お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

鉄骨造のアパートの防音性は?音漏れはどれくらい?実際に住む人の声を大公開!

鉄骨造の防音性のイメージイラスト

鉄骨造の防音性ってどう?生活音の音漏れがうるさいって本当?という疑問にお答えしていきます。

アパートによくある工法との違いや軽量鉄骨造・重量鉄骨造の性能差についても詳しく解説していきます!

家賃とお部屋の条件を両立する方法も紹介しています。お部屋探しの参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

鉄骨造は防音性能が低い

鉄骨造(S造)の賃貸物件は木造(W造)と同程度の防音性です。隣りのお部屋の生活音や話し声が筒抜けになってしまい、防音性が高いとは言えません。

鉄骨造とは、骨組みに鉄骨を使っている建物のことです。壁や天井などに使われる石膏ボードは木造とほぼ同じものを使っています。騒音の主な原因です。

素材の種類で防音性能が決まるわけではないですが、ほとんどの鉄骨造のお部屋では騒音トラブルの種があります。

阿部さんのアイコン 阿部
鉄骨造と木造では、防音性能と家賃にほとんど違いがありません。
虫が苦手な人や耐火性を重視するお客様には鉄骨造のお部屋をおすすめしています。

軽量鉄骨造と重量鉄骨造の違い

鉄骨造は鉄骨の厚みが6mm以下の軽量鉄骨造と、6mmを超えるの重量鉄骨造の2種類に分けられます。

一般的な賃貸の鉄骨造はほぼ全てが軽量鉄骨造です。アパートや3階以下の低層階の物件、プレハブで用いられています。

重量鉄骨造は強度が高く、高層ビルや橋の建設に採用されています。

鉄骨造自体は防音性に優れた工法ではありません。間取が広い高級高層マンションでも騒音トラブルは発生します。

他の建築構造との違い

一般的な賃貸に多い鉄骨造と木造、RC(鉄筋コンクリート)造の平均家賃や壁の厚さ、主に使われている素材を比較しました。

平均家賃は東京23区の築20年以内・駅徒歩15分の1Kで検索し、家賃が安い上位30件の物件で計算しています。

家賃 厚さ 素材
木造 8.3万円 130~150㎜ 木材の柱に石膏ボードを貼りつけたもの
鉄骨造 8.5万円 100~125㎜ 鉄の柱に石膏ボードを貼りつけたもの
RC造 10.0万円 150~200㎜ 鉄の骨組とコンクリートを合わせたもの

鉄骨造と木造の防音性能は大差ありませんが、素材や建設期間などのコストの差で鉄骨造の家賃相場は少し高くなります。

この少しの家賃の差が気にならない人は、後述するそれぞれの特徴を参考に物件探しをしてください。

鉄骨造の音の聞こえ方

鉄骨造では上下左右のお部屋からの足音やドアを開閉する生活音、目覚ましなどのアラームが筒抜けになってしまいます。

話し声やテレビの音も伝わってくるので、ファミリー向けやシェアハウス可能な物件では騒音トラブルが発生しやすいです。

日本建築学会の発表をもとに、建物構造ごとの音の聞こえ方をまとめました。

「遮音等級」の数字が少ないほど、防音性が高いです。軽量鉄骨造の遮音等級は「L-65」に該当します。

遮音等級 建物構造 音の聞こえ方
L-35 - 日常生活で気になるような音はほぼ聞こえてこない
L-40 SRC造 防音性が高く外からの音も軽減されている
L-45 - 子供の泣き声や走り回る音は少し聞こえる
L-50 RC造 子供の泣き声や走り回る音は聞こえる
L-55 - 洗濯機や掃除機は少し聞こえるが気にならない
L-60 重量鉄骨造 足音やドアの開閉音や振動を伴う音が聞こえる
L-65 軽量鉄骨造 多少音量が軽減されるが、生活音はほぼ聞こえる
L-70 - L-75よりマシなレベルで大差はあまりない
L-75 木造 隣室のテレビや電話の音など、生活音がかなり聞こえる

引用:日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」技報堂出版

阿部さんのアイコン 阿部
鉄骨造のお部屋ではどうしても生活音が周りに伝わってしまいます。
家賃や他の条件と引き換えに、ある程度の騒音は承知していただくことになります。

