お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)の違いとは?料金や見分け方を徹底解説!

都市ガスとプロパンガスの違いのイメージイラスト

都市ガスとプロパンガスの違いってなに?住むならどっちのガスにすべき?費用がお得なのは?など、ガスについて徹底解説します!

そもそも都市ガス・プロパンガスとは何か、違いやガス代比較、途中で都市ガスからプロパンガスに切り替えられるのか、見分け方なども紹介しています。是非参考にしてください。

都市ガスとプロパンガスの違い

日本の家庭で使用されているガスは「都市ガス」と「プロパンガス(LPガス)」の2種類です。それぞれの主な違いは料金・火力・原料・供給方法の4つです。

そのほかの細かな違いも含めて、表にまとめたので参考にしてください。

都市ガス プロパンガス
料金 安い 高い
火力 弱い 強い
におい ガス自体は無臭 ガス自体は無臭
原料 液化天然ガス(LNG) 石油ガス(LPG)
供給方法 ガス管(パイプ) ガスボンベ
保証金 なし あり

以下で火力・原料・供給方法の違いを、もう少し詳しく解説していきます。料金については、後ほど別で紹介します。

火力はプロパンガスのほうが強い

プロパンガスは、都市ガスよりも熱量が多いので、使うコンロによってはかなりの火力になります。

3人以上の家庭で一気に料理する、お料理教室を開いている、飲食店を経営しているのであればプロパンガスがおすすめです。

一人暮らしや同棲向けのコンロであれば、都市ガスと火力の差はほぼありません。

原料は全く別物

都市ガスの原材料はメタン、プロパンガスはプロパンやブタンと全く別物のガスです。

メタンは広範囲の地域から産出されますが、ブタンは限られた地域のみです。そのためプロパンガスは、市場価格によって料金が変動しやすいです。

都市ガスはガス管を通じて供給される

ガスの供給方法も異なります。都市ガスは、地下に埋められたガス管を通じて各家庭に送られます。供給や管理が楽な分、コストが削減できています。

プロパンガスは、ガスを詰め込んだボンベを各家庭に配置します。毎月ガスボンベの交換が必要なので、かなりの人件費がかかります。またガスが切れるとコンロやお湯が使えません。

そもそも都市ガス・プロパンガスとは?

都市ガスとプロパンガスの違いがわかったが、そもそもどういうものなのか認識していないという人のために、簡単に解説します。

都市ガスとは

都市ガスとは、名前の通り「都市」で供給されているガスです。日本全国で都市ガスは、2種類しかありません。

東日本エリアの「東京ガス」と、西日本エリアの「大阪ガス」のみです。取り扱い事業者は全国に約190社あり、すべて地域の名前がついています。

料金は国が決めており、自治体がメインで管理するため、公共料金として扱われています。人口が少なく、都市に認められていないエリアは利用できない場合が多いです。

プロパンガス(LPガス)とは

プロパンガスとは、液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)のことです。プロパンやブタンなどを圧縮し、常温で液体化したものをボンベに詰め込んだものです。

経済産業や都道府県から認可を受けた企業であれば取り扱えます。地域制限などがないので、日本全国どこでも利用できます。

市場価格を基に、各企業が料金を自由に設定できるので、都市ガスよりガス代が高いことだけがネックです。

ガス代を抑えたいなら都市ガス一択

ガス代を抑えたいなら、都市ガスの物件を選んだほうが良いです。

都市ガスとプロパンガスで、東京23区の1ヶ月のガス代を比較したところかなりの差が生まれました。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
20㎥使用した
場合の料金
6,280円 10,080円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 7,030円 11,654円

一人暮らしの平均的な使用量で計算しているので、同棲やファミリーの場合はさらに費用に差が生まれます。

都市ガスは公共料金なので、基本料金は一定です。ガスの使用量ごとに基本金額が明確に決められています。ガスボンベの交換の手間もないので、人件費などのコストが低いです。

また、市場で主成分であるメタンの価格が高騰しても、国が料金を決めているので滅多なことでは値上がりしません。

都市ガスの物件のみを探すなら不動産屋に言うと良い

都市ガスの物件のみを探すなら、不動産屋に相談したほうが良いです。大手物件検索サイトで「都市ガス」に絞って探すと、同じようなお部屋しか見つかりません。

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、業者専用のデータベースから都市ガスのお部屋のみ探してくれるので、ネット上にない非公開物件や掘り出し物が出てきます。

チャットやLINEで相談するだけなので、外に出たくない、仕事が忙しくて不動産屋に行く暇がないという人にピッタリです。使い方次第では、内見~契約まで来店不要です。

イエプラボタンバナー

都市ガスとプロパンガスは基本的に切り替えられない

賃貸物件の場合、基本的にガスの種類を切り替えることはできません。

「ガスの自由化」はあくまで都市ガスのみが対象です。プロパンガスのお部屋を、都市ガスに切り替えることは不可能です。

ただし、ごくまれにガスの切り替えを大家さんが許可してくれる場合があります。この際にかかる費用は自己負担になります。

プロパンガスから都市ガスに切り替える場合、ガス管を通したり、コンロを買い替えるために約10~20万もの費用が必要です。

ガス代をなるべく抑えたい人は、最初から都市ガスの物件を探しましょう。

都市ガスとプロパンガスの見分け方

物件のガスの種類が都市ガスとプロパンガスかどうか、見分ける方法は2つあります。

事前に知っていれば、内見に行かなくてもスーモなどに載っている写真だけでどちらか見分けられます。

ガスボンベが置かれていたらプロパンガス

集合住宅に置かれているガスボンベの写真

都市ガスとプロパンガスの一番簡単な見分け方は「ガスボンベがあるかないか」です。

敷地内に上の写真のようなガスボンベが置かれていたら、契約されているガスの種類は必ずプロパンガスです。

都市ガスは地下のガス管を通って供給されるため、ガスボンベが置かれていません。

ガス警報機の設置位置

プロパンガスと都市ガスのガス警報器設置位置の違い

出典:https://www.hokkaido-gas.co.jp/safety/alarm_lease.html

ガス警報機の設置位置で、都市ガスかプロパンガスかを見分けられます。ガス警報器とは、ガス漏れを検知して警報を発する機械です。

都市ガスは空気よりも軽いため「壁の上部」に、プロパンガスは空気よりも重いため「壁の下部」に設置されています。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

チャットでお部屋を探す


follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について