同棲する際の10の注意点!同棲がうまくいくためのルールも大公開!

同棲に関する知識

藤本

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

この記事の監修:藤本
「家AGENT」営業主任

手を繋いでいるカップル

同棲する際に注意するべき点は?実際に同棲した人はどんなところに注意していたの?といった、同棲の注意点について徹底回答します!

メリット・デメリットや同棲前に決めておくべきルール、おすすめの間取り、同棲生活に必要なものや手続きについても解説しますよ。

万が一同棲を解消する場合の失敗しない手順まで網羅しているので、最後まで読んでください♪

同棲で注意するべき10のポイント

彼氏と同棲する際は、以下の10のポイントに注意しましょう。一人暮らしや実家暮らしの際は気にしなかったことでも、同棲生活ではケンカや別れの原因になることがあります。

①服や物を片づけない
②いびきやおならなどの音がうるさい・隠そうとしない
③下着姿でうろうろする
④休日は基本的にすっぴんで過ごす
⑤トイレのドアを閉めない
⑥お風呂に入る回数が少ない
⑦彼氏のスマホやパソコンを勝手に見る
⑧お金に関してルーズになる
⑨担当している家事をなまける
⑩相手の趣味を否定する

一緒に住んでいるとはいえ、男性は彼女に女性らしさを求めるので、あまりにもだらしない生活態度では冷められてしまいます。

以下の項目で、それぞれの項目に関する解説と、実際にやってしまった人の体験談をまとめました。同棲生活を送る上での参考にしてみてください。

①服や物を片づけない

服や物を片づけないまま放置しておくと、大きなケンカの原因になりやすいです。始めは何も言われないかもしれませんが、何も言われないことに慣れてしまうと、相手のストレスが溜まり切ったときに爆発してしまいます。

物を片づけられない人は、部屋を片づけるタイミングを決めておくと良いです。片づけてから寝るようにする、起きたらまず部屋を片付けるなど、自分なりのタイミングを作りましょう。

後悔しても遅いですが…
私は元々整理整頓が苦手で、片づけと掃除は彼氏がやってくれていました。最初はちゃんとお礼を言って謝っていたんですが、だんだん慣れてしまい…。私が出した服なのに「何で片付いてないの?」と聞いてしまいました。そしたら彼氏は大激怒。結局それからギクシャクしちゃって、別れちゃいました…。(20代/会社員)
むしろ彼氏に注意するくらいになりました
始めは私が片づけできない系だったんですが、彼氏が出張でしばらく家を空けたときに、お部屋がどんどん汚くなっていく様を見て我ながらドン引き…。こりゃまずいと思ったので、整理整頓を心がけてたら、帰ってきた彼氏が「めっちゃ綺麗じゃん!」ってビックリ。今では私が彼氏に注意するくらいになりました。(20代/ネイリスト)

②いびきやおならなどの音がうるさい

音がどうしても聞こえてしまうのは仕方がないことですが、隠そうとせず堂々と音を出していると、男性は嫌な気分になってしまうでしょう。

特に、同じベッドで寝るならいびきがうるさいとかなりのストレスになってしまいます。横を向いて寝る、寝る前の飲酒は控えるなど、しっかりいびき対策をしましょう。対策しても効果が無いのと、対策する気が無いのとでは、男性の印象もかなり違います。

眠れない!と怒られても…
元々口呼吸のクセが付いているみたいで、よくいびきがうるさいと言われます。体質上しょうがないというのは分かってくれてるみたいなんですが「さすがに夜起こされるレベルのは我慢できない」と言われてしまい、泣く泣く別の布団で寝ることになりました。何とか改善して、また同じベッドで寝てもらえるように頑張ります…泣(20代/大学院生)
お互いイライラしっぱなし
私のいびきもうるさいみたいですが、相手のいびきもかなりのもんです。お互いに文句の言い合いというか「いびきうるさい!」と言っても「お前もだろ!」みたいな感じで話は進まず…。いびきのせいで別れ話になったことはさすがにないですが、それでも何回か大ゲンカはしたことがあります。笑(30代/アルバイト)

③下着姿でうろうろする

普段から下着姿でうろうろしていると、新鮮さが無くなってしまいます。一緒に住んでいるとはいえ彼氏は結婚していない他人なので、普段の服装は最低限のマナーを守ったものにしましょう。

別にいいじゃん!と思うんですけどね
冬場は着込むから良いんですけど、夏場は家ではできるだけ脱ぎたい。エアコンは電気代がもったいないのでつけたくない!……と言っても、彼氏はなかなか分かってくれません。下着に見慣れると、いざというときに調子が出ない!と言われるんですが、アナタも普段からハダカでうろうろしてるじゃん…と思います(20代/会社員)
女性らしくしろと言われてケンカ別れ!
一人暮らししている頃から、家にいるときはほとんど下着で過ごしていました。同棲を始めてからもそのスタイルは変えなかったんですが「もっと女性らしくしろ」と言われてキレちゃいました。女性らしさを押し付けられるとは思っていなかったので…。すっぱり別れてしまいましたが、今となっては少し、悪いことをしたかな…と思ってます(20代/アルバイト)

④家にいる間すっぴんで過ごす

男性は、女性がどれくらい化粧に時間をかけているかあまり理解していません。そのため、すっぴんの状態でいられると「手を抜かれている」「異性として見られていない」と感じてしまうことがあります。

どうしても化粧が面倒なら、正直に「面倒だから家にいる間は化粧したくない」と伝えましょう。化粧の大変さは男性にとってかなり理解しづらい点なので、根気良く説明を続けるのが大切です。

話し合いの末すっぴん権を得ました
出かけるときはかなり時間をかけて濃いめのメイクをする私。彼氏と同棲を始めてから初めてすっぴんを見せたときは「ええ……」みたいな反応をされました。家でも化粧してほしいって言われたんですが、実際に化粧して見せたら「そんなに面倒なら仕方ない…」と言ってもらえましたよ!笑(20代/CA)
どうしてもすっぴんに慣れないと言われて…
同棲を始める前から、家にいるときは、すっぴんでいたいと言っていて、彼も、良いよ、と言っていてくれていたのに、いざ本当にすっぴんでうろうろしてたら、こんなつもりじゃなかった、とか言われました。「慣れて」と、言ったのに、いつまでたっても「化粧して」ってうるさいので、こっちから別れてやりました。(30代/アルバイト)

⑤トイレのドアを閉めない

一緒に住んでいるからこそ、トイレの音などのエチケットは気になってしまうものです。窮屈かもしれませんが、相手が家にいるときにトイレをする際は必ずドアを閉めるようにしましょう。

さすがに反省しました…
一人暮らしが長かったので、トイレに限らず、部屋のドアを閉めるという習慣がありませんでした。初めて彼氏と同棲した際も特に意識せずドアを開けっぱなしでトイレに入ってしまい、彼はかなり引いてたように思います…。口に出して言われることはなかったですが、いっそ言ってくれたほうが良かったです。(20代/銀行員)
彼氏に注意されてやっと治りました
意外とクセになってしまってることは治らなくて、本当に申し訳ないと思いながらも「治るまで教えてほしい」と言ったら、彼氏も付き合ってくれました。ドアの裏側に「閉める!」って紙を貼ったりもしました(笑)何とか治って、今では彼氏に冷たい目で見られることも無くなりました!(10代/飲食業)

⑥お風呂に入る回数が少ない

2日以上お風呂に入らないと、不潔なイメージを持たれてしまいます。疲れているときや時間が無いときなど、様々な理由はあるかもしれませんが、軽くシャワーだけでも浴びるなど、清潔にしているイメージを持ってもらえるように心がけましょう。

帰宅したらすぐ風呂へ
仕事が夜遅いので、本当に疲れた日はシャワーも浴びず眠りこけることが結構ありました。そんなに寝癖もつかないから、別にいいかな…と思ってたんですが、どうやら彼的にはお気に召さなかったようで、同棲して半年後くらいに「毎日入ったほうが良い」って言われた。それ以来、帰ったらまずお風呂に入るようにしてます(30代/会社員)
金曜は彼氏も一緒にNo風呂デー
私も彼氏もシフト制の仕事で時間が合わないので、毎週金曜だけはお互いに休みにして、お風呂に入らずひたすらダラダラする日を作りました。お互いに風呂があまり好きではない人なので、お互いの了承?の元、お風呂に入らなくて良いのはかなりラク。2人の時間も増えるし…(笑)(30代/広告代理店)

⑦彼氏のスマホやパソコンを勝手に見る

いくら彼氏のことを知りたいと言っても、スマホやパソコンを勝手に見るのは絶対に避けましょう。こっそりスマホを見られると「浮気を疑われているのか」「自分が信用できないのか」と、不安になってしまいます。

もし見たいのであれば、本人の許可を取るべきです。また、もし見せてくれなくても、浮気などを過剰に疑うのは避けましょう。彼女にだけでなく、誰にも見られたくないデータがあるのかもしれません。

勝手に見たら勝手に見られた…
彼がお風呂に入ってる間に、つい魔がさして彼のスマホを見ちゃいました。特にやましい情報が無かったから一安心…と思っていたら、スマホを勝手に見たことに気付いたのか、今度は彼があたしのスマホを勝手に見ていました。元カレとの写真が気に入らなかったらしく大ケンカになって、別れました。(20代/飲食店)
疑うのは本当に良くない
私が心配性なので、どうしても気になってしまって、ついつい何度も彼氏のスマホを確認してました。ロックはかかってなかったので、簡単に見れちゃって。彼氏のスマホを触っているときに鉢合わせてしまって。めちゃくちゃ悲しませてしまいました。すごくすごく謝りましたが、残念ながら破局…(20代/アルバイト)

⑧お金に関してルーズになる

同棲している間は、家賃や光熱費の支払いなどの費用を、2人でやりくりする必要があります。片方が支払いを忘れたりすると揉めごとになるだけでなく、家賃や光熱費の滞納に繋がってしまいます。

同棲を始める前に、どちらが何を支払うのか、明確に決めておきましょう。

事前に決めたルールがキツかった
同棲する前にどっちが何を払うか、かなり細かく決めました。今思えば同棲生活に気合が入りすぎていたんですけど、決めてたルールが細かすぎて全然守れず、なあなあになってしまい、破たん…。気づいたら相手のほうがかなり多めに負担してくれていて、1ヶ月くらいそれで揉めてました。(30代/銀行員)
払えないなら払えないって言うべし
自分はアルバイトで相手は公務員で、収入は雲泥の差でしたが、なんの意地か、同額の生活費を支払うと言ってしまいました。どんどん払えなくなっていってしまって、ついには「払えないなら払うって言うな!」って怒られました…笑(20代/アルバイト)

⑨担当している家事をなまける

自分が担当している家事は、基本的に自分で必ずやりましょう。自分と同じくらい男性側も担当の家事があるはずなので、自分がなまけてしまうと相手の負担を増やしてしまうことになります。

体調不良などで担当の家事ができないときは、自分からお願いするのを忘れてはいけません。また、やってもらったら必ずお礼を言いましょう。共同生活を送っている上で助け合いは当然だとしても、感謝の気持ちはきちんと言葉にすることが大切です。

ちゃんと連絡しないとダメ
友達と映画を観に行っていて、彼から「ご飯はどうするの?」という連絡が来ていたのに気づきませんでした。終わってから「今から作るね」と返事したら「もう食べたから良い」って。そのときは冷たい対応にこっちから怒っちゃいましたが、よく考えたら連絡しなかった私が悪いなって。できないときはできないって言うべきですね(30代/会社員)
サボってたら怒られました
相手は掃除や洗濯担当で、私は夕飯の料理担当。だったんですが、だんだん面倒になっちゃって、冷凍食品とかばっかりになっちゃって、ついには怒られました。「俺はちゃんとやってるんだからお前もちゃんとしろ」って。確かに相手は掃除洗濯をちゃんとしてくれていたので、反省。(10代/会社員)

⑩相手の趣味を否定する

もし彼氏の趣味を理解できないとしても、頭ごなしに否定しないほうが良いです。マンガやDVD、フィギュアなど、場所を取る趣味を持っている場合は、話し合って置き場所を決めましょう。

無理をして相手の趣味に合わせる必要はありませんが、理解できないからと言って頭ごなしに否定してしまうと、相手の機嫌を損ねてしまいます。

ちょっとしたことで大ケンカに
彼に借りたマンガ本を広げて置いていたら大ゲンカになったことがあります。「本がいたむ!」って言ってましたが私には大した問題には思えず、口論。本人的にはとても大事にしていた本らしく、私にはそれが分からなかったので、最終的には謝り合いました。もうちょっとで別れの危機でしたね。(20代/会社員)
フィギュアはさすがに無理…
同棲する前までは隠してた(というかこっちも聞かなかった)趣味として、元カレにはフィギュアの収集癖がありました。同棲初日に荷ほどきをしてたら2つくらいの段ボールがまるまるフィギュアで埋まっててビックリしましたね。全然理解できないから捨てて欲しかったのに全然捨ててくれないから、別れちゃいました。(30代/会社員)

▶同棲にピッタリな物件がたくさん!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

同棲するメリット・デメリット

彼女の後ろから抱きしめる彼氏

同棲するメリット

・家事の分担ができる
・一緒に住んでみないと分からない性格や癖が分かる
・家賃や光熱費の節約ができる
・パートナーが浮気しにくくなる
・いつでも好きな人といられる

同棲するデメリット

・いやでも相手の悪い部分が見える(メリットにもなりうる)
・一緒にいることがマンネリ化してしまう
・1人の時間帯が減ってしまう
・同棲に否定的な親の説得が大変

同棲前に決めるべき7つのルール

ささいな揉めごとを減らすためにも、事前にルールを決めておくことは大事な準備の一つです。同棲を始める前に決めるべき7つのルールを紹介します。

①生活費は共有の財布で管理する
②家事は大まかに分担する
③定期的に2人で出かける日を作る
④帰りが遅くなる場合は必ず連絡する
⑤およその就寝時間・起床時間を決める
⑥友人を家に招く場合は事前に連絡する
⑦一人になれる時間を作る

①生活費は共有の財布で管理する

家賃や食費、水道光熱費などの生活費は、共通の財布で管理するようにしましょう。月のはじめや給料日に2人の口座から生活費の分を抜いて、共通の財布に入れるようにすると良いです。

2人別々で管理していてどちらかがお金遣いの荒い人だと、支払いのときに足りなくて慌てる場合があります。お互いに管理がしっかりできているなら共通の財布は不要ですが、万が一のトラブルにならないように生活費の管理は共通で行いましょう。

生活費の分担の仕方

実際に同棲しているカップルを対象に、生活費の分担方法を聞いてみました。基本的には収入の多いほうが負担割合が大きいようです。

学生同士の場合 彼氏:6/彼女:4
彼氏(社会人)・彼女(学生)の場合 彼氏:9/彼女:1
彼氏(学生)・彼女(社会人)の場合 彼氏:3/彼女:7
社会人同士の場合 彼氏:5/彼女:5

②家事を大まかに分担する

2人の生活リズムやスケジュールを考えて、大まかな家事の分担を決めましょう。お互いどのくらい家事ができるのかはっきりしていない状態で細かく分担してしまうと、不得意な家事は効率が悪くなり、ストレスに感じることがあります。

曜日ごとで細かく分担するのではなく、彼氏は掃除、彼女が料理など大きく分けることでお互い窮屈な思いをしなくて済みます。

③定期的に2人で出かける日を作る

マンネリ化を防ぐためのルールです。同棲を始めると一緒にいることに慣れてしまい、刺激が少なくなってしまいます。記念日などを作って、定期的にデートすることでマンネリ化を防ぐことができます。何でもない日にプレゼントを渡してサプライズをするのも効果的です。

④帰りが遅くなる場合は必ず連絡する

帰りが遅くなる場合は必ず連絡をするようにしましょう。ご飯はいるのか、帰りは何時なのかがわからないのは、待っている側としては非常にストレスです。

⑤およその就寝時間・起床時間を決める

2人の生活リズムを考えて、およその就寝時間と起床時間を決めておきましょう。2人の生活リズムを合わせれば、アラームで相手の睡眠を邪魔する心配がなくなります。生活リズムが大幅にずれている場合は、寝室を分けるなどで対策しましょう。

⑥友人を家に招く場合は事前に連絡する

住んでいる部屋は2人の部屋なので、友人を招く場合は必ず相手に連絡をしましょう。見られたくないものを片付ける必要があるので、なるべく家に招く当日ではなく事前に連絡したほうが良いです。

⑦一人になれる時間を作る

同棲を始めると一人の時間が少なくなります。自分の時間が減ることにストレスを感じる人は多いです。週に1回一人でいる時間を設けるなどのルールを決めておきましょう。マンネリ化を防ぐことにも繋がります。

部屋が2部屋ある場合は、お互いの部屋で自分の趣味に費やす時間を作りましょう。1部屋の場合はどちらかが出かけるなどして一人の時間を確保しましょう。

▶同棲のメリット・デメリットやルールに関する詳しい解説はこちら

注意点やルールを無視すると同棲の解消に繋がる

アンケートグラフの画像

実際にルールなどを設けて同棲している/していたカップル100組に、上手くいったか同棲を解消してしまったかアンケートしてみました。約2割のカップルが、ルールを守らなかったなどの理由で同棲を解消しています。

解消理由は以下のようなものが挙げられました。

・マンネリ化して新しい刺激がなくなって一緒にいても楽しくない(20代/会社員)
・家事当番を無視して喧嘩になりそのまま別れ(20代/学生)
・生活リズムが合わず睡眠を邪魔されてストレスによる別れ(30代/会社員)

以下より、どうしても同棲を解消したいと思った場合の、失敗しない解消手順を紹介していきます。

同棲を解消したいと思ったら?

同棲を解消する際の、失敗しない別れまでの手順を紹介します。どうしても相手と上手くいかなかった場合は、円満に同棲を解消するために、以下の内容を参考に実践してみてください。

①引っ越しするための貯金を始める
②相手に同棲解消の話をする
③新しいお部屋を探す
④現在の契約名義を確認する
⑤家具の引き取り手をどうするか決める

①引っ越しするための貯金を始める

同棲解消を考えたら、まずは新しいお部屋に引っ越すための貯金を始めましょう。契約にかかる初期費用、引っ越し費用、家具家電の購入費など、新しく生活を始めるためのお金を用意しておく必要があります。

貯金の目安は、住もうと考えている家賃の10ヶ月分くらいです。ただ、現在使っている家具家電をどちらが持つのかによって、貯金の目安は変わってきます。最低でも家賃の半年分くらいは貯めておきましょう。

10~20万円余分に貯金しておくと、引っ越した後の生活費のやり繰りがラクです。

相手に同棲解消の話をする前に貯金を始めたほうが良いです。解消してから新しいお部屋への引っ越しがスムーズに進みますし、相手に引き止めようとする時間を与えずに済みます。

②相手に同棲解消の話をする

引っ越しのための費用が貯まったら、同棲解消の意志があることを相手に伝えましょう。お互いが同棲を解消したいと思っている場合は話がラクに進みますが、自分だけが解消したいと思っている場合は、感情的にならないように話し合う必要があります。

女性から話を切り出す場合は、無理に別れようとすると相手が逆上して暴力的になってしまうかもしれません。一方的に話を押し付けず、お互いが納得できるような話し合いを心がけましょう。

同棲解消したい理由を話す際に、相手の嫌なところだけを責めないようにしましょう。嫌な気持ちのまま別れることになりますし、逆上の原因になりかねません。

話し合う場所は、カフェやレストランなどが良いです。人目があるので、感情的になることを防げます。相手が気持ちの整理をしやすいように、休日前に話すのがベストなタイミングです。

③新しいお部屋を探す

相手に同棲解消を切り出して納得してもらったら、自分が生活する新しいお部屋を探しましょう。ただ、別れを決めた相手と同じ空間で生活するのはツラいと感じる人が多いと思います。お部屋を探している間、一時的に住ませてくれる場所を探しましょう。

実家が近い場合は、理由を説明して少しの間住ませて貰えるようにお願いしましょう。実家が遠い場合は友人に頼んでみましょう。住ませてもらう期間を提示しておくと了承を得やすいです。

相手とばったり会ってしまわないように、引っ越し先は同棲していた場所や思い出の場所の近くは避けたほうが良いです。気持ちを切り替えるために、憧れの街に住むのもアリです。

④引っ越すまでの生活費をどうするか決める

引っ越すまでの現在の家賃の支払いなどはどうするのか決めましょう。引っ越し直前になってトラブルにならないように、事前にしっかり話し合いましょう。

退去時のお部屋の修繕費や、返金される敷金をどうするのかも決めておくと良いです。

⑤家具の引き取り手をどうするか決める

個人の荷物はお互いが自分で引き取れば良いですが、2人で購入した家具家電などの引き取りはどちらがするのか話し合いましょう。処分には無駄なお金がかかるので、引っ越し先に持っていくことをおすすめします。

以下の青い文字をタップすると、失敗しない同棲解消の手順や、同棲を解消した理由と実際の体験談について見られます。

▶スムーズに同棲相手と別れる方法はこちら

同棲解消の際にあったトラブル事例

喧嘩をするカップル

同棲解消をした際に起きた、実際のトラブル事例を紹介します。以下のようなトラブルにならないように、上記の同棲解消手順を参考に進めてみてください。

相手がストーカー気味に
私がどんなに同棲を解消して別れたいことを伝えても、彼は納得してくれませんでした。耐えられなかったので少し強引に別れたら、引っ越し先で月に数回彼の姿を見ます。まだ特別被害はありませんが、最近は頻度が多くなってきた気がします。
暴力的になった
彼に同棲解消の話しをしたところ、暴力的になり逃げるように別れました。話し合いで相手ばかり責めすぎたのがいけなかったのだと、友人に言われて気づきました。
引っ越し直前でお金トラブルに
相手がすんなり同棲解消を納得してくれたので、細かいところまで話し合いませんでした。引っ越し直前になって、退去時の修繕費はどっちが持つなどで揉めて、すっきりしない別れになってしまいました。お金のことは事前に決めておくべきですね。

同棲におすすめの間取りは3つ

同棲におすすめの間取りは1LDK、2DK、2LDKの3つです。それぞれの間取りがどんなカップルに向いているのか紹介します。どの間取りが自分たちに適しているのか参考にしてみてください。

1LDKにおすすめのカップル

・常に一緒にいたい
・寝室が一緒でも苦にならない
・キッチンを広々使いたい
・レイアウトを自由にしたい

2DKがおすすめのカップル

・なるべく家賃を抑えたい
・寝室を分けたい
・一人の時間もほしい
・荷物が多い
・生活リズムが違う

2LDKがおすすめのカップル

・家賃が高くてもお部屋の広さが最優先
・友人を大勢招きたい
・早く子供がほしい

同棲する際は基本的に保証人が2人必要

ノートとペン.jpg

同棲するお部屋を借りるときの契約条件で「2人ともが契約者であること」が必須な場合が多いです。

同棲を解消してどちらかが退去しても、家賃が支払われるようにするためです。保証人は契約者の人数分必要ですので基本的に2人です。

契約者が1人だけなら保証人も1人で良い

家賃が相場に対して安いお部屋の場合、契約者が1人で良いことがあります。つまり、保証人も1人で良いです。

例えば彼氏が契約者なら彼女は同居人で、保証人は彼氏の親族だけで良いです。

保証会社が必須で保証人は不要の場合がある

保証会社の利用が必須なお部屋は、保証人が不要な場合があります。保証人を立てなくて良いですが、その分、保証会社の利用料が必要です。

ただ、保証人が不要な場合でも、緊急連絡先として親族の連絡先を大家さんに伝える必要があります。

保証人も保証会社も「契約者が家賃を払えなくなったら代わりに家賃を支払う」という役割は同じです。

同棲にかかる費用はどれくらい?

同棲開始に必要な初期費用早見表

同棲を始める前にかかる費用は、お部屋の家賃や家具家電・日用品の購入費によって変わります。以下の早見表を、どのくらい費用がかかるのかの参考にしてみてください。

住む部屋の家賃 かかる初期費用(2人分)
5万円 約53万円~56万円
6万円 約57万円~60万円
7万円 約62万円~65万円
8万円 約67万円~70万円
9万円 約72万円~75万円
10万円 約76万円~79万円
12万円 約84万円~87万円
15万円 約98万円~101万円

同棲の生活費目安【年代別】

同棲するのに必要な生活費の目安を、年代別にまとめてみました。

10代 120,000円
20代 190,000円
30代 230,000円

同棲に最低限必要なもの一覧

同棲生活で最低限必要なものを、一覧でカンタンにまとめました。同棲を解消したときのことを考えて、荷物はなるべく少なくしておきましょう。紹介するものは、処分や持ち運びが面倒な家具家電のみに絞っています。

・テーブル
・冷蔵庫
・電子レンジ
・寝具(ベッド・布団)
・洗濯機
・テレビ
・カーテン
・掃除道具
・エアコン(備え付けの場合あり)

以下の青い文字をタップすると、同棲生活に必要なものの一覧の詳細を見られます。家具家電だけでなく、日用消耗品やキッチン用品などについても紹介しています。同棲準備の際のチェックリストとして活用してみてください。

▶同棲生活に必要なもの一覧の詳細についてはこちら

結婚する前に同棲するメリット・デメリット

結婚前に同棲するメリットデメリットはそれぞれ以下の通りです。

メリット

・パートナーの裏側を知り結婚できる相手か判断できる
・二人暮らしの楽しさ・辛さを知れる
・結婚資金を貯金できる

デメリット

・同棲は婚期を逃すからしない方が良い
・喧嘩で結婚前に破局することがある
・ラブラブな新婚生活にならない

同棲向きの2DKや1LDKのお部屋を探すなら

わざわざ2人で一緒に不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、チャットやLINEで希望を伝えるだけで同棲にピッタリなお部屋を探せます!

お部屋は自分たちで探したい!という人には、不動産業者専用の物件情報サイトを無料で見せてくれます!

住んでいる場所が遠くて、なかなか引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと話すのが苦手な人にもおすすめです!

同棲におすすめの間取りの図 

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

11月のイメージイラスト
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

ソファでスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly