お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

建物構造の種類を解説!木造・鉄骨造・RC造・SRC造の違いは?

スウェーデンの建物

建物構造とは?どんな種類があるの?という疑問を解決します!木造・鉄骨造・RC造・SRC造など全8種類の違いを解説し、建物構造ごとの性能を比較します。低家賃、防音性など、要望に合わせた建物構造の選び方もご紹介します!

建物構造は全部で8種類

建物構造とは、建築物で使用される材料を表す言葉です。アパートやマンションで使用されている建物構造は、主に8種類あります。

・木造(W造)
・軽量鉄骨造(S造)
・重量鉄骨造(S造)
・鉄筋コンクリート造(RC造)
・鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
・アルミ造(AL造)
・コンクリート充填鋼管構造(CFT造)
・コンクリートブロック造(CB造)

賃貸物件で主に見かける建物構造は、上記のうち「木造・鉄骨造・RC造・SRC造」の4種類です。

それぞれ、どんな建物構造か紹介していきます。

木造(W造)

新しい木造のアパート
木造とは、その名の通り主要部分を「木材」で作った構造のことで、日本の戸建てやアパートで最も主流です。

木材自体のコストが低いので、家賃設定もほかの建物構造より低いです。

木は水分を吸収すると膨らみ、乾燥すれば水を発散して縮む特性があるので、湿気が多い日本の気候に適しています。水分を吸収してくれるので、窓の結露やカビが発生しにくいです。

構造上、柱や壁の間に隙間を開けるので通気性が良く、年中一定の湿度を保てます。ただし、音も通しやすいので防音性に欠けます。

耐震性も低いと言われていますが、木はしなるので、衝撃を吸収して揺れが小さくなります。どうしても耐震性が気になる人は、耐震基準が変更された2000年以降の物件を探しましょう。

軽量鉄骨造(S造)

3階建ての鉄骨造のマンション
軽量鉄骨造とは、柱や梁などの骨組みに「鉄骨の厚みが6mm未満」のものを使用した構造のことで、アパートや小型店舗など小さめの建物に用いられます。

柱などに鉄骨を使用するため強度があり、壁・床などを厚くできるので、多少防音性が高いです。骨部分以外は木造と同じ素材なので建設コストが低く、家賃が安めに設定されています。

鉄骨の厚みが6mm未満と薄く、重量に堪えられないので、地震などの大きな力には弱いです。木造よりも揺れが大きく感じることがあります。

ただし、1981年6月1日以降に建てられた建物は、震度6~7でも倒壊しないことを基準に建てられているので、そこまで気にする必要はないです。

重量鉄骨造(S造)

重量鉄骨造は、柱や梁などの骨組みに「鉄骨の厚みが6mm以上」のものを使用した構造のことで、戸数が多い大型マンションやビルに用いられることが多いです。

大型の建物になるため、材料費などの建設コストが高く、家賃もその分高くなっている場合が多いです。

鉄骨の厚みが6mm以上と分厚く、重量があっても耐えられるので耐久性が高いです。大型の建物は、土台が頑丈なので地震にも耐えられます。

鉄筋コンクリート造(RC造)

RC造のマンション
鉄筋コンクリート造とは、鉄筋とコンクリートを組み合わせた素材で、鉄筋を組んだ枠の中にコンクリートを流し込んで固めたものを、柱・梁・床・壁に使用しています。

鉄筋は引っ張る力に強いですが、熱に弱く錆びやすいです。逆にコンクリートは熱に強く、引っ張る力に弱いので、鉄筋をコンクリートで覆うことで互いの弱点を補い、耐久性が高くなります。

かなりの重量に堪えられる強度を持つうえ、コンクリートは音を通しにくいので防音性が高く、分譲マンションなどでよく用いられます。

ただし、鉄筋もコンクリートも材料費が高く、1度コンクリートを固める手間があるので、家賃が高く設定されています。また、通気性が悪いので、結露やカビが発生しやすいです。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

SRC造のタワーマンション
鉄骨鉄筋コンクリート造とは、鉄筋を組んだ枠の中にコンクリートを流し込んで固めたものを、更にコンクリートで補強した構造で、タワーマンションやオフィスビルなどに用いられます。

熱に弱い鉄骨をコンクリートで包み、さらに揺れに弱いコンクリートを鉄筋で補強することにより、非常に高い防音性・耐震性・耐火性・耐久性を持ちます。

建物構造の中で1番建設コストが高いうえ、性能がかなり優れている構造なので、家賃がかなり高いです。

また、コンクリートの性質上、通気性が悪いため夏は暑く、冬は寒くなります。結露やカビも発生しやすいです。

アルミ造(AL造)

アルミ造とは、アルミ製の部材を使用した構造です。鉄の3分の1ほどの軽さで加工しやすいので、少しずつ注目されています。

日本ではまだ珍しいですが、サビや腐食に強いため、海沿いの物件で増え始めています。

アルミは鉄と比較して軽いため、強度は少なく2階建て以下の小型な建物に用いられることが多いです。耐震性は鉄骨造とほぼ同じです。

コンクリート充填鋼管構造(CFT造)

コンクリート充填鋼管構造とは、鋼管の中にコンクリートを充填した素材を使っている構造です。主に商業施設で使用されているので、賃貸物件ではあまり見かけません。

鋼管の中にコンクリートを詰めているため、鉄骨上以上に柱を細くしても、耐久性・耐震性に優れています。

コンクリートブロック造(CB造)

コンクリートブロック造とは、コンクリートブロックを積み上げて建築する構造です。

日本では、コンクリートブロックを積み上げただけでは建物としての許可が下りないので、鉄筋が中に通っています。小規模の住宅や倉庫に用いられています。

耐久性・耐火性にかなり優れているうえ、防音性、断熱性も良いです。また、RC造よりも建設コストが安いので、家賃が多少安めに設定されています。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

自分に合った賃貸物件を探すなら「イエプラ」

「鉄骨造か?」「SRC造か?」など、自分に合った賃貸物件が分からない人は、チャット不動産屋「イエプラ」に相談するのがおすすめです。

重視する条件、生活スタイル、家賃などを照らし合わせて、快適な暮らしが送れるお部屋を紹介してくれます!

また、イエプラは、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広いのが特徴的です!

プロのスタッフが深夜0時までチャットやLINEで対応しているので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、周辺の環境などについて相談できます!

イエプラでお部屋を探す 

建物構造の性能を比較

展望台から見た東京の街並み
建物構造ごとに、家賃の安さ、防音性、耐震・耐火性、通気性を「◎〇△×」の4段階で比較しました。

建物構造 家賃 防音性 耐震・耐火 通気性
木造 ×
軽量鉄骨造
重量鉄骨造
RC造 ×
SRC造 × ×
アルミ造
CFT造 × ×
CB造

家賃だけを重視するなら木造がダントツで安く、2000年以上に建てられた駅徒歩15分の1Kという同じ条件でお部屋を検索した場合、SRC造と2万円以上の差が出ます。

防音性は、コンクリートを使用しているRC造・SRC造・CFT造・CB造が優れています。ただし、子どもの泣き声や走り回る音は多少響きます。

耐震性・耐火性は築年数が古すぎなければ、防音素材や防火素材が使用されているので、どの建物構造も大差ありません。とくに耐震性は1981年6月以降の建物であれば、倒壊しません。

通気性は、木造が1番優れています。逆に、コンクリートを使用している建物は、通気性が悪く熱がこもりやすいです。

自分が何を重視するかで構造を選ぶべき

構造によって建物の強みが異なります。お部屋探しの際、自分が何を重視するかによって、建物構造を選びましょう。

賃貸物件で主流の「木造・鉄骨造・RC造・SRC造」が、どういう人に合っているのか紹介します。

家賃の安さを重視するなら「木造」

家賃の安さのみを重視するなら「木造」のお部屋がおすすめです。

不動産屋専用サイト「ATBB」で、都内の2000年以上に建てられた駅徒歩15分の1Kで、共益費管理費込みの家賃が安い順30件の平均額をまとめてみました。

建物構造 家賃
木造 約5.0万円
鉄骨造 約5.6万円
RC造 約6.3万円
SRC造 約7.3万円

築年数や性能を気にしなければ、東京都内で4万円台から見つかります。ただし、防音性がかなり低いので、音に敏感な人には向いていません。

▶木造の防音性の詳しい説明はこちら

家賃を抑えたいけど防音性を気にするなら「鉄骨造」

家賃を抑えたいけど、木造より防音性が高いお部屋に住みたいという人は「鉄骨造」のお部屋がおすすめです。

とくに、一度寝てしまえば朝まで起きない、自分もテレビを見るから周辺の生活音が耳に入ってこないという人で、家賃を抑えたいという人に向いています。

壁の素材は木造と同じなので、防音性が高いと言われれば微妙ですが、テレビの音や話声などの高い音は緩和されます。

▶鉄骨造の防音性の詳しい説明はこちら

防音・耐震・耐火性を気にするなら「RC造」

防音・耐震・耐火性を気にするなら、鉄骨造よりかなり頑丈な「RC造」がおすすめです。

コンクリートは音を遮断するので、防音性が高いです。また、鉄筋は引っ張る力に強く、コンクリートは熱に強いので、耐震性・耐火性に優れています。

ただし、音を通しにくい分通気性が悪いので、室内に熱がこもりやすく夏は暑いです。SRC造より家賃を抑えたいけど、エアコンの電気代くらいなら気にしないという人に向いています。

お金に余裕があって性能を重視するなら「SRC造」

お金に余裕があって、防音性・耐震性・耐火性などの性能を重視したハイグレードなお部屋に住みたいなら「SRC造」がおすすめです。

SRC造は、RC造をさらに強化した建物のため、家賃がかなり高いです。その分、家賃に見合った性能が充実しています。

とくに、防音性は建物構造の中でも群を抜いて優れています。周辺住民の生活音は、ほぼ聞こえてこないので、音に敏感な人でも静かに暮らせます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

最近、流行している、お部屋探しから内見までを店舗に行かずに自宅にいながら完結できるおすすめの不動産屋サービスを2つ紹介します!

①イエプラ

イエプラは、空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を紹介してくれるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに文章でやりとりしながら見つけたい人におすすめです!

②家AGENTオンライン

家AGENTオンラインは、ビデオ通話で物件の紹介から内見まで、すべて自宅で完結できるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに画面越しのスタッフと直接相談しながら見つけたい人におすすめです!

好きな方を利用してみよう

どちらもSUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える信頼性の高い物件情報サイトから紹介してくれます。

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋へ行く時間がない人にもおすすめです!

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識