お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲に必要な費用を徹底解説!初期費用や生活費を抑える方法も公開【二人暮らし】

同棲費用のイラスト

同棲したいけどいくらあれば良い?初期費用ってどのくらい必要?毎月の生活費は?など、同棲に必要な費用について徹底解説します。

賃貸の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費・毎月の生活費の平均や、各費用を抑える方法を紹介しています。

その他、同棲の家賃目安やお金の分担方法、貯金についても解説しているので、是非参考にしてください。

この記事の内容は、ファイナンシャル・プランナーの岩井さんに監修していただきました。

監修 岩井 勇太
ファイナンシャル・プランナー
宅地建物取引士

日本FP協会認定のFP。お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。

同棲に必要な費用まとめ

カップルが同棲するまでにかかる費用は、大きく分けて4種類です。「毎月の生活費」「賃貸の初期費用」「引っ越し費用」「家具家電購入費」です。

以下、項目ごとに費用目安をまとめました。家賃10万円のお部屋の場合は、トータルで約89~150万円(生活費1ヶ月分含む)必要です。

賃貸の初期費用 家賃5~6ヶ月分
引っ越し費用 約7~10万円
家具家電購入費 約10~15万円
毎月の生活費 約22~30万円

賃貸の初期費用は、同棲するお部屋を借りる際に必要なお金です。家賃を基に計算されるので、安いお部屋ほど費用を抑えられます。

引っ越し費用は、業者利用料やレンタカー代、梱包費などです。お互いの荷物量や引っ越す距離、時期によってかなり変動します。

家具家電購入費は、新居用に新しく購入した際に発生します。元々持っていたものを継続して使用すれば、費用を抑えられます。

毎月の生活費は、家賃・食費・光熱費などです。同棲するなら、最低でも初月1ヶ月分の生活費は確保しておきましょう。

家賃ごとの初期費用目安

生活費を除く、同棲するまでに必要な初期費用目安をまとめました。お部屋探しの際に、是非参考にしてください。

家賃7万円 約52~67万円
家賃8万円 約57~73万円
家賃9万円 約62~79万円
家賃10万円 約67~85万円
家賃11万円 約72~91万円
家賃12万円 約77~97万円

上記はあくまでも目安です。借りるお部屋の条件や、引っ越す際の荷物量などで変動します。

各費用の内訳や、抑える方法を詳しく解説していきます。是非参考にしてください。

マル秘イエプラバナー

賃貸の初期費用目安は約55~61万円

同棲する際の初期費用目安は「家賃の5~6ヶ月分」です。ただし、保証会社利用料や鍵交換費用など、細かい費用が加わるので、家賃10万円の場合の目安は約55~61万円です。

以下は、初期費用の内訳となります。項目ごとに相場と目安金額を記載しています。

相場 家賃10万円の場合
敷金 家賃1ヶ月分 100,000円
礼金 家賃1ヶ月分 100,000円
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税 110,000円
前家賃 家賃1ヶ月分 100,000円
日割り家賃 入居日によって変動 55,000円
(15日入居)
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分 50,000~100,000円
火災保険料 18,000円 18,000円
鍵交換費用 15,000~20,000円+税 16,500~22,000円

※上記はすべて、おおよその金額です

初期費用の項目ごとの解説はこちら

敷金 退去時にお部屋を入居前の状態に戻すための費用です。退去費用で使わなかった分は返金されます。
礼金 入居する物件の大家さんに渡すお礼金です。礼金がないお部屋もあります
仲介手数料 不動産屋や仲介会社に、大家さんとの橋渡しの手間賃や謝礼として支払うお金です。「家賃1ヶ月分+消費税」が上限です。
前家賃 家賃発生月の翌月の家賃のことです。1日など月初に入居する場合は、従来通りの家賃引き落としのため前家賃はありません。
日割り家賃 月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数分の家賃です。入居日を月末にすればするほど日割り家賃を安くできます。
保証会社利用料 連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用です。連帯保証人の実で契約できるお部屋の場合、不要です。
火災保険料 火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用です。保険は大家さんや不動産屋が指定しているので選べません。
鍵交換費用 前の入居者が使用していた鍵から、自分が使用する鍵に交換する費用です。新築の場合は不要です。

