お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

タワーマンションに15万円以下で一人暮らしできる理由

タワーマンション

絶景の景色を見ながらホテルさながらの設備、サービスを受けられるメリットばかりのタワーマンションは憧れです。今回は、なぜ15万円以下でタワーマンションに住めるのか、タワーマンションのメリットや定義などをご紹介させていただきます。

15万円以下でタワーマンションに住める理由

15万円以下でタワーマンションに住める理由は、タワーマンションの展望の良さで家賃が大きく変動する特徴にあります。下層階の場合、展望が良くない分、家賃もグンと下がります。

都内のタワーマンションでも、5階以下であれば15万円以内の家賃のお部屋もあるのです。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

タワーマンションの下層階でも得られるメリット

日本のタワーマンションは、海外の高レベルなマンションサービスを意識し、ホテルさながらのサービスを受けられることが多いです。

マンションによっては当てはまらないものもありますが、下層階でも得られる主なメリットは以下のようなものがあります。

  • 来客用のゲストルームが用意されている
  • 24時間対応のルームサービスが使える
  • 居住者専用のフィットネスジムが併設されている
  • 居住者専用のバーラウンジがある
  • プールがある
  • コンシェルジュサービスを受けられる
  • ハウスキーピングサービスがある
  • 買い物代行サービスがある

タワーマンションの下層階は馬鹿にされる?

タワーマンション
一時、テレビで某女性タレントが高層マンションの低層階に住むことに対し、馬鹿にするような発言をしてネット上が炎上したことがありました。

こうした発言はタワーマンションさながらの展望が得られないことに対し、ネガティブに思われての発言の様です。

しかしながら、低層階であれば良い景色が見られないだけで、半分の家賃でメリットが多いタワーマンションに住むことができる』のです。

タワーマンションの定義は?

タワーマンションと高層ビル
住友不動産によると、タワーマンションの定義は「高さが57mを超える居住建築物」とされています。ただ、高さ60mを超す建物に防火構造、航空障害灯の設置義務があるため、60m以上で「タワーマンション」とする考え方もあります。

タワーマンションまとめ

全てのタワーマンションが同様のサービスをしているわけではありませんが、タワーマンションの多くは、まるで一流ホテルの様なサービスを提供しています。

タワーマンションの展望にこだわらない場合、東京都内でも15万円以下でタワーマンションに住むことができます。そして日々充実したサービスを受けられることで、お仕事やプライベートを充実させることができるのではないでしょうか?

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識