お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

全保連の審査は厳しい?審査日数は?電話がかかってくるってホント?【保証会社】

全保連の審査は厳しい?のイメージイラスト

家賃の保証会社「全保連」の審査は厳しいの?電話がかかってくるってホント?という疑問に答えます!審査に通るか不安な人は必見です!

審査でチェックされる項目や、かかる日数を詳しく説明します。審査に落ちやすい人の特徴や、通過するためのポイント、用意するものも徹底解説します!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修していただきました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上。無職やフリーターの難しい入居審査を多数、通過させてきた実績あり。

全保連の審査はやや厳しい

家賃の保証会社「全保連」の審査は、他の保証会社に比べてやや厳しいと言われています。

そもそも全保連とは、2019年度の申し込みは40万件を超えテレビCMなどでも有名な、実績のある保証会社です。沖縄と東京を中心に全国に拠点があり、大家さんからの信頼も厚いです。

全保連は保証会社の業界組織「全国賃貸保証業協会(LICC)」に加盟している「LICC系」の保証会社です。

LICC系の保証会社とは

審査の難易度

保証会社は大きく分けると「信販系」「LICC系」「独立系など」の3種類に分けられます。上図のように「LICC系」の厳しさは、中くらいのイメージです。

「信販系」の保証会社はもっとも審査が厳しいです。クレジットカードやローンの滞納履歴といった「信用情報」に傷があると、審査に落とされやすいです。

全保連など「LICC系」の保証会社は、信用情報は確認しません。しかし、LICCに加盟する保証会社同士で家賃滞納歴などを共有しているので、全保連の審査では注意が必要です。

「独立系など」の保証会社は、もっとも審査に通りやすいです。信用情報や別会社での家賃滞納歴は確認せず、独自の審査基準で審査をするからです。

▶保証会社の種類ごとの詳しい解説はこちら

マル秘イエプラバナー

全保連の審査で確認される項目

以下の項目をクリアしていれば、審査に通る可能性が高いです。

・過去の家賃滞納歴
・年収に対する家賃の妥当さ
・職業と勤続年数
・人柄など
・預金残高(無職など)

過去の家賃滞納歴

過去に家賃の滞納があると、審査に通りにくいです。LICCに加盟している保証会社は、家賃滞納のほかにも、更新料を支払わないなど金銭面のトラブルも共有しています。

以下の表に載っている保証会社で、過去に支払いトラブルがある人は、LICCに加盟していない他の保証会社を利用しましょう。

LICC系の保証会社一覧(2020年10月時点)
・ジェイリース株式会社
・全保連株式会社
・エルズサポート株式会社
・アーク株式会社
・株式会社アルファー
・株式会社近畿保証サービス
・興和アシスト株式会社
・賃住保証サービス株式会社
・ニッポンインシュア株式会社
・ホームネット株式会社
・株式会社ランドインシュア
・株式会社ルームバンクインシュア

年収に対する家賃の妥当さ

一般的に、審査に通るには「家賃の36倍以上の年収」が必要です。年収に対して家賃が高すぎると、審査に落とされてしまいます。

以下の表で、家賃ごとに必要な年収と月収をまとめたので、目安にしてください。

年収の目安 月収の目安
家賃5万円 180万円以上 15万円以上
家賃6万円 216万円以上 18万円以上
家賃7万円 252万円以上 21万円以上
家賃8万円 288万円以上 24万円以上
家賃9万円 324万円以上 27万円以上
家賃10万円 360万円以上 30万円以上
家賃11万円 396万円以上 33万円以上
家賃12万円 432万円以上 36万円以上

