お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

RC造の防音性能を解説!鉄筋コンクリート造はうるさい?足音の聞こえ方は?

RC造の防音性のイメージイラスト

RC造(鉄筋コンクリート造)の防音性能は?実際はどれくらいうるさいの?という疑問にお答えします!

RC造の特徴や他の構造との性能を比較をしながら解説していきます。

お部屋選びのコツや、内見時のチェックポイントも紹介していくので、参考にしてください!

この記事は、不動産屋「家AGENT」池袋店の阿部さんにも内容を監修してもらいました。

阿部さん

「家AGENT」池袋店の店長で、賃貸業界歴5年以上です。管理職になる前の年間接客件数は380~400件と経験豊富です。お部屋探しに関して、設備や費用などの悩みも的確にアドバイスしています。

「RC造」は防音性能が高い

RC造(鉄筋コンクリート造)は木造(W造)や鉄骨造(S造)に比べて防音性が高いです。

鉄の棒の骨組みにコンクリートを流し込んで固めたものを、柱・梁・床・壁に使っています。木造や鉄骨造と違い壁の間に空洞ができにくいので、隣室からの音が伝わりにくいです。

「鉄筋」と「コンクリート」は、引張力や耐熱性能などの短所を補い合う性質をしています。地震や火事などの災害にも強い構造材として有名です。

RC造と木造、鉄骨造の壁の厚さや主に使われている素材を比較しました。

厚さ 素材
RC造 150~200㎜ 鉄の骨組とコンクリートを合わせたもの
木造 130~150㎜ 木材の柱に石膏ボードを貼りつけたもの
鉄骨造 100~125㎜ 鉄の柱に石膏ボードを貼りつけたもの

他の建物構造との性能の違い

木材には湿度を一定に保つ特性があり、通気性にも優れています。しかし、同時に騒音も素通してしまうのでRC造ほどの防音性能は期待できません。

鉄骨造は骨組み以外は木造と変わりません。隣室との仕切りや天井に使われている石膏ボードは薄く、壁との隙間を作ってしまうので音が響いて聞こえます。

中低層のRC造のマンションは「壁式構造」という工法でつくられることが多いです。基礎の上に、箱型のお部屋を積み上げていく様子をイメージしてください。

木造や鉄骨造とは違い柱・梁・床・壁と部材が分かれていません。密閉性が高く、音を伝える隙間が生まれないので防音性が高くなります。

阿部さんのアイコン 阿部
防音性を重視しているお客様にはRC造のお部屋をおすすめしています。耐震性や耐火性にも優れているので、学生さんからご年配まで幅広い世代に人気です!

収入に余裕があれば最も防音性が高い「SRC造」がおすすめ

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)とは、SR造をさらにコンクリートで補強したお部屋の造りです。

素材や建設期間などのコストがかさむので家賃相場はかなり高いです。ただ、コンクリートは耐久性や音を通さない性質があり、防音性・耐震性・耐火性に優れています。

主にファミリー向けの集合住宅、デザイナーズマンション、タワーマンションで採用されています。

東京23区の築20年以内・駅徒歩15分の1Kで検索し、家賃が安い上位30件の平均家賃をまとめました。

SRC造 15.1万円
RC造 10.0万円
鉄骨造 8.5万円
木造 8.3万円

家賃が安い順30件の平均でも、SRC造の相場がダントツで高いことが分かります。

「防音性や耐震性などは重視したいけど、収入にそこまで余裕がない」という人は、RC造のお部屋がおすすめです。

マル秘イエプラバナー

RC造の音の聞こえ方

RC造は上下左右のお部屋からの生活音やテレビの音、話し声はほとんど気にならないくらいの防音性能があります。

子どもの泣き声や走り回る音、重たいものを落としたドスンという落下音などは聞こえてきます。しかし、このような大きな音は楽器可能などの完全防音のお部屋でないと防げません。

夜中の静まった時間にに大きな音を出されなければ、日常で生活する分には物音が気にならないくらいの防音性です。

建物構造ごとの音の聞こえ方

日本建築学会の発表をもとに、建物構造ごとの音の聞こえ方をまとめました。

「遮音等級」の数字が少ないほど、防音性が高いです。鉄筋コンクリート(RC)造の遮音等級は「L-50」に該当します。

遮音等級 建物構造 音の聞こえ方
L-35 - 日常生活で気になるような音はほぼ聞こえてこない
L-40 SRC造 防音性が高く外からの音も軽減されている
L-45 - 子供の泣き声や走り回る音は少し聞こえる
L-50 RC造 子供の泣き声や走り回る音は聞こえる
L-55 - 洗濯機や掃除機は少し聞こえるが気にならない
L-60 重量鉄骨造 足音やドアの開閉音や振動を伴う音が聞こえる
L-65 軽量鉄骨造 多少音量が軽減されるが、生活音はほぼ聞こえる
L-70 - L-75よりマシなレベルで大差はあまりない
L-75 木造 隣室のテレビや電話の音など、生活音がかなり聞こえる

引用:日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」技報堂出版

RC造でも子育て世代が多い物件だと、生活音や子どもの足音などが気になる人もいます。

どうしても防音性を重視したいなら「ファミリー層は多いか」「今まで騒音クレームはあったか」などを不動産屋に確認してください。

RC造では防げない騒音もある

繁華街から離れている物件
屋外からの騒音は窓を通してお部屋に伝わってきます。

隣室からの騒音には強いRC造でも、窓に防音性能がなければ外からの騒音は聞こえます。電車が通る線路や踏切の近く、繁華街など賑わう場所の近くの物件は避けてください。

RC造のお部屋に住んでいて、窓からの騒音に困っている人の声を集めました。

窓からの騒音は内見の短い時間では気が付かない人が多いようです。

内見や下見では「昼と夜」、「平日と週末」のように様々な条件で周囲の雰囲気を確認してください。

同じRC造でも防音性能に違いがある

RC造の中でも防音性能には差があります。建築コストを安く抑えていたり、築年数が古いRC造は音が響きやすいです。

素材や工法は日々進歩しています。同じ防音性能でも築浅の物件のほうが工賃は安く、家賃も控え目になる傾向にあります。

防音性の低いRC造の特徴は以下の3つです。1つでも当てはまる物件は、内見の際に音の響き方をよく確認するようにしてください。

・周辺のRC造より家賃が安い
・居室同士が隣りあわせの間取り
・建物自体の築年数が古すぎる

それぞれの特徴を詳しく解説します。防音性に優れたお部屋を探している人は、ぜひ参考にしてください。

周辺の相場より家賃が安い

築年数や間取りが似ている周辺のRC造のお部屋と比較して、家賃が5,000~8,000円ほど安い場合は防音性が低いことがあります。

建築コストを安く抑えるために、建物の周りだけをコンクリートで覆い、居室同士の壁が石膏ボードになっている可能性があるからです。

石膏ボードとは石膏(カルシウムを主成分とするもの)を紙で包んだ板です。空気の穴が多いため、音を通しやすいです。

居室同士の壁の厚さは、不動産屋から見せてもらえる図面ではわかりません。内見時に壁をノックして軽い音がしないか確かめてください。

居室同士が隣りあわせの間取り

居室同士が隣り合わせになっている場合は、壁が石膏ボードになっている可能性が高いです。お互いの生活音が響きやすくなります。

居室が隣合わせの物件とそうでない物件の例

同じフロアのほかの間取り図を見せてもらい、お部屋とお部屋の間を確認してください。

間に収納やトイレ、お風呂などがあると、音が反響しにくく防音性が高いです。また、1フロアの部屋数が少ない物件や角部屋を選べば、騒音リスクは低くなります。

建物自体の築年数が古すぎる

建物自体の築年数が古くなったRC造も防音性が低い傾向があります。老朽化によりヒビや空洞ができるからです。

ヒビや空洞があると隙間ができるので、音が通りやすくなります。また、そもそも建築技術も古く、防音素材を使用していない可能性が高いです。

内見に行かずに防音性能を確かめる方法

居室同士の壁の厚さや実際の音の響き具合、隣人の様子は部屋探しのプロである不動産屋でも把握していません。実際に内見をして確かめる必要があります。

遠方に引っ越す人や単身赴任までの時間が限られている人は、少ない選択肢やいまいちな防音性能のお部屋から選ぶことになります。

そこでおすすめなのが、ネット不動産屋の「イエプラ」です。普通の不動産屋とは違い、内見前にどんな小さな疑問でも管理会社に問い合わせて確認してくれます。

オンライン内見やIT重税にも対応しているお部屋もあるので、忙しくて現地に行けない人や感染症に敏感な人にもおすすめです!

イエプラボタンバナー

騒音に悩まされないお部屋の選び方

騒音に悩まされないお部屋を選ぶための5つのコツを紹介します。

・角部屋か最上階のお部屋を選ぶ
・隣のお部屋の間取りを確認する
・築年数が新しいもしくはリノベーション済
・線路沿いなど音が出やすい場所を避ける
・繁華街などのお店が集まる場所は避ける

木造や鉄骨造のお部屋でも活用できる特徴ばかりです。騒音に悩まされたくない人は、お部屋探しのときに意識してみてください。

阿部さんのアイコン 阿部
お部屋を内見するときは周辺の散歩をおすすめしています。
地域の雰囲気や景色を気に入ってお部屋を契約されるお客様もいらっしゃいます。

角部屋か最上階のお部屋を選ぶ

角部屋か最上階のお部屋なら、上下左右に面しているお部屋の数が少ないので騒音も少なくなります。

お部屋の前を移動する人が少ないのでセキュリティ面でも安心できます。女性の一人暮らしや小さな子どもがいる世帯に人気です。

角部屋や最上階のお部屋は、他のお部屋より家賃が高めに設定されています。物件によって異なりますが、相場から約3,000~5,000円高いことが多いです。

隣のお部屋の間取りを確認する

間取りのイメージ
不動産屋さんにフロア全体の平面図を見せてもらい、隣のお部屋の間取りを確認しましょう。

収納や浴室を隔てず、居室同士が隣り合っていると音が響きやすいので注意です。

部屋を区切る壁の厚さは不動産屋でも分からないことが多いです。管理会社に確認してもらうよう不動産屋に頼んでみてください。

築年数が新しいもしくはリノベーション済

築年数が新しい、もしくはリノベーション済みのお部屋は、老朽化が少なく、壁に防音素材が使われている可能性が高いです。

国税庁が発表している法定耐用年数では、建物を使用できる期間の目安が定められています。

RC造の法的耐用年数47年未満です。5年住むなら築42年未満、長期的に住む予定なら築30年以内を目安としましょう。

線路沿いなど音が出やすい場所を避ける

屋外からの騒音は窓の防音性能によって変わります。線路や高速道路近くの物件は、RC造でも音や振動が伝わりやすいので避けてください。

特に高速道路や幹線道路の近くは、夜中の寝静まった時間や平日・休日問わず車の音が聞こえます。

大きな音を出すバイクや緊急車両のサイレンの音がうるさく、睡眠を妨げてしまいます。

繁華街などのお店が集まる場所は避ける

商店街や繁華街、駅の近くなどお店が集まる場所は、人も多く集まり賑やかなので避けるべきです。

お昼に内見したときは静かでも、日が暮れると飲み屋が活気づく地域だった…、という地域は珍しくありません。

気に入った物件があれば昼と夜、平日と週末、といったように、条件を変えて何度も内見をしてください。

また、騒音だけではなく虫にも悩まされます。商店街や繁華街などは飲食店が多いので、夏場は特に虫が大量発生します。

内見時に防音性を確認する方法

壁を叩く手

内見時にお部屋の防音性を確認する方法を5つ紹介します。

RC造だけではなく木造や鉄骨造のお部屋でも役に立つ確認方法なので、必ず複数試してみてください。

・お部屋の中心で手を叩く
・壁をノックしてみる
・スタッフに共有部分を歩いてもらう
・近隣の建物の窓の距離を確認する
・条件を変えて2回内見する

お部屋の中心で手を叩く

お部屋の中心で、大きな音が鳴るように手を叩いてください。音が反響した場合は壁が薄く、防音性能には期待できません。

すぐに音が消える、空気が震えない場合は、壁が厚く防音性が高いです。

舌を鳴らして高音が出せる人は、マイクテストのように何度か鳴らしてみるのも手です。同様に反響音を確かめられます。

壁をノックしてみる

壁の中心を拳でノックしてみましょう。軽い音がしたり、壁が柔らかいと感じたお部屋は避けてください。

ゴツゴツと鈍く固い音がした場合は、壁が分厚いので防音性が高いです。

また、隣のお部屋に人がいる場合は、壁に耳を当てれば実際の生活音の具合を把握できます。

スタッフに共有部分を歩いてもらう

同行した不動産屋のスタッフや知人に、廊下や階段などの共有部分を実際に歩いてもらってください。

このとき窓やドアは締め切ってください。音が逃げないので実生活に近い音を感じられます。

近隣の建物の窓の距離を確認する

隣に建物がある場合は、窓同士の距離を確認してください。

壁・天井・床と比べると窓の防音性能は低く、防音仕様になっている窓の数は少ないです。窓同士が近いと、お互いの生活音が筒抜けになる可能性があります。

同様の理由で幼稚園や保育園、小学校のような大きな音を出す建物の近くも避けてください。

条件を変えて2回内見する

面倒ですが、内見は時間をずらして2回すべきです。昼と夜、平日と休日など、入居者が最も多い時間帯は必ず内見しましょう。

時間帯や曜日を変えるだけで聞こえる音や雰囲気は変わります。夜遅く帰宅する人や女性は、治安の確認も一緒に済ませましょう。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESで見つからない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える更新が早い物件情報サイトを、みなさんが無料で見れるように手配してくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について