お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

入居審査に時間がかかりすぎている理由は?連絡がこないときの対策も大公開!

審査結果を待っている女の子のイラスト

入居審査に時間がかかりすぎている場合の対処方法を紹介していきます!

通常審査にかかる日数や、審査に時間がかかりすぎている理由も分かりやすく解説します。

不動産屋からの連絡が来なくて不安に思っている人はぜひ参考にしてください!

この記事は、宅建士で現役の賃貸営業をしている豊田さんに監修して頂きました。 

監修 豊田 明
不動産屋「家AGENT」の営業マン
宅地建物取引士

賃貸の仲介会社「家AGENT」の現役の営業マン。宅地建物取引士の資格を取得している。営業マンとしての経験と専門知識を活かして、お部屋探しや入居審査についての不安や疑問を解決しています。

入居審査の結果は通常2~3日で分かる

賃貸の審査に申し込みをした後、書類の不備や手続き上のトラブルがなければ2~3日で結果が分かります。

入居審査の主な流れは、不動産屋が必要書類を準備するのに約1日、大家さんが書類確認や在籍確認などの調査で約1日、本審査で約1日です。

入居審査の主な流れ

審査の当落に関わらず、不動産屋や保証会社の都合で遅れることがあります。急ぐ場合でも5、6日は余裕をもって予定を組んでください。

マル秘イエプラバナー

繁忙期や定休日を挟むと審査に時間がかかる

審査に時間がかかっているときは、以下の3つが原因であることが多いです。

・保証会社を利用している
・書類に不備がある
・電話で確認が取れない

審査に時間がかかってるということは、「審査が進んでいる」と同じ意味でもあります。結果がなかなか分からない場合、通過確率は高くなりやすいです。

3つの原因ついて、詳しく説明していきます。

保証会社を利用している

保証会社を利用している場合は審査に必要な行程が増えるので、結果が出るまでが1~2日遠のきます。

1~3月の繁忙期では、不動産屋だけでなく保証会社も忙しくなります。スムーズに審査が進んでも4~5日はかかると考えておいてください。

書類に不備がある

入居申込書類に未記入の箇所があったり、提出書類が足りてない場合はすべてがそろうまで審査がストップします。

とくに遠方に連帯保証人が住んでいる場合は、書類の確保に時間がかかりやすいです。

これから審査に申し込む人は以下の書類が揃っているか、記入欄の不備が無いかをよく確認してください。

必要書類
・身分証明書(免許証・保険証・パスポートなど)
・収入証明書
・住民票(同居人がいる場合は全員分)
・印鑑証明書
・通帳のコピー(預貯金審査の場合)
・勤務先の正式名称、住所、電話番号
・連帯保証人の身分証
・連帯保証人の収入証明書
・連帯保証人の電話番号、生年月日
・連帯保証人の勤務先の名前、住所、電話番号
・連帯保証人の部署名、役職、勤続年数

電話で確認が取れない

本人確認や勤務先の確認、連帯保証人の確認が取れない場合は、審査が進みません。

事前に勤務先や連帯保証人には「引っ越すので保証会社や不動産屋から電話が入る」と伝えておきましょう。

仕事中などで出れない場合は、なるべく早く折り返せば大丈夫です。

審査を素早く進めてもらう方法

申し込み後にできる素早い審査のための行動は連帯保証人への連絡不動産屋へのこまめな確認です。

審査の結果は各行程に関わる人ががどれだけ素早く動いてくれるかにかかっています。申請した人が関われることは多くありません。

以下で審査が遅れる原因と併せて紹介していきます。

審査が遅れる6つの理由
①入居申込書に不備がある
②連帯保証人や緊急連絡先に確認ができない
③大家さんと連絡が付かない
④繁忙期で申し込みが立て込んでいる
⑤不動産屋の定休日で審査が進んでいない
⑥担当者が手続きを忘れている

審査が遅れる理由で最も多いのが「入居書類の不備」です。未記入の箇所があったり、提出書類が足ない場合はすべての情報が揃うまで審査がストップします。

審査を早く進めたい場合は必要書類の準備には特に注意してください。

保証人や緊急連絡先に話しを通しておく

連帯保証人や緊急連絡先、職場への在籍確認などに確認連絡ができない場合は、確認が取れるまで審査が進みません。

あらかじめ「不動産屋から電話があるから出て欲しい」と伝えておきましょう。また、不在着信があった際はすぐに折り返してほしい旨も伝えておくと良いです。

不動産屋にこまめに連絡をとる

入居の申し込みをしてから1週間以上連絡がなく、審査に時間がかかりすぎている場合は、不動産屋に電話してみるべきです。

まれに審査結果は出ていたが、連絡をし忘れているケースがあります。

また、審査途中であっても「大家さんの確認待ち」「保証会社の審査待ち」など、審査の現状を聞けるので安心できます。

不動産屋からの連絡を待たずに自分から電話したからといって、審査に不利になることはありません。

連絡の取りやすい不動産屋を選ぶ

審査状況をこまめに確認するためには、連絡の取りやすい不動産屋を選ぶ必要があります。

しかし、連絡のとりすぎや急かしすぎはトラブルの原因になります。仕事で忙しい人は連絡自体が難しいかもしれません。

そこでおすすめなのが、LINEやチャットでやりとりができるネット上の不動産屋の「イエプラ」です。対面や電話での連絡が苦手・面倒な人に大人気です。

深夜0時まで営業しているので、忙しくて連絡のとれない人や営業時間内に連絡できない人にもおすすめです。寝る前やスキマ時間でも審査状況を確認できます。

イエプラボタンバナー

審査結果を早く知る方法

入居審査の結果を早く知りたいなら、申し込みの時点で「〇日以内に結果が知りたい」と不動産屋に伝えておくべきです。

大家さんや管理会社の都合もあるので、絶対に期日までに審査結果を出してくれるわけではありませんが、不動産屋が急いでくれます。

今のお部屋の退去が決まっていて、すぐに審査結果が出ないと住む場所がなくなってしまう人は、こまめに不動産屋と連絡を取るようしましょう。

また、信販系の保養会社は特に早く審査の結果が分かります。保証会社は自分では選べないので、事前に不動産屋に相談してください。

審査は同時に複数申し込めない

連絡が遅いからといって、別の不動産屋で次のお部屋の申し込みはしないでください。両方とも審査が通っていた場合、どちらかをキャンセルしなくてはいけません。

入居審査は落ちても通っても必ず連絡が来ます。7日過ぎても連絡がないから、審査に落ちたと思い込むのはやめましょう。

また、何件も申し込むとすべての不動産屋での審査に落ちる可能性があります。

不動産屋同士で顧客情報を共有していることがあり、何件も申し込むと「この人は何件も申し込んでいて住む気があるのか怪しい」と思われるからです。

審査に通りやすいお部屋を探す方法

審査を通りやすくするためには、不動産屋を味方につけるのが一番です。

こまめな連絡が取りやすくなりますし、事情を説明すれば急いで審査を進めてもらえることがあります。

そこでおすすめなのがネット不動産屋の「イエプラ」です。LINEやチャットを使ってやりとりをするので、対面では話し難いことも相談しやすいです。

「◯日までに結果が知りたい」「審査が通りやすい物件を紹介してほしい」といった要望も追加でも叶えてくれます。

イエプラボタンバナー

follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • 東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑東京大阪周辺の住みやすさ大図鑑

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 賃貸契約の初期費用について賃貸契約の初期費用について

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 引っ越しに必要な費用について引っ越しに必要な費用について