お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

RC造の防音性は高い?鉄筋コンクリートでもうるさいお部屋ってあるの?

RC造の防音性のイメージイラスト

RC造の防音性は高い?鉄筋コンクリートでもうるさいお部屋はあるの?という疑問を解決します!

建物構造ごとの音の聞こえ方や、RC造でもうるさいお部屋の特徴、騒音に悩まされない賃貸物件の選び方を紹介します。

内見時に防音性を確認する方法や、自分でできる防音対策、実際にRC造のお部屋に住んだことのある人の感想もあるので参考にしてください。

RC造の防音性は木造や鉄骨造よりも高い

RC造(鉄筋コンクリート)は、木造や鉄骨造のアパート・マンションと比べると防音性が高いです。

RC造は、鉄筋を組んだ枠の中にコンクリートを流し込んで固めたものを、柱・梁・床・壁に使用した建物構造です。

コンクリートは重みと厚みがあるため、音や振動を通しにくいです。ただし、通気性が悪いのでカビが発生しやすいです。

木造や鉄骨造は、壁にボード状の素材を使用しているため、壁が薄く音を通しやすいです。そのため防音性が低いです。

建物構造ごとの音の聞こえ方

日本建築学会が発表している、建物の「遮音等級」を参考に、建物構造ごとの音の聞こえ方をまとめました。

遮音等級 建物構造 音の聞こえ方
L-35 - 日常生活で気になるような音はほぼ聞こえてこない
L-40 SRC造 防音性が高く外からの音も軽減されている
L-45 - 子どもの泣き声や走り回る音は少し聞こえる
L-50 RC造 子どもの泣き声や走り回る音は聞こえる
L-55 - 洗濯機や掃除機は少し聞こえるが気にならない
L-60 重量鉄骨造 足音やドアの開閉音や振動を伴う音が聞こえる
L-65 軽量鉄骨造 多少音量が軽減されるが、生活音はほぼ聞こえる
L-70 - L-75よりマシなレベルで大差はあまりない
L-75 木造 隣室のテレビや電話の音など生活音がかなり聞こえる

引用:日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」技報堂出版

遮音等級のLは、歩行音やモノを引きずるなどの軽い音(LL値)と、子どもが飛び跳ねたり振動を伴う重たい音(LH値)の総合です。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

RC造でも防音性が低いお部屋の特徴

RC造でも防音性が低いお部屋があるので、特徴をまとめました。以下の3つに当てはまるお部屋は、RC造であっても避けたほうが良いです。

壁が石膏ボード

壁の素材に石膏ボードが使われているお部屋は、壁が薄いので防音性が低いです。

お部屋の間取り図だと見分けが付きませんが、フロア全体の図面を見せてくれる場合は、壁部分の線の厚みに注目してください。

以下のように、周辺の鉄筋コンクリート部分より、壁(界壁)が細い線で描かれている場合は石膏ボードの可能性が高いです。

防音性が低いRC造
防音性が低いRC造の図面例

周囲と同じ太さの線が壁にも使われている場合は、防音性が高いお部屋です。

防音性が高いRC造
防音性が高いRC造の図面例

気になる人は、不動産屋のスタッフに図面を持っているか確認して見せてもらいましょう。図面が無い場合は、調べてもらえないか相談してみると良いです。

居室同士が隣りあわせの間取り

居室同士が隣り合っているお部屋は、お互いの生活音が聞こえやすいので防音性に欠けます。

学生寮やシェアハウスなどアパートタイプでよく見かける間取りです。

防音性が低い間取り
防音性が低いRC造の間取り図例

逆にお部屋とお部屋の間に、収納スペースやトイレ、お風呂などがある間取りだと音が反響しにくく防音性が高いです。

防音性が高い間取り
防音性が高いRC造の間取り図例

また、1フロアの部屋数がすくない物件を選べば、その分騒音リスクが低くなります。

相場より家賃が安い

周辺のRC造の建物よりも家賃が低めに設定されている場合は、壁が石膏ボードやそのほかの素材の可能性があります。

建設コストを削減するために、素材自体の費用が低いものを使用しているからです。

RC造でも試用している素材によって防音性が変わるので、多少でも家賃が高いお部屋を選んだほうが性能が良いです。

騒音に悩まされない賃貸物件の選び方

騒音に悩まされないお部屋の選び方を4つ紹介します。お部屋探しの際に参考にしてください。

・角部屋か最上階のお部屋を選ぶ
・線路沿いなど音が出やすい場所を避ける
・繁華街などのお店が集まる場所は避ける
・過去に騒音トラブルがあったか確認する

角部屋か最上階のお部屋を選ぶ

角部屋もしくは最上階のお部屋なら、左右上下に面しているお部屋の数が少ないので静かです。

また、隣のお部屋と面している壁が少ないので、隣り合っている壁に家具を設置、床に厚手のカーペットを敷くなど対策すれば、さらに効果があります。

ただし、角部屋や最上階のお部屋は、家賃が高い場合があります。

線路沿いなど音が出やすい場所を避ける

線路や高速道路近くの物件は、防音性が高くても音や振動が伝わってくるので避けるべきです。

特に高速道路は、夜中の寝静まった時間や、平日・休日問わず車の音が聞こえます。また、緊急車両のサイレンの音がかなりうるさく、睡眠の邪魔になることがあります。

繁華街などのお店が集まる場所は避ける

商店街や繁華街などお店が集まる場所は、人も多く集まり賑やかなので避けるべきです。酔っ払いが騒ぐ声が聞こえてくる可能性もあります。

また、騒音だけではなく虫にも悩まされます。商店街や繁華街などは飲食店が多いので、夏場はとくに虫が大量発生します。

過去に騒音トラブルがあったか確認する

不動産屋のスタッフに、過去に騒音トラブルがないか聞いておきましょう。

もし、過去に騒音トラブルがあった場合は、防音性が低いか迷惑な住民がいる可能性があるのでなるべく避けましょう。

また、建物のエントランスに騒音についての貼り紙がされている場合は、トラブルに遭いやすいのでやめるべきです。

防音性が高いお部屋を探すのにオススメの不動産屋

お部屋探しの際に防音性を重視する人には、チャット不動産屋「イエプラ」がおすすめです。

チャットやLINEで「防音性が高いお部屋が良い」「静かなエリアが良い」など、要望を伝えるだけでピッタリのお部屋を紹介してくれます。

また、SUUMOやHOME’Sに載っていない未公開物件を紹介してくれるので、物件の選択肢が広くより理想に近いお部屋を吟味できます。

プロのスタッフが深夜0時まで対応してくれので、寝る前のちょっとした時間であっても、家賃や間取り、周辺の環境などについて相談できます!

防音性が高い物件を探す

内見時に防音性を確認する方法

内見時に自分の目でお部屋の防音性を確認する方法は、主に4つです。

・お部屋の中心で手を叩く
・壁をノックしてみる
・近隣の建物の窓と近くないか
・共有廊下や階段を歩いてもらう

お部屋の中央で手を叩いたときに、音が反響した場合は防音性が低い可能性が高いです。

また、壁をこぶしでノックしてみる方法も有効です。音が軽い場合は、石膏ボードが使われている場合があります。ゴツゴツと低い音がした場合は、壁にコンクリートが使われています。

お部屋の窓を開けて、隣の建物との間隔も確かめてください。隣の建物が近い場合は、お互いの生活音が聞こえる可能性があります。

内見時に不動産屋のスタッフが同行する場合は、スタッフに共有廊下や階段を歩いてもらうのも手です。扉を締め切った状態でも足音が聞こえるお部屋は、なるべく避けましょう。

自分でできる4つの防音対策

物音に敏感な人や、過去に騒音で困ったことがあるから不安という人は、自分で出来る防音対策もしましょう。

・厚手のカーペットを敷く
・遮音カーテンを使用する
・壁や天井に防音シートを貼る
・二重サッシを取り付ける

厚手のカーペットは、音や振動を吸収してくれます。衝撃吸収クッションやマットでも対策できるので、100円均一にある安い物から試してみるのも良いです。

遮音カーテンは、道路で話す人などの音を遮れます。ただし、車などの低めの音はあまり遮れないため、道路沿いの物件には向いていません。

防音シートは壁や天井に貼ることで、隣や上からの音を大きく遮断できます。退去費用が高くなるので壁に跡が残らない両面テープを使用して、防音シートを貼ってください。

上記3つを試してダメだった場合、事前に大家さんに取り付けても良いか確認してから二重サッシを設置しましょう。

二重サッシを取り付けるには時間とお金がかかるので、最終手段として考えてください。

RC造のお部屋の防音性って実際どうなの?

実際にRC造のお部屋に住んだことのある人に、リアルな音の聞こえ方を聞いてみました。

木造と比べると快適過ぎて満足している
男性のアイコン20代の時はお金が無くて木造パートに住んでたんですけど、その時と比べると周囲の生活音がほぼ聞こえてこないのでかなり満足しています!寝てるときに物音で起こされることもないですし、都内の部屋のいびきとかも聞こえてこないですね…笑(男性/30代前半)
生活リズムが同じなら気にならない
女性のアイコンほとんどの住民と生活リズムが同じなので、掃除機や洗濯機の音が聞こえたとしても特に気にならないですね。まぁ、聞こえるといってもかなり小さいので、ストレスになるほどではないです。(女性/20代後半)
子どもの声は筒抜けてくる
困り顔の女性のアイコン仕方ないことだってわかってますが、赤ちゃんの泣き声がかなり聞こえるんですよね…。とくに夜泣きされると、びっくりして飛び起きることがあります。そのほかの音は、確かに聞こえてくるけど気になるって程ではないです。(女性/20代後半)
鉄骨造とあまり変わらないのでは…?
困り顔の男性のアイコン鉄骨造のマンションにも住んだことあるんですけど、防音性は似たり寄ったりな気がします。洗濯機とか掃除機の音は聞こえてきますし、廊下とか階段を歩く音も聞こえますね…。足音とかスマホのバイブ音とかも響いてくるので、防音性が高いかって言われると微妙です。(男性/20代後半)

生活リズムが同じだったり、周囲に子育て世帯が少ない場合は、RC造でも快適に暮らせるという声が多いです。ただ、防音性に満足していない人の声もあります。

あくまでも木造や鉄骨造より防音性が高いだけなので、事前確認を充分にしておくと良いです。

不動産屋に「住んでいる人は単身とファミリーどちらが多いのか」「今まで騒音クレームはあったか」「周囲に音の出る建物はあるのか」など、しっかり聞いておきましょう。

防音性を重視したいなら不動産屋に相談したほうが早い

自分で探すには限界があるので、防音性を重視するなら不動産屋に相談したほうが早いです。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、スマホからチャットやLINEで相談できるので、わざわざお店に来店する必要がありません。

電車の移動時間や寝る前のちょっとした時間に「以前騒音で悩んだ経験があるから防音性を重視したい」「静かなエリアでお部屋を探したい」など、気軽に連絡できます。

また、自分で探すのではなくプロのスタッフが、不動産屋業者のみが見れる専用のサイトからピッタリなお部屋を探してくれるので、ネット上にない非公開物件も見つかります。

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識