お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

賃貸契約の審査にかかる期間|必要な日数(時間)はどのくらい?

賃貸審査にかかる期間のイメージイラスト

どのくらいの期間(日数)がかかるの?申込から1週間たっても審査結果の連絡がないけど落ちてるの?自分から連絡して審査に影響はないの?という疑問にお答えします!審査が長引いてしまう6つのケースもご紹介します!

記事の紹介漫画

賃貸の入居審査の日数は3日~7日間ほど

入居審査にかかる日数(期間)は、一般的に3日~7日ほどです。

基本的に、不動産屋が必要書類を準備するのに1日、大家さんが書類確認や在籍確認などの調査で1日、審査で1日という感じで3日は最低でも必要です。

入居審査にかかる日数の説明

大家さんが複数の物件を管理している場合などは、別のお部屋での入居申し込みが重なるので、約5~7日ほどかかります。

ただし、大東建託のように管理会社と保証会社を兼ねている不動産屋は、1日で終わる場合もあるので一概には言えません。

また、地方の不動産屋や大家さんとの付き合いが長い地域密着型の不動産屋の場合、契約自体を不動産屋に一任していることがあります。

その場合は、保証会社の審査さえ通ればすぐに契約できます。ただし、どの不動産屋や物件が審査が早いか、見分けるのはほぼ不可能です。

審査に落ちていても連絡は必ず来る

入居審査は、落ちても通っても必ず連絡が来ます。そのため、7日過ぎても連絡がないから、審査に落ちたと思い込むのはやめましょう。

また、連絡が遅いからといって、別の不動産屋で次のお部屋の申し込みはしないでください。両方とも審査が通っていた場合、どちらかをキャンセルしなくてはいけません。

審査後のキャンセルは、よほどのやむを得ない場合以外はできません。仮にキャンセルした場合は、信用問題にかかわるので、次の引っ越し時にお部屋を借りにくくなる可能性があります。

7日以上連絡がなければ不動産屋に確認する

もし、7日以上経っても審査の結果が来ない場合は、1度不動産屋に連絡しましょう。今どういう状況なのか、確認してくれます。

電話するときは「〇日に▲▲ハイツの入居申し込みをしたのですが、7日経っても連絡がないので心配で連絡しました」と伝えれば大丈夫です。

▶未公開物件が無料で見られる!
おすすめのお部屋探しサイトはこちら

入居審査に時間がかかる6つのケース

不動産重要書類
入居審査に7日以上の時間がかかる場合は、以下の6つのケースのどれかの可能性があります。

・書類に不備がある
・2番手以降の審査
・審査に必要な連絡が取れない
・法人契約での入居審査
・不動産屋の定休日を挟む
・1~3月の繁忙期で入居希望者が多い

何が原因で審査が遅くなっているのか、それぞれの原因ごとに解説していきます。

書類に不備がある

入居審査に必要な書類に不備があった場合は、入居申込者に再度書類を準備してもらわなくてはいけないので、書類が手元に届くまで審査が止まります。

審査が中断されたからと言って、2番手の人の審査を先にすることはないので、迅速に必要書類を用意しましょう。

逆に言えば、申し込み書の空白はできる限り埋める、不動産屋から指定された下記の書類をすべて用意しておけば、審査がスムーズに進みます。

入居審査に必要なもの
・身分証明書(免許証・保険証・パスポートなど)
・収入証明書
・住民票(同居人がいる場合は全員分)
・印鑑証明書
・通帳のコピー(預貯金審査の場合)
・勤務先の正式名称、住所、電話番号
・連帯保証人の身分証
・連帯保証人の収入証明書
・連帯保証人の電話番号、生年月日
・連帯保証人の勤務先の名前、住所、電話番号
・連帯保証人の部署名、役職、勤続年数

住民票や印鑑証明書は、3ヶ月以内のものしか使えないので、事前に役所に取りに行きましょう。発行手数料が200円ほどかかりますが、予備にもう1枚もらっておいた方が良いです。

また、法人契約の場合は必要書類が多い分、書類の不備が起きやすいので、厳重に確認しておくべきです。

▶入居審査の対策や必要なものはこちら

2番手以降の審査

入居審査は、申し込みした順に進められます。そのため、先に別の申し込み者がいた場合は、その人が審査に落ちるまで、自分の番に進みません。

また、先に申し込んだ人が審査を通過した場合は、その旨の連絡がくるので、再度申し込みするお部屋を探さなくてはいけません。

審査に必要な連絡が取れない

審査に必要な連絡が取れないと、次の審査項目の確認ができないので、結果が出るまで時間がかかります。

下記の2パターンの場合、審査結果の連絡が遅くなります。

連帯保証人や緊急連絡先と連絡が取れない

大家さんや管理会社が、確認のために連帯保証人や緊急連絡先に電話をしても、相手が出ない場合は確認ができるまで審査が止まります。

そのため、あらかじめ連帯保証人や緊急連絡先になってくれる人に「〇日から引っ越しの審査が始まるので、電話がかかってきます」と伝えておきましょう。

大家さんと連絡が取れない

大家さんがお盆や年末年始などの長期休暇で連絡が取れない場合も、審査結果が長引きます。

また、大家さんが海外在住や、外国人が大家さんの場合は、メールでのやり取りになるので、連絡がとれたとしても審査の進みが遅いです。

法人契約での入居審査

会社の社宅などで、法人契約にする場合は必要書類が多く、不備が発生しやすいので長引く傾向にあります。

会社関係の書類は、総務部など専用の部署に確認すれば用意してくれるので、事前に「賃貸の法人契約に必要な書類の準備をお願いします」と伝えておきましょう。

以下が、法人契約時に必要な書類のまとめになります。

法人契約に必要な書類
・会社の登記簿謄本
・会社の印鑑証明書
・会社の決算報告書
・会社案内のパンフレット
・入居者全員の社員証のコピー
・入居者の住民票
・入居者の身分証明書
・印鑑(法人の場合は会社の印鑑)
・連帯保証人の実印
・連帯保証人の印鑑証明書
・連帯保証人の住民票
・連帯保証人の収入証明書

また、会社の規模や業績を確認したり、通常の審査時より大家さんがチェックする項目も多いので、時間がかかるケースがあります。

不動産屋の定休日を挟む

不動産屋や管理会社の定休日を挟んでいる場合、書類のやりとりができないので、審査が1~2日長引いてしまいます。

基本的に、不動産屋や管理会社の定休日は水曜日が多いです。ただし、三井不動産のような大手は、土日が定休日の場合があります。

事前に、不動産屋のホームページで定休日はいつか確認しておきましょう。

1~3月の繁忙期で入居希望者が多い

1月~3月の繁忙期は、入居希望者が殺到しているので、なかなか入居審査が進みません。

とくに、管理会社で一括に請け負っていたり、建物ごとを所有している場合は、複数人の審査を同時に進めなくてはいけないので時間がかかります。

また、大家さんや管理会社から不動産屋に結果の連絡がいったとしても、不動産屋が忙しくて結果の連絡を後回しにしている可能性もあります。

個人の大家さんで、物件の1部屋だけ管理している場合は、先に他の入居申込者がいない限りは、スムーズに審査が進みます。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

最近、流行している、お部屋探しから内見までを店舗に行かずに自宅にいながら完結できるおすすめの不動産屋サービスを2つ紹介します!

①イエプラ

イエプラは、空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を紹介してくれるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに文章でやりとりしながら見つけたい人におすすめです!

②家AGENTオンライン

家AGENTオンラインは、ビデオ通話で物件の紹介から内見まで、すべて自宅で完結できるサービスです。

自分の住みたい部屋を、店舗に行かずに画面越しのスタッフと直接相談しながら見つけたい人におすすめです!

好きな方を利用してみよう

どちらもSUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で使える信頼性の高い物件情報サイトから紹介してくれます。

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋へ行く時間がない人にもおすすめです!

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識