お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

同棲する際の10の注意点!同棲がうまくいくためのルールも大公開!

同棲のルールのイメージイラスト

同棲生活で失敗しないためにも、把握しておくべき注意点をまとめました!

同棲期間や同棲生活中に気をつけるべきこと、お部屋探し注意すべきことを解説します。

同棲カップルにおすすめの間取りや、親へ挨拶すべきか、万が一同棲を解消したいと思ったらどうすべきかなども紹介します。

同棲期間は先に決めておくべき!

同棲するなら、事前に期間を決めておくべきです。期間の目安は、1年~2年ほどが良いです。

同棲期間を決めておくことで、それまでに結婚する決意をしなければいけない、結婚するまでの期間が限られているので今のうちに準備しないといけないなど、意識するようになります。

期間は恋人と話し合って、お互いが納得できるようにしておきましょう。同棲するお部屋の賃貸契約を1つの境目にする人も多いです。

もし5年や10年など長期間に設定した場合は、現状の生活のままで満足することが多く、婚期を逃したり、どちらかの不満が募って破局に繋がりやすいです。

▶同棲にピッタリな物件がたくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

同棲で注意するべき10のポイント

同棲生活で失敗しないためにも、注意すべきポイントをまとめました。

①服や物を片づけない
②いびきやおならなどの音を隠そうとしない
③下着姿でうろうろする
④休日は基本的にすっぴんで過ごす
⑤トイレのドアを閉めない
⑥お風呂に入る回数が少ない
⑦彼氏のスマホやパソコンを勝手に見る
⑧お金に関してルーズになる
⑨担当している家事をなまける
⑩相手の趣味を否定する

各注意事項について、実例とともに簡単に解説していきます。

①服や物を片づけない

喧嘩の原因になった
困り顔の女性のアイコン元々整理整頓が苦手で、片づけと掃除は彼氏がやってくれていました。最初はちゃんとお礼を言って謝っていたんですが、だんだん慣れてしまい…。私が出した服なのに「何で片付いてないの?」と聞いてしまいました。そしたら彼氏は大激怒。結局それからギクシャクしちゃって、別れちゃいました…。(20代/会社員)

服や物を片づけないまま放置しておくと、喧嘩の原因になります。始めは何も言われないかもしれませんが、慣れてしまうと相手のストレスが溜まり切ったときに爆発します。

片付けが苦手な人は、片づける場所を決めておいて癖付けをしましょう。また、強制的に片づける日を作っておくと良いです。

②いびきやおならなどの音を隠そうとしない

下品でドン引きする
困り顔の女性のアイコンわざと人の前でおならをするんですけど、最初は笑ってごまかしていても、だんだんストレスになって怒りを通り越してドン引きしました。下品すぎるしモラルが無い。最低すぎる。そこからもう彼の嫌な部分が目に付きだして、ますますイラっとしています。(30代/アパレル店員)

音が聞こえるのは仕方がないですが、隠そうとせず堂々と音を出していると嫌な気分になります。自分がされて嫌な事は絶対に避けましょう。

いびきに関しては自分では自制できない部分なので、相手からうるさいと言われたときは呼吸器内科を受診するのも1つの手です。

③下着姿でうろうろする

もう少し恥じらいを持ってほしいな…
困り顔の男性のアイコンお風呂上りにパンツ1枚で上半身にはバスタオル。あまりにも男らしすぎて、ときめくどころか笑ってしまいます。もう少し女性らしく恥じらいを持ってほしいなって思ってますけど、口に出すと喧嘩になりそうなので我慢しています。(20代/銀行員)

普段から下着姿でうろうろしていると、新鮮さやときめきが無くなります。

一緒に住んでいるとはいえ彼氏は結婚していない他人なので、普段の服装は最低限のマナーを守りましょう。

④休日は基本的にすっぴんで過ごす

異性として見られていないのでは?
困り顔の男性のアイコン外に出る時や友人と遊ぶときは化粧をするのに、自分と2人っきりになるとすっぴん。最初はリラックスしてるのか?って思ってましたけど、眉毛すら書かないので、異性として見られていない気がして悲しいです。(20代/飲食店)

男性は、女性がどれくらい化粧に時間をかけているのか理解していないことが多いです。そのため、すっぴんだと「手を抜かれている」「異性として見られていない」と感じることがあります。

どうしても化粧が面倒な場合は、先に「時間や化粧品代がかかるから家にいる時はすっぴんが良い」と伝えておきましょう。

⑤トイレのドアを閉めない

聞きたくないものを聞かされる…
困り顔の女性のアイコン彼がトイレのドアを閉めない人なんです。洗面所で髪をセットしているときとか、聞きたくない音がトイレから聞こえるし、前を通ると見たくないものが見えます。何度かわざと音を立てるように大げさに閉めるんですけど、やっぱり直りません…。(20代/事務員)

トイレの音などのエチケットは誰でも気になります。窮屈かもしれませんが、相手が家にいるときにトイレをする際は必ずドアを閉めましょう。

もし、この先結婚して子どもができた場合、子どもがマネをする可能性があります。同棲中にドアを閉める癖をつけておいてください。

⑥お風呂に入る回数が少ない

なんか不潔…
困り顔の女性のアイコン2日に1回くらいなら許容できるんですけど、流石に5日も入らない日があると近づきたくないです。とくに冬は寒いからって、なかなかお風呂に入ってくれないので、私としてはベッドに入ってきてほしくないんですよね…。(20代/アパレル店員)

2日以上お風呂に入らないと不潔だと思われます。疲れているときや時間のない時は、軽いシャワーだけでも入りましょう。

また、どうしても面倒だと感じる時用に、ボディーシートを常備しておくと良いです。

⑦彼氏のスマホやパソコンを勝手に見る

浮気を疑われているようで気分が悪い
困り顔の男性のアイコン人が風呂に入ってるときとか寝ているときに、彼女が勝手にスマホを見るんですよね。前はロックしてましたけど、やましいことでもあるのか!?ってキレられてうんざりしているので今は外してます。束縛されているように感じるし、浮気を疑われているようで気分が悪すぎます。別れようかと考える原因の1つですね。(20代/会社員)

スマホやパソコンを勝手に見るのは絶対に避けましょう。勝手にスマホを見られると「浮気を疑われているのか」「自分が信用できないのか」と不信感が募ります。

もし見せてくれなくても、浮気などを過剰に疑うのは避けましょう。束縛が強すぎると思われてしまい、破局の原因となります。

⑧お金に関してルーズになる

払えないなら払えないって言うべし
困り顔の女性のアイコン自分はアルバイトで相手は公務員で、収入は雲泥の差でしたが、なんの意地か、同額の生活費を支払うと言ってしまいました。どんどん払えなくなっていってしまって、ついには「払えないなら払うって言うな!」って怒られました…(20代/アルバイト)

とくに家賃や食費、水道光熱費に関してはルールをきちんと決めておきましょう。お互いの収入を考慮して、無理のない負担にしないと破局に繋がりやすいです。

また、生活費用の共同のお財布を1つ用意をしておき、お互いが金額を把握できるようにしておくと、もめごとが少ないです。

⑨担当している家事をなまける

分担した家事をサボられると負担が増える
困り顔の男性のアイコン喧嘩したくないからって、同棲する前に家事分担ルールを決めていたんですよ。自分は掃除と洗濯担当、彼女は料理担当って。で、仕事とか用事で出来ないときは事前に連絡するってルールだったのに、帰宅するとご飯が無い。最初は仕方なく自分が作っていたんですけど、1回許すと何度もサボられたので、流石にキレました。(20代/会社員)

1度担当を決めたなら、きちんと自分でおこなうべきです。仕事や体調などで家事ができない場合は、事前に相手に伝えるだけでも同棲生活が円満にいきます。

また、やってもらったら必ずお礼を言いましょう。共同生活を送っている上で助け合いは当然だとしても、感謝の気持ちはきちんと言葉にすることが大切です。

⑩相手の趣味を否定する

ちょっとしたことで大ケンカに
困り顔の女性のアイコン彼に借りたマンガ本を広げて置いていたら大ゲンカになったことがあります。「本がいたむ!」って言ってましたが私には大した問題には思えず、口論。本人的にはとても大事にしていた本らしく、私にはそれが分からなかったので、最終的には謝り合いました。もうちょっとで別れの危機でしたね。(20代/会社員)

趣味を理解できないとしても、頭ごなしに否定してはいけません。趣味を否定されると我慢を強いられて、かなりのストレスとなります。

無理に相手の趣味に合わせる必要はありませんが、自分は自分、相手は相手と割り切ることが大切です。

同棲するお部屋は必ず2人の意見を取り入れる

同棲するお部屋と決める時は、必ず2人の意見を取り入れましょう。一人で勝手に決めてしまうと、相手から不満が出てきます。

新しいお部屋を探すときは、以下の5つのことに注意すると良いです。

・二人の通勤時間を考慮して場所を決める
・お互いの希望条件を書き出す
・二人入居可の物件を探す
・収納スペースを確保する
・家賃を高く設定しすぎない

とくに住む場所は、お互いの通勤時間を考慮しましょう。片方の都合に合わせてしまうと、2人の時間が撮りにくくなるうえ、通勤面でのストレスが溜まりやすいです。

また、お部屋に求めるこだわりポイントは男性と女性で違うことが多いので、事前によく話し合って希望条件を出し合いましょう。

希望条件を出し過ぎると希望のお部屋が見つかりにくいので、5つほどまでに条件を絞っておくと良いです。

大家さんの意向で同棲が禁止されているお部屋があります。物件情報サイトに「2人入居可」などの文字がないか、事前に確認しておきましょう。

家賃を高くしてしまうと、毎月の生活費が足りなくなります。目安は、お互いの手取り金額の合計の3分の1ほどです。

自宅でゆっくりお部屋を探せる不動産屋がある

2人そろって不動産屋に行くタイミングがない人は、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

チャットやLINEから要望を送るだけで、スタッフが条件に合うお部屋を紹介してくれます。

また、不動産業者しか見れないサイトからお部屋を探すので、他のサイトの物件もまとめて見れますし、非公開物件の紹介もあります。

深夜0時まで営業しているので、食事後のリラックスタイムや、寝る前のちょっとした時間でも恋人と一緒にお部屋を探せます。

イエプラで部屋探ししてみる

同棲におすすめの間取り

同棲におすすめの間取りは「1LDK」「2LDK」「2DK」の3つです。

生活リズムが一緒なら1LDK

1LDKの間取り図例

1LDKは、リビングが1つに居室が1つの間取りのため、寝室と生活スペースに分けてレイアウトするしかありません。

そのため、生活リズムが同じカップルでないと快適に過ごせません。常に一緒にいたい、人の時間が無くてもお互い平気というカップルに向いています。

リビングにダイニングテーブルを置いて一緒に食事を楽しんだり、大型のテレビやソファを置いて一緒に映画を見たりして過ごせます。

プライベートを大切にしたいなら2LDK

2LDKの間取り図例

2LDKは、リビングが1つに居室が2つの間取りなので、自分だけのお部屋を確保できます。

プライベートを大切にしたい、結婚後も住み続ける予定のカップルにおすすめです。

ただし、2LDKは1LDKと比べると家賃が2~5万円ほど高いので、収入に余裕があるカップルでないときついです。

家賃を抑えたいなら2DK

2DKの間取り図例

2DKは、ダイニングが1つと居室が2つの間取りです。キッチンスペースは6~10畳未満の広さです。

DKは1980年代に主流だったため築年数が古く、住む場所によっては1LDKより2万円ほど費用を抑えられます。

物件によっては和室のままのお部屋や、浴槽が小さいお部屋もあるので、2DKのお部屋を探すときは必ず内見して確認しましょう。

同棲前に決めるべき7つのルール

同棲生活で喧嘩しないためにも、事前にルールを決めておきましょう。以下の7つのことだけでも決めておくと、円満な生活を送れます。

①生活費は共有の財布で管理する
②家事は大まかに分担する
③定期的に2人で出かける日を作る
④帰りが遅くなる場合は必ず連絡する
⑤およその就寝時間・起床時間を決める
⑥友人を家に招く場合は事前に連絡する
⑦一人になれる時間を作る

とくに、家事の分担、生活費の負担割合に関係するルールは、お部屋探しを始める前に、ある程度決めておくほうが良いです。また、生活リズムについても話し合っておきましょう。

同棲を始める前にお互いの親に挨拶すべき

同棲を決めたら、まず、お互いの親に挨拶に行きましょう。

「結婚じゃないから挨拶は不要では?」と考えがちですが、賃貸の連帯保証人や、困ったときの相談など頼れる相手を作っておくことが大切です。

また「自分がどういう人なのか」を相手の親に知ってもらうチャンスでもあるので、挨拶はしておいた方が良いです。

真面目に自己紹介をして、真剣に結婚を考えていること、同棲は結婚前の準備期間であるということを伝えれば、同棲を認めてくれる可能性が高いです。

万が一同棲を反対されたら?

もしも親が感情的に反対して話すら聞いてくれないようなら、挨拶するのは一旦諦めて、日を改めたほうが良いです。

感情的になっている親に説得を続けても、余計にいら立たせてしまうだけです。

相手が冷静になるのを待ってから、論理的に話ができる状態で話し合うべきです。

▶反対されないためのポイントはこちら

注意点やルールを無視すると同棲の解消に繋がる

注意点やルールを無視すると同棲の解消に繋がるので気をつけましょう。

生活スタイルや価値観が違うと認識されたり、ストレスの原因となるので一緒にいたくないと感じるようです。

とくに、生活リズムや金銭面で失敗しやすいので、先に紹介した同棲ルールは明確にしておくべきです。

同棲を解消したいと思ったら?

どうしても相手と上手くいかなかった場合は、引っ越し資金を貯めたのちに、相手に解消する意思を伝えましょう。

なぜ同棲を解消したいのか、解消するためのお金はどうするのか、今後の付き合いはどうするのかは、最低でも伝えてください。

その際、感情的にならずに落ち着いて話し合いをすることが大切です。感情的に話すと、相手もヒートアップして喧嘩別れになります。

上手く話しがまとまったら、二人で購入した荷物や家具家電は処分するのか、どちらかが引き取るのかも相談しておくと良いです。

▶スムーズに同棲解消するためのコツはこちら

同棲するまでに必要な費用は約68~73万円

東京都内で同棲向けの1LDK~2DKの平均家賃約10万円で計算すると、同棲するまでの費用は約68~73万円かかります。

賃貸契約の初期費用 約45~50万円
引っ越し費用 約8万円
家具家電・日用品購入費 約15万円

賃貸契約の初期費用は、同棲するお部屋を借りる際に必要なお金です。一般的には家賃の4.5~5ヶ月分ほどと言われています。

引っ越し費用は、業者やレンタカー、ダンボールなどの梱包費です。遠距離恋愛していた場合は、さらに費用がかさみます。

家具家電・日用品購入費は、新居用に買い直す分のお金です。実家や一人暮らしのお部屋から持ち込めば、多少抑えられます。

自分に最適な間取りのお部屋を探すなら

イエプラを使っているカップル漫画

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識