お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

RC造の防音性を解説!鉄筋コンクリート造はうるさい?音の聞こえ方は?

RC造の防音性のイメージイラスト

RC造の防音性ってどうなの?うるさい?という疑問を徹底解説します!

鉄筋コンクリート造に実際に住んだときどんな音が聞こるのか、内見時に防音性を確認する方法などもご紹介します。

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

鉄筋コンクリート(RC)造は防音性が高い

鉄筋コンクリート(RC)造は木造や鉄骨造と比べて防音性が高いです。

鉄の棒の骨組みにコンクリートを流し込んで固めたものを、柱・梁・床・壁に使っているため音を通しにくいからです。

木造や鉄骨造は、木や鉄の柱の骨組みに木の板や石膏ボードを壁や床に使っているため、通気性が良い反面、音も通しやすいです。

RC造と木造、鉄骨造の壁の厚さや主に使われている素材を比較した以下の表を参考にしてください。

厚さ 素材
RC造 150~200㎜ 鉄筋の骨組みにコンクリートを固めたもの
木造 130~150㎜ 木材の柱に石膏ボードを貼りつけたもの
鉄骨造 100~125㎜ 鉄の柱に石膏ボードを貼りつけたもの

RC造の壁は厚いコンクリートに囲まれていますが、木造は柱に石膏ボードを貼りつけているので、壁の間に空洞ができて音を通します。

鉄骨と聞くと気密性が高そうですが、素材が違うだけで防音性については木造とあまり変わりません。

鉄筋コンクリート(RC)造の特徴

RC造とは「Reinforced Concrete」の略で、「補強されたコンクリート」という意味です。

マンションに採用されることの多い建築構造です。反対に、アパートには木造や鉄骨造が多いです。

RC造は、その名の通り「鉄骨」と「コンクリート」を組み合わせれて造られています。

鉄筋は引っ張る力に強いですが、押しつぶす力に弱いのです。コンクリートはその逆で、引っ張る力には弱く、押しつぶす力には強いです。

それぞれの特性を活かし、弱点をカバーし合っているので「耐震性」や「耐火性」にも優れた建築構造と言われています。

RC造の音の聞こえ方

RC造は、隣り合っている上下左右のテレビの音や水回りなどの生活音は聞こえません。

ただし、子どもの泣き声や走り回る音、重たいものを落とした際のドスンという落下音などは聞こえてきます。

また、窓はほかの建物構造同様にガラス1枚なので、トラックの走行音や、大きな声での会話が聞こえます。

夜中の寝静まったときに大きな音を出されなければ、日常で生活する分には物音が気にならないくらいの防音性です。

建物構造ごとの音の聞こえ方

日本建築学会の発表をもとに、建物構造ごとの音の聞こえ方をまとめました。

「遮音等級」の数字が少ないほど、防音性が高いです。鉄筋コンクリート(RC)造の遮音等級は「L-50」に該当します。

遮音等級 建物構造 音の聞こえ方
L-35 - 日常生活で気になるような音はほぼ聞こえてこない
L-40 SRC造 防音性が高く外からの音も軽減されている
L-45 - 子供の泣き声や走り回る音は少し聞こえる
L-50 RC造 子供の泣き声や走り回る音は聞こえる
L-55 - 洗濯機や掃除機は少し聞こえるが気にならない
L-60 重量鉄骨造 足音やドアの開閉音や振動を伴う音が聞こえる
L-65 軽量鉄骨造 多少音量が軽減されるが、生活音はほぼ聞こえる
L-70 - L-75よりマシなレベルで大差はあまりない
L-75 木造 隣室のテレビや電話の音など、生活音がかなり聞こえる

引用:日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」技報堂出版

RC造でも子育て世代が多い物件だと、生活音や子どもの足音などが気になる人もいます。

どうしても防音性を重視したいなら「ファミリー層は多いか」「今まで騒音クレームはあったか」などを不動産屋に確認してください。

RC造でも防音性が低いお部屋がある

RC造でも防音性が低いお部屋があります。建築コストを安く抑えていたり、築年数が古いRC造は音が響きやすいです。

防音性の低いRC造の特徴は以下の3つです。1つでも当てはまる物件は、内見の際に音の響き方をよく確認するようにしてください。

・周辺のRC造より家賃が安い
・居室同士が隣りあわせの間取り
・建物自体の築年数が古すぎる

それぞれの特徴を詳しく解説します。防音性に優れたお部屋を探している人は、ぜひ参考にしてください。

周辺のRC造より家賃が安い

築年数や間取りが近しい周辺のRC造と比較して、家賃が5,000~8,000円ほど安い場合は、防音性が低いことがあります。

建築コストを安く抑えるために、建物の周りだけをコンクリートで覆い、居室同士の壁が石膏ボードになっている可能性があるからです。

石膏ボードとは、石膏(カルシウムを主成分とするもの)を紙で包んだ板です。空気の穴が多いため、音を通しやすいです。

居室同士の壁の厚さは、不動産屋から見せてもらえる図面ではわかりません。不動産屋に聞くか、内見時に壁を拳でノックして軽い音がしないか確かめてください。

居室同士が隣りあわせの間取り

居室同士が隣り合わせになっている場合は、壁が石膏ボードになっている可能性が高いのでお互いの生活音が響きやすいです。

居室が隣合わせの物件とそうでない物件の例

同じフロアのほかの間取り図を見せてもらい、お部屋とお部屋の間がどうなってるか確認してください。

間に収納やトイレ、お風呂などがあると、音が反響しにくく防音性が高いです。また、1フロアの部屋数が少ない物件や角部屋を選べば、騒音リスクが低くなります。

建物自体の築年数が古すぎる

建物自体の築年数が古くなったRC造も防音性が低い傾向があります。老朽化によりヒビや空洞ができるからです。

ヒビや空洞があると隙間ができるので、音が通りやすくなります。また、そもそも建築技術も古く、防音素材を使用していない可能性が高いです。

内見時に防音性を確認する方法

内見時にお部屋の防音性を確認する方法を5つ紹介します。

RC造だけではなく木造や鉄骨造のお部屋でも役に立つ確認方法なので、必ず複数試してみてください。

・お部屋の中心で手を叩く
・壁をノックしてみる
・スタッフに共有部分を歩いてもらう
・近隣の建物の窓と近くないか確認する
・時間をずらして2回内見する

お部屋の中心で手を叩く

お部屋の中心で、大きな音が鳴るように手を叩いてください。音が反響した場合は、壁が薄いです。

すぐに音が消える、空気が震えない場合は、壁が厚く防音性が高いです。

舌を鳴らして高音が出せる人は、マイクテストのように何度か鳴らしてみるのも手です。同様に反響音を確かめられます。

壁をノックしてみる

壁の中心を拳でノックしてみましょう。軽い音がしたり、壁が柔らかいと感じたお部屋は避けてください。

ゴツゴツと鈍く固い音がした場合は、壁が分厚いので防音性が高いです。

また、隣のお部屋に人が住んでいる場合は、壁に耳を当てて実際の音を聞くのも良いです。

スタッフに共有部分を歩いてもらう

同行した不動産屋のスタッフに、廊下や階段などの共有部分を実際に歩いてもらってください。その際、窓やドアは締め切りましょう。

足音がうるさいと感じた場合は、実際に住んでもうるさく感じるので辞めるべきです。

近隣の建物の窓と近くないか確認する

窓を開けて、近隣の窓と近くないか確認してください。ガラス1枚なので、防音性が低いです。

窓同士が重なっていると、お互いの生活音が筒抜けになる可能性があります。

また、近くに音が出そうな建物が見えるかも確認しておきましょう。

時間をずらして2回内見する

面倒ですが、内見は時間をずらして2回すべきです。昼と夜、平日と休日など、入居者が最も多い時間帯は必ず内見しましょう。

時間帯や曜日を変えるだけで、聞こえる音が変わります。より住んだ後のリアルな音を確認できます。

防音性を重視するなら不動産屋に聞いた方が手っ取り早い

防音性を重視するなら不動産屋に聞いた方が手っ取り早いです。不動産屋に聞けば、大家さんや管理会社に直接どんな感じか最新情報を確認してくれます。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、来店不要でチャットやLINEで相談するだけで、お部屋の防音性や周辺環境について確認できます。

「壁や天井は分厚いか」「上下左右に子育て世帯はいないか」「過去に騒音トラブルはないか」など、なんでも気軽に相談可能です。

不動産業者専用のデータベースから物件を探すので、SUUMOやホームズにない非公開物件も見つかりますし、ほかサイトの物件もまとめて確認してもらえて便利です。

イエプラボタンバナー

騒音に悩まされないお部屋の選び方

騒音に悩まされないお部屋を選ぶための5つのコツを紹介します。

・角部屋か最上階のお部屋を選ぶ
・隣のお部屋の間取りを確認する
・築年数が新しいもしくはリノベーション済
・線路沿いなど音が出やすい場所を避ける
・繁華街などのお店が集まる場所は避ける

RC造でも騒音に悩まされたくない人は、お部屋探しの時に意識してみてください。

角部屋か最上階のお部屋を選ぶ

角部屋か最上階のお部屋なら、左右上下に面しているお部屋の数が少ないので静かです。

しかし、角部屋や最上階のお部屋は、他のお部屋より家賃が高めに設定されています。

物件によって異なりますが、約3,000~5,000円ほど高いことが多いです。

隣のお部屋の間取りを確認する

不動産屋さんにフロア全体の平面図を見せてもらい、隣のお部屋の間取りを確認しましょう。

収納や浴室を隔てず、居室同士が隣り合っていると音が響きやすいので注意です。

お部屋との間の壁が薄くないかどうかも確認すべきです。

築年数が新しいもしくはリノベーション済

築年数が新しい、もしくはリノベーション済みのお部屋は、老朽化が少なく、壁に防音素材が使われている可能性が高いです。

築年数の目安は、RC造の法的耐用年数47年未満です。5年住むなら築42年未満、長期的に住む予定なら築30年以内を目安としましょう。

線路沿いなど音が出やすい場所を避ける

線路や高速道路近くの物件は、RC造でも音や振動が伝わりやすいので避けるべきです。

特に高速道路は、夜中の寝静まった時間や、平日・休日問わず車の音が聞こえます。

緊急車両のサイレンの音がかなりうるさく、睡眠の邪魔になることがあります。

繁華街などのお店が集まる場所は避ける

商店街や繁華街などお店が集まる場所は、人も多く集まり賑やかなので避けるべきです。

酔っ払いが騒ぐ声が聞こえてくる可能性もあります。

また、騒音だけではなく虫にも悩まされます。商店街や繁華街などは飲食店が多いので、夏場は特に虫が大量発生します。

自分でできる防音対策

自分でできる防音対策を4つご紹介します。

RC造の防音性をさらに高められるので、ぜひ試してみてください。

・壁や床に防音シートを張る
・窓に防音テープを張る
・遮音カーテンを使用する
・同居人の足音が気になるなら防音マットを敷く

それぞれの防音対策を詳しく解説します。

壁や床に防音シートを張る

壁に防音シートを張る人の画像
左右と上のお部屋からの騒音対策として有効なのが、壁や床に防音シートを貼ることです。

賃貸は退去の際に剝がすことを想定して、跡が残らないテープを使用しましょう。

30~50cm四方の防音シートであれば、1枚500~1000円前後で購入できます。

窓に防音テープを張る

防音すき間テープの画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

窓の隙間から聞こえてくる音を防ぐのに有効なのが、防音テープです。遮音テープとも呼ばれています。

窓枠に沿って防音テープを貼ることで、隙間が埋まり防音性が高くなります。

窓の開け閉めに少し力がいる程度の厚さを選びましょう。分厚すぎる防音テープは災害が起きた時の避難に影響が出る可能性があります。

遮音カーテンを使用する

遮音カーテンの画像

出典:https://www.rakuten.co.jp/

遮音カーテンは、室内からの話し声や物音を外に漏らしたくないときに有効です。逆に、外から入ってくる騒音に対してはあまり効果がありません。

厚手のカーテンで代用しても効果は期待できます。防音に特化したカーテンは数万円しますが、厚手のカーテンなら数千円です。

同居人の足音が気になるなら防音マットを敷く

防音マットの画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

室内にいる同居人や子どもの足音が気になる人は、床に防音マットを敷きましょう。

防音マットは音や振動を吸収してくるので、室内に足音が響きません。また、下の階へ伝わる音や振動を吸収してくれるので、近隣トラブルも防げます。

収入に余裕があるなら最も防音性が高い「SRC造」がおすすめ

収入に余裕がある人は、RC造よりも更に防音性が高いSRC造の物件がおすすめです。

主にファミリー向けの集合住宅、デザイナーズマンション、タワーマンションで採用されており、他の構造の物件と比べて家賃が高いです。

東京23区の築20年以内・駅徒歩15分の1Kで検索し、家賃が安い上位30件の平均家賃をまとめました。

SRC造 15.1万円
RC造 10.0万円
鉄骨造 8.5万円
木造 8.3万円

家賃が安い順30件の平均額だとしても、SRC造がダントツで高いことが分かります。

防音性や耐震性などの性能が気になるけど、収入に自信がないという人は、RC造のお部屋を検討した方が良いです。

その他の建物構造比較

建物構造ごとに、耐震性、耐火性、通気性、家賃の安さを比較してみました。

木造 鉄骨造 RC造 SRC造
耐震性
耐火性
通気性 × ×
家賃の安さ ×

RC造よりも、木造と鉄骨造の方が家賃が安いです。RC造よりも建設コストが安いからです。

しかし木造は話し声や生活音がかなり響きます。そこそこの収入があって、騒音トラブルを極力避けたいならRC造の物件を選びましょう。

▶構造ごとに比較した詳しい説明はこちら

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について