お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

都市ガスとプロパンガスの違い比較!料金や火力の差を徹底解説!

都市ガスとプロパンガスの違いのイメージイラスト

都市ガスとプロパンガスの違いを、料金・火力・原料・供給方法で比較して解説します!

そもそも都市ガスとは、プロパンガスとはなにか、どちらのガスのお部屋を選ぶべきかなどを紹介します。

東京23区の1ヶ月の平均料金比較や、賃貸物件は都市ガスとプロパンガスに切り替えられるのか、内見時の見分け方も紹介します。

都市ガスとプロパンガスの違い

日本の家庭で使用されているガスは「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類あり、主な違いは料金・火力・原料・供給方法の4つです。

そのほかの細かな違いも含めて、表にまとめたので参考にしてください。

都市ガス プロパンガス
料金 安い 高い
火力 弱い 強い
におい ガス自体は無臭 ガス自体は無臭
原料 液化天然ガス(LNG) 石油ガス(LPG)
重さ 軽い 重い
供給方法 ガス管(パイプ) ガスボンベ
保証金 なし あり

一般家庭であれば、料金の違い以外はそれほど気にしなくても良いです。後程、違いについて詳しく解説します。

都市ガスとは

都市ガスとは、メタンを主成分とする液化天然ガスで、地中内のガス管を通じて各家庭に配給されます。

都市ガスの料金は、公共料金になるため地域ごとで多少値段の差はあるものの、急な値上がりなどがなく値段がかなり安いです。

そのため、ガス代を極力抑えたい人は都市ガスのお部屋がおすすめです。

プロパンガスとは

プロパンガスとは、プロパンやブタンを主成分とした石油ガスで、専用のボンベに入れられて各家庭に配給されます。

プロパンガスは業者によって自由に値段を設定できるうえ、ガスボンベの交換や配達などの人件費がかさむため、値段が高めに設定されています。

ただ、都市ガスより熱量が多く、コンロによってはかなり火力が強いです。よく料理をする人や、熱量・火力を重視したい人はプロパンガスのお部屋がおすすめです。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

ガス料金は都市ガスのほうが安い

ガス料金は、プロパンガスより都市ガスのほうが1ヶ月約4,500円安いです。年間だと約54,000円も差が出ます。

東京23区の1ヶ月の平均料金比較は以下です。

都市ガス プロパンガス
1㎥あたりの料金 314円 504円
20㎥使用した場合 6,280円 10,080円
基本料金 750円 1,574円
月額合計 7,030円 11,654円

都市ガスは公共料金なうえ、地中にあるガス管が壊れない限りガスを供給できます。そのため、人件費などのコストが低く、基本料金が安いです。

ガスの使用量ごとに基本金額が明確に決められているので、高額になりにくいです。20㎥未満なら約750円、80㎥未満なら約1,040円です。

プロパンガスは、各業者が自由に値段設定できるうえ、専用のガスボンベの交換や配達などで人件費がかさむため、基本料金が高いです。

また、ガスボンベの配達費用が上乗せされて料金が高めに設定されている業者もあります。基本金額も、業者によってバラバラで都内で約1,500~2,000円ほどです。

ガス代の安さを重視で探すのにおすすめの不動産屋

ネット上の不動産屋「イエプラ」なら、LINEやチャットで要望を伝えるだけで自分にピッタリのお部屋を紹介してもらえます。

「都市ガスのお部屋のみ紹介してほしい」「都市ガス必須でなおかつ近くにスーパーがあるところがいい」など、ニュアンスでお部屋を探せるので便利です。

不動産業者のみが見れる専用サイトからお部屋を探してくれるので、未公開物件の紹介があったり、ほかサイトで掲載されているお部屋もまとめて紹介してくれます。

深夜0時まで営業しているうえ来店不要なので、遠方に住んでいる・仕事が忙しくて不動産屋に行けないという人にもおすすめです。

イエプラはこちらから

都市ガスとプロパンガスは基本的に切り替えられない

賃貸物件のガスは、大家さんや管理会社が決めるため、基本的に切り替えられません。

「ガスは自由化になったのでは?」と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、これは都市ガスのみが対象なため、もともとプロパンガスのお部屋は選べません。

家賃を抑えたいという理由で都市ガスのお部屋にしたいなら、初めから都市ガスのお部屋を選ぶしかないです。

ただし、ごくまれに大家さんから切り替えても良いと許可が出ることがあります。この場合、ガス設備の交換費用は自己負担になります。

プロパンガスから都市ガスに変える際は、ガスを供給するパイプを通す工事やコンロの買い替えが必要なので、約10~20万円の費用が必要です。

火力の熱量はプロパンガスのほうが多い

都市ガスと比べて、プロパンガスのほうが熱量が約2倍高いです。都市ガスは1㎥あたり約11,000kcalの熱量に対し、プロパンガスは1㎥あたり約24,000kcalの熱量があります。

熱量が約2倍ということは同じ体積で出せる熱の量が異なるので、プロパンガスに合ったコンロだと火力が高くなります。

そのため、火力が勝負の中華料理をよく作る、3口コンロなど同時に強い火力を使いたい家庭は、プロパンガスのほうが良いです。

プロパンガスの物件は保証金がかかる場合がある

プロパンガスの物件のなかには、利用開始時に保証金がかかるものがあります。

保証金とは、プロパンガス会社が独自で決めているルールで、利用期間中にきちんとガス代を収めていれば、退去時には返金されます。

ただし、入居者がガス代を未納のまま引っ越した場合には、保証金は返ってきません。

金額は、一般的に10,000円に設定されているケースが多いですが、プロパンガス会社によって変わります。

都市ガスとプロパンガスの見分け方

内見時や、お部屋の写真で都市ガスとプロパンガスか見分ける方法は、ガスボンベが置いてあるかどうかです。

電気メーターとガスボンベ

ガスメーターや玄関近くにガスボンベが設置されているお部屋は、プロパンガスです。都市ガスは、ガスボンベがなくメーターのみの設置です。

また、据え置きのコンロやホースでも、都市ガスとプロパンガスを見分けられます。

都市ガスはコンロに「都市ガス用」の文字があり、ホースの色が白っぽいものです。プロパンガスはコンロに「LPガス用」の文字があり、オレンジ色のホースで接続されています。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる更新が早い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識