おとり物件とは?50の不動産会社への調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

部屋探しの知恵

鈴木

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」宅建主任士

この記事の監修:鈴木
「イエプラ」宅建主任士

おとり物件と男性スタッフ

おとり物件とは何?という疑問を、調査結果も踏まえて解決します!おとり物件を見分けられる特徴や、業者がおとり物件を使う理由、騙された人の体験談、スーモやホームズのおとり物件事情、絶対に騙されない方法も合わせて紹介します!

おとり物件とは

おとり物件とは、不動産屋が既に埋まった物件情報をネット上に掲載したままにして、問い合わせたお客様を騙してお店に呼ぼうとする悪質な手口のことです。

全く存在しない物件を勝手に作り上げて、集客につなげようとすることもおとり物件に該当します。おとり物件のほかに、おとり広告、釣り物件などとも呼ばれます。

おとり物件の掲載は違法

おとり物件をネット上に掲載するのは違法で、宅地建物取引業法違反に当たります。

しかし、おとり物件は実態が掴みづらく摘発が難しいことから、なかなか根絶できない状況が続いています。

都道府県や国の監査機関、物件情報を掲載していたサイトにおとり物件について通報することはできますが、何らかの罰則が与えらえれる可能性は残念ながら低いです。

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

おとり物件を逆におとり調査してみた

数ある不動産屋の中で、悪質なおとり物件をやっている不動産屋はどれくらいあるのか調べてみました。

あらかじめ埋まっていることを確認しているお部屋を使い、東京23区内の50もの不動産屋にランダムで「内見したい」とひたすら電話する方法で調査しました。

おとり物件をやる不動産屋は50のうち39も!

おとり物件をやっている不動産屋は、50の不動産屋の中の39もあり、全体の80%にもおよびました。

おとり調査をしてみてわかったことは、内見したいと電話が来たときに、ほとんどの不動産屋がとりあえず「空いてますよ!」と答えることです。

すぐに空いていると答える不動産屋もあれば、「お調べしますので、少々お待ちください」と、調べもしないのに電話を保留にするリアルな演出をしてくる不動産屋もいました。

現地で待ち合わせて内見したいと聞いてみた

空いていますよ!と答えた不動産屋に「現地で待ち合わせして内見したい」と尋ねたところ、39の不動産屋のうちの27の不動産屋が「内見の前に一度来店する必要がある」と答えました。

来店する理由として多かったのは「鍵を手配する必要があるから」でした。しかし、鍵の手配はお店でなくても可能な物件がほとんどです。現地集合を提案されたら、鍵の手配を理由にお店に誘導するというマニュアルがあるのでしょう。

残り12の不動産屋は「現地待ち合わせは難しいです」と答えました。おそらく店舗に来てくれないなら諦めようと考えている不動産屋です。

ほとんどの不動産屋は同じデータベースを使っている

ほとんどの不動産屋は「レインズ」や「ATBB」という不動産業者専用の物件情報サイトを使ってお部屋を紹介しています。

このため、不動産屋によって紹介できる物件が変わることは、滅多にありません。

イエプラなら「ATBB」でお部屋を探せる

チャット不動産屋の「イエプラ」を使えば、一般の人でも不動産業者専用のサイト「ATBB」にアクセスできるようになります。

「ATBB」とは、不動産屋が業務で使用している専用のサイトです。自分の目で最新の情報を確認できるので、おとり物件に対策できます。複数の不動産屋に行く時間も省けるのでおすすめです。

チャットやLINEで、イエプラのスタッフに「ATBBが使いたい」と伝えれば、専用のURLを無料で発行してもらえます。気になるお部屋が見つかれば、店舗に行かずに内見の手配もできます。

イエプラで「ATBB」を使う 

おとり物件を見分けられる5つの特徴

おとり物件かどうか見分けられる特徴を、大きく分けて5つ解説します。

ただ、どれかに当てはまったとしても絶対におとり物件というわけではありません。「怪しいかも…」くらいの参考程度で考えてください。

1.相場に対して家賃が安い
2.物件情報に「仲介先物」と表記されている
3.詳細住所の明記がない
4.現地待ち合わせで内見できない
5.好条件なのになぜかずっと掲載されている

