同棲するメリットとデメリットは?カップルに聞いた生の声を大公開!

同棲に関する知識

鈴木

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」宅建主任士

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」宅建主任士

寄り添って座るカップル

結婚前に同棲を考えている人向けに、同棲をするメリットとデメリットについて解説します。女性・男性に聞いた同棲のメリットとデメリットや、実際に同棲をした人の体験談、快適な同棲生活を送るための9つのコツについても紹介します!

同棲するメリット・デメリットとは?

恋人と同棲することには、当然ですがメリットもデメリットもあります。一般的に言われることが多いメリットとデメリットは、主に以下のようなものがあります。

メリット
・結婚できるかどうか判断できる
・生活費を節約して貯金できる
デメリット
・結婚が先延ばしになる
・1人の時間がなくなる

以下の項目では、実際に同棲している人に聞いた、メリットやデメリットの体験談を紹介します。

▶同棲にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

女性に聞いたメリット・デメリット

実際に同棲している女性に聞いた、同棲のメリットとデメリットを紹介します。

女性が思う同棲のメリット

OKサインをする女性

・彼氏の私生活を知れる
・一緒にいる時間が長くなる
・家事スキルが上がる
・彼氏の家に行く交通費が浮く
・生活費を節約して貯金に回せる

彼氏の私生活を知れる
同棲するまで知らなかったんですが、彼氏がすごく料理上手でした。いつも彼が作ってくれる夕食がおいしくて、ちょっと嫉妬するくらいです(笑)学生で一人暮らししているときに覚えたらしいです。尊敬します。(女性/20代)
一緒にいる時間が長くなる
やっぱり、好きなだけ一緒にいられる、というのが大きなメリットだと思います。同棲前は終電でバイバイする生活でしたが、思い切って同棲を始めてみたら、何時でも彼がいてくれて、すごく嬉しいし、心強いし、楽しいです。(女性/20代)
家事スキルが上がる
ずっと実家暮らしで家事は親に任せっきりだったんですが、同棲すると自分たちでやらないといけないし、相手には「家庭的な女性」って思われたいし…(笑)気が付いたらめちゃめちゃ家事ができるようになってました。(女性/20代)
彼氏の家に行く交通費が浮く
同棲前は、週末彼氏の家に通っていたのですが、距離があるのでけっこうお金がかかっていました。それと、終電とかの時間に追われる感じも苦手でしたね。同棲することによって全て解決したので同棲して良かったです!(女性/30代)
生活費を節約して貯金に回せる
一人暮らししていましたが、同棲したら彼氏の負担もわたしの負担も半分ずつになるので同棲を始めました。お互い海外旅行が趣味なので、貯金をして旅行に行く計画を立てています。(女性/20代)

女性が思う同棲のデメリット

椅子に座って考える女性

・彼氏の分の家事が増える
・友達と遊ぶ時間が減った
・女子力が低下した
・生理の日にトイレやお風呂が気まずくなる

彼氏の分の家事が増える
彼がなまけた分の家事が私に回って来るのが苦痛。彼氏的には怠けてるつもりはないらしいけど…私から見れば部屋が汚すぎる!結局彼の分まで掃除、片付けしてるので、何か納得いきません。(女性/20代)
友達と遊ぶ時間が減った
一人暮らしをしていた頃は、友達を家に招いて女子会をしていたけれど、家に彼氏がいると前みたいに友達を呼ぶことはできません。遊びに行くときに、彼氏に断りを入れてから行くのもなんだか申し訳ない気持ちになります。(女性/20代)
女子力が低下した
同棲前は外で会うのできちんとオシャレをしていましたが、今はもうオシャレをしなくても家にいるので、いちいちメイクをしなくなりました。やらなきゃいけないなぁと思いつつも、慣れてしまうとやる気に慣れません。(女性/30代)
生理の日にトイレやお風呂が気まずくなる
初めての同棲ですが、トイレの音とか、お風呂から上がったときとかすごく恥ずかしくてまだ慣れないです。トイレに行きにくくて、たまに行くのを我慢してしまうこともあります。身体に悪いので行きたいんですけどね…。(女性/20代)

男性に聞いたメリット・デメリット

実際に同棲している男性に、同棲のメリットデメリットと体験談を聞いてみました!

男性が思う同棲のメリット

グッドサインをする男性

・生活にメリハリがつくようになった
・生活費が半分になった
・「ただいま」と「おかえり」が嬉しい
・宅配便の受け取りがしやくすなった
・彼女のすっぴんが見れた

生活にメリハリがつくようになった
彼女と同棲してから、朝早起きして遊園地に出掛けて、平日仕事を頑張ろうという気になれました。規則正しい時間にきちんとご飯を作ってくれるので、かなり健康的な生活になりましたね。一人のときはマジでだらしない生活してたので…(笑)(男性/20代)
生活費が半分になった
僕が家賃を全額支払って、光熱費と食費は彼女が支払ってくれています。彼女が光熱費と食費を払ってくれている分、感謝の意味も込めてデート代を払っています。なんだかんだで払ってる費用は半々くらいです。(男性/20代)
「ただいま」と「おかえり」が嬉しい
仕事から帰った時に、マンションの外から自分の部屋に電気がついているだけで彼女がいるんだと嬉しくなります。疲れて帰って、声が聞こえると疲れも吹っ飛びます。(男性/20代)
宅配便の受け取りがしやくすなった
仕事で家いないことが多いので、荷物の時間指定ができないときはいつも不在表を受け取っていました。今は彼女が家で受け取ってくれるので助かっています。(男性/30代)
彼女のすっぴんが見れた
デートのときは、いつもバッチリお化粧をしてきてくれていたので、ちょっとすっぴんを見たいなと思いつつなかなか言い出せずにいました。同棲してから、彼女のすっぴんを初めて見ました。また違う一面が見れて嬉しいです。(デメリットにもなるかも)(男性/20代)

男性が思う同棲のデメリット

新聞を読みながら頭を抱える男性

・結婚を先延ばしにしてしまう
・喧嘩したとき気まずい
・プライベートの時間が減った
・自分の好きなものを好きなだけ買えない
・彼女よりお母さんに思えるときがある

結婚を先延ばしにしてしまう
ずっと同棲していると、同棲と結婚ってなにが違うのかな?と疑問に思ってしまいました。自分の親族からは、さっさと結婚しなさいと言われますがなかなかタイミングが掴めません。(男性/30代)
喧嘩したとき気まずい
同棲ってどうしても同じ屋根の下にいるから、喧嘩したらずっと顔を合わせてなきゃいけないので気まずいです。どっちかが外に出ても、帰る家は同じなので余計気まずいです。(男性/20代)
プライベートの時間が減った
休みは彼女と合わせなきゃいけないので、自分の時間はすごく減りました。友達と出かけると言うと浮気を疑われて彼女にあまり良い顔をされないので、ストレスになります。(男性/20代)
自分の好きなものを好きなだけ買えない
生活費の管理を彼女に任せているんですが、今月使えるお金は〇円まで!と決められているので、勝手に好きな物を買えなくなりました。バイクが趣味なので、もっとバイクにお金を使いたいです。(男性/20代)
彼女よりお母さんに思えるときがある
自分でちゃんと起きる時間に目覚まし時計をセットしているのに早めに起こしてきたり、僕の荷物を置いているスペースを勝手に掃除していたり、実家のお母さんにされていたことを思い出して、彼女に見えなくなりそうです。(男性/30代)

生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき

生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。

日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。

二人暮らし向けで安めのお部屋を探すなら

二人暮らし向けの、家賃が安くて質が良い物件を探すには、チャット不動産「イエプラ」がおすすめです!

イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広く、快適な二人暮らしが送れるお部屋を選べます!

また、プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、買い物環境などについて相談できます!

イエプラで二人暮らし向けの物件を探す 

快適な同棲生活を送るための9つのコツ

同棲生活で起こりがちな問題をなるべく減らして、快適に過ごすためのコツを9つ紹介します。

①同棲前にお互いの両親に挨拶しておく
②同棲期間を決めておく
③お金の管理のルールを決める
④家事は大まかに分担する
⑤些細なことでもお礼を言う
⑥帰りが遅くなる場合は連絡を必ずする
⑦友人を家に招く際は事前に伝えておく
⑧週に1回は1人になれる時間を作る
⑨本音で話し合う時間を作る

①同棲前にお互いの両親に挨拶しておく

同棲を始める前に、お互いの親に挨拶しておきましょう。結婚報告の挨拶ほどかしこまる必要はありませんが、一度も相手の親に会ったことが無いまま同棲するのは避けたほうが良いです。

お部屋を借りる際の保証人として両親の許可が必要な場合が多いですし、黙って同棲されることを怒られる場合も多いです。

②同棲期間を決めておく

同棲してから結婚するまでの期間を、事前に決めておくと良いです。期限付きの同棲生活にすることでメリハリが付きますし、結婚が先延ばしになるのを防げます。

期限を決めておかないと、結婚するタイミングを逃したり、なれ合いの関係になってしまったりするカップルが多いです。

③お金の管理のルールを決める

お金の管理方法が原因でトラブルになってしまうカップルは非常に多いです。同棲を始める前に、細かく「どちらが」「どの費用を」「どれくらい」負担するのか決めておきましょう。

お金を管理するルールを決めておかないと、どちらかに負担が偏ったり、隠れて自分のお金をパートナーに使われたりしてしまう危険があります。

④家事は大まかに分担する

仕事や学校のタイミングを考えて、大まかに家事の分担を決めましょう。ただ、お互いの得意な家事で分担しないとストレスが溜まってしまいます。

キビしく分担するのではなく、彼女が料理好きなら料理担当で彼氏が掃除担当といったように、ざっくりと分担すれば窮屈に感じません。

⑤定期的に2人で出かける日を作る

同棲を始めると一緒にいることが当たり前になり、どうしてもマンネリ化してしまうので、2人で出かける日を作ると良いです。

マンネリ化してしまうと、喧嘩や破局の原因になってしまいます。記念日に外出したり、何でもない日にサプライズでプレゼントなどをするのも効果的です。

⑥些細なことでもお礼を言う

掃除してくれた、自分の服を畳んでくれた、など、些細なことでもパートナーにお礼を言うようにしましょう。

一緒に住んでいると、だんだんパートナーがしてくれることが当たり前になってしまい、パートナーにストレスが溜まる原因になります。

⑦友人を家に招く際は事前に伝えておく

友人を部屋に招く際は、パートナーに必ず事前に伝えておくようにしましょう。

他人に見られたくない物を片付けたり、掃除したりする時間が欲しいかもしれないからです。

⑧週に1回は1人になれる時間を作る

同棲を始めると、1人でいる時間がかなり減ります。週に1回は、1人でいる時間を設けるなどのルールを決めておくと良いでしょう。

自分の時間を作ることで、マンネリ防止にも繋がります。

⑨本音で話し合う時間を作る

きちんと話し合う時間を作らないと、お互いの不満が溜まってしまい喧嘩や破局の原因になってしまいます。

言いたいことがあるときは我慢をせず本音を伝えることで、大きな問題になる前に解決できます。

喧嘩をしたときは喧嘩腰にならずに話し合うようにするなど、お互いに喧嘩になってしまったときのルールを決めておくと良いです。

同棲向きの2DKや1LDKのお部屋を探すなら

わざわざ2人で一緒に不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えるだけで同棲にピッタリなお部屋を探せます!

お部屋は自分たちで探したい!という人には、不動産業者専用の物件情報サイトを無料で見せてくれます!

住んでいる場所が遠くて、なかなか引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと話すのが苦手な人にもおすすめです!

同棲におすすめの間取りの図 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

2、3月のイメージイラスト
【不動産屋が解説】2月・3月に引っ越しするなら知っておくべき時期的な注意点

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly