スウェーデンの建物

木造・鉄骨造・RC造・SRC造とは?あなたはどれにすべき?【建物構造】

部屋探しの知恵

2018年9月10日投稿

イエプラ イエプラ

自分が何を重視するかで木造・鉄骨造・RC造・SRC造のどれを選ぶべきか、建物構造の解説、防音性・耐震性・耐火性・通気性などの比較を紹介します。

自分が何を重視するかで構造を選ぶべき

構造によって建物の強みが異なります。お部屋探しの際、自分が何を重視するかによって、建物構造を選びましょう。

木造に住むべき人は家賃の安さを重視する人です。建物コストが低いため、家賃が安くなっています。通気性が良いですが、防音性・耐火性は低いです。

鉄骨造に住むべき人は家賃を抑えたいけど防音性を高めたい人です。骨組みが鉄骨のため、多少防音性や耐久性が良いですが、RC造・SRC造より劣ります。

鉄筋コンクリート造に住むべき人は防音性・耐震性・耐火性を気にする人です。鉄骨造よりかなり頑丈で、防音性・耐震性・耐火性に優れています。ただし通気性が悪く、夏は暑く冬は寒いです。

鉄骨鉄筋コンクリート造に住むべき人はお金に余裕がある人です。RC造よりさらに頑丈ですが、建設コストがかなり高いため家賃が高くなっています。

どの構造の部屋に住むべきかわかったところで、詳しい建物構造を解説します。

木造とは?

木造とは
木造とは、Woodの略でW造と呼ばれることがあります。主要部分を木材で作った構造のことで、日本の戸建てやアパートで最も主流です。

通気性が高く年中一定の湿度を保てるため、日本の気候に合っています。

建物コストが低いうえ、築年数が古い傾向にあるので家賃は安めです。とくに、学生や新社会人におすすめです。

木造の特徴

木造は通気性が良いですが、木が熱を吸収するためエアコンが効きにくいです。

また、耐火性がなく火事が起きると火が回りやすいです。最近は表面に防火剤を塗る、壁に防火素材を使うなどで対策されています。

鉄骨造とは?

鉄骨造とは
鉄骨造とは、Steelの略でS造と呼ばれることがあります。柱や梁などの骨組みが鉄骨になっている構造のことです。

設計の自由度が高く、ユニークな形の建物に使用されています。

基本的に鉄骨部分以外は木造と同じ素材ですが、柱などに鉄骨を使用するため強度があり、壁・床などを厚くできるので、多少防音性が高いです。

鉄骨造は「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」の2種類あります。

重量鉄骨造とは?

重量鉄骨造とは、鉄骨の厚みが6mm以上のものです。主に、高層ビルやマンションなどの大型な建物に用いられます。

軽量鉄骨造とは?

軽量鉄骨造とは、鉄骨の厚みが6mm未満のものです。主に、一般住宅や小型店舗などの小さめな建物に用いられます。

鉄筋コンクリート造とは?

鉄筋コンクリート造とは
鉄骨コンクリート造とは、Reinforced Concreteの略でRC造と呼ばれることがあります。

RC造と鉄筋を組んだ枠の中にコンクリートを流し込んで固めたものを、柱・梁・床・壁に使用している構造です。

コンクリートは音を通しにくいため、木造や鉄骨造より防音性に優れています。

とくに、子どもがいる家庭やペットを飼っている人、楽器を演奏する人におすすめです。

鉄筋コンクリート造の特徴

鉄筋は引っ張る力に強いが、熱に弱く錆びやすいです。コンクリートは熱に強く、引っ張る力に弱いです。

鉄筋をコンクリートで覆うことで互いの弱点を補い、高い耐久性を作ります。

ただしコンクリート自体の通気性が悪く、カビや結露が発生しやすくなります。

鉄骨鉄筋コンクリート造とは?

鉄筋鉄骨コンクリート造とは
鉄骨鉄筋コンクリート造とは、Steel Reinforced Concreteの略でSRC造と呼ばれることがあります。

柱や梁などの骨組みに鉄骨を使用し、さらにコンクリートで補強した構造です。

建設コストがかなり高く、家賃が高いお部屋がほとんどなので、お金に余裕のある人におすすめです。

主にタワーマンションやオフィスビルなどに用いられます。

鉄骨鉄筋コンクリートの特徴

熱に弱い鉄骨をコンクリートで包み、さらに揺れに弱いコンクリートを鉄筋で補強することにより、非常に高い防音性・耐震性・耐火性を持ちます。

コンクリートは熱がこもりやすいため夏は暑く、1度冷えると温まりにくいため冬は寒くなります。エアコンを使う頻度増えるので、光熱費が高くなります。

そのほかの構造

物件数は多くないですが、そのほかの構造を紹介します。

アルミ造

アルミ造(AL造)とは、アルミ製の部材を使用した構造です。鉄の3分の1ほどの軽さで加工しやすいので、少しずつ注目されています。

サビや腐食に強いため、海沿いの物件で増え始めていますが、日本ではまだ珍しいです。

壁式構造

壁式構造(WRC造)とは、柱や梁を使用せず、天井や床などの壁だけで建物を支える構造です。

地震による振動をうまく吸収するため、東日本大震災後から中低層マンションなどで使用されはじめています。

RS造

RS造とは、Reinforced Steelの略で、建物の上層階は鉄骨コンクリート造、下層階は鉄骨造など別の構造になっている建物のことです。

そのため、上層階と下層階で防音性が異なります。設計の自由度が高く、主に中低層のデザイナーズマンションで使用されています。

建物構造による違いを比較

密集した住宅街
建物構造ごとに、防音性、耐震性、耐火性、通気性を比較すると下記のような特徴があります。

性質 木造 鉄骨造 RC造 SRC造
防音性 × ×
耐震性
耐火性 ×
通気性 × ×

木造と鉄骨造の防音性はほぼ同じ

性質 木造 鉄骨造 RC造 SRC造
防音性 × ×

鉄骨造と聞くと防音性があると思われがちですが、実は木造と防音性はほぼ同じです。あくまで骨組みに使われる柱が木造か鉄骨かの違いだけです。

木造は、隣の部屋のテレビの音が聞こえてきたり、洗濯機やシャワーの音が聞こえてきます。とくに足音などの低音が響きやすいです。

鉄骨造は、木造よりは音を遮りますが基本的に体感は同じです。テレビの音はあまり聞こえませんが、洗濯機や足音など低音が響きます。

ただし、キッチンが出っ張った造りや、壁側にクローゼットがあるなど、間取りにより音が響にくいお部屋があります。

RC造とSRC造は、コンクリートの壁の厚みにより防音性は高いです。ただ、子どもの泣き声や走り回る音は多少響いてきます。

少しでも音が気になる人は、壁や床の素材に吸音材や緩和剤を使用されているか確認しましょう。

また、内見に行った際に防音性がどれくらいあるのかしっかり調べましょう。調べる方法は3つあります。

防音性があるかを調べる

部屋の中央で手を叩いて音が響いた場合は、壁に音が吸収されていません。音が返ってこなかった場合でも外に音が漏れている可能性があるので、壁を叩いてみましょう。

軽い音が響いたときは防音性が低いです。低くめの音で硬い感じがしたときは、防音性が高いです。また、隣の建物と窓同士が近くないかも確認しましょう。

入居した後は、ほかの居住者と騒音トラブルにならないよう、防音マットや厚手のカーペットを敷く、遮音カーテンを利用する、壁側に家具を配置するなどの防音対策を心がけてください。

