お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸契約の連帯保証人は定年退職した親でもなれるの?

賃貸契約の連帯保証人は定年退職した親でもなれるの?のイメージイラスト

賃貸契約の連帯保証人には定年退職した親でもなれるの?という疑問にお答えします!定年退職後の親では連帯保証人になれないのはどんなケースかを具体的に解説し、連帯保証人を用意できなかった時の解決方法も紹介しています!

賃貸の連帯保証人は定年退職した親でもなれる

賃貸契約の連帯保証人は、定年退職した親でもなれることがほとんどです。定年退職して年金を受け取っているなら、定期的な収入があるからです。

連帯保証人とは、賃貸契約者が家賃を滞納したときや、退去費用を支払えなかったときに、代わりに請求を受ける人のことです。

契約者の代わりに費用を負担することがあるので連帯保証人には一定の収入が必要ですが、契約者本人の年収に問題がなければ年金生活の親でも問題なく審査に通ることが多いです。

マル秘イエプラバナー

定年退職した親では連帯保証人になれない3つのケース

定年退職した親が連帯保証人になれないのは、主に以下の3つのケースです。

①契約者の年収が家賃に対して低すぎる
②契約者の雇用形態が不安定
③家賃が8万円以上の物件

上記に当てはまる場合、契約者だけでなく連帯保証人の年収も入居審査の対象になるので、収入が年金だけの親では拒否されることがあります。

働いている兄弟や子どもがいる場合は、親の代わりに連帯保証人になってもらいましょう。

また、上記のケースであっても、家賃収入や遺族年金といった年金以外の収入があるなら、親でも連帯保証人になれる場合があります。不動産屋に相談しましょう。

連帯保証人がいないなら保証会社を使う

物件の条件が厳しくて定年退職した親では連帯保証人になれず、他の親族もいないという場合には「保証会社」を使いましょう。

保証会社を使えば、連帯保証人がいなくても物件を借りられます。

保証会社とは、連帯保証人を代行する企業のことです。利用するには保証会社の審査に通り、保証会社利用料という初期費用を支払う必要があります。

どの保証会社を使うかは物件によってある程度決まっているので、入居者自身では選べません。

▶保証会社についての詳しい解説はこちら

シェアハウスは連帯保証人不要な物件が多い

シェアハウスは、収入より「共同生活でトラブルが起きないか」を重視するため、連帯保証人不要で入居できます。

初期費用が平均5~10万円、家賃相場が約4~5万円なのでとにかく費用を抑えたい人にもおすすめです。

とくにおすすめの運営会社は、初期費用が「たったの3万円から」で、とてもリーズナブルなクロスハウスです!全室個室なのでプライベート空間を大事にしたい人にも向いています。

業界初の「物件の無料移動サービス」があり、住み始めたシェアハウスに馴染めなくても、気軽に別の物件に移動できるのも魅力です!

▶クロスハウスのシェアハウスを見る

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

街の不動産屋に行かなくても、イエプラなら、チャットで相談しながら部屋が探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件もありますし、不動産業者だけが有料で見れるサイトで、最新情報をチェックしてくれます!

引っ越し先が遠くて不動産屋に行けない人や、外出を避けたい人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識