1.相場に対して家賃が安い

安い物件にはそれなりの理由があります。全く理由も無く賃料が安い物件は、おとり物件の可能性があります。

2.物件情報に「仲介先物」と表記されている

物件情報に「仲介先物」と記載されている場合、物件情報を紹介している不動産屋と大家さんの間に関わりが無いことを表しています。

そのため、おとり物件として載せていても大家さんにバレないのです。

物件情報の公開元と大家さんとの関係性は、基本的に「貸主」「代理」「仲介元付」「仲介先物」の4種類です。それぞれの大家さんとの関係性は以下の通りです。

貸主 大家さん本人
代理 大家さんと関わりが深い代理人
仲介元付 大家さんに直接物件情報の掲載を任されている人
仲介先物 仲介元付に物件情報の掲載を任されている人、大家と直接の関わりはなし

3.詳細住所の明記がない

物件の住所が○○区までしかない、細かい枝番が書かれていない、といった場合は、怪しいと思っていいです。住所から物件情報を調べられては困る理由があるということです。

4.現地待ち合わせで内見できない

来店せずに直接物件前で待ち合わせして内見したいというと「一度来店する必要がある」と渋られた場合もおとり物件を疑いましょう。

始めから他の物件を紹介するつもりにしているので、現地で直接集合されると不都合なのです。

5.好条件なのになぜかずっと掲載されている

みんなできるだけ好条件の物件に住みたいはずなのに、長期間、好条件の物件が残っているわけがありません。わかりやすいおとり物件です。

誰が見ても好条件だと感じるお部屋は、掲載開始から2週間あれば埋まってしまいます。

おとり物件を使う理由はできるだけ入居希望者を対応したいから

不動産屋がおとり物件を使う理由は、少しでも売り上げに繋がる可能性のあるお客様の母数を増やすためです。

条件が良い物件情報をエサにして来店させ、おとり物件ではない物件を紹介して売り上げにつなげようとしてきます。

自分たちの売り上げを考えて、お客様の都合を考えない最低な話と言えるでしょう。

おとり物件に騙された人の体験談

実際におとり物件に騙された人の体験談を紹介します。

やけにお店に来させたがっていた
困り顔の女性のアイコンお部屋を探しているとき、良さそうな物件をネットで見つけたので問い合わせたら、何を言っても「とりあえずお店に来て欲しい」の一点張り。この時点で多少怪しいと思ってはいたんですが、一応お店に行ってみると、担当者が「すみません、あの物件埋まっちゃったみたいで…」と一言。だろうなと思いました。だって不自然に物件が良すぎたから。(女性/20代)
本当に存在するかすら怪しい
困り顔の女性のアイコンネット検索で見つけた物件がすごく良かったので、先に自分で見に行こうと思った。でも、丁目と番地が書いてなかったから行けなかった。結局不動産屋に行って調べてもらったけど、もう契約されてた。なんで書いてないんだろう?そもそも、本当にある物件だったのかすら疑問。(女性/30代)
いつまでも掲載されてる物件に釣られた
困り顔の男性のアイコン10月に引っ越したくて、8月くらいにサイトで見つけた良さげな物件を毎週のようにチェックしてた。かなり良かったからどうせ埋まるだろうと思っていたけど、引っ越し直前になってもサイトから消えておらず、問い合わせてみた。そしたら埋まったって言われた。別の物件に引っ越し終わって、たまたま同じサイト見てみたら、あのときの物件がまだ残っていた。また誰か騙されてるんだろうなあ…。(男性/20代)

「入居中」「居住中」と書かれている物件はおとり物件?

