お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

友達とルームシェアって実際どうなの?メリット・デメリットを徹底解剖!

友達とルームシェアのイメージイラスト

友達2人でのルームシェアって、実際どう?どんなメリットがあるの?という疑問に答えます!

実際にルームシェアをしていた人の体験談をもとに、知っておくべき注意点や後悔しないコツを徹底解説します。

更にルームシェア用のお部屋を探す際のコツも紹介するので、友達と楽しく生活したい人はぜひ参考にして下さい!

友達同士のルームシェアって実際どう?

友達同士のルームシェアは、うまくいく場合とうまくいかない場合があります。

1人に対してプライベート空間がちゃんとあったり、家事の当番などのルールをお互いが守れば、ルームシェアでも快適に過ごせます。

しかし、そもそもルールを設けていなかったり、適切なコミュニケーションが取れないとストレスが溜まってしまいます。

以下で、実際にルームシェアをしていた人のリアルな声を紹介します。良い意見・悪い意見両方紹介するので、参考にして下さい。

ルームシェアをしてよかった人の声

一人暮らしよりかなり安くなる!
女性のアイコン家賃・光熱費と日用品代が全部折半なので、一人暮らしするよりもかなり費用面で助かります!自分はフリーターで収入が少ないので、もう一人暮らしには戻れないくらいありがたいです…。光熱費も節約を心掛けてるので、毎月〇万円で済んじゃいます。(女性/20代)
家事を一人でこなさなくていいのはラク
男性のアイコン自分は家事が大の苦手なんですが、ルームシェアだと全部自分一人でやらなくていいのが楽ですね。一人暮らしだとついつい食器を洗うのを放置したりしがちですが、役割分担さえすれば、毎日の家事は余裕でこなせます。(男性/20代)
帰ったら誰かがいる安心感
女性のアイコン家に帰った時に「ただいま~」と「おかえり~」のやり取りがあるのが嬉しいです。毎日の話し相手が同じ家にいるので、仕事の愚痴もすぐに吐き出せてストレス発散になります。あと、風邪をひいた時に頼れる人がいるのは地味にありがたいです。(女性/20代)

ルームシェアをして後悔した人の声

だんだんイライラするように…
男性のアイコン最初は楽しかったんですが、一緒に暮らしてると相手の嫌なところが見えてきてストレスでした。冷蔵庫のものを勝手に食べたり、夜中に友達を呼んで大声で騒いだり、一人暮らしじゃないんだからもっと配慮してほしかったです。イライラが募りすぎて、結局ルームシェアはすぐ解消しました。シェアするなら、価値観が同じ人とじゃないと厳しいです。(男性/20代)
金銭面でルーズな人には注意
女性のアイコン家賃・光熱費などは全て折半にしてたんですが「今月ピンチだから待って」と言われずっと滞納されましたね。最初は許してあげましたが、3ヶ月続けられて流石に怒りました。何のためにルームシェアしてるのか分かりません…。金銭面でルーズな人とは絶対シェアしちゃダメです!(女性/20代)
家事分担のルールは守ってほしい
男性のアイコン家事を当番制にしていたんですが、相手が次第にサボるようになり喧嘩になりました。1回だけだったらいいんですが、続けてサボる上に代わりにやってくれたお礼も言わず腹が立ちました。あと、日用品をどっちが買うかで揉めたこともありました…。(男性/20代)

 

マル秘イエプラバナー

友達とルームシェアをするメリット・デメリット

友達とルームシェアした場合のメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

友達とルームシェアをするメリット

・家賃や生活費を安く抑えられる
・家事を1人でこなさずに済む
・何かあった時に助け合える
・話し相手や相談相手がすぐ近くにいる
・帰ったら食事ができていることがある
・1人で済むより条件の良いお部屋に住める
・2人以上いることで防犯面で安心

ルームシェアの最大のメリットは、金銭的な負担が軽くなることです。家賃や光熱費が折半になるので、一人暮らしよりもかなり出費が抑えられます。

家事の分担や病気になった時に頼れる相手がいるということも、メリットの一つです。一人が苦手な人にもおすすめです。

友達とルームシェアをするデメリット

・家賃や生活費の折半で揉める
・家事の分担で揉める
・水回りなどの共有スペースの使い方で揉める
・使いたい時にお風呂やトイレに入れない
・喧嘩をすると気まずい
・相手のアラーム音で朝起こされる
・寝てても帰りが遅い相手の物音で起きてしまう
・他の友達や恋人を家に呼びづらくなる
・気を遣ってストレスが溜まる
・勝手に部屋に入ってくる、私物を盗まれる
・勝手に私物を食べられる、使われる、売られる
・友達が家賃を払わず家を出ていくとお金に困る

ルームシェアの最大のデメリットは、金銭関係や生活の違いによる揉め事が起こることです。例えば、水道光熱費や食事の負担割合は揉めやすいので注意です。

また、洗面台に落ちた髪の毛や物音など、相手にとってはストレスになる場合があります。なかなか嫌と言えない人だと、お互いに気を遣って精神的に疲れます。

中には勝手に私物を使われたり、留守中にお部屋に侵入されて物を盗まれた人もいます。被害に遭わないように、信頼できない人とのルームシェアはおすすめできません。

友達とのルームシェアは入居審査が厳しい

友達同士のルームシェアは入居審査に通らない場合があります。夫婦や親族同士と比べて、トラブルが発生してどちらかが退去する可能性が高いからです。

中には、友達同士のルームシェアを禁止している物件もあります。

また、代表者だけではなく入居者全員が契約を結ぶ必要があります。そのため片方が審査に落ちてしまうと入居できません。

審査に通りやすくなるコツは、1人が退去しても家賃が払える収入があると証明する事です。通帳のコピーなど、具体的な金額が記載されている書類を提出しましょう。

ルームシェア可能のお部屋をカンタンに探せる「イエプラ」がおすすめ

「ルームシェア可能のお部屋ってどう探せばいいの?」「審査に通るか不安」という人は、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

イエプラとは、LINEやチャットでやり取りできる不動産屋アプリです。希望条件を伝えれば、不動産スタッフがあなたに合ったお部屋を見つけてくれます!

SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件も紹介してくれるので、ルームシェア可能の物件も見つけやすいです。

深夜0時まで対応しているので、忙しくて不動産屋に行けない人や対面で喋るのは苦手な人にもオススメです!

イエプラボタンバナー

友達とのルームシェアを成功させるコツ

友達とのルームシェアで、トラブルなく快適に過ごすコツを紹介します。

具体的にどうすればいいのかも解説するので、ルームシェアする予定の人はぜひ参考にして下さい。

・ルールを作っておく
・家賃や光熱費の負担を明確にする
・家事の分担を決めておく
・お互い干渉しすぎない
・ルームシェアの期間を決めておく

ルールを作っておく

同棲前に、お互いが必ず守るべきルールを作っておきましょう。ルールがないと、好き勝手生活してお互いのストレスに繋がります。

まずは「絶対にしてほしくない事」をリストアップして、シェア相手と共有してみましょう。相手がどういう生活を望んでいるのか、おのずと分かります。

ルールを破った時に揉めないよう、ペナルティも決めておくこともおすすめします。

家賃や光熱費の負担を明確にする

お金の管理をするルームメイト
家賃や光熱費の負担割合や支払い方法を明確にしておきましょう。

特に「誰がどれくらい払うのか」「毎月何日までに用意しておくか」「引き落としの場合はどちらの口座を使うのか」の3点は必ず決めるべきです。

金銭関係が明確でないと、必ず揉めます。また、支払日までにお金が用意できなければ大家さんや管理会社にも迷惑がかかります。

ルームシェア解消になったり、友達と絶交という事態にならないように、厄介な金銭トラブルは防ぐべきです。

家事の分担を決めておく

掃除や洗濯など、誰がどの家事を担当するのか決めておきましょう。担当する家事の量が偏って1人の負担が大きくなると不満が出ます。2人で納得いく分担をしましょう。

生活リズムが異なる場合、当番を決めず分担した家事を別々でやるほうが揉めにくいです。

朝家を早く出る人がゴミ出しを担当、遅く出る人が朝食の食器洗いを担当するなど、色々工夫できます。

お互い干渉しすぎない

お互いに干渉しないルームメイト
いくら仲が良い友達でも、仕事や恋愛、趣味などのプライベートは干渉しすぎないようにしましょう。

プライベートなことで揉めて、ルームシェアを解消する人は多いです。

自分から根掘り葉掘り聞こうとすると鬱陶しく思われます。場合によっては喧嘩になります。

ルームシェアの期間を決めておく

ルームシェアする期間を2年や4年など、物件の更新時期に合わせて決めておくべきです。

結婚や異動などでルームシェアを突然解消してしまうと、出て行かれた側に金銭面な負担がかかるからです。

また、片方に恋人ができた時にルームシェアを解消するか否かは、具体的に下の3つのどれかを考えておくと良いです。

・決めた期間まで解消しない
・数ヶ月後に解消する
・恋人ができてもルームシェアは解消しない

お互いの金銭面を考えると、賃貸の更新日まで解消しないほうが余計な費用が出ません。

ルームシェアのお部屋探しの注意点

ルームシェアのためにお部屋を探す際は、必ず「2人入居可能」と書かれているお部屋を選びましょう。

書かれていない場合、高確率で入居を断られます。また「ルームシェア可」と書かれていれば尚良いです。

間取りは各自の居室がある2K以上にすべき

間取りは、お互いの居室が必ず確保できる「2K」以上にすべきです。自分専用の部屋がないと、1人になれる時間が取れずストレスが溜まります。

具体的には「2K」「2DK」「2LDK」がおすすめです。

お互いのプライベートを極力重視したい場合、各部屋が離れている間取りを選びましょう。

部屋が離れているので、部屋で電話をしていてもルームメイトに聞こえずプライバシーが守れます。

バス・トイレ別は必須

バス・トイレ別のイラスト
やや家賃が高くても、バス・トイレ別の物件を選ぶべきです。

片方がお風呂に入ってしまうと、トイレに入れず困ります。

2Kや2DKなど、築年数が古い物件はバス・トイレが一緒の場合が多いので注意です。

物件を検索する際は「バス・トイレ別」の項目にチェックを入れましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識