お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

1LDKで同棲はきつい?二人暮らしに最適な間取りはどれ?

1DLKで同棲を考えるカップルのイメージイラスト

1LDKでの同棲はどんなカップルにおすすめ?二人暮らしは上手くいくの?という疑問を解決します!

メリット・デメリットや体験談を交えて紹介するので、どの間取りに住むべきか迷っているカップルは参考にしてください。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

1LDKは同棲カップルに人気の間取り

1LDKとは、居室が1つ+リビングダイニングキッチンが8畳以上の間取りのことです。

LDK部分は8畳以上という決まりしかないので、探し方次第では広いお部屋も見つかります。

1LDKの間取り図

寝室(居室)と生活スペースしかないので、生活リズムが同じであれば自然と一緒に過ごす時間が増えます。

以下に当てはまる数が多いカップルは、1LDKの同棲に向いています。

・家では常に一緒にいたい
・1人の時間が無くてもお互い平気
・生活リズムが同じで睡眠の邪魔にならない
・お互いに荷物は少なめ
・できる限り築浅の物件に住みたい

一方「1人の時間も大切にしたい」「生活リズムが違う」というカップルは、1LDK以外の間取りにしたほうが良いです。

お互いに在宅ワークしているカップルだと手狭に感じる人も多いので注意しましょう。

1LDKの実際の広さや設備の例

広さやどんな設備がついているのか、実際の写真と合わせて紹介します。1LDKの住心地を知るための参考にしてください。

1LDKリビングの例(約11畳)

出典:http://www.jkhome.com/information/search2.cgi?ss1=1391

リビングダイニングキッチンが約11畳の1LDKです。ダイニングテーブルセットやソファを置いてもスペースにゆとりがあります。

写真だと2人掛けのダイニングテーブルですが、4人掛けも余裕で置けます。

1LDKキッチンの例

出典:http://www.jkhome.com/information/search2.cgi?ss1=1391

1LDKは築浅が多いため、オープンキッチンなど新しい設備が付いていることが多いです。

オープンキッチンはリビングを見渡せるので、家事をしながら会話も楽しめます。料理の提供や片付けもしやすいので人気があります。

1LDKベッドルームの例(約7畳)

出典:http://www.jkhome.com/information/search2.cgi?ss1=1391

7畳の寝室です。7畳あればダブルベッドを置いても動線が確保しやすいです。サイドテーブルやキャビネットをおけるスペースもあります。

寝室は、リビングダイニングキッチンと違って畳数に決まりがありません。3~4畳の寝室だと狭くて希望のベッドが置けないという可能性もあります。

同棲する場合は、リビングダイニングキッチンだけでなく寝室も広めの1LDKがおすすめです。

同棲の間取りに迷ったら不動産屋に相談すると良い

自分たちがどの間取りに住んだら良いのか迷ってしまったら、不動産屋に相談するのがおすすめです。カップルのお部屋探しの経験が豊富でいろいろアドバイスしてくれます。

気軽にプロに相談したいなら、ネット上の不動産屋「イエプラ」がおすすめです。チャットやLINEでやり取りするので、来店不要でお部屋探しできます。

「1LDKと2LDKどちらがいいのか?」「2DKの住み心地は?」など、お部屋探しのことならなんでも相談できます。

全国の賃貸情報の8割が集約されている業者専用のデータベース「ATBB」を使って物件を探してくれるので、希望にあった物件も見つかりやすいです。

同棲バナー

1LDKで同棲するメリット

1LDKで同棲するメリットを、実際に1LDKで生活しているカップルの体験談と合わせて紹介します。

・リビングが広くてゆっくりくつろげる
・いつも一緒にいられる
・築浅でキレイな物件が多い
・部屋数が少ないから掃除がラク

リビングが広くてゆっくりくつろげる

1LDKはリビング部分が8畳以上あるので、2人掛けのソファ、ダイニングテーブル、テレビボードを置いても余裕があります。

2DKはキッチンスペースが4.5~8畳未満のため、たくさんの家具は置けません。

食事するスペースだけでなく、くつろぎスペースもほしいというカップルは1LDK以上の間取りがおすすめです。

男性のアイコン2DKと迷ったのですが、リビングにダイニングテーブルとソファを置きたかったので1LDKにしました。食事はダイニングテーブルで、のんびりするときはソファって感じでメリハリが付けられるのが良いですね。家具をたくさん置いても1LDKなら動線がしっかり確保できるので生活しやすいです。(男性/20代後半)

いつも一緒にいられる

1LDKのレイアウトは、基本的に居室を寝室として使い、食事やのんびりするスペースとしてリビングを使うことが多いです。

起きているときは自然とリビングに集まることになるため、一緒にいる時間が増えます。

女性のアイコン居室部分が寝室になるので、起きているときはリビングにいます。テレビを一緒に見たり、他愛もない話をしたり。一緒に過ごす時間が長いので、お互いのことをより理解できた気がします。リビングが広いので、お互い別々のことをしててもそんなに気になりませんね。(女性/20代前半)

築浅でキレイな物件が多い

1LDKは2000年以降に普及し始めた間取りであるため、築年数が比較的浅いです。

外観や内装がキレイでオシャレな物件が多いため、見た目にもこだわりたいカップルに向いています。

オートロックやシステムキッチンなど最新設備が備わっている物件も多いので、便利に暮らしたい人にもおすすめです。

女性のアイコン2DKを検討していたのですが、築年数が古いのと和室に抵抗があったので1LDKにしました。オシャレでキレイだし、オートロックや浴室乾燥機などの設備も整っているので便利です。(女性/20代前半)

部屋数が少ないから掃除がラク

他の同棲向けの間取りと比べると、部屋数が少ないため掃除がラクです。

特にリビングと居室が仕切りでつながっているタイプの1LDKは、扉を開ければまとめて掃除機がかけられます。

男性のアイコン最初は部屋が1つしかないので収納は足りるかとかいろいろ心配だったんですが、1LDKにして正解でした。部屋数が少ない分、掃除にかかる時間も短いのでラクです。(男性/30代前半)

同棲は家事を分担することも多いので、少しでも手間を減らしたいカップルにおすすめです。

1LDKで同棲するデメリット

1LDKで同棲するデメリットを、実際に1LDKで生活しているカップルの体験談と合わせて紹介します。デメリットを理解して1LDKにするかどうかを決めてください。

・自分専用のスペースが確保できない
・収納スペースが少ない
・2DKなどに比べると家賃がやや高め

自分専用のスペースが確保できない

居室が1つしかないため、自分専用のスペースを確保するのが難しいです。

喧嘩して1人になりたいときや、テレワークで集中して仕事したいときなどは不便に感じるでしょう。

困り顔の男性のアイコンコロナの影響で2人とも在宅に切り替わったんですが、部屋が1つしかないので困っています。特にテレビ電話で会議するときが困りますね…。会話が丸聞こえになってしまうので、狭い寝室にパソコンを持っていってやってます。やっぱり1人1部屋あった方がよかったです。(男性/20代後半)

収納スペースが少ない

1LDKは収納スペースが1ヶ所しかない間取りが多いため、荷物がたくさんあるカップルだと収納しきれない可能性があります。

困り顔の女性のアイコンクローゼットが1つしかないので、私の荷物を入れたらパンパンになってしまいました。追加で収納できる組み立て式のクローゼットを買ったんですが、狭いし圧迫感が出てしまって…。2人分の荷物って思ってるより多いので、収納スペースはありすぎくらいが丁度良いと思います。(女性/30代前半)

2DKなどに比べると家賃がやや高め

1LDKと2DKは専有面積がほぼ同じくらいですが、1LDKの方が家賃が高いです。築浅でオートロックなどの設備が充実していることが多いからです。

東京23区内の1LDKと2DKの平均的な家賃を比べてみると、約2~3万円ほど1LDKの方が高いです。

1LDK 約130,000円
2DK 約102,000円

1LDKでも家賃相場の低いエリアで探せば、平均より安いお部屋が見つかります。東京であれば、練馬区・葛飾区や23区外がおすすめです。

困り顔の女性のアイコン同棲し始めた頃は余裕で家賃払えてたんですけど、コロナで収入が減ってしまい支払いが苦しくなってしまいました。貯金にまわすお金を減らしてなんとか払っていますが、やっぱり家賃は安いに越したことはないですね。(女性/20代後半)

設備より家賃の安さを重視したいカップルは、2DKがおすすめです。

2DKは1980年代に主流だった間取りのため築年数が古い建物が多いですが、初期費用や毎月の生活費が抑えられます。

マル秘イエプラバナー

その他の同棲カップルにおすすめの間取り

1LDKとそれ以外の間取りの違いを紹介します。他の間取りを検討したいカップルは参考にしてください。

それぞれの個室がほしいなら2DK

1LDKは居室が1つしかありませんが、2DKは居室が2つあります。

2部屋あるのでそれぞれ自分のお部屋が持てます。他にも片方を寝室にして、もう1つは客室とか収納スペースにするなど様々な使い方ができます。

1LDK 2DK
1LDKの間取り図 2DKの間取り図

キッチンスペースが4.5~8畳未満のため、ダイニングテーブルやソファを置くと圧迫感が出る可能性があるので注意しましょう。

専有面積は1LDKとほぼ同じなので、家賃の安さや重視したいカップルや、築年数が気にならないならおすすめです。

結婚前提なら2LDKがおすすめ

2LDKは居室が2つある上に、リビング部分が10畳以上と非常に広いです。

子どもが生まれても十分なスペースがあるので、結婚間近のカップルや、長く住み続けたいカップルにおすすめです。

1LDK 2LDK
1LDKの間取り図 2LDKの間取り図

ただし、東京23区内の平均的な家賃は約18万円と高額です。予算に余裕がないと住めないので注意しましょう。

予算に余裕があれば3LDKもあり

予算に余裕があるカップルや、2人とも在宅勤務のカップルは3LDKもありです。居室が3つあるので、それぞれの個室の他に仕事部屋も確保できます。

1LDK 3LDK
1LDKの間取り図 3LDKの間取り図

ただし、掃除する場所が増えます。家事の負担が偏らないように事前にルールを決めておくとうまくいきます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

同棲バナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について