15~20万円、1番高い港区で30万円超えです。

収入に余裕がない、節約しながらギリギリの同棲生活は嫌だと言う人は、2LDKに住むのをあきらめたほうが良いです。

阿部さんのアイコン 阿部
同棲は結婚している夫婦と比べると、入居審査が厳しい傾向にあります。収入に対して家賃が高いと審査に通らないかもしれません。不安な人は不動産屋に相談するか、家賃が安い他の間取りを検討してみてください。

お部屋を持て余す可能性がある

お互い仕事が忙しく家にいる時間がほとんどない、荷物が少ないというカップルは2LDKだと持て余してしまうかもしれません。

お部屋が広いと掃除するのも一苦労なので、本当に2LDKの広さが必要なのか慎重に判断しましょう。

阿部さんのアイコン 阿部
いつも一緒に居て、寝るときも同じ寝室というカップルは2LDKだと広すぎる可能性があります。2LDKは家賃が高いので、自分たちの生活にあった間取りを選びましょう。

2LDKのレイアウト例

2LDKは、使い方の範囲が様々です。今回は、各自自分のお部屋を持つパターンと、1部屋を寝室・もう1部屋をウォークインクローゼットにした場合のレイアウト例を紹介します。

各自のプライベート空間を確保したレイアウト
各自のプライベート空間を確保した2LDKのレイアウト

リビング部分にダイニングテーブルとソファーなどを配置し、居室はカップルがそれぞれ自分のお部屋を持った場合のレイアウト例です。

自分一人だけの空間を持てるので、趣味に没頭することができます。

ストレスを溜めなくていい!
女性のアイコン部屋が別々なので、1人の時間を作れます!リビングが広くいので彼がソファでテレビを見ているときは、私がダイニングテーブルで趣味に没頭したりお互い好き勝手しています。お風呂もトイレも広いので、ストレスなく快適です!(女性/30代前半)

一人の時間を多く確保しすぎると、すれ違いが生じる恐れがあります。

食事やテレビはリビングで一緒にするなど2人でいる時間を増やしましょう。

寝室とウォークインクローゼットとして使う場合
寝室とウォークインクローゼットとして使う場合の2LDKのレイアウト

1部屋を寝室・もう1部屋をウォークインクローゼットにした場合のレイアウトは、荷物が多いカップルにおすすめです。

お部屋がスッキリしている
男性のアイコン片方を収納部屋として使っています。僕は楽器が趣味で、彼女は漫画が趣味。お互いとにかくものが多いんですがスッキリ片付いていますよ。備え付けのクローゼットも広いし、キッチンには食器や調理器具をしっかり入るスペースが確保されているので、収納に関しては言うことなしですね。(男性/30代前半)

ウォークインクローゼットだけでなく、書斎や仕事部屋など希望に合わせて自由にレイアウトできます。

「1DK」はとにかく家賃を抑えたいカップルにおすすめ

1DKの間取り図例

「1DK」は、居室が1つ+ダイニングが4.5~8畳未満の間取りです。

紹介している間取りの中で、1番狭いので多少窮屈です。とにかく家賃を抑えたい、学生同士のカップルにおすすめです。

一人暮らし並みの家賃で同棲できる

1DKのメリットは、なんと言っても家賃が安いことです。住む場所によってはワンルームや1Kと同じくらいです。

不動産屋専用サイト「ATBB」を使用して、それぞれの間取りの家賃が安い順30件分の平均金額をまとめました。

ワンルーム 約5.1万円
1K 約6.5万円
1DK 約6.9万円
1LDK 約8.1万円

東京23区・築年数15年以内・駅徒歩15分以内・専有面積13㎡以上

1DKの平均家賃が6.9万円なので、1人あたりの負担額は約3.5万円です。一人暮らしの時よりも、家賃を抑えられます。

阿部さんのアイコン 阿部
住みやすさよりも家賃の安さを重視したいカップル向けです。

生活しづらくストレスが溜まる

1DKは、居室が5~7畳ほど、ダイニングが4.5~6畳ほどのお部屋が多いです。理由は、原則一人暮らし向けの間取りだからです。

思うように家具家電のレイアウトが出来ない、荷物がお部屋内に収まらない、ベッド以外のスペースが確保できないなどカップルによっては不便に感じます。

四六時中、狭い空間で一緒にいないとならないため、どんなに相手のことが好きでもストレスが溜まる可能性が高いです。

阿部さんのアイコン 阿部
居室が7畳以上、ダイニングがMAXの8畳の広めのお部屋は、なかなか出てきません。正家賃が安い以外のメリットはほとんどないので、1DKで同棲するのはおすすめしません。

2人で暮らせる1DKを探すのは苦労する

同棲する場合は「二人入居可」でなければなりません。

許可されていないお部屋で、無断で同棲を始めると契約解除や違約金が発生する可能性があります。

1DKは一人暮らし向けの間取りなので、二人入居可の物件が少なく探すのは苦労します。

阿部さんのアイコン 阿部
1DKで同棲するとなると二人入居可が最優先になるため、その他の条件は妥協しなければならないことが多いです。1DKにしなくても家賃を抑える方法はあるので、不動産屋に相談するのがおすすめです。

1DKのレイアウト例

1DKのお部屋は同棲向けのレイアウトの幅が少ないため、実際によくある間取り2パターンでの家具配置例を紹介します。

スタンダードな1DKのレイアウト
スタンダードな1DKのレイアウト

ダイニング部分は2人掛けのダイニングテーブルと、食器棚くらいしか置けません。スペースを工夫すれば、もう1つ収納棚を配置できます。

お部屋の中が汚くなる…
困り顔の女性のアイコン押入れが1つしかないので、2人分の荷物が片付かないです。お部屋内に出すしかないんですけど、物が多くて汚く感じます…。貯金がたまったら引っ越すことにしています。(女性/20代前半)

居室は6畳ほどしかないので、ダブルベッドを置いてしまうとかなり手狭になります。

ベッド下に収納スペースがあるベッドを購入するなど、工夫が必要です。

ダイニングが細いお部屋のレイアウト
ダイニングが細い1DKレイアウト

ダイニングが細長くなっている場合は、ダイニングテーブルくらいしか置けません。お風呂やトイレの扉を開けるためのスペースが必要だからです。

居室はダブルベッドとテレビ台くらいしか置けないので、折り畳みベッドやお布団にして日中はスペースを広く使うなど工夫したほうが良いです。

喧嘩しても逃げ場がない…
困り顔の男性のアイコン狭くてイライラするせいか、同棲する前よりも喧嘩が増えました。喧嘩しても家が狭いから逃げ場がないです。もうちょっとお金貯めて、給料が上がってから同棲すればよかったなって後悔してますね。(男性/20代前半)

ワンルーム・1Kは原則一人暮らし向け

ワンルームの間取り図例
家賃の安さを重視して、ワンルームや1Kで同棲しようと考えるカップルがいますが、原則一人暮らし向けの間取りです。

物件によっては、単身者しか住んでいないため、同棲は断られる可能性が高いです。人が増える分、騒音が大きくなりトラブルに発展する可能性があるからです。

阿部さんのアイコン 阿部
25m²以上あるような広いワンルームであれば、二人入居可の物件もあります。ワンルームや1Kにこだわりがあるようでしたら、不動産屋に聞いて探してもらいましょう。

間取り選びは2人できちんと話し合うべき

同棲の間取り選びは、きちんと2人で話し合って決めてください。片方の意見ばかり優先すると、もう1人が住みづらいです。

自分たちに合った間取りで快適に暮らすためにも、事前に意見のすり合わせをしましょう。

また、内見はできる限り2人で行くべきです。写真で見るのと実際に見るのではお部屋の印象も違うので、現地で2人で見たほうが確実です。

後ほど、間取り選びのポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

間取りや物件選びに迷うなら不動産屋に相談するべき

自分たちがどの物件に住んだら良いのか迷うなら、不動産屋に相談するのがおすすめです。お部屋探しのプロがさまざまな視点からアドバイスしてくれます。

気軽に相談したいなら、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。チャットやLINEでやり取りするので、来店不要でお部屋探しできます。

「1LDKと2LDKどちらがいいのか?」「2DKの住み心地は?」など、お部屋探しのことならなんでも相談できます。

物件登録数が約838万件を誇る業者専用のデータベース「ATBB」を使って物件を探すので、希望にあった物件が見つかりやすいです。

同棲バナー

同棲の間取り選びのポイント

どの間取りにするか迷っているカップルは、以下の6つのことを確認しましょう。

  • ・居室の数、畳数
  • ・リビングの広さ
  • ・水回りの位置
  • ・生活同線が確保しやすいか
  • ・柱の出っ張りがあるか

居室の数・畳数

それぞれのライフスタイルによって、居室の数や畳数が適切な間取りを選びましょう。

2人で常に同じ空間にいたいなら、1LDKのお部屋でも十分です。

しかし、自分の趣味のスペースやプライベート空間がほしいなら、2DK以上の居室・広さがあるお部屋を選ばないとストレスがたまります。

お互いの生活の仕方を相談して、理解したうえでお部屋探ししてください。

リビングの広さ

居室の数やお部屋全体の畳数だけでなく、リビングの広さも確認するべきです。

リビングにソファーを設置したい、くつろぎたいならリビングが広いLDKの間取りがおすすめです。

ダイニングテーブルのみで十分なら「DK」の間取りがおすすめです。

水回りの位置

お風呂場やトイレ、キッチンなどの水回りが、使いにくい場所にあると生活しづらいです。

とくに、DKの間取りはお風呂やトイレがキッチンスペースと一緒のものが多いです。

お互いの生活習慣が違えば使いにくい場合があるので、お風呂やトイレがそれぞれ独立したお部屋を選ぶと良いです。

そのほかにも、キッチンの料理スペースやコンロの口数、追い焚きの機能の有無など、スペースや設備が整っているかを確認してください。

生活同線が確保しやすいか

水回りの位置も考慮して、生活動線が確保されていて、お部屋の中を移動しやすいかを確認しましょう。

変則的な間取りのお部屋は、生活動線が確保しにくいので、生活の快適さを求める人には向きません。

ただし、変わった間取りのお部屋は家賃が安い傾向があるので、毎月の固定費を抑えたいカップルはおすすめです。

柱の梁の出っ張りがあるか

お部屋の内側に柱や梁が出っ張っている間取りは、家具家電が起きにくいのでレイアウトしにくいです。

柱が出っ張っている場合、家具家電を置いたときにデッドスペースができやすいです。

さらに、出っ張りがあることでお部屋が少し狭くなるので、レイアウトを工夫する必要があります。

選ばないほうが良い物件の特徴

選ばないほうが良いお部屋の特徴をいくつか紹介します。

以下に当てはまる数が多いと、生活しづらいお部屋である可能性が高いので注意しましょう。

  • ・木造アパート
  • ・日当たりが悪い
  • ・1階にある
  • ・1階部分がコンビニや飲食店になっている
  • ・近くにスーパーがない

木造アパート

木材で建てられている「木造アパート」は、建物構造のなかでもっとも防音性能が低い物件なので、なるべく選ばないほうが良いです。

2人で暮らすとなると話し声など、生活音が隣のお部屋に聞かれる可能性があります。逆に生活音が聞こえてきて、騒音に悩まされる可能性があります。

しかし、木造での防音性が高い物件もあるので、内見時に壁を叩いて厚さや音の聞こえ方を確認しましょう。

日当たりが悪い

日当たりが悪いと湿気がこもりやすくなり、カビやダニが発生しやすいです。

洗濯物も乾きにくいですし、日中も暗いため余計な電気代がかかります。

南向きや上階のお部屋がおすすめです。周辺環境によって日当たりが変わるので、周りに高い建物がないかを確認してください。

1階にある

1階は、ベランダから不審者が入ってくる危険があります。たとえオートロックの物件でも、窓からの侵入は防ぐのは難しいです。

通りを歩く人からお部屋の中が丸見えになってしまうという問題もあります。

女性の下着を狙う泥棒もいるので、できる限り2階以上のお部屋にしましょう。

1階部分がコンビニや飲食店になっている

建物の1階がコンビニや飲食店になっている物件は騒音や匂い、虫の問題があるので避けたほうが良いです。

とくに、コンビニは365日24時間営業なので、客の話し声や車の出入りなどの騒音に悩まされやすいです。

近くにスーパーがない

スーパーが近くにない物件は、普段の買い物が不便です。コンビニは割高ですし、ドラッグストアでは生鮮食品を買えません。

スーパーやドラッグストアの位置は、駅からの帰り道にあるのがベストです。

わざわざ遠回りしたり、家を通り過ぎた場所だと使い勝手が悪いです。

同棲に必要なお部屋の設備

同棲に必要な設備はカップルそれぞれで違います。必須の設備と妥協できる設備を2人で話し合って優先順位を決めましょう。

希望設備が多すぎると家賃が上がり、物件の選択肢が狭まるので注意してください。目安として、必須の設備は2人で3~5くらいに絞り込みましょう。

以下で、優先度高めの設備をまとめました。男性と女性スタッフそれぞれの意見も合わせて紹介するので参考にしてください。

藤本さん

池袋にある仲介不動産屋「家AGENT」で勤務する営業スタッフ。女性視点できめ細やかな接客をしてくれます。

バス・トイレ別

同棲するならバス・トイレ別は必須と言っても過言ではありません。

お風呂とトイレが一緒になっている間取りだと、どちらかがお風呂に入っているとトイレに入れないからです。

藤本さんのアイコン 藤本
ゆっくり湯船に浸かりたい女性は多いのでバストイレ別がおすすめです。バストイレ別だとシャンプーなどの置き場も確保しやすいです。
阿部さんのアイコン 阿部
お風呂とトイレが分かれているとトイレットペーパーがふにゃふにゃにならずに済みます。使用後のニオイなどが気になりにくいのもメリットです。

独立洗面台

独立洗面台があれば、ドライヤーやハンドソープ、2人分の歯ブラシだけでなく、ヘアワックスやちょっとした化粧品も置いておけます。

また、どちらかがお風呂に入っている時でも洗面台が使えるので、朝の忙しい時間も慌てる心配が少ないです。

阿部さんのアイコン 阿部
ワックスやひげ剃りなど、男性も意外とものが多くなりがちです。収納スペース付きの独立洗面台があれば、水回りがごちゃごちゃしなくて済みます。
藤本さんのアイコン 藤本
独立洗面台の大きい鏡があるとメイクしやすく、コーディネートもはかどります。お風呂に洗面台がついているタイプだと、床が濡れてて不便だというお客様が多いです。

広い収納スペース

2人分だと衣類がかなりの量なので、広めの収納スペースがないと大変です。

収納家具を置いても良いですが、お部屋が狭くなるうえ、ごちゃごちゃして見栄えが悪くなります。

クローゼット(CL)や押入れが2つ以上あるお部屋か、ウォークインクローゼット(WIC)という広めの収納があるお部屋がおすすめです。

藤本さんのアイコン 藤本
洋服が多い人や、趣味のものが多い人は広めの収納スペースが必須です。スノーボードなどの長いものや、漫画などかさばるものが多いカップルは収納スペースをしっかり確認しましょう。
阿部さんのアイコン 阿部
2部屋以上あれば片方を収納スペースとして使うこともできます。予算の都合で収納スペースを妥協するなら、引っ越しを機に断捨離するのも良いです。

広めのシューズボックス

2人分の靴はかなりの量になるので、広めのシューズボックスがある物件を選びましょう。

2人分の靴が入るか、棚の位置は変更できるかなど内見時に確認しておきましょう。

シューズボックスが小さくて十分な収納スペースがないと、玄関が靴だらけになります。仕事用、休日用を合わせると、2人の靴の数は20足近くなってしまいます。

阿部さんのアイコン 阿部
シューズボックスは扉の向きにも注目です。扉が開く向きによっては、壁やドアにぶつかってしまい開きにくいお部屋もあります。
藤本さんのアイコン 藤本
ロングブーツを履く人は、折りたたまずに収納できるか確認しておくのがおすすめです。

いる・いらないで迷う設備と解決方法

同棲するときに「いる・いらない」で迷う設備と解決方法を紹介します。条件を決めるときの参考にしてください。

2口コンロ

2人で並んで一緒に料理したいカップルや、味噌汁と炒めものなど2品同時に作ることが多いという人なら必要です。

外食が多いカップルや、自炊しても1品炒めものする程度なら1口でも事足りることが多いので優先度を下げましょう。

もし、生活してみてコンロが足りないと感じた場合は、卓上クッキングヒーターとかカセットコンロを併用すると解決できます。

追い焚き機能

どちらか一方、もしくはお互いシャワーで済ませることが多いのであれば、追い焚き機能は必要ありません。

2人とも毎日お風呂に浸かりたいけど、入る時間がバラバラというカップルはあると便利です。

オートロック

オートロックはあったほうが安心です。訪問営業や宗教の勧誘なども防げます。

ただし、オートロック付きだと1~2万円家賃が上がってしまうことも多いです。

地域の治安とか、お部屋で1人で過ごす時間の長さなどを考えて優先順位を決めると良いです。

マル秘イエプラバナー

同棲で住む場所の決め方

同棲の住む場所は、2人のライフスタイルを考慮して決めるべきです。どちらか一方の意見によってしまうと、通勤に時間がかかってストレスが生まれやすいです。

住む場所の決め方
  • ・お互いの通勤面を考慮する
  • ・家賃相場が低いエリアを優先する
  • ・繁華街を避け治安の良いエリアにする
  • ・徒歩圏内に買い物環境があるか
  • ・線路、高速通り沿いではない
  • ・物件の周辺に音が出る施設がない

通勤はお互い30分以内になる場所を目安に探すのがおすすめです。

治安が悪いエリアは、犯罪に巻き込まる可能性が上がるうえ、罵声やパトカーの音がうるさいので避けましょう。

騒音は1番ストレスに直結しやすいので、些細なことで喧嘩して破局にならないためにも、必ず気を付けてください。

▶東京で同棲におすすめの街はこちら

同棲向けの間取りの家賃相場一覧【23区】

東京の場合、区によって家賃相場がかなり違います。1LDK・2DK・2LDKの間取りごとに家賃相場をまとめたので、参考にしてください。

2021年12月時点の23区の平均相場を、1LDKの家賃相場が低い順に並べています。なお、3月は引っ越し繁忙期で、1年で最も家賃相場が高くなる時期です。

1LDK 2DK 2LDK
葛飾区 約9.2万円 約7.4万円 約10.4万円
足立区 約9.5万円 約7.0万円 約10.1万円
江戸川区 約9.8万円 約7.7万円 約11.4万円
板橋区 約10.9万円 約8.2万円 約11.1万円
練馬区 約10.9万円 約8.0万円 約11.4万円

その他の区の相場はこちら

1LDK 2DK 2LDK
大田区 約12.3万円 約9.3万円 約13.4万円
杉並区 約12.6万円 約9.5万円 約16.0万円
北区 約12.8万円 約8.5万円 約13.5万円
荒川区 約12.9万円 約9.0万円 約16.9万円
豊島区 約13.1万円 約11.7万円 約19.0万円
世田谷区 約13.3万円 約10.0万円 約14.9万円
品川区 約13.9万円 約11.5万円 約20.7万円
中野区 約14.4万円 約11.0万円 約16.7万円
江東区 約14.4万円 約8.5万円 約21.8万円
目黒区 約15.5万円 約12.2万円 約19.6万円
墨田区 約15.6万円 約9.8万円 約18.1万円
文京区 約15.9万円 約10.4万円 約24.0万円
台東区 約16.1万円 約10.8万円 約21.2万円
新宿区 約17.0万円 約10.8万円 約24.3万円
中央区 約18.3万円 約14.8万円 約27.1万円
渋谷区 約18.6万円 約11.9万円 約25.7万円
千代田区 約18.9万円 約18.4万円 約27.2万円
港区 約21.8万円 約14.5万円 約30.4万円

同棲は、デート代や将来のための貯金など、なにかとお金が必要です。出来るだけ家賃相場が低いエリアを選び、固定費を抑えましょう。

また、相場が低いエリアほど安いお部屋が見つかりやすいです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

同棲バナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について