物件情報サイトの中には、入居可能時期に「入居中」「居住中」と書かれていることがありますが、おとり物件ではありません。

「入居中」「居住中」なのに掲載されている物件では、現在の入居者の退去が決まっているので、近いうちに空室になり、新しい入居者が住めるようになります。

ただし、文字通り人がまだ住んでいるので、内見や即入居はできません。

スーモやホームズはおとり物件が多い

お問い合わせボタン
お問い合わせボタン
スーモやホームズなどの大手賃貸物件サイトは、おとり物件が非常に多いです。

入居希望者を騙そうとしているのではなく、契約が決まった物件の情報を最新に更新するのが間に合っておらず、結果的におとり物件の役割を果たしてしまう物件が多いです。

一方で、明確な悪意を持って入居希望者を騙し、なんとか来店させようとしている不動産屋も、一定数います。

こういった現状を受けて、2017年1月から、おとり物件を掲載した不動産屋の物件掲載を1ヶ月以上停止するという措置を取っています。

掲載が停止されるサイトは以下の5つです。物件検索サイトからおとり物件を無くすのに大きな役割を果たすことが期待されています。

・スーモ
・ホームズ
・マイナビ
・ネットでCHINTAI
・アットホーム

ただし、始まったばかりの施策なので、まだまだそれぞれのサイトにはおとり物件が多く残っているというのが現状です。

「イエプラ」は絶対におとり物件なし!

「イエプラ」は、わざわざ不動産屋に行かなくても、ちょっとしたスキマ時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せるネット上の不動産屋です。

私たちは、お部屋をご紹介する前に、必ずお部屋の管理会社に空室であるかを確認しています。なかなか不動産屋にお部屋を探しに行けない方も、おとり物件に騙されることなく探せます。

おとり物件かどうかもお調べします

SUUMOやHOME’Sで気になる物件が、おとり物件であるかもお調べします。すぐに不動産屋に行くのではなく、空室なのか確認してからの方が、無駄足にならずに探せます。3分あればお調べすることが可能です!

内見日の前日にも空室確認を徹底しています

おとり物件は絶対に避けたいので、内見を希望された場合、内見日の前日にも空室を確認しています。万が一、埋まってしまった場合には、あらかじめ埋まったことをお伝えさせていただきます。

おとり物件に騙されたくない、無駄に不動産屋に足を運ぶのは絶対にイヤ!という方はイエプラを利用してみてください。

イエプラはこちらから
イエプラ

あなたにおすすめの関連記事

裏ワザに驚く女性のイラスト
不動産屋しか知らないはずの物件をネットで見れる裏ワザ!【もちろん無料】

 

スマホを持っている手の写真
おとり物件が少ないサイト3選!騙されずにお部屋を探したい人へ

 

綺麗な内装のお部屋
ネットにない賃貸の未公開物件のたった1つの探し方【非公開物件】

 

探偵のイメージ写真
おとり物件とは?50の不動産屋の調査で判明した悪質な実態!【釣り物件】

 

12月のイメージ写真
年内最後のチャンス!費用を抑えるなら12月中旬までにお部屋を探すべき理由

 

東京タワーがある風景
東京で評判の良いおすすめの不動産屋ランキング!

 

電卓と万力で圧縮されている小銭
賃貸の初期費用を抑えるカンタンな方法って!?

 

家のアイコンを持っている手のイメージ
おすすめの部屋探しサイト一覧!【賃貸】

 

書類を持って悩んでいる女性
女性の一人暮らしで優先すべき条件とは?物件選びのポイントを紹介

 

綺麗な内装のお部屋
未公開物件はレインズにある?ネットに載っていない物件を探したい!

 

不動産屋と握手している写真
【メリットたくさん】土日ではなく平日に内見すべき4つの理由

 

複数の不動産屋が相談している写真
複数の不動産屋を回るのはあり?良い不動産屋を見極めるポイントを大公開!

 

鍵のイメージ写真
家賃交渉で失敗しない人の4つのやり方を大公開!相場やタイミングは?

 

通帳とお金と電卓
賃貸契約の初期費用とは?内訳や安くするコツを徹底紹介!

 

 
バナー

Roochについて チャットでお部屋を紹介する来店不要のネット不動産屋「イエプラ」が運営する、部屋探しの疑問や街の情報について紹介しているサイトです。

家AGENT+

follow us in feedly