同棲にかかる費用|二人暮らしの初期費用や生活費の実例を大公開!

同棲に関する知識

中村

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

この記事の監修:中村
「家AGENT」店長

同棲の費用のイラスト

同棲にかかる費用について解説します!初期費用の相場はいくら?資金はどのくらい必要なの?間取りはどれがいい?などの疑問にお答えします!

また、毎月の家賃や生活費を、先輩同棲カップルの実例と一緒にご紹介します。

初期費用や引っ越し費用、毎月の生活費を抑えるコツも徹底解説しちゃいます。同棲生活を円満に過ごしたいカップル必見です!

同棲する際の初期費用は家賃の約5~6ヶ月分

同棲を始める際は、お部屋を契約する初期費用として家賃の約5~6ヶ月分くらいかかります。費用の内訳と相場は以下の通りです。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって異なる
鍵交換費用 15,000円
保証会社利用料 家賃50%~100%
火災保険料 15,000円

以下の項目で、それぞれの費用の詳細について解説します。

敷金は退去時や緊急時に使う預け金

敷金とは、退去時に部屋の破損や汚れを修繕したり、万が一の家賃滞納などに備えたりするために一時的に預けておくお金のことです。

敷金が0円の物件もありますが、退去時の費用を別途で支払うので、支払う費用が安くなるわけではありません。

また、ペット可の物件の場合は修繕費用が高くなるため、敷金の相場も家賃の2~3ヶ月分まで上がります。

礼金は大家さんへの感謝のお金

礼金とは、入居する物件の大家さんに「入居させてくれてありがとう」という意味を込めて支払うお金のことです。敷金と違い返金はされません。

▶敷金・礼金についての詳しい解説はこちら

仲介手数料は不動産屋に払う報酬金

仲介手数料とは、お部屋を紹介してくれた仲介不動産屋に支払う報酬金のことです。基本的な相場は家賃1ヶ月分ですが、半額や無料にしている不動産屋もあります。

▶仲介手数料についての詳しい解説はこちら

前家賃は前もって払う翌月分の家賃

前家賃とは、翌月分の家賃のことです。例えば3月にお部屋を契約した場合、4月分の家賃を初期費用として支払います。

日割り家賃は入居日~月末の家賃

日割り家賃とは、月の途中にお部屋を借りた場合の、残り日数の家賃です。計算方法は「(家賃÷月の日数=1日分の家賃)×契約日数」です。

例えば、家賃5万円のお部屋に3月15日に入居した場合、

約1,613円×17日分
(1日当たりの家賃×15~31日の17日分)

と計算して、金額は約27,420円になります。

▶日割り家賃についての詳しい解説はこちら

鍵交換費用

鍵交換費用とは、前の入居者が使用していた鍵から自分が使用する鍵に交換する費用のことです。新築物件の場合は不要です。

防犯性の低い鍵なら1.5万円ほどですが、ディンプルキーなどの防犯性の高い鍵に替える場合は2万円以上かかります。

保証会社利用料

保証会社とは、連帯保証人を立てる代わりに加入する会社のことです。連帯保証人を立てられれば、保証会社を利用しなくて良い場合もあります。

家賃を滞納してしまった場合、保証会社から大家さんに家賃が支払われ、滞納した入居者は保証会社に家賃を支払います。

▶保証会社についての詳しい解説はこちら

火災保険料

火災保険とは、火事で燃えた建物や家具を補償してくれる保険のことです。不動産屋が指定している保証会社以外は選べないことが多いです。

また、ほとんどの賃貸物件で加入が必須です。2年に1度更新する必要があるので、更新はがきが届いたら忘れないように更新しましょう。

▶同棲にピッタリな物件がたくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

引っ越し費用は人によってかなり違う

引っ越し費用は、時期や移動距離、荷物の量など、様々な要素で変化します。

引っ越す時期がまだ決まっていないなら、不動産屋の繁忙期である1~4月を避けると良いです。繁忙期は引っ越し費用がかなり高くなります。

引っ越し費用を抑える方法

引っ越し費用を抑えたいカップルは、以下のことを実践してみてください。

・相見積もりで費用が安い業者を選ぶ
・業者を利用せず自分で引っ越しする
・断捨離して持ち込む荷物を減らす

相見積もりとは、複数の引っ越し業者に引っ越し料金を見積もってもらうことで、一番安く引っ越せる業者を見つけられます。

また、荷物が少ないカップルであれば、業者を利用せずマイカーやレンタカーで引っ越しましょう。費用を3~4万円ほどまで抑えることができます。

家具家電は持っている物を使い回すべき

同棲するのに必要なお金2

同棲に必要な家具・家電を新品で買い揃えると、約13.5万円くらいかかってしまいます。できるだけ、お互いが使っていた物を持ち寄ったほうが良いです。

2人とも現在は実家暮らしで、自由に使える家具・家電が無い場合は、以下の家具や家電を揃えておけば、最低限の生活には困りません。

ベッド類(寝具一式) 約20,000円
テーブル/イス 約10,000円
カーテン 約5,000円
冷蔵庫 約25,000円
洗濯機 約25,000円
テレビ 約25,000円
掃除機 約10,000円
電子レンジ 約10,000円
炊飯器 約5,000円

▶同棲生活の家具家電選びのポイントはこちら

毎月の生活費はどれくらいかかる?

同棲での生活費は、カップルごとの生活スタイルや職業で大きく変わるので、全体的な平均額はあまり参考になりません。

カップルのタイプ別に、生活費の平均額をまとめたので、自分たちに近いパターンの生活費例を参考にしてみてください。

以下の項目に当てはまるカップル各20組、計60組に「毎月の生活費と貯金額はどれくらいか」という質問でアンケートを取ってみました。

①社会人×社会人のカップル
②学生×社会人のカップル
③学生×学生のカップル

①社会人×社会人のカップル

家賃 150,000円
食費 50,000円
水道光熱費 16,000円
交際費・娯楽費 60,000円
ネット・スマホ代 20,000円
衣類や日用品代 30,000円
合計 326,000円

お互い社会人で安定した収入があり、生活に余裕があるカップルが多かったです。

2人ともきちんと働いているカップルの場合、生活費の支払いは完全に折半するか、男性が多めに支払っているかのどちらかに分かれていました。

お金には結構余裕があるというカップルが多く、月1回は高級ディナーデートをするというカップルもいました。

ただ、年齢的に結婚したいと考えていて、将来のためになるべく節約して、毎月必ず貯金しているというカップルがほとんどでした。

贅沢しなければ月10万は貯金できる

交際費や娯楽費を使いすぎなければ、無理に節約しなくても月10万円は貯金できそうです。

全体的に男性のほうが月収がカップルが多いので、彼氏が少し多めに貯金しているというケースが多いです。

②学生×社会人のカップル

家賃 85,000円
食費 30,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット・スマホ代 15,000円
衣類や日用品代 30,000円
合計 200,000円

まとまった収入源が1人だけで、学生の人は授業の空き時間しかバイトできないため、お金にあまり余裕が無いです。

お互い収入は少ないですが、男性が少し多めに支払っている場合が多いようです。

まれなケースではありますが、仕送りでお金に余裕があり、学生の人が少し多めに負担しているというカップルもいました。

少しずつ貯金額を増やすと良い

社会人と学生のカップルが同棲すると、生活リズムの違いから、なかなか2人の生活スタイルが定まらないことが多いようです。

毎月決まった額を貯金しようとすると生活がキビしくなるかもしれないので、少しずつ貯金額を増やして、どれくらいなら無理なく貯金できるか探ると良いです。

最初に無理な目標金額を作ってしまうと、貯金できなかったときに口論やケンカに発展することがあるので注意です。

③学生×学生のカップル

家賃 75,000円
食費 20,000円
水道光熱費 15,000円
交際費・娯楽費 25,000円
ネット・スマホ代 20,000円
衣類や日用品代 20,000円
合計 175,000円

学生同士のカップルは、主にバイトや仕送りで生活費を稼ぎます。2人の収入があまり偏らないため、生活費は半額ずつに折半しているカップルが多いです。

遊びたい年頃でもあるので、普段の食費などを節約して、遊ぶお金に回しているというカップルも多くいました。

貯金は意識しないほうが良い

学生同士の同棲なら、貯金は意識しないほうが良さそうです。収入が少ないので、貯金しようとすると無理な節約が必要になってしまうからです。

将来のために貯めるというより、遊んだり欲しいものを買うための費用を置いておくイメージのほうが良いです。

生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。

日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。

二人暮らし向けで安めのお部屋を探すなら

二人暮らし向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な二人暮らしが送れるお部屋を選べます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

イエプラで二人暮らし向けの物件を探す 

実際の同棲カップル3組の家賃と生活費例

アンケートに協力してくれた3組のカップルの、リアルな家賃と生活費例を紹介します。

正社員(30歳以上)×正社員(20代後半)

家賃18万円で、駅徒歩5分以内の1LDKのお部屋で暮らしているカップルです。

家賃 180,000円
食費 70,000~80,000円
水道光熱費 18,000~20,000円
交際費・娯楽費 80,000~100,000円
ネット・スマホ代 25,000~30,000円
衣類や日用品代 10,000~15,000円
合計 383,000~425,000円

朝と夜は自炊しているそうですが、お互い昼は外食しているので、食費が少し高くなっています。

3万円以上の買い物は、1度相談するというルールを作って、無駄なものは買わないよう気を付けているそうです。

派遣・契約社員(20代前半)×正社員(20代前半)

家賃13万円で、駅徒歩5~10分以内の2Kのお部屋で暮らしているカップルです。

家賃 130,000円
食費 50,000~70,000円
水道光熱費 20,000~24,000円
交際費・娯楽費 60,000~80,000円
ネット・スマホ代 35,000~40,000円
衣類や日用品代 15,000~20,000円
合計 310,000~364,000円

家賃は彼氏が多めに払っているが、生活費は半分ずつに分担しています。

自炊は月の半分ほどなので食費が高くなっていますが、バルコニーで家庭菜園したり、多めに作って冷凍したりと節約しているそうです。

フリーター(20代後半)×正社員(30歳以上)

家賃8万円で、駅徒歩10~15分以内のワンルームのお部屋で暮らしているカップルです。

家賃 80,000円
食費 35,000~45,000円
水道光熱費 14,000~16,000円
交際費・娯楽費 30,000~50,000円
ネット・スマホ代 10,000~15,000円
衣類や日用品代 10,000~15,000円
合計 179,000~221,000円

彼女がフリーターで手取りが少ないため、彼氏が家賃を全額負担しているそうです。その代わり彼女は、食費と水道光熱費を負担しています。

ほぼ毎日自炊をしたり、日中はなるべく電気を使わない、洗濯物は週3回までにするなど、節約を意識しているので毎月約20万前後に収まっています。

毎月の生活費を抑える5つのコツ

実際に同棲しているカップルにおすすめの節約方法を紹介していきます。どれも簡単にできることなので、日々の生活に取り入れてみてください。

生活費を抑えるコツ
①2人で共有する財布を作る
②自炊の回数を増やす
③水道光熱費を節約する
④日用品はスーパーの安売りでまとめ買いする
⑤デートはお金をかけずに楽しむ

①2人で共有する財布を作る

食費や水道光熱費、日用消耗品など共通のお金を取り出す財布を作っておきましょう。

毎月決まった日に決まった金額を入れることで、お金の管理がしやすいうえ、無駄な出費を減らしやすくなります。

②自炊の回数を増やす

自炊する回数が多いほど、食費が安くなる傾向にあります。月に半分ほどしか自炊しないカップルよりも、毎日自炊するカップルのほうが約3万円も食費が安くなります。

③電気代・ガス代を節約する

電気代・ガス代の節約は『一緒の部屋で過ごす』ことです。常に一緒に部屋いるのが嫌だという方もいるかもしれませんが、1つの部屋で過ごしていた方が使う電気も一か所で済みます。

また、エアコンの温度設定を決めて置いたり、タップ式のコンセントに切り替えることによって電気代を節約できます。

④日用品はスーパーの安売りでまとめ買いする

日々の生活で必須なトイレットペーパーや歯磨き粉などは、スーパーの安売りのときにまとめて買い込みましょう。通常料金で買うより安いですし、何度も買い物に出かける手間も省けます。

ただし、まとめ買いは荷物が多くなり、女性1人だと重くて大変なので、彼氏に手伝ってもらいましょう。

⑤デートはお金をかけずに楽しむ

デートのために外出すると、施設の利用費や交通費などでかなりお金がかかります。

家で映画を観たり一緒にゲームをしたりして楽しむデートがおすすめですが、外に出て2人の時間を楽しみたい場合はウィンドウショッピングがおすすめです。

同棲におすすめの間取りと家賃相場

初期費用の金額はお部屋の家賃によって大きく変わるので、住みたいお部屋が決まれば、初期費用がどれくらいかかるかある程度判断できます。

同棲生活におすすめの間取りと、東京23区内での家賃相場を紹介するので、お部屋を決める際の参考にしてみてください。

家賃相場は、賃貸物件情報サイト「CHINTAI」の、2018年8月10日現在の金額を参考にしました。

一番人気があるのは2DK

2DK

東京23区内の家賃相場は約9.1万円です。2DKは一昔前に流行した間取りで、築年数が少し古い物件が多いです。

2DKの間取りには居室が2部屋あって、お互いのプライベートな空間を持てます。ケンカしても1人になれますし、生活リズムが違っても相手の睡眠の邪魔になりません。

2DKのDKとは「6畳以上あるキッチンスペース」という意味なので、2人で一緒に食事したり話したりする空間にできます。

2人一緒の時間を作りやすい1LDK

1LDK

1LDKのお部屋は他の間取りより新しい物件が多いので、東京23区内の家賃相場は約13万円と、かなり高めです。

2人一緒に過ごす時間を重視したいカップルにおすすめの間取りです。LDKスペースに大きめのソファやテーブルを置いて、団らんを楽しむスペースにできます。

ただ、LDKを除いた居室は1つしかないので、2DKのお部屋と比べてお互いのプライベート空間を作りにくいです。

▶1LDKの間取りの解説はこちら

2部屋欲しいけど家賃を抑えたいなら2K

2K

2Kは1970年代から流行した間取りで、物件自体がかなり古いです。そのため、東京23区内の家賃相場は約7万円で、他の間取りよりかなり安いです。

それぞれの個室は欲しいけど家賃はなるべく抑えたい、というカップルにおすすめです。生活リズムが違っても、それぞれのプライベート空間があるので相手を邪魔せず生活できます。

ただし、キッチンスペースが4畳ほどしかないので、2人共用のスペースを作りづらいという欠点があります。

お金に余裕があるなら2LDK

2LDK

出典:http://www.jyohoku-estate.com/blog/entry-56259/

2LDKの東京23区内の家賃相場は約17.3万円で、同棲向けの間取りの中ではダントツに高いです。

家賃が高い分、2K、2DK、1LDKの間取りの良い部分を兼ね備えた間取りです。それぞれのプライべート空間を確保しつつ、広々した共用のスペースも作れます。

▶1LDKの間取りの解説はこちら

▶100人に聞いた同棲の平均家賃の詳細はこちら

同棲生活を円満に過ごす4つのコツ

ソファーの上でくつろぐカップル
同棲生活を円満に過ごすために、日々注意するべき4つのポイントをまとめました。どれも一人暮らしや実家暮らしでは意識しないことなので、よく確認して同棲生活に活かしてください。

①些細なことでもお礼を言う
②1人になれる時間を確保する
③なるべく2人で食事する
④お互いの親にあいさつする

①些細なことでもお礼を言う

些細なことでも相手に何かをしてもらったら、感謝をきちんと言葉で伝えるようにしましょう。心の中で思っているだけでは、相手に伝わりづらいです。

②1人になれる時間を確保する

どれだけ仲が良くても、必ず自分1人の時間を設けるべきです。いくら恋人同士とは言え元は他人同士ですから、ずっと一緒にいると知らない間にストレスが溜まっていることがあります。

本を読んだり音楽を聴いたり、自分だけのリラックスできる時間を設けるべきです。

③なるべく2人で食事する

長く同棲生活を続けると、相手と一緒にいることが当然になり、会話が無くなって険悪な雰囲気になってしまうことがあります。

なるべく2人で食事をとるようにすれば、自然と会話する機会ができて、コミュニケーションをとるきっかけになります。

④お互いの親にあいさつする

親にあいさつすることで、同棲生活に良い緊張感が生まれます。相手をないがしろにできなくなり、結婚を考えたりするきっかけになるからです。

▶同棲前に挨拶する際のコツについてはこちら

費用を抑えて同棲を始めるなら

家賃の安い物件を選んで住んでおけば、無理な節約をしなくても生活にゆとりができます。毎月の生活費のなかで、最も大きな固定費は家賃だからです。

チャット不動産屋の「イエプラ」はSUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件のなかからお部屋を探せるので、同棲に最適なお部屋も見つけやすいです。

わざわざ店舗に行かなくても、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

イエプラはこちらから 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

12月のイメージ写真
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly