お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

築浅とは築何年くらいのことを言うの?新築との違いやメリットを紹介!

白い家の写真

築浅とはどれくらい新しいの?という疑問に回答します!築浅物件が全て綺麗な物件なのかどうかや、築浅物件ならではのメリットも合わせて紹介します!

築浅物件ってどれくらい新しい?

築浅物件は「築年数◯年以内」といった定義がなく、築年数が比較的新しい物件を指します。

不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)のアンケートによるデータをもとに、築浅がどれくらいの年数を指すのかまとめてみました。

アンケートでは、一般的には「築5年まで」の物件を築浅と捉える人が多いようです。

以下のグラフは「築浅物件とは、築何年くらいまでを差すと思いますか?」というアンケート結果のグラフです。

アンケート結果グラフ

「新築」と「築浅」の違い

新築と築浅の違いは「築年数」と「入居歴があるかどうか」の2つです。

「新築」は建築後1年以内かつ、誰も入居したことが無い物件のことです。この2つの条件を満たしている物件だけが「新築」の物件と決められています。

一方「築浅」は築年数に明確な定義が無く、過去に何人入居したことがあるかも分かりません。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

築浅物件だからといって必ず綺麗なわけではない

築浅とはあくまで「築年数があまり建っていない」ことを表しているだけなので「築浅=綺麗な物件」とは限りません。

過去に入居した人がお部屋を乱暴に使った結果、激しく劣化ような物件でも、築年数が浅ければ「築浅」と表現されます。

反対に、築10年以上経過していてもきちんと管理されている物件や、リフォーム・リノベーションされている物件なら、築浅でなくても綺麗な物件は多いです。

築浅物件のメリット

キレイな部屋
築浅物件ならではのメリットを3つ紹介します。

・最新の設備が整っていて便利
・新築よりも家賃が安い傾向にある
・古い物件より人間関係に困りにくい

最新の設備が整っていて便利

築年数が経過した物件にはなかなか付いていない、浴室乾燥機や追い焚き機能付きのお風呂などの最新の設備が整っていることが多いので便利に暮らせます。

オートロックやモニター付きインターホン、防犯性の高い鍵などセキュリティ性の高い物件も多いので、女性の一人暮らしでも安心して暮らせるでしょう。

新築よりも家賃が安い傾向にある

新築と築浅の家賃の違いは、物件によって異なりますが、同じ条件で探した物件の新築と築浅で比較した場合、おおよそ1,000~5,000円ほど築浅のほうが安い傾向にあります。

築浅よりも新築のほうが新しくて綺麗と考えられ、新築から築浅になると家賃を下げる傾向にあるためです。

古い物件より人間関係に困りにくい

古い物件で長く住んでいる人がいる物件では、人間関係が既にでき上がっていてなかなか馴染めない場合があります。

しかし、築浅物件なら入居者全員の入居時期が近く、人間関係ができ上がる前なので、他の入居者と馴染みやすいです。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識