同棲中にペットを飼うメリットやデメリットは?体験談を元に紹介!

同棲に関する知識

藤本

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

カップルと室内犬

これから同棲を始めるカップルがペットを飼うと、生活にどんな影響を与えるのか、メリット・デメリットや体験談を交えながら大公開します♪

ペットを飼う際の注意点もまとめていますので、ペットを飼いながら同棲したいという人は必見です。

記事の後半に同棲にオススメのペットについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

同棲中にペットを飼うとメリットは?

同棲中にペットを飼うメリットを、実際に同棲でペットを飼ったことのある人の体験談と一緒に紹介します。

①会話や笑顔が増える
②一緒にいる時間が増える
③2人の絆が深まる
④別れのストッパーになる
⑤寂しさを紛らわせられる

①会話や笑顔が増える

ペットがいることで日常の会話にペットの話題が入るので、会話量が自然に増えやすいです。同棲生活が長いほど会話量は減りやすいので、マンネリ化防止にうってつけです。

彼女の笑顔が可愛い
ペットが来てから、彼女との会話も増えました。ペットにも彼女がよく話しかけていて、その顔は自然と笑顔になっていました。ペットと彼女のやり取りを見てると、こっちも釣られて笑顔になっちゃいます。(30代前半/男性)

②一緒にいる時間が増える

ペットを飼い始めると「早くペットに会いたい」と感じて、早く帰宅したいと思うようになります。早く帰宅すれば、ペットだけでなくパートナーとも一緒に過ごせる時間が増えていきます。

飲み会が減った
ペットが来てから、飲みの回数がかなり減りました。これも全部ペットと彼女が家で待ってると思うようになってからです。彼女も僕より早く帰ってて、2人ともペット愛してるな~って思いました(笑)(20代/男性)

③2人の絆が深まる

赤の他人同士のカップルですが、ペットを飼うなら、2人がペットの母親と父親になります。2人の共通の大切なものができることで、自然と2人の距離が近づき、絆が深まります。

また、ペットがいることで、パートナーが自分より弱いものに対してどんな対応を取るのか見れるので、将来のことを考えるきっかけにもなります。

いつの間にか大切な家族に
犬を飼い始めてから、なんだか、疑似的な家族みたいな関係になって、彼氏というよりは家族のような感覚に変わっていきました。結婚はしていませんが、これからも2人でこの子を大事に育てていきたいと思っています。(20代前半/女性)

④破局を止めるストッパーになる

ペットを飼っていると、簡単に別れられない状況になります。どちらが引き取るのか、誰かに預けるのか、など、ペットにかかる影響を考えると、自分たちの都合だけでは別れられなくなるからです。

しっかり話し合えるようになった
喧嘩するたびに出て行こうかなと思いますが、その都度ペット(猫を飼ってます)のことが頭をよぎって、結果家にとどまるしかなく、冷静に話し合うことが増えました。愛猫のために自分たちは仲良くいなくては…と思うようになったんだと思います。(20代後半/女性)

⑤寂しさを紛らわせられる

パートナーが出張や旅行で帰ってこれない日も、ペットが一緒なら寂しくないです。

また、パートナーもペットがいることで、安心して出かけられます。

気兼ねなく出かけられる
せっかく同棲できたのに、仕事の都合で出張ばっかりで申し訳なく思っていて、彼女が1人でも寂しくないようにペットを飼うことを決意しました。結果、今では私がいなくても全然平気のようで、出張の時は彼女とペットのツーショットが送られてきます(笑)(20代/男性)

▶同棲にピッタリな物件がたくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

ペットを飼うなら4つのデメリットに注意

ペットがいる同棲生活にはたくさんのメリットがある反面、以下の4つのようなデメリットもあります。ペットを飼おうか悩んでいる人は、デメリットまできちんと確認してから決断しましょう。

①お世話の負担が偏りやすい
②飼育費の負担が偏りやすい
③旅行に行きにくくなる
④同棲解消のときにどちらが引き取るかで揉める

①お世話の負担が偏りやすい

一緒にお世話をしていこうと決めても、仕事の帰宅時間の都合で、餌やりやトイレ掃除など、お世話の負担が片方に偏ってしまうことがあります。

全部私任せ
2人とも犬が大好きで、同棲開始を機に飼い始めました。最初は一緒に世話してたんですが、彼氏が転職して帰宅が遅くなり、世話はいつのまにか私の役目に…。嫌なわけじゃないんですが、やっぱり大変なので、手伝ってほしいときのほうが多いです。(20代後半/女性)

②飼育費の負担が偏りやすい

生活費の分担と同じように、飼育費の負担額が偏ってしまい、喧嘩に発展してしまうことがあります。飼う前に、飼育費に関するルールはきちんと決めておきましょう。

ペット用の財布を作って、毎月2人とも同じ額だけ入れるようにすれば、揉めづらいです。

可愛いだけじゃないんだぞ
僕がペットを飼うと言ったので文句は言えないんですが、健康診断やワクチン接種、餌からトイレ用品まで全部僕が出していて、彼女は可愛いと言っているだけ、、それならおもちゃでも良いから買ってくれたらいいのに、、(20代後半/男性)

③旅行に行きにくくなる

ペットを飼っていると、家を長時間留守にして出かけることが難しくなります。そのため、旅行や里帰りなどに行きづらくなります。

ペットも一緒に旅行に行くこともできますが、ペット可のホテルを探したり、ペット用の費用を支払ったりと、かなり手間が増えてしまいます。

長らく旅行に行ってない
飼い始める前は私も相手も旅行が好きで、年に2~3回くらい出かけていたんですが、最近ではめっきり行かなくなりましたね…。出かけていると不安だし、世話できませんから。なにより、僕たちがさみしい(笑)(30代前半/男性)

④同棲解消の際どちらが引き取るかで揉める

同棲から結婚につながれば良いですが、破局して同棲を解消することになってしまった場合には、どちらがペットを引き取るかで揉めることがあります。

飼う前には考えたくないことではありますが、万が一のときのことも話し合っておきましょう。また、別れたあとにどちらもペットを飼えないのであれば、ペットを飼うのはやめておいたほうが良いです。

喪失感がすごい
彼氏が飼うと言いはじめ、お金も全部向こうが出していたので仕方ないことですが、別れることになった時に彼氏がペットを引き取ることになりました。毎日遊んで、お世話もしていたので、急に家族がいなくなって喪失感がすごく、とても寂しいです。(20代/女性)

同棲で飼うのにオススメのペット4選

同棲カップルにおすすめのペットを、4種類まとめてみました。それぞれの特徴や飼育にかかる費用を記載しているので、まだ何を飼おうか悩んでいる人は参考にしてください。

イヌ

イヌ

出典:https://news.aol.jp/

ペットとして人気があるイヌは、毎日の散歩としつけをキチンとできるカップルにオススメです。種類によって必要な運動量が違うので、飼う際は特徴を調べておきましょう。

ただ、イヌは寿命が10~15年くらいなので、飼う際は最後まで責任を持って育てられるのか、もう一度考えましょう。

飼育にかかる費用

初期費用
(ケージ・トイレなど)
約5,000円
約400円/月
トイレシート 約150円/月
登録料 3,000円
狂犬病予防接種 3,500円
健康診断 約5,000~20,000円
(内容や地域で変動あり)
ワクチン接種 5~6種 約5,000~7,000円/回
8~10種 約5,000円~10,000円/回
 避妊・去勢手術 去勢 約15,000~30,000円
避妊 約20,000~50,000円

ネコ

ネコ

ネコはイヌと違い散歩が必要なく、キャットタワーなど運動できる空間があれば良いので、散歩をする時間がないカップルや、仕事などで家を留守にすることが多いカップルにオススメです。

ネコの寿命は動物の中でも長く、10~15年くらいなので、最後まで責任を持って飼えるか分からないというカップルは、飼うのはやめましょう。

飼育にかかる費用

初期費用
(餌・トイレなど)
約2,000円
約500円/月
トイレの砂 約500円/月
 健康診断 5,000~10,000/回
混合ワクチン接種 3種 約3,000~5,000円
5種 約5,000~7,000円
 避妊・去勢手術 去勢 約10,000~20,000円
避妊 約15,000~30,000円

ウサギ

ウサギ

出典:http://nlab.itmedia.co.jp/

ウサギは鳴き声が小さく、臭いがあまり気にならないので、賃貸物件でも飼いやすいです。また、散歩する必要が無いので、あまりペットのために時間を取れないカップルにもオススメです。

ただ、環境の変化に弱いので、飼う部屋を変えたり引っ越したりすると、変化に慣れず体調を崩してしまうことがあるので注意が必要です。

飼育にかかる費用

初期費用
(ケージ・トイレなど)
約6,000円
約25,00円/月
トイレの砂 約500円/月
トイレのシーツ 約800円/月

ハムスター

ハムスター

出典:https://pepy.jp/

ハムスターは飼いやすく、他の動物に比べ、低価格で手に入るうえに、飼ってからもあまりお金がかかりません。また、ケージで飼うので、生活空間が汚れにくく、掃除も簡単です。

さらに鳴いたり吠えたりしないので、近隣住民に騒音の迷惑がかかりません。

ただし寿命が短く、平均で2~3年くらいしか生きられません。

飼育にかかる費用

初期費用
(ケージ・トイレなど)
約9000円
約200円/月
トイレの砂 約300円/月
床材 約300円/交換時

ペットを飼う際にクリアするべき4項目

ペットを飼うなら、必ずクリアしておくべき4項目を解説します。もし1つでもクリアできなかった場合は、ペットは飼わないほうが良いです。

①ペット可物件に住んでいるか
②経済的にペットを飼える余裕があるか
③面倒を見る時間があるか
④最後まで責任をもって飼えるか

①ペット可物件に住んでいるか

これから引っ越してペットを飼おうと考えている人は、必ずペット可の物件を選びましょう。今住んでいる物件でペットを飼おうと考えている人は、一度物件の契約条件を見直して、大家さんに相談するべきです。

また、ペット可の物件であっても、ペットの種類が限定されている場合が多いので注意しておきましょう。ペット可物件でも、大家さんによって「犬なら可」など、ペットの種類が限定されている場合があります。

②経済的にペットを飼える余裕があるか

ペットを飼うには、それなりに費用がかかることを覚えておきましょう。毎月のエサ代だけでなく、病気やケガをした際は高額な医療費が必要になります。

自分の生活だけでギリギリの人だと、万が一のときのお金が支払えないので、ペットを飼える余裕があるのか確認しておきましょう。

③面倒を見る時間があるか

ペットを飼おうと考えている人は、経済的な余裕だけでなく、時間にも余裕があるか確認しておきましょう。

仕事が忙しいカップルでも、毎日家に帰り、エサやり・トイレ掃除がきちんとできて、ペットと遊ぶ時間を作れるなら良いでしょう。

④最後まで責任をもって飼えるか

ペットは種類によりますが、長いものは15年くらい生きられる種類のペットもいます。ペットが寿命を全うする間、きちんと飼えるのかよく考えましょう。

もし、寿命までの間に引っ越したり別々に暮らすようになる予定があるなら、ペットを飼うのは避けたほうが良いです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトも無料で見せてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

11月のイメージイラスト
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファでスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly