お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲するまでに必要な費用!二人暮らしの初期費用や生活費の実例を大公開!

同棲費用のイラスト

同棲するまでに必要な費用をまとめました!二人暮らしの家賃別トータル費用目安の一覧や、賃貸の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費などお金に関して紹介します!ほかにも、おすすめの間取りやお金関係で喧嘩しないコツも紹介します!

同棲するまでに必要なお金は?

同棲するまでに必要な初期費用の項目とお金の目安は以下の通りです。

賃貸の初期費用 家賃5~6ヶ月分
引っ越し費用 約8万円
家具家電購入費 約15万円

賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金です。引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越しした際のレンタカー代です。

家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した場合に発生する費用です。

賃貸の初期費用は家賃によって変動しますが、東京の同棲用の間取り物件の家賃相場である11万円で計算すると約78~89万円です。

以下、同棲するまでに必要な初期費用目安を、家賃別にまとめたので参考にしてください。

家賃8万円 約63~71万円
家賃8.5万円 約65.5~74万円
家賃9万円 約68~77万円
家賃9.5万円 約70.5~80万円
家賃10万円 約73~83万円
家賃10.5万円 約75.5~86万円
家賃11万円 約78~89万円
家賃11.5万円 約80.5~92万円

家賃が高いお部屋に住めば住むほど賃貸の初期費用が跳ね上がるので、2人で良く話あってどういうお部屋に住むか決めましょう。

▶同棲にピッタリな物件がたくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

同棲する際の賃貸の初期費用は家賃の約5~6ヶ月分

同棲する際の賃貸の初期費用目安は、一人暮らしよりやや高めの家賃の約5~6ヶ月分です。実際は、細かい費用が入ってくるのでもう少し高くなります。

費用の内訳と相場は以下の通りです。

敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
仲介手数料 家賃1ヶ月分+税
前家賃 家賃1ヶ月分
日割り家賃 入居日によって変動
保証会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料 約15,000円
鍵交換費用 約15,000円

賃貸の初期費用は家賃を元に計算されるため、家賃が安いお部屋に住めばその分、賃貸の初期費用も安くなります。

以下の項目で、それぞれの費用の詳細について解説します。

敷金

敷金とは、大家さんや管理会社に一時的に預けておくお金のことで、退去時の原状回復代や滞納した家賃の補填として使われます。

退去費用や家賃滞納の補填で使われなかった分のお金は、退去後に返金されます。

相場は家賃の1ヶ月分ですが、お部屋によっては家賃2ヶ月分だったり、敷金なしだったりとバラバラです。

ただし、敷金がないお部屋は退去費用を別で支払う必要があるため、高額請求などのトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

また、賃貸契約に「敷金償却」や「敷引き」の特約がある場合、敷金は返金されなくなります。契約を結ぶ前に敷金償却などの特約がないか確認しましょう。

礼金

礼金とは、入居する物件の大家さんに「入居させてくれてありがとう」という意味を込めて支払うお金のことです。

ほとんどの礼金は家賃1ヶ月分ですが、人気のお部屋は家賃2ヶ月分だったり、逆に人気のないお部屋は礼金0円だったりします。

また、交渉次第で礼金を値引きしてくれる場合があるので、費用を抑えたい人は不動産屋に相談してみましょう。

仲介手数料

仲介手数料とは、お部屋の紹介や書類の作成など、部屋探しのサポートに対して不動産屋や仲介会社に支払う手数料のことです。

仲介手数料は法律で「家賃1ヶ月分+消費税」が上限と決められているため、これ以上高くなることはありません。

不動産屋によっては、仲介手数料が家賃0.5ヶ月分~無料のところもあります。また、礼金同様に交渉次第で値下げしてくれる可能性があります。

ちなみに、仲介不動産屋を通さずに大家さんと直接契約する場合は、仲介手数料はかかりません。

前家賃

電卓と住宅の置物

前家賃とは、家賃発生月の翌月の家賃のことです。4月に入居した場合、5月分の家賃が前家賃となって、初期費用に含まれます。

基本的に、家賃の1ヶ月分が相場ですが、大家さんによっては家賃2ヶ月分と決められているところもあるので、契約前に確認しましょう。

入居日が1日の場合は、従来通りの家賃引き落とし日に家賃を支払うため、前家賃は基本的に不要です。

日割り家賃

日割り家賃とは、入居した日から月末までの日数で1ヶ月分の家賃を割った費用のことです。

例えば家賃11万円のお部屋に3月15日に入居した場合は、以下のように計算します。

70,000円÷31日=約3,548円(1日当たりの家賃)
31日-15日=16日(日割り家賃が必要な日数)
3,548円×16日=56,768円(日割り家賃)

ただし、不動産屋や大家さんによっては、日割り家賃の計算方法が違うことがあります。事前に確認しておきましょう。

▶日割り家賃についての詳しい解説はこちら

保証会社利用料

保証会社利用料とは、連帯保証人の代わりになる会社を利用する費用のことです。保証会社によって利用料が違いますが、ほとんどが家賃0.5~1ヶ月分かかります。

連帯保証人のみで入居できるお部屋は、保証会社利用料は必要ありません。ただし、東京都内の賃貸は、保証会社利用が必須になっていることが多いです。

逆に関西では、連帯保証人必須になっているお部屋が多いので、保証会社利用料がかからないお部屋を探しやすいです。

火災保険料

火災保険料とは、火事や落雷で燃えた建物や家具を補償してくれる保険の費用のことです。平均相場は15,000円ほどですが、保険内容や保険会社によって金額が変わります。

基本的に、火災保険に加入せずに入居できる物件はありません。法律で定められているわけではありませんが、保険に加入していない入居者が火災を起こしても保険がおりず、大家さんに大きなリスクが発生してしまいます。

どの保険に加入するかは大家さんや不動産屋が指定していることがほとんどですが、まれに自分で選べる場合もあります。

鍵交換費用

鍵交換費用とは、前の入居者が使用していた鍵から自分が使用する鍵に交換する費用のことです。

鍵交換費用の相場は、一般的なディスクシリンダーキーの場合1.5万円ほどですが、ディンプルキーやカードキーのような特殊な鍵は2万円以上かかります。

前入居者がいない新築の場合は、鍵交換費用は不要です。

引っ越し費用は平均8万円

同棲時の引っ越し費用は、お互いどこから引っ越しするのかによって変わりますが、平均で8万円ほどです。

引っ越し業者の費用は、基本的に「基本運賃」+「実費」+「オプションサービス費」の3つの金額の合計です。

基本運賃は国土交通省の「標準引越運送約款」を元に、引っ越し業者がそれぞれ運賃を決めているので大差はありません。

実費とは、スタッフの人件費や梱包資材、高速道路の利用料金などの合計です。

オプションサービス費とは、エアコンの取り外しや設置、大型家具・家電の荷造りや設置、不用品の処分など、引っ越し業者が別途有料で引き受けるサービスの料金です。

そのため、移動距離が長かったり、荷物が多ければ多いほど引っ越し費用が高くなります。

▶引っ越し費用についての詳しい解説はこちら

荷物を限界まで断捨離しておくべき

荷物が多いと人件費や梱包材代などの実費がかさむため、引っ越し費用が高くなります。そのため、荷物を限界まで断捨離しておくと、引っ越し費用を抑えられます、

例えば、新居にクローゼットがある場合は、タンスなどの収納家具が不要な場合が多いです。引っ越す荷物の量とお部屋にある収納スペースの大きさを考えて、不要な荷物は捨てましょう。

家具家電新規購入費は約15万円

1LDK低い家具

同棲に必要な家具家電を買い揃えるお金は、約15万円ほど必要です。

一人暮らしで使っていたベッドや冷蔵庫、洗濯機などはサイズが小さいのでほとんどのカップルは新規購入します。

また、お部屋に合わせたソファーやダイニングテーブル、食器棚などを買い揃える人も多いです。

同棲生活に必要な家具家電と費用目安をまとめたので、購入する際の参考にしてください。

ベッド類(寝具一式) 約30,000円
ダイニングテーブル 約10,000円
カーテン 約5,000円
冷蔵庫 約25,000円
洗濯機 約25,000円
テレビ 約25,000円
掃除機 約10,000円
電子レンジ 約10,000円
炊飯器 約5,000円
ソファー 約10,000円

▶同棲生活に必要なものはこちら

ちなみに家具家電を買い揃える時は、通販で購入せずにきちんと自分たちの目で確かめましょう。

見た目や値段の安さだけで購入すると、耐久性が弱く壊れやすかったり、求めていた機能が付いていない場合があります。

一人暮らしの時の家具家電を使いまわすべき

家具家電購入費を少しでも抑えるなら、なるべく一人暮らしの時に使っていたものを使いまわしましょう。

炊飯器や電子レンジであれば、一人暮らし用のものをそのまま使っても容量が足りないということはありません。

ほかにも、タンスやチェストなど衣類を入れる収納棚は、別々にそろえても良いものなので使いまわせます。

家具家電の新規購入を最低限のものに絞っておけば、おのずと購入費を抑えられます。

毎月の生活費は最低22万円は必要

家計簿と電卓とレシート

創成の毎月の生活費は、最低でも22万円は必要です。内訳は以下です。

家賃 約11,000円
食費 約40,000円
水道光熱費 約14,000円
スマホ・ネット代 約12,000円
衣類・日用品 約8,000円
交際費・娯楽費 約30,000円
医療費 約5,000円
合計 約219,000円

1日3食きちんと自炊すれば、同棲でも食費を4万円ほどまで抑えられます。スマホ代はプランを見直す、格安SIMに変更するなどすれば、月1.2万円程です。

ただし、あくまでも最低ラインです。お互いのお小遣いをもう少し確保する、昼ご飯は各自で買うなどすれば、月28万円ほど必要になります。

ネット回線を安く抑える方法は?

「インターネット回線の利用料金を安く抑えたい!」と考えている人は、一括見積もりサービスを使うのがおすすめです。

【光コラボ比較ナビ】というサイトは、新規契約と乗り換えの両方に対応した、ネット回線の比較サイトです。無料で、100種類以上のサービスのなかから1番安いプランを探してくれます。

2020年5月は、最大12,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのもおすすめポイントです。詳しくは、下記の公式サイトを確認してください。



生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。

日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。

二人暮らし向けで安めのお部屋を探すなら

二人暮らし向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な二人暮らしが送れるお部屋を選べます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

イエプラで二人暮らし向けの物件を探す 

実際の同棲カップル3組の家賃と生活費例

アンケートに協力してくれた3組のカップルの、リアルな家賃と生活費例を紹介します。

正社員(30歳以上)×正社員(20代後半)

家賃18万円で、駅徒歩5分以内の1LDKのお部屋で暮らしているカップルです。

家賃 180,000円
食費 70,000~80,000円
水道光熱費 18,000~20,000円
交際費・娯楽費 80,000~100,000円
ネット・スマホ代 25,000~30,000円
衣類や日用品代 10,000~15,000円
合計 383,000~425,000円

朝と夜は自炊しているそうですが、お互い昼は外食しているので、食費が少し高くなっています。

3万円以上の買い物は、1度相談するというルールを作って、無駄なものは買わないよう気を付けているそうです。

派遣・契約社員(20代前半)×正社員(20代前半)

家賃13万円で、駅徒歩5~10分以内の2Kのお部屋で暮らしているカップルです。

家賃 130,000円
食費 50,000~70,000円
水道光熱費 20,000~24,000円
交際費・娯楽費 60,000~80,000円
ネット・スマホ代 35,000~40,000円
衣類や日用品代 15,000~20,000円
合計 310,000~364,000円

家賃は彼氏が多めに払っているが、生活費は半分ずつに分担しています。

自炊は月の半分ほどなので食費が高くなっていますが、バルコニーで家庭菜園したり、多めに作って冷凍したりと節約しているそうです。

フリーター(20代後半)×正社員(30歳以上)

家賃8万円で、駅徒歩10~15分以内のワンルームのお部屋で暮らしているカップルです。

家賃 80,000円
食費 35,000~45,000円
水道光熱費 14,000~16,000円
交際費・娯楽費 30,000~50,000円
ネット・スマホ代 10,000~15,000円
衣類や日用品代 10,000~15,000円
合計 179,000~221,000円

彼女がフリーターで手取りが少ないため、彼氏が家賃を全額負担しているそうです。その代わり彼女は、食費と水道光熱費を負担しています。

ほぼ毎日自炊をしたり、日中はなるべく電気を使わない、洗濯物は週3回までにするなど、節約を意識しているので毎月約20万前後に収まっています。

毎月の生活費を抑える5つのコツ

ぶたの貯金箱にお金を入れる

実際に同棲しているカップルにおすすめの節約方法を紹介していきます。どれも簡単にできることなので、日々の生活に取り入れてみてください。

生活費を抑えるコツ
①2人で共有する財布を作る
②自炊の回数を増やす
③水道光熱費を節約する
④日用品はスーパーの安売りでまとめ買いする
⑤デートはお金をかけずに楽しむ

①2人で共有する財布を作る

食費や水道光熱費、日用消耗品など共通のお金を取り出す財布を作っておきましょう。

毎月決まった日に決まった金額を入れることで、お金の管理がしやすいうえ、無駄な出費を減らしやすくなります。

②自炊の回数を増やす

自炊する回数が多いほど、食費が安くなる傾向にあります。月に半分ほどしか自炊しないカップルよりも、毎日自炊するカップルのほうが約3万円も食費が安くなります。

③電気代・ガス代を節約する

電気代・ガス代の節約は『一緒の部屋で過ごす』ことです。常に一緒に部屋いるのが嫌だという方もいるかもしれませんが、1つの部屋で過ごしていた方が使う電気も一か所で済みます。

また、エアコンの温度設定を決めて置いたり、タップ式のコンセントに切り替えることによって電気代を節約できます。

④日用品はスーパーの安売りでまとめ買いする

日々の生活で必須なトイレットペーパーや歯磨き粉などは、スーパーの安売りのときにまとめて買い込みましょう。通常料金で買うより安いですし、何度も買い物に出かける手間も省けます。

ただし、まとめ買いは荷物が多くなり、女性1人だと重くて大変なので、彼氏に手伝ってもらいましょう。

⑤デートはお金をかけずに楽しむ

デートのために外出すると、施設の利用費や交通費などでかなりお金がかかります。

家で映画を観たり一緒にゲームをしたりして楽しむデートがおすすめですが、外に出て2人の時間を楽しみたい場合はウィンドウショッピングがおすすめです。

同棲におすすめの間取り

どういう間取りのお部屋に住もうか迷っているカップルに、タイプ別におすすめの間取りを紹介します。

・スタンダードに「1LDK」
・各自のお部屋が欲しいなら「2DK」
・家賃を抑えたいなら「1DK」
・収入に余裕があるなら「2LDK」

▶同棲におすすめの間取りの詳細はこちら

スタンダードに「1LDK」

1LDKの間取り図

1LDKの間取りは居室が1つしかありませんが、リビングスペースが8畳以上と広いため、2人で過ごすのには丁度良い広さで同棲カップルに人気があります。

リビングスペースに、ダイニングテーブルとソファー、テレビ台、ローテーブルを置いてもスペースに余裕があります。

そのため日中はリビングで過ごし、居室は完全に寝室として利用するカップルが多いです。

各自のお部屋が欲しいなら「2DK」

2DKの間取り図

各自のお部屋が欲しいカップルにおすすめな間取りは、居室が2つある「2DK」です。

ダイニング部分は6~10畳とやや狭めですが、食事をしたり一緒にテレビを見てリラックスするスペースは確保できます。

またお互いの空間が確保できるため、趣味に没頭したり、疲れた日は別々に眠ることができます。

2DKは、主流が1980年代の間取りのため1LDKや2LDKよりも築年数が古めですが、家賃が安い点もおすすめです。

家賃を抑えたいなら「1DK」

1DKの間取り図

とにかく家賃を抑えたいカップルは「1DK」がおすすめです。2DK同様に主流が1980年代のため、築年数が古い分、家賃が安めに設定されています。

ダイニング部分の広さは4.5~8畳未満なので、ダイニングテーブルを置くか、ダイニングテーブル兼任のソファーとテーブルを配置できます。

お部屋全体の広さはやや狭いですが、居室が1つしかないので、お部屋を分けず常に一緒に寝たり、くつろいだりできます。

収入に余裕があるなら「2LDK」

2LDKの間取り図

2LDKの間取りは居室が2つあるうえ、リビングスペースが10畳以上と広いため、単純にほかの間取りより家賃が高いです。

また、LDKの間取りは1990年代に流行り出し、現在も人気が高い間取りのため築年数が新しかったり、設備が最新のお部屋が多いことも家賃が高い理由の一つです。

リビング部分にダイニングテーブルを置いて一緒に食事を楽しめるうえ、大型のテレビやソファを置いて2人でゆっくりくつろげます。

お部屋は別々のプライベート空間にしても良いですし、寝室に1部屋、もう1つを客間や趣味の空間にするなど、レイアウトの自由度が高いです。

また、将来結婚して子どもが生まれても、リビングに子ども用のスペースを作ったり、子ども部屋として1部屋充てることもできます。

お金でもめないようにルールを先に決めておくことが大切

色鉛筆と電球マーク

同棲生活の中で一番多いトラブルは「お金」に関することです。そのため、お金関係で喧嘩にならないように、あらかじめ自分たちのルールを決めておくことが大切です。

家賃の予算や家具家電購入費の予算はもちろんですが、以下のような些細なルールも決めておくと安心できます。

・家賃や光熱費などの負担代を明確にしておく
・食費や消耗品は共同のお財布から出す
・会社の飲み会は事前に共有する
・大きな買い物をするときは事前に相談する

ほかにも、自分たちだけのルールをあらかじめ決め、冷蔵庫などに貼りだしておきましょう。

もしルールがない場合は些細な事で喧嘩になりやすいので、お互い話し合う場を頻繁に設けておくと良いです。

費用を抑えて同棲を始めるなら

家賃の安い物件を選んで住んでおけば、無理な節約をしなくても生活にゆとりができます。毎月の生活費のなかで、最も大きな固定費は家賃だからです。

チャット不動産屋の「イエプラ」はSUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件のなかからお部屋を探せるので、同棲に最適なお部屋も見つけやすいです。

わざわざ店舗に行かなくても、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

イエプラはこちらから 

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識