新築や築浅、グレードの高い物件では審査が厳しめになるので、表よりも高い年収を求められるケースがあります。

▶審査に通るために必要な年収の詳細はこちら

職業と勤続年数

目安として、勤続3年以上の正社員であれば、安定した職業と判断されます。勤続年数が短いと、雇用形態に関わらず厳しめにチェックされる傾向があります。

とくに、フリーター・派遣社員のように不安定な雇用形態や、フリーランス・個人事業主など収入に波がある仕事は、収入証明書などの資料を求められることが多いです。

全保連は、収入の安定した連帯保証人を立てると、審査が通りやすくなります。あらかじめ親兄弟に、連帯保証人になってもらえるか、相談しておきましょう。

人柄など

全保連に限らず、態度が悪い人は審査に落とされやすいです。全保連の審査に通っても、大家さんや管理会社の判断で、入居を断られることがあります。

電話対応などは、物腰を柔らかくすると良いです。また、不動産屋に行くときの身だしなみも、常識的なもので整えましょう。

預金残高(無職など)

全保連の審査では、収入証明として預金残高(通帳のコピー)を求められるケースがあります。無職の人や、ほかの書類だけだと審査通過しない場合に必要です。

無職の場合は、失業保険の受給証明書や通帳コピーで審査してもらえます。とくに無職の人は審査に工夫が必要なので、不動産屋に早めに相談しましょう。

審査が不安なら不動産屋に相談するべき

入居審査に落ちないためには、自分自身の情報を正直にすべて伝え、不動産屋を味方につけることが大切です。

不動産屋は「審査を絶対に通す」ような対応はできません。ただ、審査に落ちないようアドバイスはしてくれます。

入居審査に落ちた経験があったり、審査に不安がある方は、チャット不動産屋のイエプラがおすすめです。

イエプラには、審査に不利な内容がある人にも丁寧に対応し、多くの人の審査を通してきた実績があります。

・滞納歴がある
・職業的に入居審査が不安
・希望の部屋の家賃が高めで不安

このような心配ごとがある人は、審査に通りたいならぜひ相談してみてください!

イエプラボタンバナー

全保連の審査日数は1~3日

全保連の審査は、書類に不備がなければ1~3日で結果が出ます。一般的に審査は3~7日かかるので、対応はスムーズです。

本人確認の電話が繋がらないとスケジュールが後ろ倒しになるので、気を付けましょう。

全保連からの電話には必ず出る

全保連からの電話確認では「入居する意思が本当にあるのか」「申込書の内容に間違いはないか」など確認されます。全保連の判断で、電話確認が省略されることもあります。

全保連の電話は、沖縄の市外局番「098~」から始まる番号でかかってきます。沖縄の番号からかかってくる認識がないと、無視してしまうことが多いです。

電話に出られなくても、すぐに審査に落ちるわけではありません。折り返さず何日も放置すると審査に落ちるので、気を付けましょう。

緊急連絡先と職場にも確認電話が入る

審査の担当者によっては、緊急連絡先(連帯保証人)や職場にも電話確認が入ります。「098~」から始まる番号で、電話が入る可能性を伝えておきましょう。

緊急連絡先は、お勤めの両親か兄弟にお願いしておくとスムーズです。場合によっては連帯保証人を引き受けてもらう可能性もあると、早めに相談しておくと良いです。

繁忙期は審査が長引く場合がある

1~3月の繁忙期は、審査が長引く傾向にあります。申し込みが増え、不動産屋・管理会社・保証会社すべて忙しくなるからです。通常は、入居日が近い順に対応していきます。

もし審査開始から1週間以上経っても結果が出ない場合、不動産屋に審査の進捗を確認しましょう。経過を確認しても審査には影響しません。

全保連の審査に通りやすくするための3つのポイント

入居審査に通りやすくなるポイントは、以下の3つです。

・必要書類と必要情報を事前に準備
・各所に電話がかかる旨を伝えておく
・申込書に虚偽の記入をしない

具体的な方法を1つずつ解説します。審査に不安がある人は、参考にしてください。

必要書類と必要情報を事前に準備

全保連の入居審査に必要なものは、身分証明書と収入証明書が一般的です。管理会社によって契約までに必要な書類が異なるので、以下にあるものを用意しておくと安心です。

審査から契約までに必要な書類
・身分証明書(免許証、保険証、パスポートなど)
・収入証明書(源泉徴収票など)
・住民票(同居人がいる場合は全員分)
・銀行届出印+通帳
・契約書に使う印鑑(実印、銀行届出印など)

ちなみに、住民票が不要なお部屋もあります。ほとんどのお部屋では必要なので、とっておいて無駄にはなりません。

職業などによる追加書類

職業などの属性によって、追加書類が必要になります。該当する人は、早めに用意しておきましょう。未成年が契約する場合の「親権者同意書」は、不動産屋に書式をもらいましょう。

・親権者同意書(未成年)
・学生証又は合格証(学生)
・内定通知書等のコピー(内定者、転職者)
・パスポートまたは在留カード(外国籍)
・年金受給証明書(年金受給者)
・生活保護受給証明書(生活保護受給者)
・失業保険受給証明書、通帳のコピー(無職)
・確定申告書類等の写し(自営業者)
・印鑑登録証明書(契約書に実印必須の場合)
・車検証(駐車場を借りる場合)
・会社登記簿謄本(法人名義での契約)
・会社代表者の身分証明書(法人名義での契約)

連帯保証人を立てる場合は、連帯保証人の書類も必要になります。

連帯保証人の必要書類
・身分証明書(免許証、保険証、パスポートなど)
・収入証明書
・住民票
・印鑑登録証明書
・印鑑(実印)

住民票など役所で取るものは、発行3ヶ月以内のものが必要です。また、審査時は出さず契約時に提出するのが一般的です。すぐ取りにいけるなら、用意はあとでも大丈夫です。

申し込みから審査~契約まで、書類が出せずに審査を落とされる人もいるので、気を付けましょう。審査が長引いて引っ越しが遅れたり、鍵を受け取れないトラブルが多いためです。

必要な情報

申込書に書く内容は、未記入が多いと受付してもらえないことがあります。以下の内容は、事前にメモしておきましょう。

申し込みに必要な情報
①名前、生年月日、旧住所、電話番号
②職業、会社情報、雇用形態、勤続年数
③毎月の手取り収入、税込の年収
④緊急連絡先(連帯保証人)の内容

緊急連絡先を引き受けてくれる人には、連帯保証人が必要になった場合に備えて、自分と同じ上記①~③の内容は聞いておきましょう。

大切なのは、何を用意すれば良いのか不動産屋に早めに確認することです。自分の状況を不動産屋に伝え、用意しておくものを早めに整理しましょう。

各所に電話がかかる旨を伝えておく

緊急連絡先(連帯保証人)や職場に確認電話が入る可能性を伝えることが大切です。全保連なら「098~」からの着信ですが、お部屋によっては管理会社からも電話が入ります。

知らない番号に折り返すのが不安なら、番号とあわせて不動産屋に「この番号は確認電話の番号ですか?」と聞いてみてください。

申込書に虚偽の記入をしない

入居申し込みの際に虚偽の申告つまりウソをつくと、入居審査に落ちやすくなります。年収を実際の金額より多く書く、無職なのに会社員と書くなどです。

ウソがばれて審査に落ちると、ほかのお部屋の審査も難しくなってしまう可能性があります。審査に不安があるなら、不動産屋のスタッフに早めに相談しましょう。

全保連を利用する際にかかる保証料

全保連の保証会社利用料は、初期費用で払う初回保証料と、1年ごとに払う更新保証料があります。「初回のみ」のプランを選べる場合は、住む年数によって決めましょう。

1年ごとに更新 初回のみ
初回保証料 家賃の30~50% 家賃の80~100%
更新保証料 1万円 なし

不動産屋によっては、表と金額が異なる場合もあります。大家さんと全保連の契約でも変わってくるので、保証料など初期費用は、不動産屋に早めに確認したほうが良いです。

▶保証料に関する詳しい解説はこちら

全保連の審査に落ちた場合の対処法

全保連に限らず、審査に落ちた理由は一切教えてもらえません。審査に落ちたら、理由に見当をつけて対策していくしかないです。

審査に落ちた場合の対処法を3つ紹介するので、参考にしてください。

保証会社を変えて再チャレンジ

保証会社を選べるなら、全保連の審査に落ちたらLICC以外の保証会社で再チャレンジしましょう。不動産屋に、ほかの保証会社が使えないか聞けば、案内してくれます。

全保連など「LICC系」で審査に落ちても、ほかの「独立系など」の保証会社で審査通過するケースは多いです。

選べる保証会社が「LICC系」のみなら、同様に審査に落とされてしまう可能性が高いので、次の手段に進みましょう。

収入がある親族に契約してもらう

入居審査に落ちた理由はわかりませんが、同じ名義で同じお部屋の審査に通るのはかなり難しいです。「代理契約」ができないか、不動産屋に確認しましょう。

代理契約とは業界用語で、入居者とは別の人が賃貸契約を結ぶことです。入居者が学生や未成年のケースを除いて、代理契約ができるお部屋は限られます。

別の物件を紹介してもらう

ほかの保証会社を利用しても審査に通らないなら、残念ですがほかのお部屋を探す対応になります。不動産屋には、審査の通るお部屋を探してもらいましょう。

全保連の審査に関するよくある質問集

全保連の入居審査に関するよくある質問を5つ紹介します。入居審査に不安がある人は、ぜひ参考にしてください。

Q1.本人確認の電話がかかってこない場合は?
Q2.国民健康保険だけど審査に通る?
Q3.内定通知書がないときはどうすれば良い?
Q4.緊急連絡先で親兄弟がいない場合は?
Q5.実印をもっていないけどどうすれば良い?

Q1.本人確認の電話がかかってこない場合は?

審査開始から2~3日たっても電話がかかってこない場合、申込書に書いた電話番号が、間違って伝わっている可能性があります。

最悪「音信不通」として審査に落ちる可能性があるので、2~3日何も連絡がなかったら不動産屋に相談しましょう。全保連に正しい電話番号を伝えてくれます。

Q2.国民健康保険だけど審査に通る?

国民健康保険でも、審査に通ります。社会保険の方が、審査が有利というだけです。物件に見合った年収がある、充分な貯金があるなど、審査基準を満たしていれば通過します。

また、転職して間もないなど一時的に国民健康保険の人は、前職の源泉徴収や預金を示すことで、審査に通りやすくなります。

Q3.内定通知書がないときはどうすれば良い?

新社会人や転職予定の人は、内定通知書の提出が必要です。しかし、最近では内定通知書を渡していない企業があります。

もし手元に無い場合は、会社に発行をお願いしましょう。どうしても出せない場合、内定が決定した通知のメールなどで審査してもらえるケースもあります。

Q4.緊急連絡先で親兄弟がいない場合は?

緊急連絡先になれる親兄弟がいない場合、不動産屋に早めに相談しましょう。お部屋によって異なりますが、友人や知人を緊急連絡先として認めてくれるケースがあります。

しかし、緊急連絡先は親族がなるのが一般的なので、審査が通りにくい可能性はあります。

Q5.実印をもっていないけどどうすれば良い?

全保連の契約書には「お部屋の契約書に押した印鑑」で押印が必要です。なので、お部屋の契約書に実印が必須なら、住民票住所で印鑑登録して、実印を用意する必要があります。

印鑑登録は、本人が役所に運転免許証と印鑑を持っていけばできます。しかし、即日の作成が難しいケースがあるので、実印が必要かどうかは、不動産屋に早めに確認しましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

街の不動産屋に行かなくても、イエプラなら、チャットで相談しながら部屋が探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件もありますし、不動産業者だけが有料で見れるサイトで、最新情報をチェックしてくれます!

引っ越し先が遠くて不動産屋に行けない人や、外出を避けたい人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識