同棲であれば、最低50万円は確保しておいた方が良いです。

初期費用を抑える5つの方法

少しでもお得にお部屋を借りるために、初期費用を抑える方法を5つ紹介します。

・礼金が無いお部屋を選ぶ
・仲介手数料が半額~無料の不動産屋にする
・連帯保証人のみで借りられるお部屋にする
・月末or月初に入居できるよう調整する
・フリーレント付き物件を探す

礼金が無いお部屋を選ぶ

そもそも礼金が無いお部屋を選べば、家賃1ヶ月分の費用を抑えられます。

敷金0円のお部屋もありますが、退去費用が高くなるので削らないほうが良いです。

仲介手数料が半額~無料の不動産屋にする

仲介手数料が半額~無料の不動産屋であれば、家賃0.5~1ヶ月分の費用が浮きます。

キャンペーンで安くなっている時期を狙ったり、申し込み前の費用交渉をしてみるのもアリです。

連帯保証人のみで借りられるお部屋にする

収入のある親族を連帯保証人に立てられる人は、保証会社不要のお部屋を探してみてください。家賃0.5~1ヶ月分の費用が抑えられます。

月末or月初に入居できるよう調整する

月末or月初に入居できるよう調整できれば、日割り家賃を抑えられます。

月末の場合は、残りの数日分の家賃+翌月分の家賃(前家賃)のみです。月初の場合は、1ヶ月分の家賃がかかりますが、翌月分の家賃は従来通りの引き落としとなります。

フリーレント付き物件を探す

フリーレント付き物件とは、大家さんが決めた日数分の家賃がタダになる物件のことです。日割り家賃分を抑えられます。

フリーレントがついてなくても、交渉次第でつけてもらえる場合があります。閑散期や人気が無い条件を選んだ際、ダメ元で交渉してみると良いです。

同棲の家賃目安は「合計手取りの3分の1」

同棲カップルの家賃目安は「合計手取りの3分の1」です。合計収入で考えると、所得税や年金、住民税などが差し引かれるためお金が足りなくなります。

以下は、合計手取りごとの家賃目安をまとめたものです。

合計手取り20万円 約66,000円
合計手取り25万円 約83,000円
合計手取り30万円 約100,000円
合計手取り35万円 約116,000円
合計手取り40万円 約133,000円
合計手取り45万円 約150,000円

なお、お部屋を探す際は、家賃+管理費・共益費込みの「総家賃」で考えてください。管理費・共益費も毎月支払うお金です。

▶東京在住のカップルの平均家賃はこちら

家賃を抑えると初期費用が安くなる

初期費用は家賃を基に計算されるので、安いお部屋ほど費用を抑えられます。

同棲向けの安いお部屋を探すなら、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。来店不要で、チャットやLINEでやりとりをするだけで理想のお部屋が見つかります。

「1LDKで家賃〇万円はあるか」「都市ガスのお部屋のみに絞って!」など、なんでも気軽に相談できます。

不動産業者専用のデーターベースから物件を探してくれるので、ほかのサイトにある物件をまとめて紹介してくれるし、ネット上に無い非公開物件も見つけてくれます!

同棲バナー

同棲する際の引っ越し費用は約7~10万円

同棲する際の引っ越し費用は約7~10万円です。2人分の引っ越し費用がかかるため、一人暮らしよりも高くなります。

~15km未満(同一市町村) 約65,000円
~50km未満(同一県内) 約68,000円
~200km未満(同一地方内) 約76,000円
~500km未満(近隣地方) 約110,000円
500km~(長距離) 約115,000円

参照:https://hikkoshi.kakaku.com/hikkoshi/rate/family/

引っ越し業者の費用は、基本的に「基本運賃」+「実費」+「オプションサービス費」の3つの金額の合計です。

基本運賃は、国土交通省の「標準引越運送約款」を元に、距離や荷物量で料金が決められます。実費は、人件費や梱包費、高速道路利用料などです。

オプションサービス費とは、エアコンの取り外しや設置、大型家具・家電の荷造りや設置、不用品の処分など、引っ越し業者が別途有料で引き受けるサービスの料金です。

また、引っ越す人が多い1月~3月や、GW・お盆などの長期休暇は割増料金が設定されていることが多いです。

引っ越し費用を抑える5つの方法

同棲の引っ越し費用を抑えるのに、おすすめの方法を5つ紹介します。

・6月に引っ越す
・荷物を限界まで断捨離する
・複数の業者から見積をもらって安いところを選ぶ
・ネット予約やフリー便を利用する
・レンタカーを使って自分たちで引っ越す

6月に引っ越す

6月は、引っ越し業者の閑散期です。1年で最も費用が安く設定されているので、狙い目です。

安い理由は「祝日が1つも無い」「梅雨で荷物が濡れる」「天気が安定しない」などで、引っ越す人が少ないからです。

荷物を限界まで断捨離する

引っ越し料金は荷物量でも変動します。限界まで断捨離できれば、引っ越し費用がかなり抑えられます。

1DK~2DKの間取りに引っ越すのであれば、ダンボール目安はMサイズ約15個です。少ないほど費用が安くなります。

複数の業者から見積をもらって安いところを選ぶ

引っ越し業者を選ぶ際は、1社に絞らず複数の業者から見積もりを貰うべきです。比較することで、より安い業者が見つかります。

また、他社の金額が具体的に出ているので、費用交渉が成功しやすくなります。

見積りをまとめて取るなら「引越し侍」がおすすめです。2021年5月現在で約320社と提携しています。

ネット予約やフリー便を利用する

電話で泣くネット予約すれば、Web割引を適応してくれる業者が多いです。

また、日にちだけ指定して時間はお任せする「フリー便」を選べば、5千円~1万円ほど費用を抑えられます。

レンタカーを使って自分たちで引っ越す

レンタカーを使って自分たちで引っ越せば「梱包資材費」+「レンタカー費用」+「ガソリン代」で済みます。距離にもよりますが、約3~5万円ほどです。

ただし、自分たちで引っ越す場合はかなりの労力が必要です。重たいものを運ぶときは、彼女では持てない事があるので友人に頼むなどしましょう。

家具家電新規購入費は約10~15万円

家具家電新規購入費は約10~15万円です。冷蔵庫や洗濯機、ベッドは一人暮らしのサイズだと小さいので買いなおす必要があります。

以下は、同棲で必要な家具家電の費用目安です。ブランドやサイズによって価格が違うので、あくまで目安にしてください。

相場
ベッド類(寝具一式) 約30,000円
ダイニングテーブル 約10,000円
カーテン 約5,000円
冷蔵庫 約25,000円
洗濯機 約25,000円
テレビ 約25,000円
掃除機 約10,000円
電子レンジ 約10,000円
炊飯器 約5,000円
ソファー 約10,000円

▶同棲生活に必要な物についての詳しい解説はこちら

家具家電を購入する際は、通販ではなく実店舗で購入しましょう。安さだけを求めて通販にすると、耐久性が弱く壊れやすかったり、求めていた機能が付いていない場合があります。

新規購入費を抑える3つの方法

家具家電の新規購入費を抑える方法は3つです。

・一人暮らしのときのものを使いまわす
・最初は必要最低限のものだけ購入する
・ディスカウントショップで購入する

一人暮らしのときのものを使いまわす

電子レンジや衣類ケース、掃除機など一人暮らしのときのものを使いまわせる場合は、新居に持っていきましょう。

上記3点だけでも、約2~3万円は費用を抑えられます。

最初は必要最低限のものだけ購入する

一気に買いそろえると、購入費が跳ね上がります。最初は必要最低限のものだけ購入し、同棲後に買い足すと良いです。

最初は、寝具・冷蔵庫・洗濯機・カーテン・掃除機・炊飯器さえあれば同棲できます。

ディスカウントショップで購入する

とくに家具はディスカウントショップで買いそろえたほうが安いです。多少傷があるだけで、使えるものが多いです。

家電は、メーカー保証期間が終わっていたり、すぐに壊れるものがあるので新品を購入したほうが良いです。

同棲の生活費は1ヶ月約22~30万円

総務省統計局が公表した「家計調査報告(2人以上の世帯) 2020年」によると、同棲カップルの生活費は約22万円~33万円です。

以下の内訳は、同棲にかかる生活費と一人あたりが負担する金額の目安です。

同棲 一人あたり
家賃 約10~15万円 約5~7.5万円
食費 約3~5万円 約1.5~2.5万円
水道光熱費 約2~2.5万円 約1.5~3万円
交際費/娯楽費 約3~6万円 約1.5~3万円
スマホ/ネット代 約2万円程度 約1万円
その他(衣類/日用品) 約2~3万円 約1~1.5万円
合計 約22~33万円 約11~16.5万円

家賃や食費、水道光熱費は恋人同士で折半するので、一人暮らしよりも負担額が減ります。

▶同棲カップルの生活費の詳細はこちら

同棲におすすめの生活費節約方法

同棲にとくにおすすめの節約方法を紹介します。すぐにできることばかりなので、是非実践してください。

・コスパの良い食材で自炊する
・セールや特売日を狙って買い物する
・無料で汲めるお水を貰ってくる
・スマホは格安SIMにする
・都市ガスのお部屋を選ぶ
・エアコンの温度を一定にし、長時間使う
・電気会社やガス会社を見直す

コスパの良い食材で自炊する

コスパの良い食材で自炊を心がけるだけで、月の食費を4万円以下に抑えられます。

とくにおすすめの食材をまとめたので、参考にしてください。

キャベツ:1玉あたり約200円
もやし:1袋10~20円
たまねぎ:1袋約200円(3個入り)
じゃがいも:1袋約200円(3個入り)
えのき:1袋約80~100円
豆腐:1丁約20~30円
納豆:3パックセット約50~100円
豚コマ切れ肉:100gあたり約130円
鶏むね肉:100gあたり約70円
合い挽きひき肉:100gあたり約100円
乾燥パスタ:1袋約100~200円

カット野菜は割高なので、1つまるまる購入すべきです。また、1つの食材を使いまわして複数の料理を作れば、無駄をなくせます。

セールや特売日を狙って買い物する

スーパーのセールや特売日を狙いましょう。食材が通常価格よりもお得に購入できます。

また、朝市や農家直産で野菜を仕入れているスーパーが近くにあるなら利用すべきです。新鮮で安い野菜が購入できます。

無料で汲めるお水を貰ってくる

スーパーでイオン水やRO水などを貰える場合は、利用しましょう。容器代のみで、水がタダで手に入ります。

スーパーにもよりますが、容器は2リットル入りで300~500円ほどです。毎日2リットルのペットボトルの水を買った場合、1ヶ月で約3千円なので、2500円ほど節約できます。

スマホは格安SIMにする

大手キャリアから格安SIMに変更するだけで、1台につき4千円ほど節約できます。

どうしても大手キャリアが良い人は、契約プランの見直しだけでもしてください。使ってない通話代や通信料分の費用を抑えられます。

都市ガスのお部屋を選ぶ

プロパンガス(LPガス)ではなく、都市ガスのお部屋を選ぶべきです。毎月のガス代が、半額近く変わります。以下は、都市ガスとプロパンガスの料金比較です。

プロパンガス 都市ガス
1㎥あたりの料金 504円 314円
20㎥使用した場合 10,080円 6,280円
基本料金 1,574円 950円
月額合計 11,654円 7,230円

都市ガスは公共料金なので急激な値上げはありません。プロパンガスは市場価格によって変動するうえ、企業によって金額がバラバラです。

エアコンの温度を一定にして長時間使う

夏は26度、冬は20度に固定するだけで、毎月約2千円近くも電気代を節約できます。

温度は1度変更するだけで、13%も消費電力が増えます。また、電源のオンオフだけでも消費電力が増えるので、長時間稼働させたほうが良いです。

電気会社やガス会社を見直す

契約中、契約予定の電気会社やガス会社を見直しましょう。2016年4月頃から、賃貸物件でも自由に電気会社・ガス会社を選べるようになりました。

会社によって基本料金や1kWhあたりの料金、プランなどがバラバラなので、より安い新電力会社に切り替えましょう。

また、電気+ガスのセットプランを選ぶことで、よりお得になります。

▶新電力会社おすすめランキングはこちら

同棲カップル3組の費用実例

電卓と大量の数字の小物
現在東京都内で同棲中のカップル3組に聞いた、費用実例を紹介します。

初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費・毎月の生活費の解説をしているので、似ているカップルの費用を参考にしてください。

彼氏26歳(正社員)×彼女24歳(正社員)

カップルの詳細情報
・2人の合計手取り額は約42万円
・練馬区の総家賃9.8万円の1LDKで同棲中
・昼以外は基本自炊している
・彼氏は都内→都内での引っ越し
・彼女は埼玉→都内への引っ越し
賃貸の初期費用 約557,000円
引っ越し費用 約80,000円
家具家電購入費 約70,000円
毎月の生活費 約287,000円

初期費用は、割引がないのでほぼフルで支払っています。家賃に対しての目安が、ほぼ相場と同じくらいです。

引っ越し費用に関しては、彼氏が約3万円、彼女が約5万円です。同一県内の引っ越しであれば、かなり費用が安いことがわかります。

家具家電に関しても、ニトリや無印で安い家具を購入したので抑えられています。家電は、まず冷蔵庫だけ購入し、しばらくは彼氏が使っていた洗濯機を使用してたそうです。

生活費の内訳

生活費約28.7万円の内訳は以下です。平日の昼はお互い外食(コンビニ弁当)なので、やや高めです。

家賃 約98,000円
食費 約55,000円
水道光熱費 約14,000円
スマホ代・ネット代 約15,000円
日用品購入費 約15,000円
娯楽・交際費 約60,000円
交通費 約10,000円
保険・医療費 約10,000円
その他雑費 約10,000円
合計 約287,000円

合計手取りが42万円あるので、節約を意識せずともゆとりのある同棲が出来ます。

ただし、上限を決めないと使いすぎるので、毎月使って良いお金は決めるべきです。

彼氏27歳(正社員)×彼女23歳(派遣社員)

カップルの詳細情報
・2人の合計手取り額は約33万円
・江戸川区の総家賃8万円の1LDKで同棲中
・基本自炊、月2回ほど一緒に外食
・彼氏は神奈川→都内に引っ越し
・彼女は千葉→都内に引っ越し
賃貸の初期費用 約370,700円
引っ越し費用 約90,000円
家具家電購入費 約12,000円
毎月の生活費 約270,000円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金なしだったでかなり低めです。敷金の代わりにクリーニング代3万円とられたそうですが、それでも40万円以内に収まっています。

引っ越し費用は1人あたり約4.5万円なので、平均的です。荷物量が多い人は、プラス2万円ほど見積もっておきましょう。

家具家電購入費は、ベッド・洗濯機・冷蔵庫・テレビ・ソファーを新しくしたので、やや高めです。

生活費の内訳

生活費約27万円の内訳は以下です。家賃と食費を抑えられているので、その他の節約をせずとも余裕のある暮らしが出来ています。

家賃 約80,000円
食費 約50,000円
水道光熱費 約14,000円
スマホ代・ネット代 約13,000円
日用品購入費 約15,000円
娯楽・交際費 約60,000円
交通費 約10,000円
保険・医療費 約8,000円
その他雑費 約20,000円
合計 約270,000円

合計手取りが33万円で生活費が約27万円であれば、毎月3~5万円の貯金が可能です。年間で36~60万円も貯まります。

ただし、冠婚葬祭などの急な出費が出た月はギリギリになるので、無駄遣いはできません。

彼氏22歳(新社会人)×彼女21歳(大学生)

カップルの詳細情報
・2人の合計手取り額は約25万円
・練馬区の総家賃7.2万円の2DKで同棲中
・基本1日3食自炊
・どちらも都内→都内に引っ越し
賃貸の初期費用 約285,000円
引っ越し費用 約60,000円
家具家電購入費 約70,000円
毎月の生活費 約241,000円

賃貸の初期費用をかなり抑えたパターンです。敷金礼金なしなうえ、連帯保証人のみで入居できるお部屋を探した結果、30万円以下に収まっています。

引っ越し費用は、お互いできるだけ荷物を減らし、単身パックのコンテナをそれぞれ利用したとのことでした。

家具家電購入費は、主にベッド・冷蔵庫・ソファーとのことです。洗濯機は、彼女が使っていたものをそのまま新居に持ち込んだそうです。

生活費の内訳

生活費約24.1万円の内訳は以下です。合計手取りに対し、生活費がギリギリなので貯金は一切できていません。

家賃 約72,000円
食費 約48,000円
水道光熱費 約15,000円
スマホ代・ネット代 約13,000円
日用品購入費 約15,000円
娯楽・交際費 約50,000円
交通費 約10,000円
保険・医療費 約8,000円
その他雑費 約10,000円
合計 約241,000円

1日3食自炊をする、使ってない家電のコンセントを抜く、娯楽費はできるだけ抑えるなど節約を徹底しているそうです。

また、お部屋の間取りを2DKにすることで、家賃を抑えています。DKは1980年代に流行った間取りなので、築年数が古めです。人気が少ないので、家賃が安めに設定されています。

同棲するならお金のルールを明確にすべき

同棲するなら、お金に関するルールは事前に決めておきましょう。金銭トラブルが、1番破局に直結します。

家賃や生活費を完全折半にするか、家賃は彼氏・生活費は彼女がもつなど、明確に決めてください。

また、生活費共通のお財布を作る、口座を分けるなど、使ったお金がわかるようにすると良いです。

費用は完全折半しているカップルが多い

都内で同棲中のカップル100組に、費用分担方法を聞いてみたところ「完全折半」が1番多かったです。

折半 44組
男性が多めに負担 38組
男性が全額負担 12組
女性が多めに負担 6組

とくに同棲代のカップルは、完全折半にする傾向にあります。

男性が多めに負担・女性が多めに負担を選んだカップルは、収入が多い方が多めに負担するように分担しています。

お互いの収入を考慮し、片方の負担が多くならないようきちんと話し合ってください。

できれば月5~6万円貯金すべき

貯金箱とお金と家

同棲するなら、月5~6万円は貯金すべきです。1年で60~72万円、3年で180~216万円は貯まります。

将来、結婚~出産、育児などかなりの費用が必要です。披露宴無しの結婚で約100~200万円、出産で約50~100万円はかかります。

同棲は貯金用の口座を作ったほうが良い

同棲中に貯金するなら、専用の口座を作ったほうが良いです。

生活費と分けられるので、間違って使うなどのトラブルを防げます。また、貯まった金額が一目でわかりやすいので、モチベーションにも繋がります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

同棲バナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について