鉄骨造に住んでいる人のリアルな反応

実際に鉄骨造のお部屋に住んでいる人のリアルな声をTwitterで探してみました。

実際に鉄骨造に住んでいる人も隣室からの音漏れを経験しているようです。騒音を注意されている人がいました。

防音性能が低いからこそ、お互いを気遣うことで快適に暮らせるようです。

鉄骨造に住んでいる人の体験談

実際に鉄骨造のお部屋に住んでいる人にアンケートを実施し、どのように騒音が聞こえるのか聞いてみました。

1度寝たら起きないので気にしたことがない
男性のアイコン起きていると隣人の笑い声とかテレビの音とか聞こえるんですけど、1度寝たら朝まで起きない人なので、そこまで気になったことはありません。ただ、音に敏感な人とか眠りが浅い人には向かないかもですね。(男性/20代前半)
多少聞こえるけど平気
女性のアイコン廊下や階段を歩く音とか、電話の声、お風呂の水音とか生活音はほぼ筒抜けなんですけど、こっちがテレビを見てると全く気にならない程度です。寝る時にはどの部屋も静かなので、騒音でイライラしたこともないです。(女性/30代前半)
隣より上の階の音がうるさい
困り顔の女性のアイコン上の階が男性なんですけど、ドスドスってかかとから歩く音が凄いうるさいです。しかも、週末とか夜遅くに帰ってくるので、寝ていても起こされて、思わず天井にモノを投げたことがあります。(女性/20代後半)
外の音が凄い聞こえてくる
困り顔の男性のアイコン隣人や上下階の人というより、外から聞こえる子どもの声とか車の音とかのほうが気になります。とくに早朝のバイクの音と、休日にも関わらず井戸端会議するおばちゃんの笑い声はツラいです…(男性/20代前半)

実際に住んでみると、隣人や上下階の人の生活音がかなり聞こえてくるようです。物音に敏感な人や神経質な人は、鉄骨造に住むと後悔するかもしれません。

反対に、1度寝たら朝まで起きない人や多少うるさくても寝れるという人は、鉄骨造のお部屋でも快適に暮らせます。

防音性能が似ている木造との比較

鉄骨造と木造、防音性能や家賃が似ている2つの工法の特徴をまとめました。

木造 鉄骨造
害虫 柱や壁の隙間から侵入 湧きにくい
耐火性 古い木造は火がまわりやすい 変形しやすい
湿度 適度に調節してくれる 溜まりやすい

木造は建材自体に通気性があり、湿気や熱気がこもりにくいです。湿度が高いときには湿気を含み、乾燥しているときには放出する特性があります。

しかし、通気性(隙間)があることや建材が湿気を取り込む特性は、害虫の侵入口や住み着きやすい環境でもあります。

古い木造は可燃性が高く、火事があるとすぐに火がまわってしまします。鉄骨造は年代を問わず燃えにくいですが、熱伝導率が高く変形しやすいです。

阿部さんのアイコン 阿部
工法の特徴を全て把握する必要はありません。
希望条件を伝えていただければ、最適なお部屋を提案させていただきます。

騒音に悩まされないお部屋の選び方

騒音に悩まされないお部屋を選ぶための4つのコツを紹介します。

・角部屋か最上階のお部屋を選ぶ
・隣のお部屋の間取りを確認する
・築年数が新しいもしくはリノベーション済
・線路沿いなど音が出やすい場所を避ける
・繁華街などのお店が集まる場所は避ける

木造や他の工法のお部屋でも活用できる特徴ばかりです。騒音に悩みたくない人は、お部屋探しのときに意識してみてください。

阿部さんのアイコン 阿部
お部屋を内見するときは周辺の散歩をおすすめしています。
地域の雰囲気や景色を気に入ってお部屋を契約されるお客様もいらっしゃいます。

角部屋か最上階のお部屋を選ぶ

角部屋か最上階のお部屋なら、上下左右に面しているお部屋の数が少ないので騒音も少なくなります。

お部屋の前を移動する人が少ないのでセキュリティ面でも安心できます。女性の一人暮らしや小さな子どもがいる世帯に人気です。

角部屋や最上階のお部屋は、他のお部屋より家賃が高めに設定されています。物件によって異なりますが、相場から約3,000~5,000円高いことが多いです。

隣のお部屋の間取りを確認する

不動産屋さんにフロア全体の平面図を見せてもらい、隣のお部屋の間取りを確認しましょう。

収納や浴室を隔てず、居室同士が隣り合っていると音が響きやすいので注意です。

部屋を区切る壁の厚さは不動産屋でも分からないことが多いです。管理会社に確認してもらうよう不動産屋に頼んでみてください。

居室が隣合わせの物件とそうでない物件の例

築年数が新しいもしくはリノベーション済

築年数が新しい、もしくはリノベーション済みのお部屋は、老朽化が少なく、壁に防音素材が使われている可能性が高いです。

国税庁が発表している法定耐用年数では、建物を使用できる期間の目安が定められています。

RC造の法的耐用年数47年未満です。5年住むなら築42年未満、長期的に住む予定なら築30年以内を目安としましょう。

線路沿いなど音が出やすい場所を避ける

屋外からの騒音は窓の防音性能によって変わります。線路や高速道路近くの物件は、外からの騒音が伝わりやすいので避けてください。

特に高速道路や幹線道路の近くは、夜中の寝静まった時間や平日・休日問わず車の音が聞こえます。

大きな音を出すバイクや緊急車両のサイレンの音がうるさく、睡眠を妨げてしまいます。

繁華街などのお店が集まる場所は避ける

商店街や繁華街、駅の近くなどお店が集まる場所は、人も多く集まり賑やかなので避けるべきです。

お昼に内見したときは静かでも、日が暮れると飲み屋が活気づく地域だった…、という地域は珍しくありません。

気に入った物件があれば昼と夜、平日と週末、といったように、条件を変えて何度も内見をしてください。

また、騒音だけではなく虫にも悩まされます。商店街や繁華街などは飲食店が多いので、夏場は特に虫が大量発生します。

内見時に防音性性能を確認する方法

壁を叩く手

内見時にお部屋の防音性能を確認する方法を5つ紹介します。

鉄骨造だけではなく木造やRC造のお部屋でも役に立つ確認方法なので、必ず複数試してみてください。

・お部屋の中心で手を叩く
・壁をノックしてみる
・スタッフに共有部分を歩いてもらう
・近隣の建物の窓の距離を確認する
・条件を変えて2回内見する

お部屋の中心で手を叩く

お部屋の中心で、大きな音が鳴るように手を叩いてください。音が反響した場合は壁が薄く、防音性能には期待できません。

すぐに音が消える、空気が震えない場合は、壁が厚く防音性が高いです。

舌を鳴らして高音が出せる人は、マイクテストのように何度か鳴らしてみるのも手です。同様に反響音を確かめられます。

壁をノックしてみる

壁の中心を拳でノックしてみましょう。軽い音がしたり、壁が柔らかいと感じたお部屋は避けてください。

ゴツゴツと鈍く固い音がした場合は、壁が分厚いので防音性が高いです。

また、隣のお部屋に人がいる場合は、壁に耳を当てれば実際の生活音を確認できます。

スタッフに共有部分を歩いてもらう

同行した不動産屋のスタッフや知人に廊下や階段などの共有部分を実際に歩いてもらってください。

このとき窓やドアは締め切ってください。音が逃げないので実生活に近い音を感じられます。

近隣の建物の窓の距離を確認する

隣に建物がある場合は、窓同士の距離を確認してください。

壁・天井・床と比べると窓の防音性能は低く、防音仕様になっている窓の数は少ないです。窓同士が近いと、お互いの生活音が筒抜けになる可能性があります。

同様の理由で幼稚園や保育園、小学校のような大きな音を出す建物の近くも避けてください。

条件を変えて2回内見する

面倒ですが、内見は時間をずらして2回すべきです。昼と夜、平日と休日など、入居者が最も多い時間帯は必ず内見しましょう。

時間帯や曜日を変えるだけで聞こえる音や雰囲気は変わります。夜遅く帰宅する人や女性は、治安の確認も一緒に済ませましょう。

内見に行かずに防音性能を確かめる方法

居室同士の壁の厚さや実際の音の響き具合、隣人の様子は部屋探しのプロである不動産屋でも把握していません。実際に内見をして確かめるしかありません。

遠方に引っ越す人や単身赴任までの時間が限られている人は、少ない選択肢やイマイチな防音性能のお部屋から選ぶことになります。

そこでおすすめなのが、ネット不動産屋の「イエプラ」です。普通の不動産屋とは違い、内見前にどんな小さな疑問でも管理会社に問い合わせて確認してくれます。

オンライン内見やIT重税にも対応しているお部屋もあるので、忙しくて現地に行けない人や感染症に敏感な人にもおすすめです!

イエプラボタンバナー

個人でもできる5つの防音対策

工事いらずで、個人でも簡単にできる防音対策を紹介します。

物音に敏感な人や過去に騒音で困ったことがある人、賃貸を傷つけたくない人はぜひ参考にしてください。

・厚手のカーペットを敷く
・遮音カーテンを使用する
・壁や天井に防音シートを貼る
・ドアや窓の隙間を埋める
・二重サッシを取り付ける

厚手のカーペットを敷く

厚手のカーペットは音や振動を吸収してくれるので、下の階のお部屋への音と下の階からの音を遮れます。

同じ理由で、衝撃吸収クッションやマットを敷いても効果的です。100円ショップにあるパズルのようなクッションボードでも効果があるのでぜひ試してみてください。

遮音カーテンを使用する

遮音カーテンを使用すれば、道路にいる人の話し声などの比較的高い音を遮れます。

ただし、車などの低めの音はあまり遮れないため、大通り沿いの物件には向いていません。

壁や天井に防音シートを貼る

防音シートを壁に設置する人
防音シートを壁や天井に貼ることで、隣や上からの音を大きく遮断できます。

ただし壁にシートを貼る場合は、退去費用が高くなってしまう可能性があるため、跡が残らない両面テープを使用して防音シートを貼りましょう。

ドアや窓の隙間を埋める

ドアや窓に隙間からも音は伝わってきます。

防音テープもしくはラバーテープを使って隙間を埋めましょう。防音テープはホームセンターや通販サイトで購入できます。

二重サッシを取り付ける

車や電車の騒音、工場や学校からの子どもの声など、窓から入る音が気になる人は二重サッシがおすすめです。

二重サッシを取り付けると、退去時に原状回復できない場合やそもそも取り付け自体不可能な場合もあります。大家さんに確認してから取り付けましょう。

家賃の安い鉄骨造の探し方

間取りのイメージ

鉄骨造のお部屋は防音性能が低いですが家賃は安く、引っ越し費用も抑えられます。

同じ広さの間取りで探すと、RC造より畳家賃1万円以上も安いお部屋が見つかりやすいです。

さらに安い鉄骨造をのお部屋を探すためのポイントを3つ解説していきます。

家賃相場の低いエリアを選ぶ

家賃相場が低いエリアに絞ってお部屋探しすれば、より安いお部屋を見つけやすいです。

東京23区を例にすると家賃相場が低い区は「江戸川区」「葛飾区」「足立区」「練馬区」「板橋区」の5つです。各区の一人暮らし向けの間取りの家賃相場は以下の通りです。

江戸川区 約6.2万円
葛飾区 約6.2万円
足立区 約6.3万円
練馬区 約6.7万円
板橋区 約6.8万円

※ワンルーム・1K・1DKの相場・2021年8月12日調査

東京23区の平均家賃が約8万円なので、1番安い江戸川区・葛飾区と比べると約1.8万円も差があります。

家賃が安ければ敷金礼金も安くなります。引っ越しにお金をかけたくない人はエリアを絞りましょう。

譲れない条件以外は柔軟に決める

お部屋に求める条件は少なければ少ないほど、家賃は抑えられます。

「駅から◯分以内」「風呂・トイレ別」などの条件が重なる物件は人気があるので、高い家賃でも借り手が絶えません。

家賃を第一に考えるなら希望条件を緩めてください。物件の選択肢が広がります。

築年数が古くても「大家さんの手入れが行き届いている」「リフォームが施されている」といった理由で快適に暮らせる場合もあります。

繁忙期を避けて引っ越す

新生活に向けて引っ越す人の多い1~3月、人事異動のシーズンの9~10月は不動産屋の繁忙期です。この時期は値下げやフリーレントの交渉が成功しにくいです。

繁忙期が空けた6~8月、11月上旬は閑散期です。繁忙期に借り手が見つからなかったお部屋が安く出回ることがあります。

初期費用と引っ越し費用の変化を一覧にまとめました。引っ越し時期の参考にしてください。

賃貸物件の初期費用 引っ越し費用
1月 高い 普通
2月 高い 普通
3月 高い 高い
4月 普通 高い
5月 安い 普通
6月 安い 安い
7月 安い 普通
8月 安い 普通
9月 普通 普通
10月 普通 高い
11月 普通 安い
12月 普通 普通

上記の一覧で分かるように、賃貸物件の費用・引っ越し業者費用ともに1番安くなる時期は「6月」です。

家賃の安い鉄骨造を探すなら不動産屋に相談するべき

家賃が安く、防音性の高いお部屋を探すときには、部屋探しのプロである不動産屋を頼ってください。

特におすすめな不動産屋はネット上をメインに運営している「イエプラ」です。LINEやチャットでやりとりをするので対面では話にくいことも相談できるのが特徴です。

普通の不動産屋とは違い、「実際どれくらいの音が聞こえる?」「周りの住民はトラブルを起こしそう?」といった疑問を管理会社に直接問い合わせてくれます。

家賃が安い部屋は防音性能が低いことが多いです。内見に行かずに実態を確認できるので、忙しい人や遠方に引っ越す人にもおすすめです。

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について