お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート)の防音性を徹底解説!SR造との違いは?

SRCとRCの違いのイメージイラスト

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート)についての「そもそもどんな特徴?」「どうしてこんなに家賃が高いの?」といった疑問にお答えしていきます!

特徴が似ているRC造との防音性や耐震性・耐火性についても比較していきます。お部屋探しに迷っている人はぜひ参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

SRC造とは

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)は防音性・耐震性・耐火性・耐久性に優れている建築工法です。

鉄骨の骨組みを鉄の棒の骨組みで補強し、コンクリートを流し込んで固めたものを柱・梁・床・壁などの建材に使用しています。

S造(鉄骨造)とRC造(鉄筋コンクリート造)の特徴を兼ね備えているので、硬いのに粘り強くしなやかな性質をしています。

強度が高く、柱同士の間隔が広い建築ができるので、高層物件やデザイナーズマンションに用いられることが多いです。

SRC造の唯一の欠点は高額な家賃

SRC造でつくられた物件は他の工法と比べるとダントツで家賃が高いです。

SRC造は材料費がかさむ工法です。その上、行程が複雑で工事期間が長期化するので建築費用や家賃が高額になります。

阿部さんのアイコン 阿部
SRC造はRC造に次いで家賃の高い工法です。都内にある条件の近いRC造マンションとは5万円ほどの差があります。

SRC造とRC造の違い

SRC造とRC造の主な違いは建材と工法です。

RC造は鉄の骨組みにコンクリートを流し込んだものを建材に使用しています。これに鉄骨の芯を加えて強度を補強しているのがSRC造です。

強度や安全性が増す一方、鉄筋を柱として扱うのでRC造のように自由な設計はできない点があります。

また、技術の進歩によりRC造の防音性・安全性は日々向上しています。SRC造との性能差は無くなりつつあるのが現状です。

マル秘イエプラバナー

SRC造の防音性は非常に高い

SRC造は数ある工法のなかで最も防音性が高いです。上下左右のお部屋からの生活音やテレビの音、話し声がほとんど気になりません。

子どもの泣き声や走り回る音、重たいものを落としたドスンという落下音なども聞こえてきません。隣室からの騒音はぼありません。

通常の賃貸は建材に比べて窓の防音性能が低く、屋外の騒音が聞こえてしまいます。

高級住宅やデザイナーズマンションなどの大型の建物では、SRC造が用いられることが多いです。なかでも、防音ガラスや二重窓になっているお部屋は屋外の騒音が聞こえにくいです。

建物構造ごとの音の聞こえ方

日本建築学会の発表をもとに、建物構造ごとの音の聞こえ方をまとめました。

「遮音等級」の数字が少ないほど、防音性が高いです。SRC造の遮音等級は「L-40」に該当します。

遮音等級 建物構造 音の聞こえ方
L-35 - 日常生活で気になるような音はほぼ聞こえてこない
L-40 SRC造 防音性が高く外からの音も軽減されている
L-45 - 子供の泣き声や走り回る音は少し聞こえる
L-50 RC造 子供の泣き声や走り回る音は聞こえる
L-55 - 洗濯機や掃除機は少し聞こえるが気にならない
L-60 重量鉄骨造 足音やドアの開閉音や振動を伴う音が聞こえる
L-65 軽量鉄骨造 多少音量が軽減されるが、生活音はほぼ聞こえる
L-70 - L-75よりマシなレベルで大差はあまりない
L-75 木造 隣室のテレビや電話の音など、生活音がかなり聞こえる

引用:日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」技報堂出版

SRC造は隣室に子育て世代が多くても、生活音や子どもの足音などは気になりにくいです。

踏切や線路、繁華街の近くでなければ屋外からの騒音も気になりません。

SRC造に住む人のリアルな声

実際にSRC造のお部屋に住んでいる人の声を集めました。

TwitterではSRC造の防音性に満足している人の声が沢山ありました。

ただ、立地や周囲の環境には注意したほうが良いです。窓は最も防音性が低いので、外の音次第です。

SRC造の安全性は非常に高い

SRC造は数ある工法のなかで最も安全性が高いです。定期的なメンテナンスは必要ですが、建物自体の寿命が長く安心して長期間住めます。

SRC造は揺れに強く強度が高いが熱に弱い鉄骨・鉄筋を、強度に不安があるが不燃なコンクリートで覆った工法です。

材料同士の欠点を補い合っているため、他の工法にない防音・安全性をもっています。地震や火事などの自然災害に強く、倒壊や全焼の恐れがありません。

また、SRC造が用いられる大型の建物では、ダンパーと呼ばれる制振装置や建物の基礎に設置されたゴムでできた免振装置が安全性を補強していることが多いです。

他の構造との比較

賃貸でよく見られる工法の耐震性、耐火性、耐用年数、家賃の安さを比較しました。

法定耐用年数とは、国税庁が発表している建物を使用できる期間の目安です。大きな災害がなかったときの安全に住める年月が分かります。

家賃は東京23区内での、築20年以内・駅徒歩15分の1Kで検索し、家賃が安い上位30件の物件の平均値を参考にしました。

耐震性 耐火性 耐用年数 家賃
木造 イマイチ 古い木材は燃える 22年 8.3万円
鉄骨造 イマイチ 熱で変形する 34年 8.5万円
RC造 高い 高い 47年 10.0万円
SRC造 高い 高い 47年 15.0万円

SRC造とRC造では防音性と家賃以外の違いが無いことがわかります。 

高級住宅やデザイナーズマンションのようなこだわりがなければ、RC造でも性能は十分なことが多いです。

家賃を抑えたい人には木造や鉄骨造の物件がおすすめです。

▶構造ごとに比較した詳しい説明はこちら

SRC造でも安全性の低い物件がある

SRC造の高層マンションでは建物の重量の関係で6階以上のお部屋にはコンクリートを使わないことがあります。地盤のゆるい地域ではとくにこの傾向が強いです。

コンクリートが使われていなければ、防音性・耐震耐火性は鉄骨造の物件と大差ありません。話し声やテレビの音だけでなく生活音も筒抜けになるお部屋もあります。

マンションの高層階が気になっている人は、構造部材の確認や内見時の防音性の確認を必ずしてください。

阿部さんのアイコン 阿部
不安な人はSR造のお部屋もおすすめです。階によって構造の違いはありません。最近では素材や建築技術が進歩してSRC造と遜色ない性能のお部屋も増えてきています。

SRC造のお部屋にお得に引っ越す方法

SRC造のお部屋でも家賃や初期費用の値下げは可能です。不動産屋に味方になってもらい交渉してもらいましょう。

ネット上の不動産「イエプラ」は経験豊富な営業マンが多数在籍しており、初期費用の交渉に力を入れています。

チャットやLINEでやり取りするので、対面では「値下げしてほしい」と言いにくい人も気軽に相談できます。

深夜0時までリアルタイムで相談できるので、忙しくて不動産屋に行く時間がない人もぜひ利用してみてください。

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について