木造・鉄骨造とRC造・SRC造の耐震性は大差なし

性質 木造 鉄骨造 RC造 SRC造
耐震性

耐震性が1番高いのはSRC造ですが、建築基準法により、どの構造であっても震度6~7の地震に耐えられるので大きな差はありません。

2000年に耐震基準が変更になり、震度6~7の地震で倒壊しないことに加えて、震度5強ほどでもほとんど損傷しないことが基準に追加されました。

そのため、2000年以降に新しく建てられた建物は耐震性が優れているので、築年数を必ず確認してください。

他にも「ダンパー」と呼ばれる制振装置があるか、建物の基礎にゴムでできた免振装置を設置しているかなどを不動産屋に確認してみましょう。

また、素材により耐震の強みが異なります。木造は、木が衝撃を吸収して揺れが小さくなります。鉄骨造は、鉄や鋼の粘りにより倒壊しにくいです。

RC造とSRC造は鉄筋をコンクリートで覆うことで互いの弱点を補い高い耐久性があります。ただし、建物自体の重量があるため揺れが大きく感じます。

耐火性は木造以外ほぼ同じ

性質 木造 鉄骨造 RC造 SRC造
耐火性 ×

耐火性は、SRC造・RC造・鉄骨造に差はほとんどありません。

鉄やコンクリートが使用されているので、木造に比べて火の回りが遅く、全焼する前に消火されることが多いです。

ただし築年数が古い場合、木造は全焼しますが、鉄骨造は熱で柱が変形するので倒壊する可能性があります。

築年数が新しいものは、防火剤や防火シートが壁に使用されていることが多いので火事に強いです。

通気性はダントツで木造が良い

性質 木造 鉄骨造 RC造 SRC造
通気性 × ×

木材は通気性が高く湿気がこもりにくいので、カビや結露が発生しにくいです。

SRC造やRC造は冷暖房の効きは良いですが、高く空気がこもりやすく、カビや結露が発生しやすいです。また、夏は暑く冬は寒いといった特徴があります。

家賃はSRC造が1番高い

鉄骨とコンクリートを両方使用しており建設コストが高いため、SRC造の家賃が1番高いです。逆に木造は建設コストが低いので、家賃が安くなります。

不動産屋専用サイト「ATBB」で、それぞれの構造ごとに、安いお部屋の大まかな平均値を出しました。

検索条件は、2000年以上に建てられた駅徒歩15分の1Kで、共益費管理費込みの家賃が安い順30件の平均額です。

木造 5.0万円
鉄骨造 5.6万円
RC造 6.3万円
SRC造 7.3万円

木造のお部屋が1番安く、SRC造のお部屋より約2.3万円も差があります。

物件数が多い構造はRC造

不動産屋専用の物件情報サイト「ATBB」で、2018年9月7日時点の東京23区内で2000年以降に建てられた物件に絞って探してみたところ、RC造の物件数が圧倒的に多いです。

木造 6,777件(18.0%)
鉄骨造 4,074件(10.8%)
RC造 20,449件(54.3%)
SRC造 1,701件(4.5%)
全構造数 37,673件

地方はまだまだ木造や鉄骨造の物件が多いですが、東京23区内では老朽化や地震の影響で取り壊しや立て直しが多いため、高い耐久性をもつRC造が新しく建てられている傾向があります。

結局どれに住めば良いかわからない人はご相談ください

どの建物構造のお部屋に住むべきかは、人によって違います。自分ではどんな構造に住むべきか分からないという人は、チャット不動産屋「イエプラ」で相談してみてください。

チャット感覚でスタッフに相談できる「イエプラ」なら、わざわざ不動産屋に行かなくても、ちょっとした空いた時間に気軽に相談できます。

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと話すことが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちら
イエプラのメリット

イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザという文字
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

部屋探しサイト
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

チャット不動産屋「イエプラ」のロゴ
イエプラの口コミ・評判|SUUMOやHOME’Sと比べるとどう?

 

万力で挟まれている硬貨と電卓
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

ひらめいた男性の人差し指と電球
部屋探しが面倒な人におすすめしたい「チャット不動産屋」とは?

 

ソファに寝そべってスマホを操作する女性
不動産屋に一度も行く必要なし!?内見も契約もWEBで済ませる時代です!

 

東京のビル群
東京で評判の良い不動産屋さんはここ!

 

紅葉の写真
年内に引っ越したいなら11月中には部屋を探しておくべき理由

 

調査している探偵
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

綺麗な内装のリビングルーム
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

一人暮らしのお部屋
初めての一人暮らし|始めるまでの11ステップと部屋探しのポイント

 

鍵とお金を渡す手
無職で賃貸契約する方法と審査を通過しやすくするコツ

 

おしゃれな部屋の内装
フリーレントとはどういう意味?ホントにおトクなの?【賃貸】

 

チェックマークを付ける男性の手
賃貸の入居審査とは?通過する7のコツと落ちた人の特徴

 

初期費用を分割払いする方法!現金で分割できる?【賃貸】

 

不動産屋の立ち合い
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき5つの理由

 

手をつないだカップル
二人暮らしの生活費|平均の費用はどれくらい?【シミュレーション】

 

暖炉の前で雑談するカップル
同棲の間取り|おすすめのお部屋をカップルタイプ別に大公開【二人暮らし】

 

一人暮らしでかかる費用は?初期費用や毎月の生活費の実例を大公開!

 

男性が手で立たせているスマホ
ネットでお部屋を探す方法は大きく分けて2通り!おすすめはどっち?

 

散らばっている大量のコイン
家賃目安は3分の1の割合っていうけど手取り?給料?年収?

 

バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly