お部屋探しのコツや知識まとめブログ|Rooch(ルーチ)
お部屋探し用語や探し方のコツ・街の住みやすさなどを初心者にもわかりやすいように解説します。

西向きのマンション物件の住み心地|メリットとデメリットを徹底解説

リビングに差し込む日の光

西向きのマンションの日当たりは?という疑問にお答えします!選ぶときのポイント、西向きマンションのメリット・デメリットを解説して、向いている人の特徴もご紹介します。入居してから後悔することがないよう、参考にしてください!

西向きのマンション物件は夕方の日当たりが良い

日光が射し込む部屋
西向きのマンション物件は、ほかの方角のお部屋と比べて夕方の時間帯に最も日当たりが良いです。

朝日は全く入らないので午前中は薄暗いですが、昼過ぎから少しずつ日が当たるようになります。15時を過ぎには眩しいほど日が差し、かなり遅い時間まで明かりを点ける必要がないです。

西向きのマンションは、西日が当たるせいで夕方以降の室温が高いのも特徴的です。バルコニーの温度も高いので、夏であれば夕方5~6時に干したとしても洗濯物が乾きます。

▶東西南北の日当たりを比較して解説している記事はこちら

西向きのマンションなら南に面した角部屋がおすすめ

西向きのマンションで特にオススメなのは、南側に面している角部屋です。窓の位置によっては、昼前から夕方まで、長時間にわたって日が当たります。

たとえ窓が西にしか向いていなかったとしても、バルコニーには南からの陽光があたる場合が多いので、洗濯物を乾かせる時間が伸びます。

同じ理由で、南西向きのお部屋もおすすめです。

▶南西向きのお部屋の解説はこちら

▶自分にピッタリなお部屋をチャットで探そう!

西向きのマンション物件のメリット

OKマークする女性
西向きのマンション物件には、主に4つのメリットがあります。

・洗濯物の取り込みが遅くなっても大丈夫
・西日が入るので夜も室温が下がりにくい
・休みの日に遅くまで眠れる

以下で、それぞれ詳しく解説していきます。

洗濯物の取り込みが遅くなっても大丈夫

西向きのマンションはほかの方角と比べて遅い時間まで太陽の光が当たっているので、洗濯物を取り込むのが少し遅くなっても、夜気にあたって湿ってしまう心配がありません。

西日が入るので夜も室温が下がりにくい

西向きのマンション物件は、西日によってお部屋が暖められるので、夜になっても室温が下がりにくいです。

初冬なら暖房をつけなくても過ごせる物件もあります。暖房をつける回数が減れば、電気代の節約になります。

休みの日に遅くまで寝れる

朝日が差し込まなく午前中は薄暗い時間が続くので、休みの日に昼過ぎまで眠れるのが西向きのマンションです。

仕事が夜勤だから午前中は寝ていたい、という人にもおすすめです。

西向きのマンション物件のデメリット

悩む女性
西向きのマンション物件には、主に3つのデメリットがあります。

・カーテンや家具などが日焼けしやすい
・朝日が当たらないので午前中は冷え込む
・西日がキツく夏はお部屋がサウナ状態

以下で、それぞれの内容と、対処方法をご紹介します。参考にしてください。

カーテンや家具などが日焼けしやすい

西向きのマンション物件は、かなり強い日差しである西日が長時間にわたって差し込むので、カーテンや家具、フローリングや畳などが日に焼けて色褪せます。

色褪せが酷いと、買い替えなくてはいけないので、出費がかさみます。

家具やフローリングの日焼けを防ぎためには、厚めの遮光カーテンを使うのがおすすめです。レースのような薄手のカーテンでは、西日による日焼けは防げません。

朝日が当たらないので午前中は冷え込む

西向きのマンション物件には、午前中に冷え込むという特徴があります。朝日が当たらないので、よほど天気が良い日でないと室内温度が上がりません。

季節の変わり目などは寝間着や寝具の調節を間違えると体調を崩してしまう原因になります。

特に冬は、起きる1時間くらい前からエアコンがつくようにタイマーを設定しておきましょう。断熱効果のあるカーテンを使ったり、断熱シートをガラスに貼ることも多少効果があります。

西日がキツく夏はお部屋がサウナ状態

西向きのマンション物件は冬でも暖かいですが、夏も同様に西日が射し込むので、お部屋がかなり暑くなります。お部屋によっては温度が2~3度高くなる場合もあります。

暑さが苦手な人は、西向きのお部屋は避けたほうが良いです。クーラーをつける回数が増えるので、夏場は電気代が上がります。

ちなみに、断熱効果のあるカーテンや断熱シートは、冬の寒さを防ぐだけでなく、夏の日差しも和らげてくれます。

西向きのマンション物件に向いている人の特徴

西向きのマンション物件に向いている人の特徴をまとめてみました。西向きのお部屋に住もうと考えている人は、自分が当てはまるか確認してください。

・朝に弱く、午前中は暗いままが良い
・夜勤などで夜型の生活をしている
・午後から洗濯物を干したい
・日中あまりお部屋にいない
・寒がりで冬は暖房をつけっぱなしにする

上記に当てはまる人は西向きのマンション物件は住み心地が良いですが、ひとつも当てはまらない人は後悔してしまうかもしれません。

マンションの方角別の日当たり比較

太陽
東西南北すべてのお部屋の特徴を下記にまとめてみました。お部屋探しの参考にしてください。

ちなみに単純に日照時間だけで見ると、西向きと西向きはほとんど変わりません。

南向き ・どの方角よりも日当たりが良い
・洗濯物が乾きやすい
・夏場は冷房費が高くなりやすい
・家具や本が日焼けしやすい
東向き ・午前中の日当たりが良い
・夏場でも涼しく過ごせる
・夜は暗く、冷え込みやすい
・午後から干した洗濯物は乾きづらい
西向き ・夕方でも日光がお部屋に入る
・夕方から夜にかけてお部屋が暖かい
・朝方は日が入らず、お部屋が暗くて寒い
・夕方は東日がキツくてまぶしい
北向き ・どの方角よりも夏場は涼しい
・家具や本が日焼けしづらい
・日当たりが悪く、冷え込みやすい
・午後から干した洗濯物は乾きづらい

ライフスタイルによって、住み心地の良いお部屋の向きは変わります。

西向き以外のお部屋についての解説は、別の記事でまとめています。上記の表の青い文字を押すと、それぞれの詳しい解説ページに移動しますので、参考にしてください。

また、一般的には日当たりが良い方角ほど家賃が高いです。南向きのお部屋が最も家賃が高く、西向き、西向き、北向きの順で相場が安くなっていきます。

西向きのマンション物件は、南向きのお部屋と比べると、2,000円~4,000円ほど家賃が安いことがあります。

わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか?

わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます!

SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます!

遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです!

イエプラはこちらから
follow us in feedly

お役立ちまとめページ

  • お部屋探しの前に知るべき知識お部屋探しの前に知るべき知識

  • 東京周辺の街の住みやすさ大図鑑東京周辺の街の住みやすさ大図鑑

  • 入居審査についての疑問解決入居審査についての疑問解決

  • 引っ越しに必要な費用まとめ引っ越しに必要な費用まとめ

  • 家賃の上手な決め方家賃の上手な決め方

  • お部屋の間取りや広さについてお部屋の間取りや広さについて

  • 不動産屋を賢く利用する知恵不動産屋を賢く利用する知恵

  • 子育てファミリーに必要な知識子育てファミリーに必要な知識